スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

試合結果

スアレス爆発! 7点に絡む圧巻パフォ!! バルサ、8発爆勝で首位堅持 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】スアレスが7得点に絡む大爆発!バルサが復活の8ゴールで首位堅持

[4.20 リーガ・エスパニョーラ第34節 デポルティボ 0-8 バルセロナ]  

リーガ・エスパニョーラ第34節2日目が20日行われ、バルセロナがデポルティボのホームに乗り込んだ。前半11分と同25分に生まれたFWルイス・スアレスのゴールで前半だけで2点のリードを奪ったバルセロナは、後半に6点を加点して8-0の大勝を収めた。

スアレスが4G3Aと7ゴールに絡む圧巻のパフォーマンスを披露し、バルセロナが8-0で圧勝。連敗を3でストップして首位を堅持した。

全文はソース元で

引用元 : スアレス爆発! 7点に絡む圧巻パフォ!! バルサ、8発爆勝で首位堅持 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】スアレスが7得点に絡む大爆発!バルサが復活の8ゴールで首位堅持】の続きを読む

岡崎先発のレスター、エース退場も終了間際のPKでドローに持ち込む (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【タッチ集動画】岡崎先発のレスター、不可解ジャッジに劣勢になるも終了間際にPKでウェストハムとドローに

プレミアリーグ第34節が17日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとウェストハムが対戦した。  

2位トッテナムに勝ち点差7をつけて首位を走るレスターは、残り5試合で3勝すれば無条件で優勝が決まる。リーグ制覇に向けて5連勝中と好調を維持しており、この日もベストメンバーを起用。岡崎は14試合連続でスタメンに名を連ねている。対するウェストハムはチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う6位につけているが、公式戦ここ5試合白星なしと、失速気味。逆転でのCL出場へ向け、勝ち点3を持ち帰りたい。  

最初に決定機を作ったのはアウェーのウェストハム。開始2分にエリア手前右でFKを得ると、ディミトリ・パイェが上げたクロスにニアサイドのシェイク・クヤテが頭で合わせる。枠の右隅を捉えたシュートをGKカスパー・シュマイケルが指先で弾くと、ボールは右ポストを叩き、さらに左ポストに当たったがゴールラインは割らず、最後はシュマイケルがキャッチした。

 試合はこのまま2-2で終了。レスターは連勝が5でストップしたものの勝ち点1を獲得。ウェストハムは6試合ぶりの勝利とはならなかった。なお、岡崎は59分までプレーした。
 次節、レスターは24日にスウォンジーと、ウェストハムは21日にワトフォードと、それぞれホームで対戦する。
【スコア】
レスター 2-2 ウェストハム
【得点者】
1-0 18分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
1-1 84分 アンディ・キャロル(PK)(ウェストハム)
1-2 86分 アーロン・クレスウェル(ウェストハム)
2-2 90+5分 レオナルド・ウジョア(PK)(レスター)



全文はソース元で

引用元 : 岡崎先発のレスター、エース退場も終了間際のPKでドローに持ち込む (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【タッチ集動画】岡崎先発のレスター、不可解ジャッジに劣勢になるも終了間際にPKでウェストハムとドローに】の続きを読む

香川が2点に絡む活躍…ドルトが酒井高フル出場のハンブルガーに3発快勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川が2得点を演出&GK退場誘発の活躍でドルトムントが完勝 酒井高徳フル出場【スタッツ】

ブンデスリーガ第30節が17日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと同DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVが対戦した。  

ドルトムントは、14日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグでリヴァプールに2点差をひっくり返されて逆転負け。公式戦3試合で勝利から遠ざかっており、首位を走るバイエルンに食らいつくためにも勝ち点3が欲しい。先発メンバーにはマッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドアン、香川らが入ったが、ピエール・エメリク・オーバメヤンはベンチスタートとなった。

一方のハンブルガーSVは、チームトップのリーグ戦8得点を挙げているニコライ・ミュラーらが名を連ね、酒井も11試合連続で先発入りを果たしている。

このまま試合は3-0のまま終了。ドルトムントはリーグ戦13試合負けなしとした。一方のハンブルガーSVはリーグ戦2連敗となった。

ドルトムントは17日にDFBポカール準決勝で日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、23日にブンデスリーガ第31節でシュトゥットガルトとそれぞれ敵地で対戦。ハンブルガーSVは22日にブンデスリーガ第31節でブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-0 ハンブルガーSV
【得点者】
1-0 38分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
2-0 44分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 86分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川が2点に絡む活躍…ドルトが酒井高フル出場のハンブルガーに3発快勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川が2得点を演出&GK退場誘発の活躍でドルトムントが完勝 酒井高徳フル出場【スタッツ】】の続きを読む

香川先発で得点関与も… リヴァプールがドラマチックに逆転勝利 (GOAL) - Yahoo!ニュース


no title



14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグ、リヴァプール対ボルシア・ドルトムントの一戦は、4−3でホームのリヴァプールが勝利した。

2試合合計5−4で、リヴァプールがベスト4に進んでいる。ドルトムントMF香川真司は先発出場で先制点の起点となり、77分に交代した。 週末に行われたシャルケとのルールダービーを“Bチーム”で臨んだことが批判されたドルトムントは、香川が“Aチーム”入り。先発メンバーががらりと変わる中、シャルケ戦に続いて先発の座を勝ち取った。

そのドルトムントは、最高のスタートを切る。

5分、自陣右サイドでリヴァプールがミスによりボールを失うと、ドルトムントがカウンター。中央でボールを受けた香川はいくつかの選択肢がある状況で、右へパスを出す。これを受けたカストロがゴール前に浮き球を入れ、オーバメヤンがボレー。これはGKに止められるも、こぼれ球をムヒタリャンが押し込み、早速アウェーゴールを手にした。

ドルトムントはたたみ掛ける。9分にはロイスのスルーパスを受けたオーバメヤンがペナルティーエリア右からシュート。ゴール右上の難しいコースに決めて、リードを広げた。

91分、右サイドの低い位置からFKを得ると、ゴール前への長いボールを入れず、右サイドのスペースに転がしてスタリッジが受ける。ペナルティーエリア右に走ったミルナーがパスを受けて深い位置からクロスを入れると、ファーサイドで競り勝ったのはロブレン。ヘディングシュートを叩き込み、ついに逆転に成功する。


ドルトムントは残り時間で攻めたが、独特の雰囲気となったアンフィールドの興奮を抑えることはできず試合終了。リヴァプールが劇的にベスト4進出を決めた。


全文はソース元で

引用元 : 香川先発で得点関与も… リヴァプールがドラマチックに逆転勝利 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】クロップ劇場!リヴァプールがドルトムントに大逆転勝利 香川先発は先制点起点に【スタッツ】】の続きを読む

アトレティコが完封勝利で逆転突破、CLベスト4へ…バルサの連覇ならず (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】バルサCL連覇ならず アトレティコが完封勝利で逆転ベスト4入り【スタッツ】

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが13日に行われ、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦した。  

5日に行われたファーストレグではアトレティコ・マドリードがアウェーで先制したが、バルセロナが2-1と逆転勝利を収めた。ホームに帰還して逆転での準決勝進出を目指すアトレティコ・マドリードは、4日前のリーガ・エスパニョーラ第32節エスパニョール戦で3-1と快勝。首位バルセロナとの勝ち点差を「3」に縮め、勢いに乗ってセカンドレグへ臨む。ディエゴ・シメオネ監督はファーストレグから先発メンバーを1名変更。同試合で退場処分となり、出場停止のスペイン代表FWフェルナンド・トーレスを欠く中、アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデスを中盤に起用し、ベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコを前線に配した。  

最後尾にはスロヴェニア代表GKヤン・オブラク、最終ラインは右からスペイン代表DFフアンフラン、U-19フランス代表DFリュカ・エルナンデス、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、ブラジル代表DFフィリペ・ルイスが並び、中盤はスペイン代表MFコケとスペイン人MFガビ、U-21スペイン代表MFサウール・ニゲス、A・フェルナンデスが入る。そして前線ではフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンとカラスコがコンビを組んだ。  

一方、リーガ・エスパニョーラ首位のバルセロナだが、4日前の第32節レアル・ソシエダ戦では0-1と完封負け。リーグ戦では最近3試合勝ちなしと苦しんでいる。中3日で迎えるアウェーでのセカンドレグでは、ルイス・エンリケ監督はファーストレグと同じ先発11名を起用した。

試合は2-0で終了。2試合合計3-2、アトレティコ・マドリードがホームで逆転を果たし、2大会ぶりの準決勝進出を決めた。敗退が決まったバルセロナは、連覇の夢は叶わなかった。
 
なお、バルセロナの次戦は17日、リーガ・エスパニョーラ第33節でバレンシアとホームで対戦。一方のアトレティコ・マドリードは17日、グラナダをホームに迎える。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 2-0(2試合合計:3-2)バルセロナ
【得点者】
1-0 36分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)
2-0 88分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)


全文はソース元で

引用元 : アトレティコが完封勝利で逆転突破、CLベスト4へ…バルサの連覇ならず (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】バルサCL連覇ならず アトレティコが完封勝利で逆転ベスト4入り【スタッツ】】の続きを読む

バイエルン、5大会連続のCLベスト4進出…粘るベンフィカを振り切る (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】バイエルンが5季連続CLベスト4進出!ベンフィカは粘るも及ばず【スタッツ】

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが13日に行われ、ベンフィカとバイエルンが対戦した。  

5日に行われたファーストレグでは、バイエルンがホームで1-0と先勝。ただ、ベンフィカはアウェーゴールこそ奪えなかったものの、開始2分の失点以降はバイエルンに追加点を許さず、最少得点差でしのぎ切った。ホームでのセカンドレグを迎える4日前、9日に行われたポルトガルリーグ第29節ではアカデミア・コインブラと対戦し、2-1と逆転勝利。首位の座を維持した。弾みをつけて迎える一戦、得点源の元ブラジル代表FWジョナスを累積警告による出場停止で欠く中、U-23ブラジル代表GKエデルソンやポルトガル代表DFアンドレ・アルメイダ、ポルトガル代表MFレナト・サンチェス、メキシコ代表FWラウール・ヒメネスらが先発メンバーに名を連ねた。ギリシャ代表FWコンスタンティノス・ミトログやアルゼンチン代表Mニコラス・ガイタンはベンチ入りメンバーから外れた。  

一方、ホームでのファーストレグを制して敵地に乗り込むバイエルン。4日前のブンデスリーガ第29節ではシュトゥットガルトにアウェーで3-1と快勝し、リーグ戦4連勝で首位を快走している。中3日で迎えるセカンドレグで、ジョゼップ・グアルディオラ監督はファーストレグから先発メンバーを2名変更。最終ラインにスペイン代表MFハビ・マルティネス、中盤に元スペイン代表MFシャビ・アロンソを起用した。ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはベンチスタートで、前線にはドイツ代表FWトーマス・ミュラーが入った。  

最後尾にドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが入り、最終ラインにはJ・マルティネスのほか、元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム、U-21ドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ、オーストリア代表DFダヴィド・アラバが並ぶ。中盤にはスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、X・アロンソ、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、ブラジル代表MFドゥグラス・コスタ、元フランス代表MFフランク・リベリーが入り、前線はミュラーが務める。

試合は2-2で終了。2試合合計3-2でバイエルンが準々決勝を突破し、5シーズン連続のベスト4進出を決めた。
 
なお、バイエルンの次戦は16日、ブンデスリーガ第30節でDF内田篤人が所属するシャルケとホームで対戦。一方のベンフィカは18日、ポルトガルリーグ第30節でヴィトリア・セトゥバルをホームに迎える。

【スコア】
ベンフィカ 2-2(2試合合計:2-3)バイエルン
【得点者】
1-0 27分 ラウール・ヒメネス(ベンフィカ)
1-1 38分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
1-2 52分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
2-2 76分 アンデルソン・タリスカ(ベンフィカ)

全文はソース元で

引用元 : バイエルン、5大会連続のCLベスト4進出…粘るベンフィカを振り切る (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】バイエルンが5季連続CLベスト4進出!ベンフィカは粘るも及ばず【スタッツ】】の続きを読む

マンC、初のCLベスト4進出…デ・ブライネ決勝弾でパリSGを撃破 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

no title

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが12日に行われ、マンチェスター・Cとパリ・サンジェルマンが対戦した。  

6日に行われたファーストレグでは、パリ・サンジェルマンのホームで2-2の引き分けで終了。マンチェスター・Cは2つのアウェーゴールを奪ってホームに帰還することとなった。3日前のプレミアリーグ第33節では、ウェスト・ブロムウィッチをホームに迎えて開始6分に先制を許したものの、2-1と逆転勝利。中2日で迎えるセカンドレグへ弾みをつけた。  

マヌエル・ペジェグリーニ監督は、ファーストレグと同じ先発11人を起用。イングランド代表GKジョー・ハートのほか、最終ラインはフランス代表DFバカリ・サニャとフランス代表DFエリアカン・マンガラ、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ、フランス代表DFガエル・クリシーが並ぶ。中盤にはブラジル人MFフェルナンド、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ、スペイン代表MFダビド・シルバ、同MFヘスス・ナバスが入り、前線はアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが務めた。  

一方のパリ・サンジェルマンは、ホームで2失点を喫したファーストレグを経て、敵地に乗り込む。3日前のリーグ・アン第33節ではスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアらを温存しながらも2-0で快勝。良い形でセカンドレグを迎えた。  

ローラン・ブラン監督は、ファーストレグから先発メンバーを2名変更。累積警告による出場停止で欠場を余儀なくされたブラジル代表DFダヴィド・ルイスとフランス代表MFブレーズ・マテュイディに代えて、オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィールとブラジル代表DFマルキーニョスを起用した。ドイツ代表GKケヴィン・トラップのほか、通常の4バックではなく3バックを採用し、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ、ブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ、マルキーニョスが最終ラインに並ぶ。中盤にはファン・デル・ヴィールとブラジルDFマクスウェル、イタリア代表MFティアゴ・モッタ、U-21フランス代表MFアドリアン・ラビオが入り、前線にはイブラヒモヴィッチとディ・マリア、カバーニが並んだ。

ビハインドを負ったパリ・サンジェルマンは、初戦でアウェーゴールを2つ奪われているため、準決勝進出のためには2ゴールが必要な状況となった。そして86分、左サイドからのクロスにイブラヒモヴィッチが反応して右足で押し込んだが、オフサイドで得点は認められず。最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。
 
試合は1-0で終了。マンチェスター・Cが2試合合計3-2でパリ・サンジェルマンを破り、クラブ史上初のベスト4進出を決めた。一方のパリ・サンジェルマンは4大会連続での準々決勝敗退となった。
 
マンチェスター・Cは次戦、16日のプレミアリーグ第34節でチェルシーとアウェーで対戦。一方のパリ・サンジェルマンは同日、すでに優勝を決めているリーグ・アンの第34節でホームにカーンを迎える。

【スコア】
マンチェスター・C 1-0(2試合合計:3-2)パリ・サンジェルマン
【得点者】
1-0 76分 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)

全文はソース元で

引用元 : マンC、初のCLベスト4進出…デ・ブライネ決勝弾でパリSGを撃破 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】マンCが初のCLベスト4進出 イブラはまたも優勝できずPSG敗退】の続きを読む

C・ロナウドが3ゴール…レアルがヴォルフス撃破、大逆転でCL準決勝へ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】C・ロナウドのハットでレアルが大逆転CLベスト4へ!ヴォルフスブルクを破る

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが12日に行われ、レアル・マドリードとヴォルフスブルクが対戦した。  

6日に行われたファーストレグでは、ヴォルフスブルクがホームで2-0と快勝。レアル・マドリードにアウェーゴールを許さず、優位に立って敵地へと乗り込む。ディーター・ヘッキング監督は、ファーストレグと同じ先発11人を起用。元スイス代表GKディエゴ・ベナリオのほか、ブラジル代表DFダンテ、スイス代表DFリカルド・ロドリゲス、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー、ブラジル代表MFルイス・グスタヴォ、ドイツ代表MFアンドレ・シュールレらがピッチに立った。  

一方、不利な状況でホームへ帰還することとなったレアル・マドリード。3日前のリーガ・エスパニョーラ第32節エイバル戦では4-0と快勝し、首位バルセロナとの勝ち点差を「4」に縮めた。中2日で迎えるセカンドレグで、ジネディーヌ・ジダン監督はファーストレグから先発メンバーを1名変更。右サイドバックのブラジル代表DFダニーロに代えてスペイン代表DFダニエル・カルバハルを起用した。  

レアル・マドリードの最後尾はコスタリカ代表GKケイロル・ナバス、最終ラインはカルバハル、ポルトガル代表DFペペ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ブラジル代表DFマルセロが並ぶ。中盤にはドイツ代表MFトニ・クロースとブラジル代表MFカゼミーロ、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが入り、前線にはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとフランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルが並んだ。

ヴォルフスブルクは残り時間で1点を返せば、アウェーゴール数で相手を上回って準決勝進出が決まる状況だったが、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。

試合は3-0で終了。2試合合計スコアは3-2、レアル・マドリードが逆転で準々決勝を突破し、6大会連続のベスト4進出を決めた。

レアル・マドリードは次戦、16日のリーガ・エスパニョーラ第33節でヘタフェと対戦。一方のヴォルフスブルクは同日、ブンデスリーガ第30節でブレーメンとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
レアル・マドリード 3-0(2試合合計:3-2)ヴォルフスブルク

【得点者】
1-0 15分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
2-0 17分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
3-0 77分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドが3ゴール…レアルがヴォルフス撃破、大逆転でCL準決勝へ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】C・ロナウドのハットでレアルが大逆転CLベスト4へ!ヴォルフスブルクを破る】の続きを読む


サンダーランド戦無得点も英メディアがレスター岡崎を大絶賛! 「信じられない運動量で常に脅威」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】英紙「岡崎は常に脅威!トロイのよう」サンダーランド戦無得点でも高評価

レスターの日本代表FW岡崎慎司は2-0で勝利した10日のサンダーランド戦に先発出場。FWウジョアと途中交代する後半17分まで、攻守に豊富な運動量を見せてチームの勝利に貢献した。

英地元紙「レスター・マーキュリー」で、岡崎は10点満点中7点と及第点を付けられた。2得点のFWヴァーディが9点、フランス代表MFカンテら5選手が8点を手にしている。採点的には決して際立っているわけではないが、その貢献度の高さは相変わらず絶賛されている。  

寸評では岡崎をギリシャ神話の「トロイの木馬」で登場する働き者に例えてこう表現されている。

「岡崎はトロイ人のように勤勉な働きを見せた。そしてエリア内ではいいシャウトを見せたが、PKをは与えられなかった」  

また「デイリー・ミラー」紙の採点でも岡崎は7点。同紙のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたMFカンテとMFはドリンクウォーターのボランチコンビに次ぐ3位タイだった。ここでは「走ることを決してやめなかった。信じられない運動量で、常に脅威となっていた」と絶賛されている。


全文はソース元で


引用元 : サンダーランド戦無得点も英メディアがレスター岡崎を大絶賛! 「信じられない運動量で常に脅威」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】英紙「岡崎は常に脅威!トロイのよう」サンダーランド戦無得点でも高評価】の続きを読む

香川がダービー通算4点目の鮮やかループ…伝統の一戦は打ち合いの末ドロー (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

ダービー男の香川が鮮烈ループで先制もルールダービーはドロー【ハイライト動画・スタッツ】

ブンデスリーガ第29節が10日に開催され、DF内田篤人が所属するシャルケと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントによる“ルール・ダービー”が行われた。香川は2試合ぶりの先発出場。負傷の内田はベンチ外となった。  

ドルトムントが2位、シャルケが7位という状況で迎えた“ルール・ダービー”。昨年11月に行われた同一カードでは、ドルトムントが3-2でシャルケを破った。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指すシャルケはホームでライバルにリベンジを果たしたいところ。一方、ドルトムントもバイエルンとの優勝争いを繰り広げており、勝点3確保が求められる。  

7日にヨーロッパリーグ準々決勝でリヴァプールと対戦したドルトムントは、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンやガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンら主力選手を温存。3-4-3のフォーメーションでこの試合に臨み、最前線にコロンビア代表FWアドリアン・ラモス、左FWに香川、右FWにアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチが入った。

ドルトムントは73分にライトナーを下げてオーバメヤン、プリシッチを下げてイルカイ・ギュンドアンを投入。勝ち越しゴールを奪いに出る。終盤は両チームともに勝点3を目指して攻めに出たが、得点は生まれることなく2-2のドローに終わった。ドルトムントの連勝は3でストップ。なお、香川はフル出場している。

次節、シャルケは敵地でバイエルンと、ドルトムントはホームで日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦する。

【スコア】
シャルケ 2-2 ドルトムント
【得点者】
0-1 49分 香川真司(ドルトムント)
1-1 51分 レロイ・ザネ(シャルケ)
2-1 56分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
2-2 66分 クラース・ヤン・フンテラール(PK)(シャルケ)


全文はソース元で


引用元 : 香川がダービー通算4点目の鮮やかループ…伝統の一戦は打ち合いの末ドロー (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ダービー男の香川が鮮烈ループで先制もルールダービーはドロー【ハイライト動画・スタッツ】】の続きを読む

このページのトップヘ