インテル、中国資本が買収を発表 元会長モラッティは退陣 (GOAL) - Yahoo!ニュース


【どうなる長友】インテル、まさかの中国資本への売却を発表!モラッティは退陣

6日、中国の蘇寧グループとセリエAのインテルは共同会見を南京で開催。蘇寧グループが2.7億ユーロ(約327億円)でインテルの株式68.55%を買収し、戦略的提携を結んだことを発表した。同会見には蘇寧グループの張近東会長やインテルのエリック・トヒル会長、ハビエル・サネッティ副会長らが出席した。

蘇寧グループは1990年に創立された中国の小売大手グループ。国内有数の年商5.3兆円を誇る。中国サッカー界にとって、欧州主要クラブの経営権を握るのはこれが初となる。

同グループは、国内でもサッカークラブ江蘇蘇寧を保有しており、最近では元チェルシーのブラジル代表MFラミレスをはじめ、ジョー、アレックス・テイシェイラら有力選手を獲得したことで注目を集めた。

張氏は「この買収は江蘇蘇寧の技術面や運営面を向上させるだけではなく、蘇寧グループが欧州、そして世界的なブランドになるための手助けとなる」とコメント。

「中国はインテルにとって第二のホームになる。蘇寧グループの投資により、インテルは栄光の日々を取り戻し、世界中からトップスターを再び惹きつけることができるようになるだろう」

「(マッシモ・)モラッティの時代には素晴らしい選手が沢山いた。その栄光を再現したい。私はスタジ

全文はソース元で

引用元 : インテル、中国資本が買収を発表 元会長モラッティは退陣 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【【どうなる長友】インテル、まさかの中国資本への売却を発表!モラッティは退陣】の続きを読む