スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

16-17シーズン

バルサと楽天の契約が近づく。バルトメウ氏再選で (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

メッシらが「楽天カードマン」に!?バルサとの契約がバルトメウ会長再選で現実味

バルセロナの新会長選挙が現地時間の18日に行なわれ、ジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が当選した。これにより日本のインターネットサービス企業「楽天」がバルセロナと契約を結ぶ可能性が高まっている。  

先日スペイン紙『スポルト』を含む複数のメディアが、バルセロナのメインスポンサー(ユニフォームの胸スポンサー)として楽天が契約する可能性があることを報じた。これを提案したのはバルトメウ氏であり、同氏が当選した場合に実現するのではないかとみられていた。  

バルトメウ氏は「(現在メインスポンサーである)カタール航空の代替となる企業はユニフォームもしくはその他の形でバルセロナとパートナーシップを結ぶことが可能だ。テクノロジー分野で非常に大きいアジアの企業が候補である」と明かしていた。  

全文はソース元で

引用元 : バルサと楽天の契約が近づく。バルトメウ氏再選で (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【メッシらが「楽天カードマン」に!?バルサとの契約がバルトメウ会長再選で現実味】の続きを読む

楽天がバルサのスポンサーに就任か…6月末にはピケが三木谷社長を訪問 | サッカーキング

楽天がバルサの胸スポンサーに!会長が否定せず ピケは三木谷社長に面会

インターネットサービスを運営する楽天株式会社がバルセロナのスポンサーに就任する可能性が浮上した。16日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』など各紙が報じている。  

なお、同紙によると両者の契約は、現在マンチェスター・Uがアメリカの自動車メーカーのゼネラルモーターズと結んでいる推定で年間6400万ドル(約79億4000万円)という金額を超えることになる模様だ。  

6月末にはバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが、公式ツイッター上で楽天の三木谷浩史社長を訪問したことを明かしていた。ピケの訪問はスポンサー契約に関係していると推測され、同社のスポンサー就任が一層現実味をおびている。

全文はソース元で

引用元 : 楽天がバルサのスポンサーに就任か…6月末にはピケが三木谷社長を訪問 | サッカーキング

【楽天がバルサの胸スポンサーに!会長が否定せず ピケは三木谷社長に面会】の続きを読む

PSGが来夏にC・ロナウドを獲得か…レアル会長とカタールで交渉 | サッカーキング

ロナウドが来夏PSGに移籍か?レアル会長と会談していた!

パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長が、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得に向け、同クラブのフロレンティーノ・ペレス会長と会談を行っていたことが明らかになった。スペインメディア『Star Media』など各メディアが報じている。  

同メディアによると、7月初旬にペレス会長がアル・ケライフィ会長のいるカタールを訪れ、将来的なC・ロナウドの移籍について話し合った模様だ。ペレス会長もC・ロナウドをパリSGへ売却することに肯定的で、移籍は来シーズン実現する見込みだという。

全文はソース元で

引用元 : PSGが来夏にC・ロナウドを獲得か…レアル会長とカタールで交渉 | サッカーキング

【ロナウドが来夏PSGに移籍か?レアル会長と会談していた!】の続きを読む

ポグバのバルサ移籍が合意 1年後にカタルーニャの名門へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ポグバ、バルサ移籍で合意と報道!来季はユーヴェでプレー

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバが2016年夏にバルセロナに移籍することで合意に達したと、スペイン地元紙「スポルト」が報じている。  

移籍金1億ユーロ(140億円)とも称された今夏の移籍市場最大の目玉に関する去就問題が一気に進展したようだ。バルセロナは1日、ポグバ移籍に関してユベントスと第一回目の正式な交渉を行ったという。すでに代理人のミノ・ライオラ氏はバルセロナ市内に滞在し、両クラブと条件面のすり合わせを進めていたという。ユベントス側は2015-2016シーズン中はポグバを他クラブに売却しないことに合意し、バルセロナが他のビッグクラブとの争奪戦に勝ったと報じている。  

税引き後年俸1200万ユーロ(16億8000万円)を要求し、そこから下げるつもりはないという。アルゼンチン代表FWメッシ、ブラジル代表FWネイマールというトップ選手に次ぐ、高給を手にすることになるという。

全文はソース元で

引用元 : ポグバのバルサ移籍が合意 1年後にカタルーニャの名門へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ポグバ、バルサ移籍で合意と報道!来季はユーヴェでプレー】の続きを読む

ユーヴェ、改めてポグバの移籍を否定「手放すつもりはない」 | サッカーキング

ポグバ、来夏バルサ移籍で合意と報道!!今夏はユーヴェは放出せず

ユヴェントスは、フランス代表MFポール・ポグバがクラブを離れることはないと何度も繰り返している。17日、イギリスメディア『itv』が報じた。  

ユヴェントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラルマネージャー)によると、クラブはポグバの意向を聞いているようだが、ポグバ自身が移籍を望まない限りクラブを離れることはないという。  

「何度も言うが、我々はポグバを手放すつもりはないよ。今日だって、クラブを離れる気はないとポグバから聞いたんだ。ポグバは多くのクラブから狙われてきたが、交渉を勧めたことはないよ。我々の戦略に欠かせないプレーヤーだからね。ポグバが移籍するのは彼自身が移籍を望むときまでない。もしも、いつか移籍を望むことがあれば、我々は予算の観点からじっくり見極めたいと思う」

全文はソース元で

引用元 : ユーヴェ、改めてポグバの移籍を否定「手放すつもりはない」 | サッカーキング

【ポグバ、来夏バルサ移籍で合意と報道!!今夏はユーヴェは放出せず】の続きを読む

リーガ放映権問題、「一括管理となれば総収入は10億ユーロを超える」 - Goal.com

3-3,15 liga

リーガエスパニョーラ所属クラブの大多数のテレビ放映権を有する大手メディアグループ、メディアプロのハウメ・ローレス会長が、スペイン『ラジオ・マルカ』のインタビューに応じた。

各クラブが個別に放映権契約を結ぶリーガだが、スペイン政府の介入で16-17シーズンから同権利の一括管理が開始される予定となっている。ローレス会長はこの件について、一括管理によって放映権総収入が現在の7億5500万ユーロから10億ユーロに伸びるとの見解を示した。

「放映権の一括管理がポジティブかと問われれば、イエスだよ。各クラブの団結も促せるし、10億ユーロ以上の放映権も見込めるだろう。加えて、各クラブは現在よりも多くの収入を得ることになるはずだ。政令はクラブの収入格差を減らすことを求めているからね」

欧州リーグの中で、放映権ビジネスで大きな成功を収めるプレミアリーグについては、次のような考えを口にしている。

「彼らが最も優れている理由は、以前からアジア市場に根を張っていたためだ。アジアの子供たちはマンチェスターのファンとなっている。ただ一つ言えるのは、プレミアだって同じチームが優勝し続けているということだ。リーガの問題が競争力にあるということは完全に虚偽のものなんだよ」

ローレス会長はまた、最近にメディアプロとの契約を解消して、大手通信通信事業者テレフォニカと来季一杯となる契約を結んだバルセロナに言及。同クラブがテレフォニカに乗り換えた理由は、南米市場にさらなる力を入れるためとされるが、同会長は無計画なことと断じた。

「南米は少しの投資で未来が見える大陸ではないよ。テレフォニカは南米の数カ国で市場のトップに立っているが、我々はESPNやディレクTVといったアメリカ大陸の放送局とも関係を持っている」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2015/03/03/9445892/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E6%94%BE%E6%98%A0%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C%E4%B8%80%E6%8B%AC%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%B0%E7%B7%8F%E5%8F%8E%E5%85%A5%E3%81%AF%EF%BC%91%EF%BC%90%E5%84%84%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%82%8B

【リーガの放映権料は一括管理で総収入は約1341億円に】の続きを読む

2016-17シーズンからプレミアのライブ放映試合数が歴代最多の168試合に – サッカーキング

12-14,14 pre

プレミアリーグのライブ放映試合数が2016-17シーズンに史上最多の168試合を記録することが明らかとなった。12日にイギリス紙『デイリーメール』など複数メディアが報じている。  

同シーズンから3年間、プレミアリーグは他のヨーロッパの強豪リーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラやドイツのブンデスリーガにならい、金曜夜にも試合日程が組まれる見込みとなっており、現在の154試合から14試合増加する。  

一方、来年3月に正式発表を控える次回のプレミアリーグ放映権売却額は、2012年に記録した2013-14シーズンから3年間の売却総額30億 ポンド(約5550億円)を大きく上回ると見込まれており、1試合あたりの価値が現在の670万ポンド(約12億4000万円)から1000万ポンド(約18億5000万円)に高騰すると仮定して、推定50億ポンド(約9250億円)と予想されている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20141213/258616.html

【プレミアリーグの放映権料は1兆円規模に。16-17シーズンから168試合になり売却額が大幅アップ◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

バルセロナの伝統復活か…“ノースポンサー”ユニフォームを検討中 – サッカーキング

10-3,14 bar2

バルセロナで、“あの伝統”が復活するかもしれない。地元ラジオ局『カタルーニャ・ラジオ』が報じたところによれば、バルセロナはユニフォームの胸スポンサーのロゴを無くすことを検討しているという。  

同クラブは、サンドロ・ロセイ前会長時代の2010年に、カタール財団とユニフォームスポンサー契約を締結。6年間で総額1億7000万ユーロ(約234億円)の経済提供を受ける代わりに、関連会社「カタール・スポーツ・インベストメント」のロゴを胸に入れることで合意していた。(その後、2013-14シーズンからは「カタール航空」のロゴが入ることになった)  

だが、この契約が満了する2016年夏以降、クラブ創設以来100年以上に渡って守られてきた“ノースポンサー”の伝統がよみがえる可能性があるという。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20141002/238090.html?view=more

【バルセロナの胸ロゴが廃止に!?2016年からノースポンサーの伝統が復活か◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ