スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

湘南ベルマーレ

広島が5発圧勝…最終節で佐藤が記録達成、ドウグラスもハットトリック | サッカーキング


広島FW佐藤寿人がJ1通算最多得点タイの157得点を記録もゴンは「追いつかれただけ、引き離す」と闘志むき出し

2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ最終節が22日に行われ、サンフレッチェ広島と湘南ベルマーレが対戦した。  

さらに42分には、広島のエースが待望のゴールを奪う。左サイドの清水航平からのクロスを、ファーサイドに逃げてフリーとなった佐藤寿人が頭で押し込み、ゴールネットを揺らした。佐藤はJ1通算得点数を157に伸ばし、中山雅史の持つJ1通算最多得点記録に並んだ。前半は広島の3点リードで折り返す。  

試合はこのままタイムアップ。広島がホームで5-0の圧勝を収め、セカンドステージ制覇を果たした。この結果、年間勝ち点1位の座も確定し、12月2日と5日に行われるJリーグチャンピオンシップ決勝への進出が決定。年間2位でファーストステージ優勝の浦和と年間3位のガンバ大阪による準決勝の勝者とホーム&アウェーで優勝を争う。

【スコア】サンフレッチェ広島 5-0 湘南ベルマーレ

【得点者】

1-0 24分 ドウグラス(広島)

2-0 25分 青山敏弘(広島)

3-0 42分 佐藤寿人(広島)

4-0 72分 ドウグラス(広島)

5-0 89分 ドウグラス(広島)

全文はソース元で

引用元 : 広島が5発圧勝…最終節で佐藤が記録達成、ドウグラスもハットトリック | サッカーキング

寿人に並ばれた48歳ゴン「追いつかれただけ」「引き離す」 | ゲキサカ[講談社]


テレビ局の取材でスタンドから観戦していた中山は試合後、報道陣からの“逆取材”に対応。「夏ごろからそんな匂いはプンプンしていた。やっと追いつかれたという感想です」と、率直に語った。  

157ゴールで佐藤と中山が並び、大久保が1点差で追う展開。中山は「寿人にしろ、嘉人にしろ、もっともっとゴールシーンを増やしてほしいと思うし、Jリーグを、日本サッカーをもっと盛り上げてほしい」とエールを送りつつ、現役選手としての意地ものぞかせた。

「追いつかれただけ。ここから僕も引き離していけるように頑張りたい」。48歳のゴンは9月にJFLのアスルクラロ沼津と選手契約を締結し、“現役復帰”。「戦うステージは違うけど、僕自身は僕自身の成長のために頑張っていきたい。ああいうゴールを決めたいなと情熱をたぎらせてくれる」と、目の前で見た寿人のゴールが大きな刺激になったようだ。

全文はソース元で

引用元 : 寿人に並ばれた48歳ゴン「追いつかれただけ」「引き離す」 | ゲキサカ[講談社]

【広島FW佐藤寿人がJ1通算最多得点タイの157得点を記録もゴンは「追いつかれただけ、引き離す」と闘志むき出し】の続きを読む

Jリーグに退屈な印象があるのは、個性的な指導者が少ないから (NewsPicks) - Yahoo!ニュース

Jリーグが退屈なのは「勉強不足な指導者ばかりで個性が無いから」

湘南ベルマーレはJリーグにおける「市民クラブ」の模範とされているが、経営は決して楽観視できない。大倉智社長へのインタビュー第3回では、Jリーグが足踏みしている理由を「試合」の内容という視点から論じる。

金子:Jリーグは創設から20年が経ち、勤続疲労を起こしている部分があると思います。経営以外のところでは、どんなところに問題を感じていますか。

大倉:18歳から21歳の育成が課題にあげられていますが、結局、その問題の本質は指導者にあると思います。指導者が差別化されていない。

金子:確かに若い世代のサッカーを見るのは退屈。どれも同じ。

大倉:元日本代表選手たちがS級を取っても、クラブがやらせてくれないからなのか、自分の色があるサッカーをなかなかできない。俺のサッカーはこうだ、という個性的な指導者が限られていますよね。

金子:日本の指導者を見ていて思うのは、基本的にコピーですよね。自分で新しいサッカーをつくって、世界を驚かせようっていう発想はほぼゼロ。それがJリーグがつまらない一番の理由だと僕は思っている。ただ、楽観視している部分はあって、明治維新後、日本が西洋をこぞってまねした中、山本五十六は出てきたわけで。

大倉:なるほど。ただ、今の日本サッカー界においては、指導者がコピーさえもしていないと感じる部分があります。もっと本気で世界から勉強したほうがいい。

口では海外はこんなサッカーをしていると言っていても、いざ監督になると目的が勝ち点3だけになってしまう。そういう指導者があまりにも多いと思います。もうひとつは、選手をできない前提で指導している。だから戦略で勝ち点3を取ろうとする。それだと選手の成長は一生ない。これが見ていてつまらなくするんだと思います。

哲学のぶつかり合いを見たい

金子:Jリーグを見ていても、あまりサッカーに違いがないですもんね。

大倉:もっと監督の哲学のぶつかり合いを、試合で見たいんですよ。第1ステージの柏レイソル対湘南ベルマーレはまさにそうでした。レイソルは後ろからパスを回そうとして、うちが全部追いかける。そのやり合いで、純粋に観戦者として面白かったし、あっという間に時間が過ぎました。結局0対0でしたが、ベルマーレにとって第1ステージのベストゲームだったと思います。

Jリーグのクラブは、勝ち点3だけでなく、もっとサッカーの試合という商品にこだわらなければいけないと思います。

(構成:木崎伸也、写真:福田俊介)

金子 達仁

全文はソース元で

引用元 : Jリーグに退屈な印象があるのは、個性的な指導者が少ないから (NewsPicks) - Yahoo!ニュース

【Jリーグが退屈なのは「勉強不足な指導者ばかりで個性が無いから」】の続きを読む

トックンきたー!札幌の都倉賢がワールドクラスのスーパーゴール!(動画あり) | Football Web Magazine 『Qoly』

10-26,14 tokura

今週はトッテナムのエリック・ラメラが決めたラボーナでのスーパーゴールが世界中の話題をさらったが、日本からもメラメラとライバル心を燃やしていそうな“あの男”がすんごいゴールを決めた。

26日に行われたJ2第38節、コンサドーレ札幌対湘南ベルマーレの試合。前半9分、コンサドーレの都倉賢がこのシュート。

自身のtwitterプロフィールにも “バロテッリのパフォーマンスが話題となりYouTube100万PV 世界で報道される”と、何とも丁寧に説明している通りイタリア代表マリオ・バロテッリのポーズを模倣して世界で話題となったゴールだ。

全文はソース元で


引用元 : http://qoly.jp/2014/10/26/consadole-sapporo-ken-tokura-super-goal-vs-shonan-bellmare

【【動画】J2札幌の都倉賢がワールドクラスのスーパーゴール!!バロッテリパフォーマンスでお馴染み!?◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ