スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

本田圭佑

ミランサポーターの90%以上がミハイロビッチ解任に反対! ワンマン会長への不信感が強まる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ミランサポーターが会長に激怒!!90%以上がミハイロビッチ解任に反対

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督が解任され、後任にクリスティアン・ブロッキ氏が就任することが、現地時間12日にも正式に発表される見通しとなっている。しかし、ミランサポーターの実に90%以上が、この監督交代に反対していることが浮き彫りになっている。

ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」では、「リーグ戦が残りわずか6試合という段階での監督交代に、あなたたちは同意できるか?」として、緊急アンケートをWEB上で実施している。  

結果は常に変動していくものだが、日本時間の12日12時30分の段階で2000人強からの回答があり、実に92%を超える票が「ノー。シーズン終了までミハイロビッチに任せた方が良い」という項目に投じられている。「イエス。ブロッキが上手くやるだろう」への票は、わずかに7%ほどだった。  

先日には、アドリアーノ・ガリアーニCEOから今季限りでローマを退任するワルテル・サバティーニSDに強化担当者を変更すべきかとの質問に、92%が「イエス」に投票するという結果も出ている。それだけ、ミラニスタによるクラブ上層部への不信感は根強い。

全文はソース元で

引用元 : ミランサポーターの90%以上がミハイロビッチ解任に反対! ワンマン会長への不信感が強まる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミランサポーターが会長に激怒!!90%以上がミハイロビッチ解任に反対】の続きを読む

ミハイロビッチ電撃解任と伊メディアが報道 本田にとって5人目となるブロッキ新政権が発足へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

no title

ACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督が電撃解任され、ミランの下部組織で指揮を執っていたクリスティアン・ブロッキ氏が後任監督に就任すると、衛星放送「スカイ・イタリア」などイタリアメディアが一斉に報じている。

ミハイロビッチ監督は今季2年契約を結んだ。チームはコロンビア代表FWカルロス・バッカら100億円以上の補強を展開し、イタリア杯ではユベントスとの決勝に進出しているが、リーグ戦では現在6位で、5位フィオレンティーナとの勝ち点差は7に開き、7位サッスオーロには勝ち点1差に迫られるなど、来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権を失う可能性が高まっている。  

シルビオ・ベルルスコーニ会長は、前節ユベントス戦で負ければ解任と公言していたが、会長は11日にイタリア北部アルコレの別荘でミランOBのブロッキ氏と、アシスタントコーチのアレッサンドロ・ランジーニ氏と3時間にわたって会食。ここで次期監督就任を伝えたとレポートされている。

全文はソース元で

引用元 : ミハイロビッチ電撃解任と伊メディアが報道 本田にとって5人目となるブロッキ新政権が発足へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【迷走ミランがミハイロビッチを電撃解任!!「愛情をありがとう」と残し去る 後任はブロッキ監督】の続きを読む


本田、来季は岡崎と同僚に? レスターでプレミアとCLに挑戦か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

本田、レスターで岡崎と同僚の可能性!スカウトが視察でプレミア移籍か

本田圭佑は来季プレミアリーグで岡崎慎司と同僚になるかもしれない。10日、イタリア『ミランニュース.it』が報じた。

現地時間の9日に行なわれたサンシーロで開催されたミラン対ユベントスの一戦に、岡崎が所属するレスター・シティのスカウトが視察に訪れたようだ。目的はFWエムバイェ・ニアンやMFマヌエル・ロカテッリが有力視されているが、本田を狙っている可能性も報じられている。  

ミランとの契約が2017年6月までとなっている本田だが、契約延長もしくは今夏の退団の岐路に立っている。シニシャ・ミハイロビッチ監督のもとで調子を上げている同選手をクラブはタダで放出する気はないとみられている。


全文はソース元で


引用元 : 本田、来季は岡崎と同僚に? レスターでプレミアとCLに挑戦か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【本田、レスターで岡崎と同僚の可能性!スカウトが視察でプレミア移籍か】の続きを読む


ユヴェントス戦に燃える本田 「イタリアではまだ真の本田を見せられていない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

「まだ”リアル本田”を見せられていない。もっと出来る!」ユヴェントス戦の展望も語る

ミランMF本田圭佑が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた。

2016年に良い活躍をしている秘訣を問われたミランの10番は、こう述べている。

「良いプレーはしていません。チームが僕を助けてくれているということです。僕は弱くはないけど、怪物でもない。いつもだいたい同じようにプレーしています。ただ、イタリアでは真の本田を皆さんに見せられていない。もっとできます。まだまだ満足していませんよ」 右サイドは本田の定位置になった。

「学んでいるところで、困難を感じるときもありますね。ただ、良くなっています。長年トップ下でやってきましたから、今は違う課題があります」 得点が少ないことを指摘されると、こう答えている。

「もっと決めないといけませんね。ただ、自分にできることをやるだけです。それが自分のスタイルですね。イタリアのアタッカーは個人主義ですけど、僕はチームでプレーするタイプです」

ユヴェントスを倒す手段については、こう述べている。

「ユーヴェは強い。それは分かりきっています。イタリアで1番ですね。僕たちはコンパクトに戦ってスペースを消し、0−0でハーフタイムを迎えられたらというところです。サッカーは素晴らしい。それは、予想しないことがたくさん起こるからです。勝利への道は、さまざまあります。試合展開に適応していく準備をしていることが大事です」

なお、本田は『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の予想先発に名前を連ねている。4−4−2の右サイドで先発する見込みのようだ。


全文はソース元で


引用元 : ユヴェントス戦に燃える本田 「イタリアではまだ真の本田を見せられていない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【「まだ”リアル本田”を見せられていない。もっと出来る!」ユヴェントス戦の展望も語る】の続きを読む

ミラン本田に衝撃の「ロシア送還」が急浮上!? 伊紙が1月の移籍先候補に挙げる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田圭佑「ロシアに送還」の可能性!ボアテングの獲得で身代わり放出

1月の移籍市場開幕まで1ヵ月となり、ヨーロッパ各クラブの移籍報道も加熱し始めた。その中で、日本人選手で最も去就が注目されているのがACミランのFW本田圭佑だ。本田自身は、自らチームを出て行くことを望んでいないと発言している上に、冬のマーケットでの移籍には否定的な見解が多かったが、イタリア紙「トゥット・スポルト」は、本田が1月に放出されるという見通しを報じ、まさかのロシア送還の可能性が浮上している。

そのキーマンになるのが、練習参加中の「前任10番」、ガーナ代表FWケビン・プリンス・ボアテングだ。戦力外状態とはいえ、ブンデスリーガのシャルケとの契約下にあるボアテングだが、同紙はミランが500万ユーロ(約7億円)で1月に獲得できるように、シャルケにオファーを出したと報じており、10日間ほどで問題なく受け入れられるだろうとしている。来年1月4日に正式にミランの選手となり、6日の本拠地サンシーロでのボローニャ戦がミラン復帰戦になるとしている。  

そして、ボアテングを復帰させるために誰かを放出する必要があり、その対象を「ブーイングと失望の本田」であると報じている。

「ボアテングに場所を与えるために、ロッカールームから荷物をまとめるのはミランサポーターからブーイングの対象になっている本田だ。この日本人は今やポジション争いに敗れ去り、ミハイロビッチ監督は常に(アレッシオ・)チェルチを起用する。イタリア杯のクロトーネ戦は監督のアイデアを変える大きなチャンスだったが、この10番はその機会を投げ捨てた。この状況は選手にとって好ましいものではない」

「常にプレミアリーグのウェストハムは有力な候補だ。だが、ロシアへ戻すという選択肢も除外されないだろう」  

本田は2010年から13年までロシアのCSKAモスクワに所属していたが、そのロシアリーグへの帰還も検討されているという。本田が17年6月までミランとの契約下にある以上、クラブの意向を全く無視することはできない。


全文はソース元で

引用元 : ミラン本田に衝撃の「ロシア送還」が急浮上!? 伊紙が1月の移籍先候補に挙げる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑「ロシアに送還」の可能性!ボアテングの獲得で身代わり放出】の続きを読む

ここ2か月で最高の出来を見せたサンプドリア戦。本田の立場は変わるのか? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


本田圭佑、ここ最近で1番良いプレー見せるもミランでの立場は・・・

11月28日のセリエA14節、ミランはサンプドリアを4-1で撃破した。9試合連続のベンチスタートとなった本田は、4-0だった80分にチェルチと代わって右サイドハーフとして途中出場。7試合連続の試合終盤投入となった。

このゲームで最大の見せ場は85分。サンプドリアのシルベストレからレジーニへの緩いパスをハーフウェーライン付近でカットし、そのまま前線へダッシュ。こぼれ球を拾ったL・アドリアーノから縦パスをもらい、ペナルティーエリア手前で敵DFと1対1の状況に。ドリブル突破も仕掛けられる状況だったが、中央に走り込んできたフリーのバッカに左足でラストパスを供給。コロンビア代表FWはこれをダイレクトでシュートしたが、GKに弾かれて惜しくもゴールはならなかった。  

攻撃面ではほとんど何もできずに終わっていた過去6試合と比べれば、この日はすでに敗戦濃厚だったサンプドリアが緩かったこともあり、可能性を感じさせるプレーを見せた本田。しかし、スタメンへの返り咲きは容易ではない。

「攻撃ではリスクを負ってでも、相手ディフェンダーを抜きにいかなければいけない。チェルチ、ニアング、ボナベントゥーラにはそれを期待している。とくにチェルチには、ミスをしても怒らないが、トライしなければ怒ると言ってある」

前日会見でそう語っていたミハイロビッチ監督の期待に、攻撃陣はしっかり応えたと言える。戦術的にはSBが守備優先で攻め上がりを自重し、さらにFWやセントラルMFもあまりフォローに寄らず、サイドハーフが敵SBと1対1になる状況を作り出そうという意図がハッキリと見て取れた。
 
その中で右サイドのチェルチは、縦の突破とカットインを織り交ぜた得意のドリブルで幾度となくサンプドリア守備陣を翻弄。一方で左サイドのボナベントゥーラも、敵ディフェンスラインのデッドスペースを突く巧みな動きを見せた。いずれも2ゴールずつに絡み、前者は1アシスト、後者は1ゴールと明確な結果も出している。
 
ライバルがこれだけハイパフォーマンスを見せたうえ、そもそも本田は今のミランのサイドハーフに求められる「1対1の突破力」が高いとは言えない。チェルチとボナベントゥーラが怪我にでも倒れない限り、スタメンの座が巡ってくる可能性は低いだろう。
 
チームのシステムが4-3-3から4-4-2に変わり、ここ2か月では最高のパフォーマンスを見せたとはいえ、ミランで本田が置かれている状況に劇的な変化はない。

文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)


全文はソース元で

引用元 : ここ2か月で最高の出来を見せたサンプドリア戦。本田の立場は変わるのか? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑、ここ最近で1番良いプレー見せるもミランでの立場は・・・】の続きを読む

伊紙、途中出場の本田に「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも…」 | サッカーキング


本田が存在感を発揮!伊紙「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも不運」【タッチ集&ハイライト動画】

セリエA第14節が28日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでサンプドリアと対戦し、4-1で快勝した。  

イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合に出場した各選手の採点と寸評を発表。80分から7試合連続の途中出場となった本田は採点なし。寸評では「僅かの出場時間に素晴らしいパスを出す時間を得るも、バッカがこれを台無しに」と、アシストとはならなかったものの好機を演出したパスに高評価を与えている。

全文はソース元で

引用元 : 伊紙、途中出場の本田に「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも…」 | サッカーキング

【本田が存在感を発揮!伊紙「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも不運」【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

本田のCF起用を模索するハリル「彼をFWの中央で使うのもソリューション」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


ハリル「本田をCF起用も考えている」日本代表のトップで決定力向上へ

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督がMF本田圭佑(ミラン)の1トップ起用を考えていることを明かした。29日、都内で行われた「KIRINキャンプ」に参加し、中学生30人を直接指導。2日間にわたる特別キャンプを終えた指揮官が報道陣の取材に応じた。  

28日のサンプドリア戦に後半35分から出場し、7試合連続の途中出場となった本田について聞かれた指揮官は「もちろん安心はしていない。昨日も10分ぐらいしか出ていない」と指摘。普段から欧州組の選手には直接電話してコミュニケーションを取っているというが、「彼とは特に電話している。直接話したときは『ACミランでポジションを奪いたい』と話していた」と、本田の意志を明らかにしたうえで、控えに甘んじている現状を打破してほしいとゲキを飛ばした。

「(ミランは)競争が激しい。覚悟してトレーニングしてほしい。あの年齢になると、90分間プレーし続けないと、フィジカルが落ちる。個人で補足トレーニングが必要になる」。来年1、2月には渡欧し、海外組の選手を視察する予定もある。

「彼と長友には会いに行っていろんな話をしたい。長友も最近は(インテルで)右サイドバックで出ている」と、イタリアで“個人面談”する意向を示し、日本代表での具体的な起用法にも言及した。

「FWで(使う)ということも考えている。真ん中、中央でだ」と、センターフォワードでの起用を示唆。

「彼は足元で(受けるので)はなく、(DFラインの)背後に走って、左足でパスを出し、左足でシュートを狙った。16mの中での勝負を見せてくれた。点も取ってくれた。初めてクロスからヘディングで点も取った。彼は背後に走り始めている」  

本田のプレーの変化についてそう語ると、「彼をFWの中央で使うのも一つのソリューション。我々はもっと点が取れる選手を探している」

全文はソース元で

引用元 : 本田のCF起用を模索するハリル「彼をFWの中央で使うのもソリューション」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ハリル「本田をCF起用も考えている」日本代表のトップで決定力向上へ】の続きを読む

【日本代表】ひとりだけリズムが違う本田圭佑は、日本代表に必要か (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


11-25,15 hon2

ゆったりとしたリズムでボールを持ち、タメを作る。そして、動き出した味方へパス。たしかに、本田圭佑は、ひとりだけリズムが異なる。特に、球離れの早い日本代表でプレーすると、その異質ぶりが際立つ。  

本田の“重さ”は、1対1で相手を背負うボールキープなど、対人パワーに優れる反面、スピードの変化やターンといった俊敏性に欠ける。プレーが遅くなりがちだ。  

マンツーマンで対処された時代ならいざ知らず、現代サッカーのようにゾーンディフェンスで、スペースがコンパクトに縮められると、わずかなプレーの遅れで、あっという間に複数人に囲まれてしまう。そうなったら、ひとりの相手を背負うボールキープなど、なんの意味もない。  

ここで重要になるのは、1対1ではなく、1対多の能力。小さなスペースで、テンポ良くプレーし、囲まれる前にボールを動かすこと。バルセロナのアンドレス・イニエスタ、バイエルン・ミュンヘンのチアゴ・アルカンタラ、マンチェスター・シティのダビド・シルバ。彼らのように“軽さ”のある選手は、ボールを収めてさばくテンポが速い。  

ポゼッションだけでなく、縦に速いカウンターを繰り出す際にも、このテンポの早さで縦に運ぶことが重要になる。もちろん、ドルトムントの香川真司も、このタイプだ。  あるいは、バイエルン・ミュンヘンのトーマス・ミュラー、マンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーのように、FWタイプのセカンドアタッカーを、トップ下周辺に置くケースも多い。  

いずれにせよ、このスペースで重要視されるのは攻撃のスピードであり、そういう意味では、本田をトップ下に置いたザックジャパンのシステムは、現代サッカーには珍しい、レトロな佇まいだったとも言える。
 

しかし、そのリズムの遅さをもって、本田不要論を唱えるのは、あまりにも短絡的だ。

古いイメージの“司令塔”は、トップ下から様々なポジションに移動し、新しいサッカーの創造に寄与してきた。

たとえば、その移動先のひとつは、ボランチだ。

自分のやりたいプレーだけでなく、味方や敵との関係でプレーを選択する、ゲームビジョンを備えた本田も、彼らのような“ディープ・プレーメーカー”の素質がある。だが、本人はその選択を拒んだ。


“サイドの司令塔”を成功させる鍵は、攻撃的なSBの存在だ。ジダンにとってはロベルト・カルロス、中村俊にとっては内田篤人がキープレーヤーとなり、彼らが後方からオーバーラップすることで、サイドの司令塔は、中央への動きを織り交ぜ、得意なプレーを出しやすくなった。

その意味では、右サイドの本田が中盤の組み立てで機能するポイントは、右SBの酒井宏樹になる。ハリルジャパンは試合によって戦い方を変えるが、よりサイド攻撃が求められる試合では、ここでのコンビネーションが重要だろう。

そして、絶対に忘れてはいけないのは、フィニッシャーとしての本田の独自性だ。

パスの出し手ではなく、受け手として飛び出せば、縦のスピードダウンも起こらない。ゴール前でシュートをもたつくシーンはあるが、それでも、彼が常にそこに顔を出している事実は、より重要である。ゴールへの執着心、どんな相手にでも身体を投げ出せる心身の強さは、近年の日本人選手には、なかなか見られない要素だ。日本人という物差しをもって、本田を計ろうとすると、とんでもない苦難に直面する。
 
そんな異質を備えた本田を、たくさんの選手と連係するトップ下ではなく、サイドに置く。

本田の右サイド起用には、異論もあるかもしれない。しかし筆者は、現状におけるベストチョイスだと考えている。

文:清水英斗(サッカーライター)



全文はソース元で

引用元 : 【日本代表】ひとりだけリズムが違う本田圭佑は、日本代表に必要か (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑は日本代表に必要・不必要!?右サイドでの起用は正しいのか??】の続きを読む

長友「本田発言がクラブ批判と言われるのは悲しい」 - セリエAリーグ : 日刊スポーツ


長友「(本田)圭佑はミランを愛している」批判との声は悲しいと戦友を擁護

<セリエA:インテルミラノ4-0フロジノーネ>◇22日◇ミラノ  

DF長友佑都が所属するインテルミラノがホームでフロジノーネに4-0で圧勝。勝ち点で並んでいたフィオレンティナがエンポリと2-2で引き分けたため、2差をつけて単独首位に浮上した。  

また、ACミランFW本田圭佑のチームに対する発言については「クラブ批判と言われているのがちょっと僕の中では複雑。彼の勝ちたいという強い思いと、クラブを愛してるという気持ちが僕には伝わってくる。彼と話していてもそう。だから、それを批判ととらえられているという事が、僕にとって悲しい事です」と話した。

全文はソース元で

引用元 : 長友「本田発言がクラブ批判と言われるのは悲しい」 - セリエAリーグ : 日刊スポーツ

【長友「(本田)圭佑はミランを愛している」批判との声は悲しいと戦友を擁護】の続きを読む

このページのトップヘ