スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

FIFAランク

FIFAランク、日本は57位でイラン、豪州、韓国に次ぐアジア勢4位に後退…アルゼンチンが1位浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


no title


FIFA(国際サッカー連盟)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。  

日本代表は前回から1つ下げて57位となった。ロシア・ワールドカップ アジア3次予選(最終予選)に出場する12カ国では、イランが前回から2つ上げて42位でトップ。17つ上げたオーストラリアが2番手、1つ上げた韓国が3番手に浮上し、日本はアジア4番手となった。

 上位陣では昨年11月以降1位に立っていたベルギーが2位に後退し、アルゼンチンがトップに浮上。2つ上げたチリが3位に入った。
■ロシア・ワールドカップ アジア最終予選出場12カ国
42位 イラン
50位 オーストラリア
56位 韓国
57位 日本
60位 サウジアラビア
66位 ウズベキスタン
68位 UAE
81位 中国
83位 カタール
105位 イラク
110位 シリア
119位 タイ
■トップ10
1位 アルゼンチン
2位 ベルギー
3位 チリ
4位 コロンビア
5位 ドイツ
6位 スペイン
7位 ブラジル
8位 ポルトガル
9位 ウルグアイ
10位 イングランド


全文はソース元で


引用元 : FIFAランク、日本は57位でイラン、豪州、韓国に次ぐアジア勢4位に後退…アルゼンチンが1位浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【日本代表、FIFAランク57位で韓国に次ぐアジア4位 アルゼンチンが1位に】の続きを読む

スター軍団、ウェールズが歴史的躍進 FIFAランクでイングランドを初めて抜き9位に (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ウェールズ代表、FIFAランクでイングランドを初めて抜き9位に!!

国際サッカー連盟(FIFA)は3日に最新のFIFAランキングを発表した。日本代表は前回の発表時より2つ順位を下げて58位となった。  

1位のアルゼンチン、2位のベルギー、3位がドイツと上位の国に大きな変動はなかったが、南米選手権を制したチリが2つ順位を上げて8位に上がった。また、イングランド代表が2つ順位を下げて10位となり、9位のウェールズが史上初めてイングランドを上回った。レアル・マドリードFWギャレス・ベイル、アーセナルMFアーロン・ラムジーらワールドクラスのスターを擁するウェールズは2011年8月の時点では117位だった。4年間で世界のトップレベルに急成長したことが示されている。  

アジアの最上位はイランの40位で、韓国が3つ順位を下げつつ、日本のランキングで1つ上の57位。オーストラリアは61位と、60位前後に日本を含むアジアのライバルが固まっている。日本がロシアワールドカップアジア2次予選で3日に対戦するカンボジアは180位、8日の対戦相手であるアフガニスタンは130位と発表された。

全文はソース元で

引用元 : スター軍団、ウェールズが歴史的躍進 FIFAランクでイングランドを初めて抜き9位に (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ウェールズ代表、FIFAランクでイングランドを初めて抜き9位に!!】の続きを読む

最新FIFAランク、日本は50位にランクアップ…アルゼンチンがトップ浮上 | サッカーキング

最新のFIFAランク、日本は50位にランクアップ アルゼンチンがトップに

FIFA(国際サッカー連盟)は9日、最新のFIFAランキングを発表した。  

日本代表は6月に行われたキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦で4-0の勝利を収めたものの、FIFAワールドカップロシア大会のアジア2次予選・シンガポール代表戦で0-0の引き分けに終わった。この結果を受け、日本は前回の52位から2つ順位を上げて50位にランクアップした。なお、シンガポールは4つ順位を上げて150位となった。  

アジア勢では、イランが前回から3つ順位を上げて38位となりアジア最上位。日本は前回と変わらずアジア2番手で、韓国が順位を6つ上げて52位、オーストラリアは4つ上げて59位、そして2つ上げて69位となったUAEが続いている。

■トップ10
1位 アルゼンチン
2位 ドイツ
3位 ベルギー
4位 コロンビア
5位 オランダ
6位 ブラジル
7位 ポルトガル
8位 ルーマニア
9位 イングランド
10位 ウェールズ

■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位
2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
2015年4月 50位
2015年5月 50位
2015年6月 52位
2015年7月 50位
 
日本代表の次戦は8月2日に行われるEAFF東アジアカップ2015の第1戦の北朝鮮代表戦となる。

全文はソース元で

引用元 : 最新FIFAランク、日本は50位にランクアップ…アルゼンチンがトップ浮上 | サッカーキング

【最新のFIFAランク、日本は50位にランクアップ アルゼンチンがトップに】の続きを読む

最新FIFAランク発表:ハリルJ連勝の日本は50位に浮上! ベルギーが初のトップ3入り (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

4-9,15 ja

国際サッカー連盟(FIFA)は9日、最新のFIFAランキングを発表した。  

バヒド・ハリルホジッチ監督の初陣となったチュニジア戦、ウズベキスタン戦を連勝した日本は、順位を3つ上げて50位に浮上。40位と2つ順位を上げたイランに続くアジア2位をキープした。韓国は順位を1つ下げて57位。オーストラリアは順位を2つ上げて63位となった。

上位20チームの順位は以下のとおり

※()は前回順位 
1.(1)ドイツ
2.(2)アルゼンチン
3.(4)ベルギー
4.(3)コロンビア
5.(6)ブラジル
6.(5)オランダ
7.(7)ポルトガル
8.(9)ウルグアイ
9.(12)スイス
10.(11)スペイン


全文はソース元で

引用元 : 最新FIFAランク発表:ハリルJ連勝の日本は50位に浮上! ベルギーが初のトップ3入り (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


【最新FIFAランク発表 日本代表は50位に浮上で武藤のチェルシー移籍に障害なし!?】の続きを読む

最新FIFAランク、スペインが8年ぶりベスト10落ち…日本は53位 | サッカーキング

3-12,15 fifa

FIFA(国際サッカー連盟)は12日、最新のFIFAランキングを発表した。  

前回の2月発表のランキングでは日本代表は、55位でアジア3番手に後退していたが、順位を2つ上げ、53位に浮上。2つ順位を落として56位となった韓国を抜き、再びアジア2番手となった。  

アジア勢ではイランが前回から順位を1つ下げたものの、42位でアジア最上位。オーストラリアが65位、UAEが69位で続いている。

■トップ10
1位 ドイツ
2位 アルゼンチン
3位 コロンビア
4位 ベルギー
5位 オランダ
6位 ブラジル
7位 ポルトガル
8位 フランス
9位 ウルグアイ
10位 イタリア

■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位
2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
2015年3月 53位

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150312/290331.html

【最新FIFAランク ベスト10にイタリアが入りスペインが落ちる 日本は53位】の続きを読む

アジア杯準々決勝敗退の日本、最新FIFAランクは55位でアジア3番手に後退 | サッカーキング

2-13,15 ja2

FIFA(国際サッカー連盟)は12日、最新のFIFAランキングを発表した。  前回は1月8日に発表されており、今回は1月9日から同月31日まで開催されたアジアカップの結果が反映される。同大会でUAE代表に敗れ準々決勝敗退となった日本代表は、順位を1つ下げて55位に後退した。  

前回から順位を10上げたイランが41位でアジア最上位。アジアカップ準優勝となった韓国が15上げて54位に入りアジア2番手となり、前回2番手だった日本は3番手に交代した。また、アジアカップ制覇を果たしたオーストラリアは順位が37上昇し63位に入りアジア4番手。5番手には今回順位を14上げて66位になったUAEが入った。  

なお、今回のFIFAランキングは、3日に契約解除が発表されたハビエル・アギーレ前監督が指揮した試合が反映される最後の更新。就任した8月は44位でスタートし、55位で終えている。

また、上位陣は7位のポルトガルまで変動なし。ベスト10は、1位ドイツ、2位アルゼンチン、3位コロンビア、4位ベルギー、5位オランダ、6位ブラジルは変わらず、フランスが1つ下がり8位となったためポルトガルが単独7位。前回9位だったスペインが10位に後退し、代わりに10位だったウルグアイが9位に入った。北中米カリブ海勢は16位から13位に上がったコスタリカが変わらず最上位で、アフリカ勢は18位のアルジェリアがトップで、変動はなかった。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150212/280240.html

【日本代表、最新FIFAランクは55位で韓国に抜かされアジア3番手に】の続きを読む

アジア杯出場16カ国の最新FIFAランク一覧…日本は54位で大会2番手 – サッカーキング

1-9,15 ja

FIFA(国際サッカー連盟)は8日、最新のFIFAランキングを発表。日本代表は、前回と変わらず54位となった。  

9日から開催されるアジアカップに出場する16カ国の中で、日本は2番手。イランが51位と変わらずアジアトップもキープした。3番手には前回と同じ69位で韓国が入り、ウズベキスタンが順位を3つ上げて71位で4番手。5番手には順位を1つ上げて80位となったUAEが入った。

■アジアカップ出場16カ国の最新FIFAランキング(カッコ内は順位変動差)
51位 イラン
54位 日本
69位 韓国
71位 ウズベキスタン(+3)
80位 UAE(+1)
92位 カタール(+3)
93位 オマーン
93位 ヨルダン(-12)
96位 中国(+1)
100位 オーストラリア
102位 サウジアラビア
110位 バーレーン(+12)
114位 イラク(-11)
115位 パレスチナ(-2)
125位 クウェート(-1)
150位 北朝鮮

■ハビエル・アギーレ監督就任後における日本の順位の推移。(2014年8月11日に就任会見。初陣は同年9月5日のウルグアイ代表戦)
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150108/268217.html

【アジア杯出場16カ国中、日本のFIFAランクでは2番手】の続きを読む

最新FIFAランク、日本は1つ下がり54位に…アジア杯D組ではトップ – サッカーキング

12-19,14 fifa

FIFA(国際サッカー連盟)は18日、最新のFIFAランキングを発表した。  

日本代表は、前回の53位から順位を1つ下げ、54位となり、前回順位を5つ下げたイランが、今回は5つ上げて51位に戻ったため、アジア最上位の座を再度イランに譲った。その他のアジア勢では韓国が69位で変わらずアジア3番目。ウズベキスタンも前回と同じ74位でアジア4番目となった。

ハビエル・アギーレ監督就任後における日本の順位の推移は、以下のとおり。(2014年8月11日に就任会見。初陣は同年9月5日のウルグアイ代表戦)

2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141218/260127.html

【最新FIFAランク、日本は1つ下がり54位。アジア首位をイランに譲る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

最新FIFAランク、日本は1ランクダウンの53位もアジア最上位に復帰 – サッカーキング

11-28,14 fifa

FIFA(国際サッカー連盟)は27日、最新のFIFAランキングを発表した。  

日本代表は、前回の52位から順位を1つ下げ、53位となったが、アジア最上位だったイランが順位を5つ下げて56位となったため、2014年8月のランキング発表以来となるアジア勢トップとなった。他のアジア勢では、順位を9つ下げて74位となったウズベキスタンがアジア4番目に下がり、3ランクダウンの69位となった韓国がアジア3番目となった。

また、上位陣では1位ドイツ、2位アルゼンチン、3位コロンビア、4位ベルギー、5位オランダ、6位ブラジルまでは変動なし。7位に2ランクアップのポルトガルと前回と変わらずとなったフランスが並び、1つ順位を上げたスペインが9位に浮上した。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141127/253966.html

【最新のFIFAランクで日本代表は1ランクダウン。しかし、アジア最上位に復帰の53位に◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

最新FIFAランク、日本は4ランクダウンで52位…8カ月ぶりの50位台 – サッカーキング

10-24,14 fifa

FIFA(国際サッカー連盟)は23日、最新のFIFAランキングを発表した。  今月10日のジャマイカ代表戦で、ハビエル・アギーレ監督体制での初勝利を挙げた日本は、前回から順位を4つ下げて52位となり、アジア2番目だった。アジアトップは、順位を7つ下げて51位となったイラン。他のアジア勢では、順位を7つ下げて65位となったウズベキスタンがアジア3番目。3ランクダウンの韓国は66位となった。  なお、来月14日に対戦するホンジュラスは69位で、同月18日に激突するオーストラリアはアジア内で11番目の94位だった。

ハビエル・アギーレ監督就任後における日本の順位の推移は、以下のとおり。(2014年8月11日に就任会見。初陣は同年9月5日のウルグアイ代表戦。)

2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141023/244185.html?view=more

【最新FIFAランク、日本代表は4ランクダウンの52位でアジア2位に。イランが1位、ウズベキスタンが3位。ドイツが全体1位◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ