スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

日本代表

清武 セビリア移籍へ 4年契約で基本合意 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース


清武、セビージャ移籍で基本合意!4年契約でリーガ挑戦へ

欧州リーグで史上初の3連覇を達成したセビリアが今週中にもハノーバーの日本代表MF清武弘嗣(26)を獲得する可能性が出てきた。

6日付の地元紙ディアリオ・セビリアは既に清武と4年契約で基本合意し、両クラブ間交渉を残すのみと報道。その交渉についてハノーバーのメッケルGMは、スペイン紙ABCセビリア(電子版)で「先週の金曜日(3日)にセビリアから移籍金500万ユーロ(約6億1000万円)という最終オファーを受けた。契約解除条項が650万ユーロ(約7億9300万円)であることを考えれば理屈に合う金額。セビリアとの関係は良く問題はないだろう」と合意間近との見解を示した。また同紙で代理人のクロート氏は「清武はセビリアに行きたがっている」とコメントした。

全文はソース元で

引用元 : 清武 セビリア移籍へ 4年契約で基本合意 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【清武、セビージャ移籍で基本合意!4年契約でリーガ挑戦へ】の続きを読む

ハリルジャパン、初タイトル獲得ならず…清武弾で先制もボスニアに逆転負け (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース



no title


キリンカップサッカー2016決勝戦が7日に行われ、日本代表とボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表が対戦した。  

ブルガリア、デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴヴィナというヨーロッパの強国を集めて開催された今回のキリンカップ。日本は準決勝でブルガリアと対戦し、7-2と大勝を収めた。一方のボスニア・ヘルツェゴヴィナは、デンマーク相手に2点を先行されながらも追いつくと、PK戦を制して決勝へ駒を進めている。  

日本はブルガリア戦から先発メンバーを4名変更。GKは西川周作、最終ラインは左からDF長友佑都、DF吉田麻也、DF森重真人、DF酒井高徳が並んだ。ダブルボランチには前の試合と変わらずMF長谷部誠とMF柏木陽介が入り、MF清武弘嗣がトップ下。前線は左にFW宇佐美貴史、中央にFW岡崎慎司、右にはA代表初先発となるFW浅野拓磨が起用された。

終盤には長谷部に代えて小林悠を投入した日本だが、最後までゴールを割ることができず、試合はこのままタイムアップ。ボスニア・ヘルツェゴヴィナが2

-1の逆転勝利でキリンカップのタイトルを勝ち取った。
【スコア】
日本代表 1-2 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表
【得点者】
1-0 28分 清武弘嗣(日本)
1-1 29分 ミラン・ジュリッチ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
1-2 66分 ミラン・ジュリッチ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)


全文はソース元で

引用元 : ハリルジャパン、初タイトル獲得ならず…清武弾で先制もボスニアに逆転負け (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】日本代表、ボスニア・ヘルツェゴビナに逆転負け ハリルJは初タイトル逃す【スタッツ】】の続きを読む

本田&香川 キリン杯決勝欠場へ ハリル監督明言「難しい状況」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース



no title


日本代表のFW本田圭佑(29=ACミラン)とMF香川真司(27=ドルトムント)が7日のキリン杯決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(吹田スタジアム)を欠場することが濃厚になった。 【

5日の公式会見でバヒド・ハリルホジッチ監督(63)は「真司と本田に関して、少し問題がある。本当に我々と一緒にこれからも戦ってほしいが、難しい状況」と説明した上で「逆に他のプレーヤーにチャンスがある」と明言した。

全文はソース元で

引用元 : 本田&香川 キリン杯決勝欠場へ ハリル監督明言「難しい状況」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【本田と香川が欠場へ 清武は決勝戦で日本代表の柱にならなければならない】の続きを読む

宇佐美アウクスブルク有力 今夏2度目のブンデスへ (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース


宇佐美、ブンデス再挑戦が濃厚!アウクスブルクが最有力

日本代表FW宇佐美貴史(24=G大阪)の今夏の移籍先に、ドイツ1部アウクスブルクが有力候補に挙がっていることが5日、分かった。水面下で打診を受けたことが判明。今月中にもクラブ間交渉に入る可能性が高い。日本代表はこの日、明日7日のボスニア・ヘルツェゴビナとのキリン杯決勝へ、会場となる吹田Sで調整に臨んだ。2度目の欧州挑戦へ、宇佐美は2戦連発でアピールする。

18年W杯のエース候補である宇佐美の移籍先としてアウクスブルクが有力となった。関係者によると、かつてMF細貝が在籍したドイツの中堅クラブ、アウクスブルクが交渉へ動きだしている。G大阪側は「聞いていない」と話したが、近日中にも正式オファーとなる可能性が高い。  

さらにフランス1部ナントやオランダ1部PSV、スイス1部のバーゼルも宇佐美を調査。中でもアウクスブルクは好条件を提示しているもようだ。今後新たに別のクラブが好条件の正式オファーを出す可能性もあるが、関係者によると、早い段階で獲得に前向きなアウクスブルクに「本人も好印象を抱いている」という。

全文はソース元で

引用元 : 宇佐美アウクスブルク有力 今夏2度目のブンデスへ (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【宇佐美、ブンデス再挑戦が濃厚!アウクスブルクが最有力】の続きを読む

ブルガリア戦、7得点圧勝も守備の脆さを露呈し2失点【どこよりも早い採点】 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


【スパねこ独自】日本代表、キリン杯ブルガリア戦採点・評価・寸表 MOMは香川

【日本 7-2 ブルガリア キリンカップ】

川島永嗣 6.0 出番は多くなかったが、数少ないシュートとクロスにしっかりと反応。失点シーンは防げたか。PKストップは見事。
長友佑都 5.5 正確なクロスで香川のゴールをアシスト。何度も左サイドを駆けあがった。
吉田麻也 6.0 セットプレーの流れから2得点を奪う。競り合いのシーンでも強さを見せた。長谷部交代後にリーダーシップを発揮して欲しかった。

長谷部誠 6.5 柏木とのバランスを意識し、チームに安定感をもたらした。
柏木陽介 6.5 左足の正確なキックで岡崎の先制点をアシスト。守備の場面でスペースを不用意に空けてしまうシーンが見られた。
香川真司 7.0 ヘディングと冷静なフィニッシュワークで2得点。前半終了間際に腰付近を痛め途中交代。素晴らしい動きを見せていただけに、状態が気がかり。
清武弘嗣 6.5 左サイドでスタートし、香川交代後はトップ下へ。積極的にボールに関わり、攻撃のリズムを作った。
岡崎慎司 7.0 さすがの一言に尽きる動き出しで先制点をゲット。裏への飛び出しでスペースを作る動きも素晴らしい。

小林悠 5.5 ハリルジャパン初スタメン。守備では精力的に働いたものの、攻撃の場面でアクセントをつけることができなかった。宇佐美貴史 6.5 ドリブルやキープ力で力を見せる。ゴールはシュートの上手さを見せた。

浅野拓磨 6.0 サイドでの起用は不憫だったか。それでも持ち前のスピードを見せ、PKを奪い、自ら決める。

ハリルホジッチ 6.5 ブルガリアの内容が酷かったとはいえ、攻撃のレパートリーや攻守の切り替えの早さを植え付けた。終盤の守備の緩さは改善しなければならない。

全文はソース元で

引用元 : ブルガリア戦、7得点圧勝も守備の脆さを露呈し2失点【どこよりも早い採点】 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【【スパねこ独自】日本代表、キリン杯ブルガリア戦採点・評価・寸表 MOMは香川】の続きを読む

ミラン本田、20年まで契約延長へ 1得点3アシストでも使い勝手とマーケット要員として評価 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


本田圭佑、ミランと20年まで契約延長へ「チームの攻撃の土台になりうる」

ACミランの日本代表FW本田圭佑が2020年6月まで契約延長になると、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

同紙によると、本田の代理人である兄の弘幸氏とミランの強化責任者であるアドリアーノ・ガリアーニCEOが会談し、ミラン側が攻撃ユニットの中で土台になりえる存在だという評価を与えたことにより、現在の17年6月までの契約を3年間延長し、20年6月まで契約延長される見込みであるという。  

ミラン側は本田が攻撃的なポジションであれば、どの位置でもこなせることを評価。来季監督は未定だが、誰が指揮を執ったとしても、使い勝手のいい存在になるとの評価を与えているという。そして同時に、本田が日本をはじめとする東アジア地域でのマーチャンダイジングにおいても重要な存在であるとして、クラブ側は手元に置きたいとしている。  

現在、ミランは株式の70%を中国企業へ売却する交渉が進んでおり、その行方は必ずしも楽観的ではないとされている。しかし、本田は単年で100億円規模の赤字を出す火の車になった財政状況の中でもマーケット要員として貢献してきたことから、契約延長すべき存在だと評価されたようだ。

全文はソース元で

引用元 : ミラン本田、20年まで契約延長へ 1得点3アシストでも使い勝手とマーケット要員として評価 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑、ミランと20年まで契約延長へ「チームの攻撃の土台になりうる」】の続きを読む

インテル、中国資本が買収を発表 元会長モラッティは退陣 (GOAL) - Yahoo!ニュース


【どうなる長友】インテル、まさかの中国資本への売却を発表!モラッティは退陣

6日、中国の蘇寧グループとセリエAのインテルは共同会見を南京で開催。蘇寧グループが2.7億ユーロ(約327億円)でインテルの株式68.55%を買収し、戦略的提携を結んだことを発表した。同会見には蘇寧グループの張近東会長やインテルのエリック・トヒル会長、ハビエル・サネッティ副会長らが出席した。

蘇寧グループは1990年に創立された中国の小売大手グループ。国内有数の年商5.3兆円を誇る。中国サッカー界にとって、欧州主要クラブの経営権を握るのはこれが初となる。

同グループは、国内でもサッカークラブ江蘇蘇寧を保有しており、最近では元チェルシーのブラジル代表MFラミレスをはじめ、ジョー、アレックス・テイシェイラら有力選手を獲得したことで注目を集めた。

張氏は「この買収は江蘇蘇寧の技術面や運営面を向上させるだけではなく、蘇寧グループが欧州、そして世界的なブランドになるための手助けとなる」とコメント。

「中国はインテルにとって第二のホームになる。蘇寧グループの投資により、インテルは栄光の日々を取り戻し、世界中からトップスターを再び惹きつけることができるようになるだろう」

「(マッシモ・)モラッティの時代には素晴らしい選手が沢山いた。その栄光を再現したい。私はスタジ

全文はソース元で

引用元 : インテル、中国資本が買収を発表 元会長モラッティは退陣 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【【どうなる長友】インテル、まさかの中国資本への売却を発表!モラッティは退陣】の続きを読む

日本、圧巻のゴールラッシュで7得点大勝…香川&吉田の2発などでブルガリア下す (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


【ハイライト動画】日本代表、圧巻7ゴールでブルガリアに大勝!香川、吉田、岡崎らがゴールラッシュ【スタッツ】

キリンカップサッカー2016準決勝が3日に行われ日本代表とブルガリア代表が対戦した。  ブルガリア、デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴヴィナというヨーロッパの強国を集めて開催される今回のキリンカップ。先に行われた準決勝もう1試合ではボスニア・ヘルツェゴヴィナがPK戦の末にデンマークを下して決勝へ駒を進めた。  

日本はブルガリアを苦手としており、過去5回の対戦で1分け4敗と未だ勝利がない。この試合ではGK川島永嗣が2015年6月の2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選・シンガポール戦以来、約1年ぶりにスタメン起用され、最終ラインは左からDF長友佑都、DF森重真人、DF吉田麻也、DF酒井宏樹が並び、ボランチはMF長谷部誠とMF柏木陽介の2人。前線は2列目左にMF清武弘嗣、トップ下にMF香川真司、右にFW小林悠、ワントップにFW岡崎慎司が入った。

この結果、勝った日本は7日に行われる決勝戦でボスニア・ヘルツェゴヴィナと対戦。敗れたブルガリアは同日に3位決定戦でデンマークと対戦する。

【スコア】
日本代表 7-2 ブルガリア代表

【得点者】
1-0 4分 岡崎慎司(日本)
2-0 27分 香川真司(日本)
3-0 35分 香川真司(日本)
4-0 38分 吉田麻也(日本)
5-0 53分 吉田麻也(日本)
6-0 57分 宇佐美貴史(日本)
6-1 59分 ミハイル・アレクサンドロフ(ブルガリア)
6-2 82分 イバイロ・チョチェフ(ブルガリア)
7-2 87分 浅野拓磨(PK)(日本)


全文はソース元で

引用元 : 日本、圧巻のゴールラッシュで7得点大勝…香川&吉田の2発などでブルガリア下す (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】日本代表、圧巻7ゴールでブルガリアに大勝!香川、吉田、岡崎らがゴールラッシュ【スタッツ】】の続きを読む

現地ベテラン記者「ゲッツェの復帰と香川の放出はイコールではない」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

香川もドルトムントから移籍するのか!?ゲッツェの復帰の影響は…

ヨーロッパリーグ準々決勝でドルトムントがリバプールに敗れた後、ドイツではこんな議論が繰り広げられた。

「この敗戦は、ドルトムントに悪影響を与えるか?」  

あれから2週間、多くのファンが「あの敗戦は良い方向に転がった」と言っている。  

そうした答えを導き出したのは、リバプール戦後のドルトムントが、30節のハンブルク戦、DFBカップ準決勝のヘルタ・ベルリン戦、31節のシュツットガルト戦の3連戦をいずれも3-0で快勝したからだ。私自身、3戦3勝は予想できたが、3試合すべてで完勝を収めるとは思ってもみなかった。  

喜ばしいのは、香川真司がこの3試合のいずれも先発フル出場したことだ。「それぞれの負担を調整しなければならない」という言葉をたびたび口にし、積極的にターンオーバー制を採用するトーマス・トゥヘル監督のやり方を考えれば、予期できなかった。  

それ以上に特筆すべきは、香川がいずれの試合でも素晴らしいパフォーマンスを見せたことだ。とりわけヘルタ・ベルリン戦はマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍で、チームを3年連続のDFBカップ決勝に導く立役者となった。バイエルンに5-2で勝った2011-12シーズン以来の優勝をもたらすのは、この男かもしれない。  

フンメルス以外に去就が注目されているのが、イルカイ・ギュンドアンとヘンリク・ムヒタリアンだ。前者は退団が濃厚で、後者は契約延長(17年まで)が有力と言われている。  

では、香川は残留するのか? マリオ・ゲッツェは帰ってくるのか? これらの疑問が5月21日のDFBカップ決勝の前に解決されることはないだろう。いずれにせよ確かなのは、ゲッツェが市場に出れば獲得に動くとヴァツケCEOが宣言している点だ。  

ゲッツェのドルトムント復帰の可能性は低くない。ただし、それは香川の放出とイコールではない。トゥヘル監督のここ数週間の采配から香川に信頼を置いているのは明らかで、その期待に香川はしっかりと応えている。  

ハンブルク戦では、南側のスタンドで香川のチャントが鳴り響いた。サポーターの声援が、上り調子の彼をさらに鼓舞するかもしれない。

文:マルクス・バーク翻訳:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : 現地ベテラン記者「ゲッツェの復帰と香川の放出はイコールではない」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【香川もドルトムントから移籍するのか!?ゲッツェの復帰の影響は…】の続きを読む

香川が来季のチーム構想に入れない!? 英紙が来季の現実的な11人で香川の代わりに選出したのは…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

香川は来季ドルトムントで構想外!?英紙が主力11人を選出

今季リーグ戦2位と好調を維持しているドルトムントだが、現在の陣容を来季も維持できる可能性は低い。数日前にはDFマッツ・フンメルスがバイエルンへの移籍を希望していることを明かし、その他にもマンチェスター・シティ入りが噂されるMFイルカイ・ギュンドアン、複数のクラブから狙われているヘンリク・ムヒタリアン、FWピエール・エメリク・オバメヤンと主力の流失が続く恐れがある。

そこで英『Squawka』は、主力の一部が退団したことを考えて来季の理想的なイレブンを選出。現在ドルトムントが獲得に興味を示している選手も含め、チーム力を落とさない理想的な11人が選ばれた。

GK: ロマン・ ビュルキ

DF:ソクラティス・パパスタソプーロス、ウカシュ・ピシュチェク、マルセル・シュメルツァー、ニクラス・ズューレ(ホッフェンハイム)

ボランチ:ユリアン・ヴァイグル、マフムード・ダフード(ボルシアMG)

サイドハーフ:マルコ・ロイス、ヘンリク・ムヒタリアン

トップ下:マリオ・ゲッツェ(バイエルン)

FW:ウスマン・デンベレ(レンヌ)

全文はソース元で

引用元 : 香川が来季のチーム構想に入れない!? 英紙が来季の現実的な11人で香川の代わりに選出したのは…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川は来季ドルトムントで構想外!?英紙が主力11人を選出】の続きを読む

このページのトップヘ