スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

REFE

スペインサッカー連盟がストライキ中止を発表…リーガは予定通り開催へ | サッカーキング

リーガ、ストライキ中止で試合は予定通り開催へ

スペインサッカー連盟(RFEF)は14日、スペインサッカー選手協会(AFE)とともに実施する予定だったストライキを中止し、今まで通りの日程で残りの試合を行うと、公式サイトで声明を発表した。  

スペイン政府は4月30日に国内サッカーリーグの放映権の販売、分配における新ルールを承認。それに対しRFEFとAFEが反発する形で16日からストライキを実施すると、6日に発表していた。  

RFEFは14日、ストライキの中止について次のように声明を発表している。 「14日に裁判所から下された命令を踏まえて、スペインサッカー連盟は、2015年5月6日に合意された措置(ストライキ)を解除し、本来予定されていた通りの日程と時間で試合は行われます」

全文はソース元で

引用元 : スペインサッカー連盟がストライキ中止を発表…リーガは予定通り開催へ | サッカーキング

【リーガ、ストライキ中止で試合は予定通り開催へ】の続きを読む

補強禁止問題、サッカー連盟はマドリーの正当性を主張 アトレティコには規定に抵触の可能性も (GOAL) - Yahoo!ニュース

補強禁止問題でスペインサッカー連盟がレアルを擁護 アトレティコは処分の可能性も

スペインサッカー界が揺れている。バルセロナに続き、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーに対しても、今後2回の移籍市場における補強禁止処分が下されるかもしれないからだ。

スペインのラジオ局『カデナ・セール』の有名番組“ラルゲーロ”や『コペ』の“パルティード・デ・ラス・ドセ”は、28日に未成年の選手獲得・登録に関する規定で違反があるものとして、FIFAがマドリーとアトレティコの両クラブに補強禁止処分を下すと報じた。

マドリーの関係者は、報道のなされた同日夜にこの件について処分の可能性があると認めた。しかしながら、補強禁止処分が始まるのは2016年1月からであり、今夏の選手獲得に問題はないと考えているようだ。 アトレティコの関係者は落ち着いている。この数カ月、FIFAとこの件に関して密接なやり取りを行ってきたクラブでは、2回の移籍市場における補強禁止という重大な処分が下されることは予想していない。

一方、スペインサッカー連盟(RFEF)の幹部は、『マルカ』に対してマドリーがFIFAの規定に抵触する登録を行っていることを否定した。だがアトレティコに関しては、何らかの通達がある可能性を示唆している。

全文はソース元で

引用元 : 補強禁止問題、サッカー連盟はマドリーの正当性を主張 アトレティコには規定に抵触の可能性も (GOAL) - Yahoo!ニュース

【補強禁止問題でスペインサッカー連盟がレアルを擁護 アトレティコは処分の可能性も】の続きを読む

このページのトップヘ