スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

鹿島アントラーズ

レアルが延長戦を制しクラブW杯制覇…鹿島は互角もC・ロナのハットに力尽きる



clubworld 2016

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)が対戦した。


 2度目のクラブW杯制覇を目指すレアル・マドリードは、15日に行われたクラブ・アメリカ(メキシコ)との準決勝を2-0で制して決勝進出。公式戦36試合無敗を続けている。一方の鹿島は1回戦でオークランド・シティ(ニュージーランド)、準々決勝でマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)、準決勝でアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)と、各大陸王者を次々と撃破し、日本勢、アジア勢初の決勝進出を決めた。


 レアル・マドリードのスタメンは、GKケイロル・ナバス、DFダニエル・カルバハル、ラファエル・ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFカゼミーロ、トニ・クロース、ルカ・モドリッチ、FWクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ルーカス・バスケスの11名。負傷により準決勝の出場を回避していた主将のS・ラモスが復帰している。一方、鹿島のスタメンはGK曽ヶ端準、DF西大伍、昌子源、植田直通、山本脩斗、MF永木亮太、小笠原満男、遠藤康、土居聖真、柴崎岳、FW金崎夢生。金崎が今大会初先発となった他、永木が先発に復帰している。

レアル・マドリードは後半開始からモドリッチを下げてマテオ・コヴァチッチを投入。さらに112分にC・ロナウドを下げてアルバロ・モラタを投入した。試合はこのまま4-2でレアル・マドリードが鹿島を下し、2度目のクラブW杯制覇を果たした。また、レアル・マドリードの公式戦無敗記録は37に伸びた。一方、鹿島はレアル・マドリードに“本気”を出させたものの、延長戦で力尽きる格好になってしまった。


【スコア】

レアル・マドリード 4-2 鹿島アントラーズ


【得点者】

1-0 9分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)

1-1 44分 柴崎岳(鹿島アントラーズ)

1-2 52分 柴崎岳(鹿島アントラーズ)

2-2 60分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(レアル・マドリード)

3-2 98分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

4-2 104分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

 

レアルが延長戦を制しクラブW杯制覇…鹿島は互角もC・ロナのハットに力尽きる (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
【鹿島がレアル相手に大興奮のクラブW杯決勝に!惜しくも延長戦でC・ロナウドにハットトリックを決められる【みんなの反応・動画】】の続きを読む

フランクフルト、柴崎岳の獲得に乗り出す 16年1月の移籍を目指す - ライブドアニュース


柴崎岳はフランクフルトに移籍すべき!?SDが獲得に前向き

ブンデスリーガの古豪、フランクフルトがJ1鹿島の日本代表MF柴崎岳(23)の獲得に乗り出していることが20日、分かった。来年1月の移籍を目指して既に水面下で獲得を打診し、条件面の交渉がまとまり次第、正式オファーを出す見込み。現在リーグ戦12位と苦戦しており、後半戦巻き返しのキーマンとして期待されているという。  

ドイツの古豪が日本の若き司令塔に白羽の矢を立てた。フランクフルトがJ屈指のパスセンスを誇るMF柴崎の獲得を目指していることが判明。柴崎はかねてから海外移籍を希望しており、来年1月の移籍期間にも海を渡る可能性が高まった。

ブンデスリーガ関係者によると、フランクフルトのヒュブナー・スポーツディレクター(SD)は柴崎の冷静なボールさばきや視野の広さを高く評価し、即戦力として期待しているという。  

現在はリーグ戦で12位と低迷。今冬に背番号10のチェコ代表FWカドレツをデンマークに放出することが決まっており、フェー監督の攻撃サッカーのキーマンとして柴崎を迎え入れたい考えだ。  

フランクフルトは現在、日本代表MF長谷部が在籍。8月まではFW乾貴士(エイバル)も所属し、かつては元日本代表FW高原直泰(J3相模原)や同MF稲本潤一(J2札幌)も在籍していた。  

ヒュブナーSDはサンケイスポーツの取材に対し、「Jリーグには注目しており、獲得を考えている選手がいる。長谷部や乾のようにすぐにここでやっても大丈夫な選手」と明言。鹿島がG大阪を3-0で下した10月31日のナビスコ杯決勝(埼玉)にもスカウトを派遣していた。  

移籍金は推定200万ユーロ(約2億6000万円)。鹿島の強化責任者、鈴木満常務は「正式オファーは来ていない」と話した。ただ、年俸など条件面での交渉がまとまり次第、正式オファーに発展する見通しだ。  鹿島は、22日の名古屋戦(カシマ)で今季J1リーグ戦を終える。柴崎の国内ラストマッチとなる可能性が出てきた。
全文はソース元で

引用元 : フランクフルト、柴崎岳の獲得に乗り出す 16年1月の移籍を目指す - ライブドアニュース

【柴崎岳はフランクフルトに移籍すべき!?SDが獲得に前向き】の続きを読む

中山“QBK”言及あいさつに柳沢は感謝「ゴンさんの優しさを感じた」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ゴン中山の”QBK”に触れる気遣いに柳沢が感謝「優しさを感じた」

[7.5 ENCORE 合同引退試合 ANTLERS LEGENDS 5-2 KAY FRIENDS カシマ]  

試合後のセレモニー。3選手それぞれにゆかりのある先輩がメッセージを送った。柳沢敦と対峙した中山雅史が話し始めたのは、今まで誰もが触れ辛かったあの一件についてだった。

「みなさんの記憶にも残っていると思うのですけど、2006年のW杯、クロアチア戦ですよね。あのアウトサイド、分かります。(自分も)下手だからこそ分かります。その前に2001年のイタリア戦でのアウトサイドでのゴールがあったからあそこでアウトサイドで行ったのかなという思いが強いです。その選択、間違ってなかったと思います」  

試合後の「急にボールが来たので」という発言がネット上などで一人歩きし、頭文字から「QBK」と揶揄され続けることになった。  

セレモニーまで話すことを決めていなかったという中山。「正直、言うべきかどうか迷った」と複雑な思いがあったことを明かす。それでも話すことに決めたのは、中山自身も1998年W杯のクロアチア戦で決定機を決めきれず、苦しい思いを経験したことで、柳沢の一番の理解者だと感じていたからだった。「失礼になってなければいいのですが」と最後まで気遣った中山。

「ヤナギは僕以上の思いを持って現役生活を続けてきたと思う。だから敢えて言わせてもらった」と後輩の労をねぎらった。  

ただ、その思いは柳沢にもしっかり届いていた。しばらく考えたあと、「ゴンさんの言葉は私にとっては有難い言葉だった」と話し始めた柳沢。「僕がいくら言っても解消できない、納得させられない部分をゴンさんが代弁してくれた。優しさを感じた言葉だった。たまに自分でも自虐ネタにすることもある。でもやっぱり周りの人たちが想像以上に気を使ってくれている。こういう場でゴンさんが言ってくれたことで、角が取れればいい。前に進めていなかったわけではないが、一つ、ステップが上がれたかなと思う」。そう話した柳沢の表情は清々しかった。

全文はソース元で

引用元 : 中山“QBK”言及あいさつに柳沢は感謝「ゴンさんの優しさを感じた」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ゴン中山の”QBK”に触れる気遣いに柳沢が感謝「優しさを感じた」】の続きを読む

アンカー長谷部、攻撃的MFに香川と柴崎 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

日本代表、アンカー長谷部、インサイドに香川と柴崎の4-3-3布陣を練習

by Clement Bucco-Lechat

「W杯2次予選、日本-シンガポール」(16日、埼玉)  W杯予選に向けて合宿中のサッカー日本代表は13日、さいたま市内で約2時間の練習を行った。

セットプレー以外では、ピッチを狭く区切り、10対10と実戦形式でチームの基本戦術である速いパス交換を中心としたスタイルを確認。その際には、11日のイラク戦から布陣が変更され、中盤のアンカーと呼ばれる位置にMF長谷部が入り、インサイドハーフと呼ばれる攻撃的MFの位置にMF香川と柴崎が入った。

全文はソース元で

引用元 : アンカー長谷部、攻撃的MFに香川と柴崎 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【日本代表、アンカー長谷部、インサイドに香川と柴崎の4-3-3布陣を練習】の続きを読む

柴崎がJリーグのプレースピードに警鐘「もっと速いテンポでやらないと」 | サッカーキング

柴崎岳、Jリーグのプレースピードに警鐘「もっと早いテンポで」

文=安藤隆人  

鹿島アントラーズの日本代表MF柴崎岳が、Jリーグのプレースピードに警鐘を鳴らした。  

AFCチャンピオンズリーグのスケジュールに合わせて変則開催となった明治安田生命J1リーグ第6節、柏レイソル対鹿島アントラーズの一戦。試合は非常にテンポの速い展開となり、結果は3-1で鹿島が勝利。素早く攻守が入れ替わる見応え十分のサッカーの中において、落ち着いたプレーを見せる柴崎岳の存在感は際立っていた。

「テンポが速く、プレッシャーが厳しい中でどれだけ質の高いプレーができるか。僕はそこにこだわっている」
 
柴崎は青森山田高時代から常々こう語っていた。高校時代から図抜けた実力を持っており、同世代間でのプレーではどうしてもテンポの遅い展開になりがちだ。だが、それに甘えることなく、「より狭いスペースや予測が難しい状況でも普段のプレーができることを求めている」と自らに高いハードルを課してプレーしていた。
 

いつしかその舞台がプロになり、鹿島の中心選手になると、今度はJリーグ自体が時として「物足りない」状況になり始めていた。
「もっとJリーグも速いテンポでやらないと、もっと上には行けない」
 
昨シーズンから彼のプレーを見ていると高校時代のように“より厳しい状況”を求めて前線へのスプリント回数を増やしたり、攻守においてよりストイックにフル稼働するようになった。
 
一番のハイライトは、今年1月のAFCアジアカップ準々決勝のUAE戦で決めたゴールだ。本田圭佑(ミラン/イタリア)にクサビを当ててからの彼のゴール前の密集地帯に飛び込むスプリント、そして足下に来たボールをスピードを落とさずに狙いすまして打ち込む技術。まさしく瞬間的に訪れた「厳しい状況」で、そこで質の高いプレーを披露した。
「もっとハイテンポに、もっと厳しく」
 
この思いを抱いてプレーをする彼は、柏戦を楽しんでいるように見えた。試合後、彼に感想を伝えると、ハッキリした口調でこう返ってきた。

「こういう試合は疲れるけど、やりやすい。でも、ハイテンポな試合をスタンダードにしてやっていかないと。Jリーグのあまりテンポの速くないサッカーよりもハイテンポのサッカーのほうがより考えるし、上のレベルで通用することになると思う。いかにハイテンポの中で運動量を増やして、質の高いプレーができるかを常に考えていきたい」


全文はソース元で

引用元 : 柴崎がJリーグのプレースピードに警鐘「もっと速いテンポでやらないと」 | サッカーキング

【柴崎岳、Jリーグのプレースピードに警鐘「もっとハイテンポで厳しくしないと」】の続きを読む

顔面踏みつけのキムが謝罪 笑顔の金崎「もう気にしていない」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

CCJQMJBUoAAp8jF

Twitter@atlrs_official

今月3日に行われたJ1第1ステージ第4節・鹿島―鳥栖戦(カシマ)の試合中に鹿島MF金崎夢生(26)の顔面を踏みつけ、Jリーグから出場停止4試合の処分を受けたJ1鳥栖の韓国人DFキム・ミンヒョク(23)が9日、金崎のもとを訪れ直接謝罪した。鹿島がクラブの公式ツイッターやフェイスブックで写真入りで伝えている。  

鹿島が伝えたところによると、キムはこの日、茨城県鹿嶋市内にある鹿島のクラブハウスをスーツ姿で訪問し、金崎とトニーニョ・セレーゾ監督(59)に謝罪。謝罪を受け入れた金崎は「肩を組んで笑って撮ろう」と写真撮影を提案し、2人で記念撮影の写真に収まった。  

金崎は「もう気にしていないから、今度対戦する時もお互いに全力でプレーしよう!」とキムに話し、キムから同様に謝罪を受けたセレーゾ監督も「人間、誰にでも失敗はある。私も失敗したことはある。謝罪に来たということで、あなたの人間性が素晴らしいことは十分に伝わってきた。良いチームメートとともに、良いチームにいるのだから、これからもがんばって欲しい」と激励したという。

全文はソース元で

引用元 : 顔面踏みつけのキムが謝罪 笑顔の金崎「もう気にしていない」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【顔面を踏みつけられた金崎、直接謝罪のキムと笑顔の2ショット「もう気にしてない」】の続きを読む

顔踏み4試合停止は「軽すぎ」か J1鳥栖 キム・ミンヒョクへの処分 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

CB_2GXgUMAE8zXB

試合中の踏みつけ行為によりJ1鳥栖のDFキム・ミンヒョクが7日、Jリーグから4試合出場停止処分を受けたが、この処分の重さについてネット上で話題になっている。  

Jリーグは審議を行い、この行為が「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当し、また審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」と判断され4試合の出場停止処分となった。  

だが、この4試合にはナビスコ杯も含まれるため、25日のJ1第7節柏戦には出場が可能。リーグ戦に限れば2試合の出場停止となる。  

過去、対戦相手への暴行として記憶に新しいのが、ウルグアイ代表FWスアレスが犯した、かみつき行為だ。14年のW杯ブラジル大会イタリア戦でDFキエッリーニの左肩にかみつき、9試合の代表戦出場停止、4カ月のサッカー活動の禁止、10万スイスフランの罰金といった重い処分が国際サッカー連盟(FIFA)から下された。  

スアレスの場合、イングランドのリバプールに所属していた13年にもチェルシー戦でイバノビッチの腕にかみつき、10試合の出場停止処分を受けた。さらに、オランダのアヤックスに所属していた10年にもPSV戦で対戦相手にかみつき、7試合の出場停止処分を受けている。こうした過去が、W杯での処分でも考慮された可能性は高い。  

ただ、かみつき行為よりも、顔・頭部を踏みつけることの方が重大なけがにつながることは明白。舞台に違いがあるとはいえ、一般の目線で見れば4試合の出場停止が軽すぎるととらえられても仕方がない。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00000087-dal-socc

【キム・ミンヒョクへの4試合出場停止処分は「軽すぎ」か!?顔踏みプレーへの妥当な処分は】の続きを読む

危険ファウルで物議…鳥栖キム・ミンヒョクにチーム仲間が擁護「『韓国が悪い』などのコメントは見たくない」 (WoW!Korea) - Yahoo!ニュース

4-7,15 kim2

日本・Jリーグ「サガン鳥栖」所属のキム・ミンヒョク(金敏赫、23)が日本のサッカーファンやネットユーザーらから強い非難を浴びている。試合途中のラフプレーが原因で、動画サイトや掲示板で物議を醸している状況だ。 

問題の場面は、3日に行われたJ1鹿島アントラーズとサガン鳥栖の試合。後半36分。鹿島のMF金崎夢生(26)が韓国代表DFでもあるキム・ミンヒョクと競り合う中で倒され、キム・ミンヒョクにはイエローカードが提示された。  

チームメイトは自身のブログに「あの反則については不必要な行為であった事は間違いないと思います。そこを擁護するわけではありません」と見解を綴った。続けて「彼が韓国人の選手だからといって、『韓国が悪い』や彼の根本を否定する発言まで見受けられるように思います。もちろん、こういうプレーは2度と見たくありません。そして、こういったコメントも見たくないと思ったのが僕の感想です」と心境を述べた。最後に「長いシーズンの中で、これから先を皆さんと協力してよりいいものを作り上げたいと思います」と伝えた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00000012-wow-spo

【頭踏みつけのキム・ミンヒョクに鳥栖GK林が擁護「韓国や彼の根本までは否定しないで」】の続きを読む

鳥栖キム・ミンヒョクに出場停止4試合 鹿島・金崎の顔踏みつける (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

4-7,15 kim

Jリーグは7日、J1鳥栖の韓国人DFキム・ミンヒョク(23)に対し、公式戦4試合の出場停止処分を科したと発表した。

キムは今月3日に行われたJ1第1ステージ第4節・鹿島―鳥栖戦(カシマ)において、鹿島のMF金崎夢生(26)に対するホールディングの反則により、主審から警告を受けた。だが、その際、倒れた金崎の顔面を左足で踏みつける行為が映像で確認され、鹿島はJリーグ規律委員会に申し立てをしていた。  

規律委員会では、このキムの行為を映像を用いて確認して検証。審判員、マッチコミッショナーやキムにも事実関係を確認した。その結果、キムの行為は「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当し、試合中に審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」と判断、4試合の出場停止処分とした。  

また、鳥栖はクラブの公式サイトに「【お詫び】キムミンヒョク選手への処分について」とする文章を掲載。「弊クラブ所属のキムミンヒョク選手の行為につきまして、改めまして、鹿島アントラーズの金崎夢生選手、クラブ関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。そして、ご迷惑をお掛けしたJリーグ関係者の皆さま、いつもご声援を頂いているファン・サポーターの皆さまへ心からお詫び申し上げます」と声明を発表した。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00000113-spnannex-socc

【鳥栖キム・ミンヒョクに出場停止4試合 鹿島の金崎の顔を踏みつけ】の続きを読む

鹿島、鳥栖キム・ミンヒョクの処分で申し立て「選手生命に関わる大変な事態」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

4-7,15 kasi

3日に行われたJ1鹿島-鳥栖(カシマ)での判定を巡り、鹿島がJリーグの規律委員会に文書で申し立てを行ったことが6日、Jリーグ関係者の話で分かった。  

問題のシーンは後半36分。鹿島MF金崎夢生が鳥栖の韓国代表DFキム・ミンヒョクと競り合って倒され、キムにはイエローカードが提示された。だが、倒れた金崎の顔を金が意図的に踏みつけたような映像が残っており、鹿島側は警告という処分が妥当だったのか、規律委員会の判断を仰ぎたい考えだ。  

鹿島関係者は「金崎にはスパイクの跡がくっきり残っていた」と証言。大事には至らなかったものの、「目に当たれば失明の可能性もあった。そうなれば選手生命に関わる大変な事態になっていた」と憤る。あるJリーグ関係者は「海外では倒れた選手の足を踏みつけて3試合の出場停止になった事例もある」と処分の軽さに疑問を投げかけた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150406-00000542-sanspo-socc

【鹿島、鳥栖キム・ミンヒョクの処分を申し立て「選手生命に関わる大変な事態」金崎への踏みつけに】の続きを読む

このページのトップヘ