スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

武藤嘉紀

来季のレスターは岡崎慎司と武藤嘉紀の2トップに!? 英紙がバーディの後釜に武藤の名前挙げる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


来季の王者レスターは岡崎と武藤の日本代表2トップに!?英紙が補強候補と報道

今夏にアーセナルに移籍するのか、レスター・シティに留まるのか注目を集めているFWジェイミー・バーディ。トップスコアラーのバーディが抜けた場合は代わりの選手を見つけてくる必要があるが、バーディの穴を埋められる選手など存在するのだろうか。

そんな中、英『Daily Mirror』はバーディの代わりとなり得る選手を2名ピックアップ。その中には、日本代表FW岡崎慎司の古巣であるマインツでプレイするFW武藤嘉紀の名前も浮上している。

1人目は今季ワトフォードでブレイクしたトロイ・ディーニーだ。ディーニーはリーグ戦で13得点を記録。同じワトフォードのオディオン・イグハロとともにチームの残留に貢献した。バーディとは少々タイプが異なるものの、プレミアリーグで結果を残していることは信頼に値する。

そして2人目が武藤だ。武藤は今季マインツで岡崎の穴を埋める活躍を披露し、運動量と得点力があることをしっかり証明した。前線から相手を追い回す姿勢、縦へのスピードはバーディと似たところを感じさせ、最も代役にふさわしい選手かもしれない。また、そうなれば岡崎と2トップを組むことになり、日本のサッカーファンとして非常に興味深い。


全文はソース元で

引用元 : 来季のレスターは岡崎慎司と武藤嘉紀の2トップに!? 英紙がバーディの後釜に武藤の名前挙げる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【来季の王者レスターは岡崎と武藤の日本代表2トップに!?英紙が補強候補と報道】の続きを読む

岡崎、英紙が選ぶ“アジアNo.1選手”に!「昨季は2位で嬉しかったけど…」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


酷すぎる!英紙が選出した「今季のアジア人選手ベスト50」で岡崎がNo,1も香川が驚きの…

英紙『フォー・フォー・トゥー』は、今季の“アジア人選手ベスト50”を発表し、レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が1位に選出された。  

岡崎は、「昨季は2位でも嬉しかった。だけど、ヨーロッパで多くの人が良いパフォーマンスだと認めてくれて光栄に思う」と、喜びの声を上げている。  

また、首位に立っている理由について、「チームワークだと思う。どの選手も何をすれば良いかを分かっているし、お互いを励ましあっている。それが良いパフォーマンスにつながっている」と説明している。

なお、日本人選手は岡崎を含めて以下の12選手が選出されている。

50位 原口元気(ヘルタ・ベルリン)
47位 青山敏弘(サンフレッチェ広島)
40位 遠藤保仁(ガンバ大阪)
36位 長谷部誠(フランクフルト)
32位 長友佑都(インテル)
27位 香川真司(ドルトムント)
17位 大久保嘉人(川崎フロンターレ)
14位 吉田麻也(サウサンプトン)
9位 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
7位 武藤嘉紀(マインツ)
6位 本田圭佑(ミラン)
1位 岡崎慎司(レスター・シティ)

全文はソース元で

引用元 : 岡崎、英紙が選ぶ“アジアNo.1選手”に!「昨季は2位で嬉しかったけど…」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【酷すぎる!英紙が選出した「今季のアジア人選手ベスト50」で岡崎がNo,1も香川が驚きの…】の続きを読む

クレバーで、見栄えもよく、おまけに…… 独メディアがマインツ武藤に夢中! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


独メディア「武藤は頭が良く、イケメンでおまけに働き者」と絶賛

フランクフルト戦で先制ゴールを決め、チームを勝利に導いたマインツFW武藤嘉紀に対する称賛は尽きない。

独『ビルト』は29日、「マインツは”お買い得”ストライカーを祝う」という見出しで武藤を紹介。記事は武藤について「クレバーで、見栄えがよく、本当に良いストライカー」と評したうえで、更に「彼が持っているのは良い足だけではない」と続く。武藤が日本のエリート大学、慶應義塾大学の経済学部を卒業したことを紹介し、ピッチ外での影響にも着目。同紙の取材に応えたマインツのGM(ゼネラルマネージャー)、クリスティアン・ハイデル氏によれば武藤はクラブのメディア対応にも精を出しているようだ。

「彼は誰よりもあくせくと働いているよ。メディアの仕事を他のどの選手よりも引き受けているんだ。あの青年はとてつもなく大きな仕事をしているよ」
全文はソース元で

引用元 : クレバーで、見栄えもよく、おまけに…… 独メディアがマインツ武藤に夢中! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【独メディア「武藤は頭が良く、イケメンでおまけに働き者」と絶賛】の続きを読む

武藤が今季7点目でマインツ2戦ぶりの勝利…長谷部は終盤まで出場 | サッカーキング


武藤が先制点を奪いマインツがフランクフルトに辛勝 長谷部は先発出場【ハイライト動画】

ブンデスリーガ第14節が28日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと同MF長谷部誠が所属するフランクフルトが対戦した。武藤はFWで13試合連続の先発出場、長谷部は右サイドバックで5試合連続の先発出場を果たしている。  

前節、マインツはFW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンと対戦し、スコアレスドローに終わった。これで順位を2つ落とし、11位につけている。一方、12位のフランクフルトは前節のレヴァークーゼン戦を1-3で落とし、3試合未勝利。敵地とはいえ、ここで勝ち点3を奪いたいところだ。  

試合は開始早々に動く。6分、マインツはゴール前のユリアン・バウムガルトリンガーが右サイドへ展開すると、パブロ・デ・ブラシスが入れたグラウンダーのクロスを武藤が左足アウトで押し込み、先制ゴールを奪った。武藤にとっては3試合ぶり、今シーズン7ゴール目。また、直近の5試合で5ゴール目となった。  

終盤はフランクフルトが猛攻を仕掛けたが、マインツがなんとか逃げ切り、2-1で2試合ぶりの勝利を収めた。なお、武藤は81分まで出場、長谷部は84分まで出場した。  

次節、マインツは敵地でDF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと、フランクフルトはホームでダルムシュタットと対戦する。

【スコア】

マインツ 2-1 フランクフルト

【得点者】

1-0 6分 武藤嘉紀(マインツ)

2-0 42分 ユヌス・マッリ(マインツ)

2-1 62分 ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)

全文はソース元で

引用元 : 武藤が今季7点目でマインツ2戦ぶりの勝利…長谷部は終盤まで出場 | サッカーキング

【武藤が先制点を奪いマインツがフランクフルトに辛勝 長谷部は先発出場【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

今季7得点目のマインツ武藤、ブンデス公式HPのMOMに3度目の選出 | サッカーキング


武藤嘉紀、ブンデス公式HPに3度目のMOM選出

日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツは、28日に行われたブンデスリーガ第14節で、同代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトと対戦し、2-1で勝利した。同試合で先制点を挙げた武藤が、同リーグ公式サイトのマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出された。  

同サイトは、「武藤は、開始5分に最初のシュートをものにし、マインツのシーズン最速ゴールを獲得。機敏なマインツFWは、最終的に4本のシュートを放った」とプレーに言及。武藤は、今回のMOMで今シーズン日本人選手最多となる3度目の選出となった。

全文はソース元で

引用元 : 今季7得点目のマインツ武藤、ブンデス公式HPのMOMに3度目の選出 | サッカーキング

【武藤嘉紀、ブンデス公式HPに3度目のMOM選出】の続きを読む

ブンデス公式サイトが「日本の極上」と5人を特集 香川は「鮭のような跳躍」と絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ブンデスで躍動する「日本の極上選手たち」公式サイトが特集!香川は「川に上る鮭」

ドルトムントの日本代表MF香川真司らブンデスリーガで戦う日本人5選手がブンデスリーガ公式サイトの特集で絶賛されている。

「開幕100日特集 日本の極上」という見出しで絶賛された5人衆の筆頭は今季公式戦7ゴール7アシストの香川だ。  

寸評ではシャルケとのルールダービーで決めた珍しいシュートが「鮭」と形容されている。海から川へと上っていく鮭のような躍動感が称賛の的になった。

「シンジ・カガワの鮭のような跳躍が今季12節のレビアダービーとなった地元のライバル、シャルケ戦との忘れられない3-2での勝利の先制点を生み出した。これはミッドフィルダーの優れた貢献を象徴している。この26歳はドルトムントの今季ブンデスリーガ全12試合に先発。リーグ戦3得点6アシストを記録している。6アシストのうち3つは第10節のアウグスブルク戦での5-1の勝利で生まれたものである」  

2人目はマインツFW武藤嘉紀。「マインツのファンは新たなヒーローを手にした」と絶賛されている。

続いてはハノーバーMF清武弘嗣。「開幕を第五中足骨骨折で離脱したヒロシ・キヨタケはベストに戻った。レッズの攻撃陣の支柱として成長」と絶賛されている。

4人目はフランクフルトMF長谷部誠。ボランチからサイドバックまで献身的にこなすハリルジャパンの主将に対し、特集では「マコト・ハセベの万能性はアルミン・フェー監督にとって本当に恵みであると証明されている」と絶賛されている。 「彼のリーダーシップのクオリティ、真面目なアプローチはイーグルスの4バックで役立っていることは否定できない」と代表キャプテンの人格面も高く評価されている。  

最後はハリルジャパンでバックアップメンバーに留まっているケルンFW大迫勇也。「第1節からゴールを決めることができていないが、ユウヤ・オオサコはペーター・シュテーガー監督から明らかに高い評価を手にしている」と指揮官の信頼が絶大であることを示されている。故障明けの第4節から先発出場を続けており、「ゴール前で不運が続いている」とされている。  

全文はソース元で

引用元 : ブンデス公式サイトが「日本の極上」と5人を特集 香川は「鮭のような跳躍」と絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ブンデスで躍動する「日本の極上選手たち」公式サイトが特集!香川は「川に上る鮭」】の続きを読む

【日本代表/編集長の視点】本田と宇佐美の選出は妥当なのか。代表の場に指定席はいらない (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


本田と宇佐美は選出するな!日本代表には指定席はいらない

11月に行なわれるシンガポール戦とカンボジア戦のメンバーに、なぜ本田は選ばれたのか。  

確かに今回のワールドカップ・アジア2次予選の活躍ぶりを振り返れば、本田は不可欠な戦力だ。9月3日のカンボジア戦では思い切りの良いミドルから先制弾を叩き込み、10月8日のシリアとのアウェーゲームではPKで決勝点を決めるなど、勝負どころで大きな仕事をしている。  

加えて、現代表メンバーのなかでは誰よりもボールが収まり、攻撃の起点になっている。チュニジアやイラクとの親善試合でもさすがの存在感を示しているのだから、冒頭の疑問は単なる“クレーム”に過ぎないと批判されても致し方ない。  

とはいえ、見逃せないのはハリルホジッチ監督のコメントだ。11月5日のメンバー発表会見で、指揮官ははっきりとこう言った。 「(就任)1年目はできるだけ新しい選手を見たい。レベルとパフォーマンスが良くなければ、A代表には入れない」  

その選出基準に照らし合わせると、本田の招集には疑問符が付く。  

ちなみに、今季の出場時間は少ないが、インテルの長友はここにきてマンチーニ監督の信頼を得つつある。

ハリルホジッチ監督に言わせれば、本田より優れたアタッカーが見つからなかったということになるのだろう。確かにそうかもしれないが、となると「1年目はできるだけ新しい選手を見たい」という部分がぶれてくる。
 
今回の会見でハリルホジッチ監督は「私の頭の中には35人の選手がいる」と話していた。ならば本田を外して、“そのなか”で未招集もしくは代表歴が浅いアタッカー(例えば広島の浅野)を呼ぶべきだったのではないか。
 
11月の連戦は、10月のシリア戦に比べて明らかにハードルは低い。ホームで引き分けたシンガポールとの戦力差もだいぶ大きく、本田ひとり欠けてもさして問題ではないだろう。
そもそも、ミランで燻る本田に頼っている現状が健全ではない。やはり金崎のようにクラブで結果を出している選手が呼ばれてこそ代表チームと言えるだろう。

結果という点では、宇佐美の選出にも首を傾げてしまう。公式戦では9月26日の柏戦を最後に8試合もゴールから見放されており、先のナビスコカップ決勝では鹿島の守備陣に抑え込まれていた。明らかに疲労の色が濃くなってきているのだから、このタイミングで休ませる手もあった。
 
ドルトムントで常時出場している香川に対して「休むことも必要だ」とコメントしたハリルホジッチ監督が、自らの発言を否定するかのように、疲労困憊に映る宇佐美を招聘した真意をいまひとつ測りかねる。その才能に指揮官が惚れ込んでいるのは確かだが、仮にそれだけで招集しているとしたら競争など生まれない。

なにも、本田や宇佐美が代表に不要と主張しているわけではない。前者は試合勘、後者はコンディションに不安を抱えていそうな今回に限っては、選ばなくてもよかったとそう言いたいだけだ。代表にシビアな競争意識を植え付けるためにも、“特別扱い”に見える選考は避けるべきだろう。
 
「岡崎は少し疲れている」(ハリルホジッチ監督)のなら、代わりに武藤をCFに先発起用してもいい。

代表の場に指定席はいらない。アジア2次予選を進行中というタイミングでなら、柏木を招集して柴崎を外すような決断がもっとあっていいはずだ。競争なくして、ロシア・ワールドカップへの道は開けない。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

全文はソース元で

引用元 : 【日本代表/編集長の視点】本田と宇佐美の選出は妥当なのか。代表の場に指定席はいらない (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田と宇佐美は選出するな!日本代表には指定席はいらない】の続きを読む

マインツ武藤に集まる称賛の声 ミラン本田も「僕は彼を気に入っている」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


本田圭佑「だから僕は武藤を気に入っている」米メディアで特集

マインツの日本代表MF武藤嘉紀は、10月31日の敵地アウグスブルク戦で日本人2度目となるハットトリックを決める活躍で3-3のドローに貢献した。世界的な注目株となる中、米スポーツ専門テレビ「ESPN」では武藤特集を行い、ACミランの日本代表MF本田圭佑の賞賛の言葉や、かつて特別指定選手時代の武藤を指導したランコ・ポポビッチ監督(現レアル・サラゴサ)や、マインツのマルティン・シュミット監督の意見も紹介している。

本田は、急成長を遂げた武藤をこう称えている。

「彼には素晴らしいスピードがある。彼にはキレがあるように見えるし、(チームに)新しいスタイルをもたらしている。日本代表にはああいうタイプの選手がいなかった。(典型的な日本のストライカーではない?)それには同意します。だから、僕は彼のことが気にいっているんです」

ブンデスリーガ初挑戦となった今季リーグ6得点を記録しているハリルジャパンの新星について、ポポビッチ監督は、「彼は他のどの選手とも大きく違っている。彼は良家の出身で、大学でいい教育を受けていた。とてもスマートで知性が高い選手だ。学ぶことができない才能を彼は持っている」と語った。


全文はソース元で

引用元 : マインツ武藤に集まる称賛の声 ミラン本田も「僕は彼を気に入っている」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑「だから僕は武藤を気に入っている」米メディアで特集】の続きを読む

2得点に絡んだ武藤、2-0の勝利に貢献…独複数メディアが最高点 | サッカーキング


1アシストの武藤、独メディアから最高評価!2得点に絡みマインツの勝利に貢献

ブンデスリーガ第12節が7日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツはヴォルフスブルクと対戦し、2-0で勝利を収めた。  

同試合に先発出場した武藤は、31分に先制点の起点となるスルーパスを供給。75分には相手DFのギャップを通して追加点をアシストし、3試合連続となる得点こそなかったものの、フル出場で勝利に大きく貢献した。  

また、ドイツメディア『sportal.de』は、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの退場を誘発したチリ代表DFゴンサロ・ハラと武藤、デ・ブラシスの3人を「2」と評価した。同メディアは、マインツの選手全員を高く評価し、先発したフィールドプレーヤー10人全員に「3」以上をつけている。

全文はソース元で

引用元 : 2得点に絡んだ武藤、2-0の勝利に貢献…独複数メディアが最高点 | サッカーキング

【1アシストの武藤、独メディアから最高評価!2得点に絡みマインツの勝利に貢献】の続きを読む

武藤が今季2アシスト目…マインツ、10人のヴォルフス相手に4戦ぶりの勝利 | サッカーキング


武藤が1アシスト、マインツがホームでヴォルフスブルクに完封勝利【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第12節が7日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツとヴォルフスブルクが対戦した。  

前節のアウクスブルク戦は、武藤のハットトリックで何とか引き分けに持ち込んだマインツ。今節は、3位のヴォルフスブルクをホームに迎えて、4試合ぶりの勝利を目指す。ここ2試合で4ゴールと絶好調の武藤は11試合連続の先発出場で、3試合連続のゴールに期待がかかる。  

試合は13分に意外な形で動く。ユリアン・ドラクスラーが、浮き球に触ろうとするが、飛び出てきたゴンサロ・ハラの頭に足が入ってしまう。この行為がレッドカードの判定で一発退場となり、ヴォルフスブルクは10人となった。なお、ハラにけがはなくそのままプレーを続けている。

ホームのマインツが2-0でリーグ戦4試合ぶりの勝利を収めた。敗れたヴォルフスブルクは連勝が3でストップした。なお、先制点の起点と2点目のアシストで2得点に絡んだ武藤はフル出場を果たした。
 
マインツは次節、代表ウィーク明けの21日にFW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンと対戦。ヴォルフスブルクは同日にブレーメンをホームに迎える。

スコア】
マインツ 2-0 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 31分 パブロ・デ・ブラシス(マインツ)
2-0 75分 ユヌス・マッリ(マインツ)

全文はソース元で

引用元 : 武藤が今季2アシスト目…マインツ、10人のヴォルフス相手に4戦ぶりの勝利 | サッカーキング

【武藤が1アシスト、マインツがホームでヴォルフスブルクに完封勝利【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ