スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

浦和レッズ

「エボリューション」と喜ぶハリル、柏木が“直電話”で異例の面談直訴 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ハリルご機嫌!柏木、直接電話での面談希望にファンも称賛「エボリューション」

選手からの異例の“直電話”だった。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は13日、都内でキリン杯の日程発表会見に出席し、浦和レッズのMF柏木陽介から電話があり、明日14日に都内のJFAハウスで会談することを明らかにした。

「日本代表が始まって以来、初めて選手から直接電話が来て、代表監督のオフィスにあえて彼から来ることになった」。ハリルホジッチ監督は誇らしげに驚きの事実を明かした。日本サッカー協会の霜田正浩ナショナルチームダイレクターによると、柏木から霜田氏へ電話があり、「監督と話がしたい」という要望を受け、選手と代表監督の“特別面談”の場を急きょセッティングした。

「これもエボリューション(進化)だ。私は常に代表監督室にいるし、選手にも『ドアはいつもオープンにしてある』と言っている。これも(代表チームが)発展していっている証拠。試合でなくても、これも仕事だ」  


全文はソース元で

引用元 : 「エボリューション」と喜ぶハリル、柏木が“直電話”で異例の面談直訴 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ハリルご機嫌!柏木、直接電話での面談希望にファンも称賛「エボリューション」】の続きを読む

カズ、J1CS準決勝で空席目立ち警鐘「サッカー界のピンチ」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース


JリーグはCSをやめるべき?カズが準決勝の空席、報道に苦言「サッカー界のピンチ」

J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(48)が29日、横浜市内でのトークショーに出演後、前日28日のJ1チャンピオンシップ準決勝・浦和-G大阪(埼玉)が満員にならなかったことに「サッカー界のピンチ」と警鐘を鳴らした。  

「日本サッカー最高峰の試合にしてはね…」と不満を口にした。入場者数は4万696人。6万超の収容人数を誇るスタジアムは空席も目立った。

「新聞の扱いも小さかった。プロ野球の日本シリーズはもっと大きい。皆さん、頼みますよ」


全文はソース元で

引用元 : カズ、J1CS準決勝で空席目立ち警鐘「サッカー界のピンチ」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

【JリーグはCSをやめるべき?カズが準決勝の空席、報道に苦言「サッカー界のピンチ」】の続きを読む

同郷の浦和・ペトロビッチ監督がハリル監督に絶縁宣言 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

浦和ペトロビッチ監督がハリル監督に大反発!?Jリーグから批判の声と報道

日本サッカー界で“ハリル離れ”が加速している。不振が続いた日本代表は8日のロシアW杯アジア2次予選アフガニスタン戦(イラン)で大勝してようやく光明が差してきたが、バヒド・ハリルホジッチ監督(63)の“支持率”は低いまま。言いたい放題で何かとクレームをつける姿勢は、Jリーグ側からも反感を買っている。中でもJ1浦和のミハイロ・ペトロビッチ監督(57)は同郷にもかかわらず、代表指揮官との“絶縁”を宣言していたことが判明した。  

3月に就任後、「東欧の知将」は日本代表の強化に取り組んでいるが、試合に負ければ言い訳ばかり。Jリーグへの異議も絶えず、これまで「日本の選手は速いが、プレーのスピードは速くない」「球際の強さを身につけないといけない。強い選手がいない」などと不満をぶちまけている。  

さらには「日本代表の位置がプロテクトされていない」と、代表の強化期間が少ないとしてJリーグの日程にも難癖をつけた。おまけに、イレブンの体脂肪率に固執して改善を要求、フィジカル強化のために独自でプログラムをつくって渡したり、選手の移籍問題にも口を挟んだ。  

チームの強化に熱心になるあまりと言えなくもないが、Jリーグ各クラブにはそれぞれの方針があるだけに、たまったものではない。ある関西Jクラブの社長は「何を考えているのかわからない」と不満げに話し、Jリーグの村井満チェアマン(56)も「メディアを通じてしか聞いていない。直接コミュニケーションを取りましょうよ」とピシャリ。指揮官に会談を要請して、議論を戦わせたばかりだ。  

同じ旧ユーゴスラビア出身のペトロビッチ監督(現セルビア出身)は、4月に浦和の試合を視察に訪れたハリルホジッチ監督(現ボスニア・ヘルツェゴビナ出身)と対面。その後、親しい関係者に“絶縁”を宣言したという。

「ペトロビッチ監督は『彼はおかしいんだ。ちょっと(性格的に)合わないな。もう彼とは一切、関わりたくない』と言っていた。試合中でもペットボトルを蹴ったり、激しい気性が合わないみたいだ。同じユーゴ系出身でもあまりいないタイプの指導者みたいで、ハリルの話をしたがらない」  

Jリーグで指導を始めて10年目のペトロビッチ監督は、ハリルジャパンの戦い方にも不満を持っているという。別の関係者には「今のチームは日本人の特性を生かしたサッカーをしていない。彼は日本人をもっと理解しないといけないと思う」と指摘。ハリルホジッチ監督の日本代表への適性を疑問視している。  

J1浦和の淵田敬三社長(60)はペトロビッチ監督がハリルホジッチ監督に好印象を抱いていないことに「そういうことは知らない。何も聞いていない」と話した。もちろん代表への選手派遣拒否など対決姿勢をとることはないものの、Jリーグ最強クラブと代表指揮官との関係悪化は今後に向けて大きな懸念材料になろう。  

全文はソース元で

引用元 : 同郷の浦和・ペトロビッチ監督がハリル監督に絶縁宣言 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

【浦和監督ペトロビッチがハリル監督に大反発!?Jリーグから批判の声と報道】の続きを読む

浦和槙野に年俸5億円 サウジ強豪クラブが破格評価 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

浦和DF槙野智章、年俸5億円でサウジのアル・ナスルが獲得オファーか??

サウジアラビア1部の強豪アル・ナスルが、浦和DF槙野智章(28)の獲得に動きだしていることが7日、分かった。

日本の守備の柱に成長したDFを高く評価し、約5億円の年俸を用意しているという。  

槙野はJ1年間優勝を最優先し、浦和でのプレーに集中するとみられるが、約5億円の年俸は期待の高さを示す破格の条件といえそうだ。

全文はソース元で

引用元 : 浦和槙野に年俸5億円 サウジ強豪クラブが破格評価 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【浦和DF槙野智章、年俸5億円でサウジのアル・ナスルが獲得オファーか??】の続きを読む

槙野が代表から離脱、F東京DF丸山を初招集 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

槙野が日本代表を負傷離脱 FC東京DF丸山を初招集

日本サッカー協会は31日、同日から埼玉県内で合宿をスタートさせた日本代表からDF槙野智章(浦和)が離脱し、DF丸山祐市(F東京)を追加招集すると発表した。丸山は日本代表初選出。同日夜に合流し、明日9月1日の練習から参加する。  

日本協会の霜田正浩技術委員長は「代表活動期間中のケガではない」と説明。

全文はソース元で

引用元 : 槙野が代表から離脱、F東京DF丸山を初招集 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【槙野が日本代表を負傷離脱 FC東京DF丸山を初招集】の続きを読む

中村俊輔 ハリルジャパンの問題の本質をズバリ指摘し槙野智章も同調 - ライブドアニュース

中村俊輔「東アジア杯でテストか勝利かどちらか明確にすべきだった」槙野はレッズ退団を考えたとも

テレビ朝日「やべっちF.C.」(23日放送分)の人気コーナー「質問するっち」では、横浜F・マリノスの中村俊輔と浦和レッドダイヤモンズの槙野智章による対談が放送された

すると話題は不振に終わった東アジア杯や日本代表に移る。

代表に足りなかった点を訊かれた槙野は「メンタルもそうなんですけど決定力の差は大きく出た」と回答。中村は「自分のアピールもしたい。パッて集められてすぐだし槙野もチームでやってるポジションと違うし役割も慣れてない。それで結果を見られる。勝つのかテストなのか。もうちょっと明確にあっても良かった。そうすると選手も一個のことに向かってできた」などと本質的な問題に触れ、槙野も「それはズバリだと思います」と同調した。

さらに「僕みたいなプレースタイルだとクラブでは輝けるけど、代表だとどこ(ポジション)にハメていいのか分からない」と自身について分析をした槙野は、「自分が日の丸を背負うためにって考えると代表を意識した4バックの真ん中をできるチームに移籍したほうがいいのかって考えた時期もありました」と驚きの告白も――。

それでも「置かれている状況で代表の監督に認めて貰いたいっていう中の守備力を上げようだったり他の選手よりもハードワークしようだったり。そこ(でできること)を伸ばしていこうと気付き始めた」と語っている。

これに対し、中村も長らく10番を背負った自身の代表時代を振り返った。

「トップ下で代表に選んでくれてたはずなのに左(サイド)だったじゃない、トルシエの時。あん時は相当悩んだね」と話したが、「結局ゲームに出てないとアピールもできない。だから11人に入ることがまず大事。そこからいいプレーしていったら、中でやるチャンスもあるかもしれないし、まずは日の丸をつけてグラウンドに出ないと話にならない」と槙野の考えを支持した。

だが、次の瞬間「でもね、時間が過ぎて思うじゃない」と切り出した中村は、「(トップ下で)勝負したかったなぁ」と未練を残した様子で本音を打ち明けた。

全文はソース元で

引用元 : 中村俊輔 ハリルジャパンの問題の本質をズバリ指摘し槙野智章も同調 - ライブドアニュース

【中村俊輔「東アジア杯でテストか勝利かどちらか明確にすべきだった」槙野はレッズ退団を考えたとも】の続きを読む

岡崎を見守るレスターOBが証言 侍ストライカーが現地で喝采を受ける理由 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

レスターOB阿部勇樹が語る、岡崎が現地で喝采を受ける理由

15日に行われたプレミアリーグ第2節のウエストハム戦でプレミア初ゴールを決めたレスター・シティの日本代表FW岡崎慎司。その胸のすくような活躍を日本から喜びをもって見守っている偉大な先輩がいる。それが、2010年8月から約1年半レスターでプレーした浦和の元日本代表MF阿部勇樹だ。2人は10年に南アフリカワールドカップを共に戦うなど代表のチームメートとして過ごしてきた。その阿部が後輩のプレミア初ゴールを祝福した。  

ゴールシーンも映像でチェックしていたという阿部は、「(岡崎)らしいゴールだけど、一発目で決めたらかっこ良かった」と、冗談めかして笑った。

しかし、「あそこでまたオカのところにボールが来るのは持っている。ああやってヘディングで決めるのはかっこいい」と、阿部は岡崎の貪欲にゴールへ向かう姿勢がゴールになったと語る。そして、「ウェストハムもアーセナルに勝っていたし、そういうチームにアウェーで点を取った。2戦連続スタメンで貢献しているのは凄いこと」  

「他のところでの貢献。そういうプレーを向こうの人は拍手する」  

「移籍してから気になって結果を見ていたけど、オカが移籍したことでさらに気になる」

「監督が変わった中でも、自分の良さとできることが分かっている。それをゲームで全力でやっているのは、開幕戦を見てもそう思った。開幕戦、ゴールはなかったけど他のところで貢献していた。そういうプレーを向こうの人は見ていて、拍手をしてくれる」  

そして、今でも阿部にとってレスターは大切なクラブになっている。岡崎をとおして阿部が浦和で活躍していることが伝わり、阿部から岡崎にレスターの情報を伝えたこともあったそうだ。国境を超えて、先輩と後輩の間にはホットラインがある。  

「自分のいたチームで知っている選手が活躍するのは、刺激をもらえる」こう語る阿部はキャプテンとしてボランチでフル出場。チームの勝利に大きく貢献した。

「これでオフのときに向こうに遊びに行く口実ができたかな」と笑った阿部はお互いにいい報告をしたいし、オカをとおしてレスターの人たちに良い報告をしてもらえれば」と語った。岡崎の活躍に刺激を受け、浦和のタイトル獲得に向けて意気込みを新たにしていた。

全文はソース元で

引用元 : 岡崎を見守るレスターOBが証言 侍ストライカーが現地で喝采を受ける理由 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【レスターOB阿部勇樹が語る、岡崎が現地で喝采を受ける理由】の続きを読む

興梠慎三「自分は代表には縁がないのかな」/日本代表 (ISM) - Yahoo!ニュース

興梠慎三「日本代表に縁がないのかな?チャンスを貰ったのにモノに出来なかった」

日本代表は9日、EAFF東アジアカップ2015で中国との最終戦に臨み1対1で引き分けた。この結果、2分1敗(勝ち点2)の最下位で大会を終えている。

以下、試合後のFW興梠慎三(浦和)のコメント

「時間的にチャンスはいっぱいもらっていたし、それをモノにするかモノにできないかは自分の問題なので、結果を出したかった。

「代表ではまだ点を決めていないので決めたい思いはあるし、武藤(雄樹)に先越されたので。アイツは今、ノッているなと思います。ああいうところにボールが来るし。これが持っている奴と持っていない奴の差だと思います」

「意外とスペースがあったので、引いてもらうことが多かったので、もう少し前で我慢できればよかったかなと思います。

自分に足りないところはたくさん見られたので、チームに持って帰ってがんばっていきたい」

全文はソース元で

引用元 : 興梠慎三「自分は代表には縁がないのかな」/日本代表 (ISM) - Yahoo!ニュース

【興梠慎三「日本代表に縁がないのかな?チャンスを貰ったのにモノに出来なかった」】の続きを読む

槙野 代表主将に名乗り!長谷部も本田も不在「先頭に立つ立場」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

槙野智章、日本代表キャプテンに立候補も批判的な声が・・・

東アジア杯(8月2日開幕、中国・武漢)に臨む日本代表メンバー発表後初のJリーグが25日に行われ、代表5人を擁する浦和はアウェーで名古屋と対戦する。13年の前回大会(韓国)優勝に貢献したDF槙野智章(28)は、初の日本代表主将へ名乗りを上げた。前節に第1ステージ開幕戦から続いた不敗記録は19で止まったが、名古屋に“違い”を見せつけ、主将にふさわしい存在であることをアピールする。

ハリルジャパンの“申し子”が、国内組を束ねる。東アジア杯で日本代表主将への意欲を問われた槙野は「年齢的にもそうですし、経験もあると思う。自分は先頭に立っていく立場」と前向きだ。主将の大役はハリルホジッチ監督が決めるが、海外組を含めた代表でも先発に名を連ねる男が自ら手を上げた格好だ。  

長谷部も本田もいない東アジア杯では“キャプテン槙野”が適任だ。前回大会は2試合に出場して優勝に貢献。その前回大会を知るフィールド選手では最年長の28歳となる。広島ユース時代、世代別代表ではキャプテンマークを巻いた経験がある。普段の代表活動では食事会場での発言にも気を配るなど、チームの雰囲気づくりはお任せだ。初招集の選手を取り込むイメージも湧いており「雰囲気づくりは大事。(広島の)浅野選手もそうですし、武藤もそうだけど、(初招集選手が)クラブと同じことができるように良さを引き出したい」と訴えた。  

東アジア杯でハリルホジッチ監督が求めるのは、決闘を意味するフランス語「デュエル」だ。槙野は「日本は戦える選手が少ないと思われている。マイナスに見られていることを逆に出して、克服していきたい」と共鳴する。充実期に入った千両役者は、武漢で男を上げる準備はできている。

全文はソース元で

引用元 : 槙野 代表主将に名乗り!長谷部も本田も不在「先頭に立つ立場」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【槙野智章、日本代表キャプテンに立候補も批判的な声が・・・】の続きを読む

なぜハリルホジッチ監督は槙野智章を重用するのか? (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

なぜハリルホジッチは槙野智章を重用するのか!?森重との違いは??

福田正博フォーメーション進化論  

日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督は、「ボールの奪い合いでの球際の強さ」と「少ないタッチで素早く縦を突く攻撃」を重視し、就任してから短期間でチームを大きく変化させてきた。

槙野は過去、日本代表に招集された時に、サイドバックとして起用されたことはあったが、ハリルホジッチ体制では初めてCBとして起用された。これは槙野が備える “これまでの日本人CBが持っていなかった特長”が、ハリルホジッチ監督の目指すサッカーにマッチするためだ。  

現代サッカーにおいてCBに求められる能力のひとつは「スピード」だ。だが、歴代の日本代表を振り返ると、スピードに特長のあるCBはほとんどいなかった。そのため、緻密なポジショニングやライン・コントロールなどの連係によって、相手FWと駆け引きできるDFを守備の中心に据えてきた。  

槙野はこれまでのCBと異なるタイプで、優れたスピードがある。ここで言うスピードは、FWに裏のスペースを取られた時に対応できるスピード、インターセプトするために相手の前に出るスピード、ボールを前線に運ぶためのスピードだ。  

ほとんどの日本人CBは、守備時に抜かれないことを前提にしてボールホルダーとの間合いを取る。CBが抜かれると即シュートにつながるため、足を出してボールを奪うチャレンジも少ない。相手の攻撃を遅らせて味方のサポートを待ち、数的優位を作って守ることが多いが、見方を変えれば、これは相手のミス待ちの消極的な守備でもある。  

槙野の守備スタイルはこれとは異なる。槙野は、持ち前のスピードと身体能力の高さを生かして積極的にボールを奪いに行く。相手FWに入るパスのインターセプトを狙い、果敢に足を出す。そして、ひとたびボールを奪うと、そのスピードを生かして攻撃に勢いを生み出す。これこそが、ハリルホジッチ監督が槙野をCBで起用する理由だろう。  

槙野のようにボール奪取して縦に攻撃に転じるのと、奪ってから一度自陣にパスを下げるのでは大きな違いがある。だからこそ、縦に速いサッカーを掲げるハリルホジッチ監督は、縦への推進力を生みだせる槙野を起用したのだ。

ただし、選手として際立った特長がある槙野には、不安材料もある。それは4バックのCBとしての経験値の低さだ。槙野は2006年にJリーグデビューしてから現在に至るまでほとんどの時間を、3バックを基本布陣にするペトロビッチ監督(2012-浦和/2006-2011広島)のもとでプレーしてきた。そのため4バックの中央で守備をする経験が圧倒的に足りない。
 
経験が少ないことで懸念されるのがポジショニングだ。浦和では3バックの左ストッパーの槙野は、中央にCBが残っているので後方のカバーが常にいる。そのため、いいポジショニングを取ることよりも、高い身体能力を武器にアグレッシブな守備を優先してきた。しかし、4バックでは2人のCBが密に連係を取りながら、「カバー」と「チャレンジ」をして相手を押さえなくてはならない。そうした点での槙野の経験不足は否めない。
 
どんな選手でも必ずミスをする。その「トライアル&エラー」から学んだことを次に生かすことで成長につながるものだが、CBの試合経験の場が代表戦しかない槙野にとっては、その機会が限られてしまい、しかも、代表でのミスは日本の敗戦に直結し、大きな批判に晒されることになる。そのプレッシャーを受けた槙野が、消極的になって堅実さを優先するようになると、アグレッシブな守備という彼の持ち味が発揮されにくくなる可能性もある。

もうひとつ、槙野の国際舞台の経験が乏しいことも気がかりな点だ。28歳の槙野は、2018年のW杯ロシア大会を31歳で迎える。これまでW杯に出場した代表選手で、初出場が30代の選手は、GK以外のポジションでは遠藤保仁などごく少数だ。そして、初出場したときのW杯の感想を選手に聞くと、「緊張した」「最初の45分はいつも通りできなかった」と誰もが口をそろえる。そうした独特の空気がある大舞台で、槙野が本領を発揮する難しさもあるだろう。

全文はソース元で

引用元 : なぜハリルホジッチ監督は槙野智章を重用するのか? (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

【なぜハリルホジッチは槙野智章を重用するのか!?森重との違いは??】の続きを読む

このページのトップヘ