スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

豊田陽平

【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由 | サッカーダイジェストWeb


2-11,15 jap


いくらJリーグで実績を残しても、日本代表で陽の目を見ないストライカーは少なくない。広島の佐藤寿人や鳥栖の豊田陽平は、その代表格と言えるだろう。    国内屈指の実力を持ちながらそれでも代表監督に愛されなかったのはなぜか。選手独自の特性や時代ごとの背景を踏まえながら、その理由を探る。  
――◆――◆――    
ブラジル・ワールドカップを終え、新しく日本代表監督に着任したハビエル・アギーレは、FWに皆川佑介、CBにも坂井達弥を抜擢した。まだ所属クラブでもレギュラーを獲得していない選手たちなので、まず条件を満たす人材から絞り込み、将来性も考慮した上で選び出したに違いない。ふたりとも180センチを超えるサイズがあり、坂井はレフティという特徴も備えていた。    
かつてオランダ人のハンス・オフト監督がマツダ時代の教え子でもあった高木琢也を招集し、当時は賛否両論が飛び交ったものだが、概して欧州の監督はターゲットマンを求める傾向が強い。多少技術に難があったとしても、ゴール前で高さを活かせて身体も張れる選手を必要だと考える。    
だが日本と身体的な特徴が似たメキシコ人の監督が、世界と戦うには高さが要るという発想を持っていたことが面白かった。アギーレ監督がFWに高さを求めるなら、就任時点で最も相応しい実績を残していたのは豊田陽平だった。しかしワールドカップを終えたばかりという節目で監督を引き継いだアギーレは、4年先を睨んで伸びしろを買ったということだろう。  

全文はソース元で

引用元 : 【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由 | サッカーダイジェストWeb
【なぜ日本代表で佐藤寿人、豊田陽平らが不遇だったのか!?愛されなかった理由とは??】の続きを読む

W杯予選に挑む日本代表メンバーが発表されたが…。ハリルジャパンに足りないものとは? (All About) - Yahoo!ニュース

ハリルジャパンに足りないのは「高さ」ハーフナー、指宿、豊田らを呼べ

via:by Clément Bucco-Lechat

9月3日のカンボジア戦、同8日のアフガニスタン戦に向けて、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督(63歳)はすでに23人のメンバーを発表している。ポジションごとの内訳はゴールキーパー(GK)が3人、ディフェンダー(DF)が8人、ミッドフィルダー(MF)が6人、フォワード(FW)が6人となっている。  

むしろ気になるのは、FWの顔ぶれだ。  

ハリルホジッチ監督が選んだ6人のFWは、岡崎慎司(29歳・レスター/イングランド)、本田圭佑(29歳・ミラン/イタリア)、興梠慎三(29歳・浦和レッズ)、永井謙佑(26歳・名古屋グランパス)、宇佐美貴史(23歳・ガンバ大阪)、武藤嘉紀(23歳・マインツ/ドイツ)となっている。このなかで、『点取り屋』と呼ばれるFWの最前線中央を任せられるのは、岡崎と興梠だ。その他の4人も対応は可能だが、ハリルホジッチ監督の構想ではサイドや中盤のプレーヤーである。  

シンガポールと同じく埼玉スタジアムへやってくるカンボジアは、これまたシンガポールと同じように、徹底的に守備を固めてくるだろう。日本が得意とするショートパスをつなごうとしても、ゴール前のスペースはあらかじめ埋められてしまっている。ドリブルで局面を打開しようとしても、あっという間に相手選手に囲まれてしまうだろう。  

0対0のままゲームが進んでいくと、慌てるのは日本だ。シンガポール戦の記憶が、選手たちの頭のなかでよみがえってくる。気持ちの揺れがプレーのリズムを乱す。一方のカンボジアは、同点の時間が長いほど希望を膨らませていく。6月のシンガポール戦は、まさにそういった展開だった。

そうした状況でチームを助けるのが「高さ」だ。  

ゴール前へロングボールを放り込み、ヘディングの競り合いを挑む。日本の選手が競り勝てなくても、相手側が遠くへクリアできなければチャンスは続く。ゴール前に残ったボールが日本選手の足元へこぼれれば、シュートへつなげられる。相手の守備陣をパスワークで崩し切れない場合や、パスをつなぐ時間さえもったいない試合終盤で、ロングボールはゴールへのアクセス方法として担保しておきたい手段だ。  

ロングボールの放り込みとはほど遠いサッカーをするスペインにも、188センチのFWジエゴ・コスタがいる。パスサッカーの元祖ブラジルでは、187センチのFWレアンドロ・ダミアンが代表の常連だ。空中戦を仕掛けるか否かはともかくとして、世界の強豪も「高さ」は用意している。  

ハリルホジッチ監督が選んだ6人のFWのなかに、「高さ」を武器とする選手は?  

いないのだ。  

空中戦の競り合いに強い豊田陽平(30歳・サガン鳥栖)は、ケガの影響でほぼ1か月にわたってリーグ戦にフルしていない。8月16日のゲームから、ようやく戦列に戻ってきたところだ。名古屋グランパスの川又堅碁(25歳)もヘディングを強みのひとつとするが、今回はメンバーに選ばれていない。  

力ずくでも得点が欲しい局面で、空中戦に活路を求めるとしたら──189センチの吉田麻也(27歳・サウサンプトン/イングランド)、182センチの槙野智章(28歳・浦和レッズ)らのセンターバックを最前線へ上げることが、今回のメンバーでは唯一と言っていい手段だろう。  

ヘディングを武器とする選手が、いないわけではない。  

J1リーグのアルビレックス新潟でプレーする指宿洋史(24歳)は、195センチの高さを誇る。オランダ・エールディビジのデンハーグに在籍するハーフナー・マイク(28歳)も、194センチの長身ストライカーだ。だが、指宿は日本代表に一度も呼ばれたことない。ハーフナーはザッケローニ前監督指揮下で招集されたことがあるが、ここ最近は遠ざかっている。  

カンボジア、アフガニスタンとのゲームで、日本が追いつめられるとは考えにくい。パワープレーに頼ることなく、連勝を飾るだろう。そうでなければならない。  

ただ、「高さ」という強みは持っておくべきである。ザッケローニ前監督のチームに長身ストライカーがいれば、昨夏のブラジルW杯の結果は変わっていたかもしれないからだ。

文・戸塚 啓(All About 日本代表・Jリーグ)

全文はソース元で

引用元 : W杯予選に挑む日本代表メンバーが発表されたが…。ハリルジャパンに足りないものとは? (All About) - Yahoo!ニュース

【”高さ”が足りないハリルジャパン!!ハーフナー、指宿、豊田らを呼べ】の続きを読む

「杉本はクオリティー高い」「遠藤はFWの後ろで…」ハリル監督がポジションごとに“プレゼン” (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ハリル、日本代表合宿の招集の意図をポジションごとに説明
【ハリル、日本代表合宿の招集の意図をポジションごとに説明】の続きを読む

日本代表新体制のFWは?アギーレJは本田、岡崎、乾が基本も戦術次第で… (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

Vahid Halilodzic by Clement Bucco-Lechat

by Clement Bucco-Lechat

【日本代表新体制のFWは?ハリルホジッチの戦術次第で本田、岡崎、乾も・・・】の続きを読む

【アジアカップ】金田喜稔が斬る!「Jリーグ組の危機を感じた」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

1-24,15 kane

4-3-3の特長を引き出せていた点は収穫に挙げられる。しかし、長友負傷後の采配には疑問。 決勝トーナメント1回戦敗退の結果を受け、選手も監督も痛烈な批判を受けるだろう。  

個人的には「決定力不足」という常套句に落ち着くのではなく、それ以上に深刻な課題を痛感しているが、その前に、今大会の4試合を振り返れば、日本は圧倒的にボールを支配していたことも忘れてはならない。  

UAE戦でもシュート(35対3)、CK(18対0)のデータからも分かるように、相手が守備を固め続けた状況もあるにせよ、クオリティは断然、日本のほうが高かった。  

触れておきたいのが、ザック時代の4-2-3-1からアギーレは4-3-3に基本布陣を変えて、試行錯誤を繰り返しながら、この試合の柴崎の得点にもつながったような質の高いクサビのパスが非常に増えた点だ。  

この布陣の狙いであるサイドや中央でトライアングル(3人による連係)を作り、そこから縦にパスを入れて、攻撃のスピードをキュッと上げて打開する。そのイメージを選手たちが共有し、具現化できていた。  

ザック時代の香川と本田がゴール前や中央で詰まってしまう問題も、この布陣にすることでずいぶん解消されたと思う。

4-3-3のメリットは、攻撃陣の特長をより引き出せるところにある。その強みが感じられた点は、収穫に挙げていいだろう。

一方で、疑問を抱いた采配もあった。

この試合、ハムストリングを傷めた長友が、そのまま15分ほど左SBでプレーを続けた。その後、アギーレは長友を前線に置いたが、あの配置換えの対応は遅すぎた。相手がいわゆる強豪国だったら、徹底的に日本の左サイドを突いてきたはずだった。

しかも、アギーレが長友を前線の中央に上げた、そのポジションにも首を捻った。そのために、中央でトライアングルを形成する長谷部らの良さまでもが消えてしまったのだ。

怪我をした選手はサイドの高い位置に置き、足下でパスをさばくだけでいいという形にすべきだった。その常套手段を取らずに、結局、日本の良かった攻撃が寸断されてしまった気がして、「監督はいったい、どうしたいんだろう?」と思ったのは事実だ。

柴崎、武藤、豊田、Jリーグ組が突き付けられたヨーロッパ組との「格差」。

今回の最大の敗因として挙げたいのが、切り札が現われなかったことである。

このチームが戦っていたのは「対アジア」ではなく、「対チーム内」だったのかもしれない。こうしたトーナメントを勝ち切るには、総合力が問われる。結果的に、日本代表の総合力が上がっていないという現実を突き付けられたのではないか。

アギーレはまずJリーグ組にチャンスを与えてきたものの、思うような結果を得られず、次第にヨーロッパで活躍する選手を組み込んでいった。その融合を図るなか、今大会の乾が象徴的であり、長谷部がアンカーを高いレベルでこなしたように、ヨーロッパ組は順応力の高さを示していったと言えた。

一方、UAE戦で途中出場したのが柴崎、武藤、豊田のJリーグ組だった。

まず、柴崎のゴールは素晴らしかった。まさにチームが共有していた、クサビのパスからの本田とのワンツーで敵陣を綺麗に切り裂いた。

が、厳しい言い方をすれば、あのワンプレーだけだった。だから正直なところ、ワシはそこまで柴崎を褒められない。

本気でレギュラーを奪おうと思うのであれば、あのまま凌駕してほしかった。気迫を出し切ってほしかった。

また豊田も、なぜいつまでも周囲から信頼されないのか、そこを突き詰めるべきだ。

決して怠らず、しっかり動き直しをしているのは、多くの人が分かっている。そこへパスを出さない周りが悪いという指摘があるのも分かる。

とはいえ、ストライカーであるならば、限られたチャンスを仕留めなければいけない。控えからステップアップするためであれば、なおさらだ。大事な場面でキックミスやシュートミスをして、いつまでも連係に絡めないようでは、高さや強さという良い武器を持っていても、「あいつならボールを任せられる」と信頼はされない。

チャンスは与えられてきた。だが、そういった信頼関係を築けていない。

最後は、本田と香川がPKを外して、日本の戦いは幕を閉じた。

このふたりもかなり批判を受けるに違いない。

Wエースの失敗は、なにかしらの暗示だと言う人もいるかもしれない。しかし、ワシが今大会最も痛感したのは、むしろ逆だ。

ヨーロッパ組とJリーグ組の格差が広がっている――。

「ヨーロッパ組だから」と言うだけで評価するのは好きではない。むしろ、Jリーグ組だってやれるんだぞ、とずっと思ってきたひとりである。
 
それでも今大会、適応力、プレーの安定感、試合を読む力、そして純粋なテクニック……前線の選手に関して言えば、すべての面でヨーロッパ組はJリーグ組を上回っていたと言わざるを得ない。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150124-00010004-sdigestw-socc&p=1

【日本代表のアジア杯早期敗退に「Jリーグ組の危機を感じた」】の続きを読む

<前園真聖ゾノの焦点!>これから先は豊田の使い方が勝利のカギ (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

1-23,15 toyo

アジアカップ1次リーグ3試合無失点で3連勝。アギーレジャパンは盤石の試合運びで勝利を重ねています。決勝トーナメントでも好ゲームを見せてくれると思いますが、アジア制覇に向けて気になるのは本田の起用法です。  

ここまでの3試合を見てもわかるように、後半も中盤を過ぎると完全に足が止まってしまいます。疲労もかなり蓄積しており、決勝まで万全な状態で戦えるかは微妙なところです。アギーレ監督は基本的にフル出場させると思いますが、中2日の日程を考えれば、今後は勝負が見えた時点で早めに交代させたほうがいいかもしれません。  

185センチの長身FW豊田陽平(29=鳥栖)の使い方も注目です。準々決勝以降は延長、PK戦もあり、豊田を中心にパワープレーを仕掛ける場面も出てくるはずです。初戦パレスチナ戦で途中出場したときは試合に入れないまま終わりました。今後、起用されるときには、しっかりとゲームの流れに乗れるかが勝敗の分かれ目になるでしょう。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000012-tospoweb-socc

【前園「これから先は豊田の使い方がアジア杯勝利のカギ」】の続きを読む

日本代表 異例の格安航空会社移動 体の大きな豊田ら体を丸め… (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

1-18,15 jap

◇アジア杯1次リーグD組 日本―ヨルダン(2015年1月20日 オースオラリア・メルボルン)

日本代表が異例の格安航空会社(LCC)移動を行った。イラク戦の一夜明け練習後に、空路でブリスベンから1次リーグ第3戦ヨルダン戦(20日)を行うメルボルン入り。大会を主催するアジアサッカー連盟が手配したのはジェットスター航空の機体だった。国際Aマッチ150試合出場を誇るMF遠藤が「代表の移動で格安航空機は記憶にない」と指摘する珍事。日本協会関係者は「時間的に最適だったのだと思う」と説明した。  

LCCでは価格を抑えるため座席数を増やしており、ジェットスターのエコノミークラスの前後の座席間隔は約73センチ。日本協会スポンサーで日本代表が移動で頻繁に利用する日本航空の同クラスと比べて5センチ近く狭い。約2時間半のフライトで大型FW豊田らは体を丸めて座席に収まった。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00000004-spnannex-socc

【日本代表が異例の格安航空会社で異動。豊田らは体を丸めて】の続きを読む

本田圭佑、母校・星稜の選手権制覇に喜び…事故で離脱の恩師にも「先生の悲願だった」 | サッカーキング

1-13,15 hon

AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第1戦が12日に行われ、グループDでは日本代表とパレスチナ代表が対戦。前半に遠藤保仁、岡崎慎司、本田圭佑の得点でリードした日本が、後半の開始早々にも吉田麻也が加点し、4-0で快勝した。  

試合後、同試合の3点目となるPKを決めた本田は、取材陣からの質問に回答。パレスチナ戦前に本田の母校である星稜高校が第93回全国高校サッカー選手権大会の決勝で勝利し、同校初の選手権制覇を果たした。  

本田は試合内容について質問に答えた後、母校優勝の話を聞かれると、「それを聞いてくださいよ。どちらかというとそこでしょう。今日、俺の試合よりもそっちじゃないかと思うんですけどね」と回答すると、「3年連続ですか、ベスト4。僕らの時はベスト4に行くのがすごい難しかった時代やったんですけど、今は3年連続でいってしまうような高校に成長して」と母校の躍進に目を細める。  

星稜は大会前に河崎護監督が交通事故に遭い、チームから離脱する事態に見舞われたが、見事に優勝。本田も指導を受けた恩師の離脱だったが、「優勝は先生の悲願で。事故は不幸なことでしたけど、何よりも明るいニュースで、先生に『おめでとう』と一言言いたいですね。回復に向かっているということは聞いていますから、1日でも早くまた元気な姿を生徒の前で。また落ち着いて、先生の方から連絡してくるくらい元気になればいいなと思っています」と、河崎監督の容体を案じた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150112/270350.html

【本田、豊田が母校・星稜の全国制覇に喜び「アジア杯よりもそっち」】の続きを読む

日本代表の豊田、体調不良で練習欠席…柴崎に続きインフルの疑いも – サッカーキング

1-3,15 toyo

日本代表は3日午前、アジアカップが開催されるオーストラリアに到着。同日午後に、ニューカッスル近郊のセスノックで練習を行った。  

国内合宿は、12月29日から開始。冬の日本から夏のオーストラリアに移動して行われた初練習は、冒頭15分のみ公開された。  

チームには吉田麻也が合流したが、豊田陽平がオーストラリアへの移動中に体調不良を訴え、発熱したことで練習を欠席。現状は熱も下がっているが、インフルエンザの可能性もあることから大事を取って、宿舎では選手たちの泊まるフロアとは別の階に移動し、静養している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150103/265468.html

【日本代表の豊田がインフルの疑い。体調不良で練習欠席◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 岡崎&豊田、新2トップ 豊田手応え「自分の得意な形を出せれば」 (スポニチアネックス)

1-2,15 ja

◇年越し代表合宿  豊田―岡崎の新2トップが年内最後の練習で試された。実現すれば国際Aマッチでは初の組み合わせとなる。岡崎が「いろんな手段の一つになる」と言えば、豊田も「岡ちゃんはチャンスメークも裏に抜けるのもうまい。それを生かしつつ、自分の得意の形を出せれば」と手応え十分だ。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000114-spnannex-socc

【岡崎&豊田の2トップに手応え。アジア杯に向けた日本代表の新たな武器となるか◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ