スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

日韓ワールドカップ

韓国人の鄭夢準氏、FIFAの会長選に立候補へ=中国ネット「韓国がW杯で優勝しちゃうぞ!」「当選すれば東アジアの国に有利」 (Record China) - Yahoo!ニュース

韓国人のFIFA会長選立候補に中国ネットが大反発「韓国がW杯で優勝しちゃう!」

2015年7月21日、大韓サッカー協会名誉会長の鄭夢準(チョン・モンジュン)氏が国際サッカー連盟(FIFA)の会長選に出馬する意向を示したことが、中国のネットユーザーの間で話題になっている。

この報道に、中国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「やめてください」

「(当選したら)韓国がW杯で優勝しちゃうぞ!」

「(当選した後の)W杯がどんなに“黒い”ことになるか、あえて言う必要はないだろう」

「日韓W杯…はは」

「2002年大会の韓国はむちゃくちゃだった。FIFAの会長なんかにしていいのか!?」

「(当選したら)2002年の再現が?」

「支持する。欧州を押しやってくれ」

「当選すれば東アジアの国に有利だ」

「韓国のスポーツの性格から言って、今後(当選したら)、韓国がタイトルを総なめにするだろうね」

「もう韓国では開催しないでくれ。フェアな試合が見たいんだ」

「賄賂を受け取った側が引きずり下ろされ、送った側が会長の座に座るのか?」

全文はソース元で

引用元 : 韓国人の鄭夢準氏、FIFAの会長選に立候補へ=中国ネット「韓国がW杯で優勝しちゃうぞ!」「当選すれば東アジアの国に有利」 (Record China) - Yahoo!ニュース

【韓国人のFIFA会長選立候補に中国ネットが大反発「韓国がW杯で優勝しちゃう!」】の続きを読む

FIFA幹部「汚職逮捕」で噴出 日韓W杯「韓国4位」八百長疑惑 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

日韓W杯の韓国代表の「八百長疑惑」も明らかに!?FIFA幹部の逮捕の影響か

スイス・チューリッヒの静謐(せいひつ)な湖畔が突如喧騒に包まれた。5月28日、米司法省の依頼を受けたスイス当局がFIFA(国際サッカー連盟)の幹部7人を贈収賄や資金洗浄の疑いで逮捕した。不正資金の総額は現時点で約1億5000万ドル。捜査の進捗が望まれるなか、“あの疑惑”の解明を望む声まで出始めた。  

〈きっと2002年ワールドカップについても賄賂が明らかになるだろう〉  

FIFA幹部の逮捕翌日、イタリア紙「コリエレ・デッロ・スポルト」は、こんな疑義を呈した。記事の意味するところは、日韓W杯、決勝トーナメント1回戦の韓国対イタリアにおける“疑惑の判定”の真相究明である。  

韓国代表の悪質なスライディングが相次いでも笛はならない。そして1対1で迎えた後半アディショナルタイム、イタリアの10番・トッティーがシミュレーション(審判を欺くプレー)をとられ、逆に退場に。劣勢となったイタリアはその後、延長戦で力尽き、韓国の安貞桓(アンジョンファン)が劇的ヘディングで決勝点を挙げた。  

韓国寄りのジャッジは、ホームコートアドバンテージと呼ぶには余りあった。その後、主審のエクアドル人のバイロン・モレノ氏が違法薬物売買で逮捕されたことと相俟って、憶測を呼んだ。審判は買収されていたのではないか。大会を盛り上げるために開催国を勝たせたに違いない。  

今回の伊紙報道は、FIFAの不正捜査が進めば、2002年の疑惑の解明も進むと報じる。イタリアの政治家・ラファエル・ラヌチは「日韓W杯で私たちが提起した疑惑が、今回の事件を通じて事実ということが明確になった」とまで語った。同様に、韓国への疑義を報じた国がもう1か国。やはり同大会準々決勝で韓国に敗れたスペインである。  

この試合、優勢に進めていたスペインは、2度ネットを揺らすもゴール判定ならず。最初は、その前段にファウルがあったとして無効になり、次は、ゴールに直結するセンタリングを上げた選手がラインを割っていたと判定された。  

スペインスポーツ紙「マルカ」(5月28日付)は、〈(今回逮捕された)ジャック・ワーナー副会長が日韓W杯の不公平な判定の中心人物である〉と報じた。  

記事によればワーナー氏は、同試合でエジプト出身の主審、アール・ガンドゥル氏を直接指名。さらに副審は、ワーナー氏と同じ出身国のマイケル・ラグナス氏だった。このラグナス氏が、スペインの二得点を「幻のゴール」にした張本人だと綴られる。  

全文はソース元で

引用元 : FIFA幹部「汚職逮捕」で噴出 日韓W杯「韓国4位」八百長疑惑 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

【日韓W杯の韓国代表の「八百長疑惑」も明らかに!?FIFA幹部の逮捕の影響か】の続きを読む

日韓W杯「謝礼金」疑惑を大仁会長が完全否定 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

日韓W杯の招致の”謝礼金”支払い疑惑、大仁会長が完全否定「出金の記録ない」

2002年日韓W杯の招致の際に日本協会が南米連盟に謝礼金を支払ったとの報道について、同協会の大仁邦弥会長(70)が22日、疑惑を完全否定した。  

大仁会長は「協会でも帳簿などを調べたが、一切そういうことはない。送金の記録もない。当時会長だった岡野(俊一郎)さんにも聞いたが、『一切そういうことはない』とのことだった」と断言した。

全文はソース元で

引用元 : 日韓W杯「謝礼金」疑惑を大仁会長が完全否定 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

【日韓W杯の招致の”謝礼金”支払い疑惑、大仁会長が完全否定「出金の記録ない」】の続きを読む

小倉名誉会長、謝礼金報道に怒り!お金は全て記載「出しようがない」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

W杯招致の謝礼金報道に協会の小倉名誉会長が怒り!!独自調査も

2002年日韓W杯招致決定後、日本サッカー協会会長を務めていた長沼健氏(故人)が南米連盟に投票の謝礼として150万ドル(約1億8500万円)を00年に渡したとスペイン紙が報じたことを受け、日本協会の小倉純二名誉会長(76)が20日、謝礼金の存在を否定した。  

協会副会長時代にW杯招致委員会理事とし中心的役割だった小倉氏は「ありえない。もし、本当だというのなら、どの銀行を使って誰の口座なのかを言ってほしい」と怒りをあらわにした。名目、金額はすべて出納帳に記しているとし「全部決算書を出している。伝票になってないお金は出しようがない」と話した。  

現在、協会の田嶋幸三副会長(57)が国際サッカー連盟(FIFA)の理事を務めており、小倉氏は「FIFA内でどんな議論がされているのか、みなさんに報告できる」と潔白を証明するため、報道陣に積極的に情報を公開していく考えを示した。  

日本協会の大仁邦弥会長(70)は「南米連盟から情報を収集する。帳簿もあるはずだから再度チェックする必要がある」と、独自調査に乗り出す考えを明かした。

全文はソース元で

引用元 : 小倉名誉会長、謝礼金報道に怒り!お金は全て記載「出しようがない」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

【W杯招致の謝礼金報道に協会の小倉名誉会長が怒り!!独自調査も】の続きを読む

日本、02年W杯招致で南米連盟に謝礼金送金か。150万ドル、証拠書類と共に西紙報じる (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

日本、日韓W杯招致で南米連盟に謝礼金を送金と報道も不可解な点・・・

日本サッカー連盟(JFA)の元会長・故長沼健氏(2008年死去)は2000年、2002年日韓ワールドカップ(W杯)招致における投票の謝礼として南米サッカー連盟(CONMEBOL)に150万ドル(約1億8500万円)支払っていたという。19日、スペイン紙『アス』が伝えている。  

衝撃の事実をアスに証言したのはCONMEBOLの元職員“X”氏。インタビュー動画の中でX氏はCONMEBOLの元会長でありFIFAの副会長を務めたこともあるニコラス・レオス氏が行ってきた不正を暴露。CONMEBOLを構成する各国に分配されるはずだった金額を横取りした事件の顛末を語り、そこで長沼氏の名前が出てきた。  

実際にX氏は同紙に、CONMEBOLがこの3人にこれらの金額を送金していた事実を裏付ける極秘書類を提出している。  

書類は2000年2月3日に作成されたもの。ブラジル銀行支店長宛に出されたもので、最後にレオス氏のサインがある。「東京・日本から送られたCONMEBOL名義の150万ドルを次のように振り分けたい」と書かれており、レオス氏を含む3人の分配額が書いてある。  

ただ、この書類には長沼氏の名前はない。また動画ではX氏の全体像は黒く、顔にはモザイクがかかり、正体は明らかにされていない。  

2002年W杯で日本は当初、単独開催に動いていた。南米票は確保していたが、韓国の鄭夢準氏が強力な政治力を発揮し、1996年に日韓共催となることが決定。開催地をめぐる投票は行われていないため、謝礼というのは不可解だ。

全文はソース元で

引用元 : 日本、02年W杯招致で南米連盟に謝礼金送金か。150万ドル、証拠書類と共に西紙報じる (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【日本、日韓W杯招致で南米連盟に謝礼金を送金と報道も不可解な点・・・】の続きを読む

幹部逮捕に揺れるFIFA。伊紙は2002W杯に疑問 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

イタリア紙、日韓W杯も汚職疑惑と報道 韓国との因縁の”大誤審試合”を問題視か【問題の試合動画】

国際サッカー連盟(FIFA)幹部6名が汚職により逮捕された。これを受けイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』は29日2002年ワールドカップへの疑惑を報じている。  

同紙は「FBIは2010年ワールドカップでは1000万ドル(約12億円)の賄賂が支払われたと言及」と報じ、「きっと2002年ワールドカップについても賄賂が明らかになるだろう」と述べている。  

韓国対イタリアでの2つの判定は、後にDVD「FIFA FEVER」において「世紀の10大誤審」に選出された。また、同試合の主審を務めたバイロン・モレノ氏は大会後に理由の明示なしにFIFAより国際審判リストから除名されている。

全文はソース元で

引用元 : 幹部逮捕に揺れるFIFA。伊紙は2002W杯に疑問 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【イタリア紙、日韓W杯も汚職疑惑と報道 韓国との因縁の”大誤審試合”を問題視か【問題の試合動画】】の続きを読む

<FIFA>土産渡したが…「日本捜査はあり得ない」小倉氏 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

日韓W杯に不正は無い!!小倉名誉会長はFIFAの不正問題捜査で日本は問題ないとの見解

サッカーのワールドカップ(W杯)の不正招致疑惑などをめぐって国際サッカー連盟(FIFA)の副会長らが逮捕された事件。日本は2002年に韓国とW杯を共同開催しているが、元FIFA理事の小倉純二・日本サッカー協会名誉会長は28日、「日韓大会は(招致では)韓国と一騎打ちになったが、結果はオープンにせざるを得ない。収支も公に出ているし、(不正に)お金が使えることはない」と述べ、問題はなかったと強調した。

日本協会によると、招致活動中に「外交儀礼としてのお土産」として伝統工芸品の屋久杉のボールなどを渡したためという。小倉名誉会長は「FIFAの調査で私たちがインタビューを受けて、帳簿も見せた。ああいう場に(司法当局などに)日本が呼び出されることはあり得ない」と話した。

全文はソース元で

引用元 : <FIFA>土産渡したが…「日本捜査はあり得ない」小倉氏 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

【日韓W杯に不正は無い!!小倉名誉会長はFIFAの不正問題捜査で日本は問題ないとの見解】の続きを読む

元代表通訳のダバディ氏が明かす“02年日韓W杯、中村俊輔選外の理由”とは? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

元日本代表通訳のダバディ「日韓W杯は中村俊輔を呼ぶべきだった」

いまから13年前、フィリップ・トルシエ監督が発表した日韓W杯に臨む日本代表メンバーの中に、中村俊輔の名前はなかった。

1997年にJリーグデビューを果たし、2000年にリーグMVPと日本年間最優秀選手賞を獲得した名実ともに国内最高の選手がW杯出場の機会を逃すという事実は、当時大きな波紋を呼んだ。  

そして13年後、トルシエ監督の下で通訳を務めていたフローラン・ダバディ氏がフットボールチャンネル製作のJリーグ応援番組『J.Chan』に出演し、事の真相を語っている。

「トルシエ監督はスタメンとして中村俊輔を使う気がなかった」と切り出したダバディ氏は、中村と三都主アレサンドロの2人が“23人目”として検討されていたと話す。  

そして、「ジョーカーとして途中から使った時、どれだけゲームの流れを変えられるかを考えるとアレックス(三都主)の方が縦に速いし、

一瞬で何かを起こしてくれる」という理由で中村をメンバーから外したと明かした。  2002年当時は足首の負傷がメンバー外の原因とも囁かれていたが、「本当の理由は私たち。トルシエさん、山本さん(山本昌邦コーチ)、そして私の責任。あれはたぶん私たちが間違っていた。呼びたかった」と、メンバー選考のミスを認めている。

全文はソース元で

引用元 : 元代表通訳のダバディ氏が明かす“02年日韓W杯、中村俊輔選外の理由”とは? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【元日本代表通訳のダバディ「日韓W杯は中村俊輔を選出すべきだった」】の続きを読む

日本代表 最後まであきらめない!●△から1次リーグ突破した国とは… (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

6-21,14 jap

◇W杯1次リーグC組 日本0―0ギリシャ(2014年6月19日 ナタル)  日本はギリシャと0―0で引き分けて勝ち点1を獲得。決勝トーナメント進出へわずかに望みをつないだが、自力での突破はなくなり、厳しい状況に追い込まれた。

トルコは02年大会1次リーグC組の初戦でFWロナウド、ロナウジーニョらを擁したブラジルに1―2で敗れた後、第2戦でコスタリカと1―1のドロー。第3戦で中国に3―0で勝って勝ち点を4とし、同勝ち点で並んだコスタリカを得失点差でかわして突破を決めた。あのイケメンFWイルハンの活躍もあり、決勝トーナメントで日本、セネガルを下して4強に進出。準決勝でブラジルに再び敗れたが、3位決定戦では韓国を破って同国史上最高成績を残した。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00000138-spnannex-socc

【【W杯】日本代表「ヤル前に負けること考える馬鹿いるかよ!!」1敗1分から決勝T進出したチームが過去にいた!!!◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ