スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

浅野拓磨

アーセナル移籍報道に浅野本人が言及。「ビックリしていますけど、どこに移ってもできる自信はある」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


浅野拓磨「アーセナルでも自身がある!」広島はオファーを認める

U-23日本代表の国内ラストマッチ、U-23南アフリカ代表戦を前にビッグニュースが飛び込んできた。広島の浅野拓磨が、プレミアリーグの強豪・アーセナルと合意間近だと、『Copa90』が報じた。  

広島もオファーが届いていることを認めている。

ただ、次々に質問を浴びせる記者たちへの対応は、世界に名を轟かすビッグクラブからオファーがあったとは思えないくらいに落ち着いていた。それもそのはず。「クラブから僕のところになにも情報が入ってきていない。これからどうなるかは分からないが、戻ってみないと考えることもできないので」。  

相手は結論を急いでいるとの話もあるが、それについても「戻って話し合わないことには……。きちんと話を聞いたうえで、冷静になって考えたい」とスイスイと躱していく。  

それでも、熱い想いがチラリと顔を覗かせる。「(アーセナルから認められたことについて)ビックリしていますけど、どこに移ってもできる自信はある。それに(アーセナルに)行ったらどうなるのかというイメージも持っている。  

でも、海外に行くことがゴールじゃない。自分のレベルを高めるために(挑戦するのが)必要なのであればチャレンジしたいと思うし、プロに入ってからもより高いレベルを目指したいと思ってやってきた」  

記者の「アーセナルに移籍すると、その後にレンタルに出されるという話があるが?」との質問に対しても、「もしそうなったとしても、置かれた環境で、目の前のことに対して100パーセントで頑張ることを常々考えている。どのチームに行ってもやるべきことは一緒」とした。

全文はソース元で

引用元 : アーセナル移籍報道に浅野本人が言及。「ビックリしていますけど、どこに移ってもできる自信はある」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【浅野拓磨「アーセナルでも自身がある!」広島はオファーを認める】の続きを読む

武藤並み評価だ!アウクスブルク 浅野に“破格移籍金”3.5億円用意 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース


浅野拓磨、アウクスブルクが破格の3.5億円の移籍金を用意!宇佐美と両ウイング形成か?

日本代表FW浅野拓磨(21=広島)の獲得に動いているドイツ1部のアウクスブルクが、破格の移籍金を用意していることが19日、判明した。その額はFW武藤嘉紀(23)がFC東京からマインツに移籍した際に支払われた額とほぼ同じ300万ユーロ(約3億5100万円)。関係者によれば、高い評価を受けた浅野も移籍に前向きで、リオ五輪後に海を渡る可能性が高まった。

高い評価の表れだ。複数の関係者によると、アウクスブルクは今夏に浅野を獲得するため300万ユーロの移籍金を用意していることが判明。これはマインツが昨夏、武藤獲得のためにFC東京へ支払った額とほぼ同額だ。

全文はソース元で

引用元 : 武藤並み評価だ!アウクスブルク 浅野に“破格移籍金”3.5億円用意 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【浅野拓磨、アウクスブルクが破格の3.5億円の移籍金を用意!宇佐美と両ウイング形成か?】の続きを読む

レスター岡崎が号泣FW浅野に緊急提言! 消極的横パスの改善には「海外に行くしかない」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


岡崎、日本代表FW浅野に海外移籍を提案!「改善するには球際の厳しいところでプレーすること」

プレミアリーグを制した男の言葉には強い説得力が感じられた。ハリルジャパンは7日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で、守備陣のデュエルにおける脆弱性とFW浅野拓磨(広島)の同点機での消極的な横パスなど課題が露呈したが、日本代表FW岡崎慎司(レスター)が課題克服のために国内組に海外移籍を提言している。

「(シュートの課題は変わらずだが)まあ、でもそれは日本人にない部分なので。それを感じるのは当然のこと。(解決のために)一つのプランでいうと海外に行くこと。もう一つはCBが早くそのレベルに行くというのもデカいかな。それくらい球際のところで激しくプレーすればレベルが上がるはず」

「もっとこう練習の中でもスピードを求めるとか。個人的には昔から監督に『落ち着いてシュート』と言われるよりも、ターンしてすぐにシュートを打つ練習をした。そういう意味では、スピード感というものを意識して練習すれば、日本でも身につくことだと思う。(海外へ)行くしかないと言ったらしょうがないと思うんですけど、海外に行くって思う意欲がそれを意識させると思う。もっと速くとか、こんなんじゃ止められてしまうとか思えればいい」

「『決めりゃいいんでしょ!』っていうのがFWだと思うので、シュートを止められたとしても、クロスで1点取ればいい。点が取れないなら未熟だと思うべき。日本だろうが海外だろうが決めれば勝ちだし、決めなければ物足りないというだけ」

全文はソース元で

引用元 : レスター岡崎が号泣FW浅野に緊急提言! 消極的横パスの改善には「海外に行くしかない」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【岡崎、日本代表FW浅野に海外移籍を提案!「改善するには球際の厳しいところでプレーすること」】の続きを読む

「泣く選手の気持ちは分からない」と本田流の叱咤激励。“浅野の涙”に周囲の反応は? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


本田「泣くなよって言いたいのと泣く選手の気持ちは分からない」決定機でパスの浅野の涙に…

[キリンカップ]日本代表1-2ボスニア・ヘルツェゴビナ代表6月7日/市立吹田サッカースタジアム

【日本1-2ボスニアHG│PHOTO】

「技」と「力」、カメラが捉えたインパクトの瞬間  西川周作は、いつもの優しい口調で言葉を紡いだ。

「『お前は本当に良いプレーをしていたよ』って。たぶん、最後のワンプレーで打たなかったことを後悔していたと思うけど。それはそれで、彼自身を大きくしてくれるワンプレーだったはず」  

終了間際に訪れたビッグチャンスだった。エリア内に抜け出し、フリーでボールを受ける。しかし、この日が代表初先発だった背番号18は、誰もが「シュート」と思ったであろう場面で、パスを選択。その試みは相手DFの懸命なカットに阻まれた。  

試合後、浅野拓磨はみんなに「本当にすみません」と謝罪したという。優勝セレモニーでは、人目をはばからずに号泣した。 

「下を向いていたので、『次、頑張ろうぜ』と。あとはサッカー的な話で、僕から裏へのボールとか何回かあったので。あの辺はもう少し、『精度を高くやっていきたい』とか。そういう感じでしたね」

悔しさに涙を浮かべる若きストライカーの姿を、本田圭佑はどう見ていたのか。

「難しいですね……ふたつの考え方がありますよね。ミランにも負けて泣く選手がいますけど、『泣くなよ』って言いたいのと、“泣くほど悔しいんだ”ということなんじゃないですか。ただ、僕は泣かないんで。泣く選手の気持ちは分からないです」
 
突き放したような言い方に聞こえるかもしれないが、その真意は、“泣いている暇などない。次だ”という、本田流の叱咤激励のはずだ。


全文はソース元で

引用元 : 「泣く選手の気持ちは分からない」と本田流の叱咤激励。“浅野の涙”に周囲の反応は? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田「泣くなよって言いたいのと泣く選手の気持ちは分からない」決定機でパスの浅野の涙に…】の続きを読む

宇佐美&浅野の次は清武! ブッフバルトが“日本人狩り”へ「(清武は)検討の価値あり」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

清武、宇佐美とドイツで同僚に!?シュツットガルトが獲得を検討

孤軍奮闘する日本のチャンスメイカーにとって、最高のステップアップとなるかもしれない。ドイツブンデスリーガのシュツットガルトが、ハノーファーで活躍する日本代表MF清武弘嗣の獲得を検討しているようだ。

今季のリーグ戦29試合を戦い5勝3分21敗の勝ち点18で最下位に沈むハノーファーは、17位のフランクフルトに勝ち点9差をつけられており、もはや降格を確実視されている状況となっている。今冬には新たにトマス・シャーフ監督を招聘するも、チームを立て直すことはできずに苦闘。なにをしても上手くいかない絶不調ハノーファーにおいて、わずか17試合の出場で2ゴール7アシストという戦績を残しているのが清武だ。

独『Stuttgarter Zeitung』はかつて岡崎慎司が所属したシュツットガルトが今夏の清武獲得を“検討する価値がある”と報じている。同クラブは今夏にヴォルフスブルクへの移籍がすでに決まっているダニエル・ディダヴィの後継者として、ハノーファーで奮闘する清武に注目しているようだ。

全文はソース元で

引用元 : 宇佐美&浅野の次は清武! ブッフバルトが“日本人狩り”へ「(清武は)検討の価値あり」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【清武、宇佐美とドイツで同僚に!?シュツットガルトが獲得を検討】の続きを読む

このページのトップヘ