スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

日本サッカー協会

オシム氏、代表監督に「なぜ日本の元選手の起用を考えないのか」 - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

3-2,15 oshi

サッカーの元日本代表監督、イビチャ・オシム氏がサラエボで共同通信の取材に応じ、次期日本代表監督として日本サッカー協会が最優先候補としているバヒド・ハリルホジッチ氏について、同協会から照会があったことを認めた。  昨年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会でアルジェリアを16強に導いたハリルホジッチ氏は、オシム氏と同じボスニア・ヘルツェゴビナ出身。

日本協会が欧州を中心に人選を進めていることに、オシム氏は「日本では欧州の有名監督が求められているのだろう。しかし、なぜ欧州で素晴らしい選手生活を送った日本の元選手を起用することを考えないのか」と、選手として海外経験が豊富な日本の指導者も選択肢になり得るとの考えを示した。(共同)

全文はソース元で


引用元 : http://www.sanspo.com/soccer/news/20150301/jpn15030115370004-n1.html

【オシム「なぜ、日本代表監督に日本の元選手の起用を考えないのか」】の続きを読む

ハリル氏契約期間は2年半 協会が画策する仰天「アギーレ再登板」 (日刊ゲンダイ) - Yahoo!ニュース

3-1,15 agi

ハビエル・アギーレ前日本代表監督(56)の解任が発表された3日後の、2月6日のことだった。  

任命権者として批判の矢面に立たされていた日本サッカー協会の原博実専務理事(前技術委員長=56)は、都内の大隈庭園裏にあるリーガロイヤルホテル東京にいた。宴会場で開かれた、母校・「早稲田大学WMWクラブ ア式蹴球部総会」に出席するためである。

「そもそも会への出席率が悪い彼が、しかもあのアギーレ解任騒動の真っただ中に姿を見せたものだから、会場にいた男女現役部員100人、OB70人ほどがみな、ビックリしていましたよ」と、出席した早大OBのひとりがこう続ける。

「先輩OBから『大変だな。記者に追い掛け回されて』と話し掛けられると、『そうなんですよ』と答え、その後、誰に対しても同じセリフを吐いていた。解任したアギーレ氏について『必ず無実になる。2年もすれば真っ白になってサッカー界に復帰します』と言うんで、さらにみんなが驚いたわけです。せわしなく会場内を動き回っては、『彼はシロ』と繰り返し言うから、かなり奇異の目で見られていました」  

「大仁会長が容赦なくクビを切り、『ワタシは絶対に八百長に関わっていない!』と断言していたアギーレ氏が、何の抵抗もせずに解任を受け入れたことに違和感を持った人も少なくなかった。協会周辺では、『いまだに大仁会長と原専務理事、技術委員会の霜田正浩委員長の3人はアギーレ氏の指揮官としての能力、人柄を高く評価している』ともっぱらで、『3人はアッと驚く腹案を持っている』という人もいます。それが、1年半から2年後をメドにアギーレ氏の八百長問題が無実で決着した場合、彼を再登板させるというものです」

と、あるサッカー関係者がこう続ける。

「大仁会長は、解任会見でも『手腕を高く評価している』と明言。原専務理事、霜田委員長の2人も『選手交代が機敏で的確。試合展開に応じて布陣変更が適切。守備の意識が高い』などと高く評価し、選手からの評判も上々だった。アギーレは氏代表合宿で『インテグラル(統合的)トレーニング』を導入。これは、スペインのフットサルをベースにした実戦形式のトレーニング法で技術、戦術、フィジカル、メンタルを鍛えながら認知力、注意力などもアップさせていくというもの。主軸のMF遠藤保仁が『メリハリがあって選手もキビキビとプレーしている。今までの中で一番良い監督ではないか』とまでベタ褒めしていた」

「アギーレ再登板という仰天情報が囁かれ始めたのは、彼への負い目もある。告発受理で解任されたことは欧州の概念で生きてきたアギーレにとって到底、承服しかねることだった。しかし、日本社会独自の考え方も考慮し、粛々とそれを受け入れた。その恩に報いるためにも、アギーレ氏に復権の場を設けてあげないといけない。それが再登板・W杯本大会で采配を振ってもらうことなのです」(前出の関係者)
 
近日中に霜田委員長が渡欧し、3月上旬までにハリルホジッチ氏と正式契約を結ぶ予定だが、契約期間は「W杯最終予選が終了するまでの2年半」といわれている。18年本大会までの身分は現段階では保障しない方針なのだ。アギーレ再登板という仰天人事がにわかに現実味を帯びてくる。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000015-nkgendai-socc


~みんなの反応~


ハリル氏契約期間は2年半 協会が画策する仰天「アギーレ再登板」(日刊ゲンダイ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-… へぇ~アギーレさん戻ってきてくれたら嬉しいけど、ハリルさんはそれで良いのかしら?(´・ω・`?∞)
ハリル氏契約期間は2年半 協会が画策する仰天「アギーレ再登板」 - Infoseek ニュース news.infoseek.co.jp/article/gendai…
もし本当に無罪で決着が付いた場合に再登板させるなら次のW杯でいいんじゃない?中途半端な期間だけやってもね~
無罪確定したらアギーレ復活がええと思う。/ハリル氏契約期間は2年半 協会が画策する仰天「アギーレ再登板」(日刊ゲンダイ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-…


~管理人感想~

さすが”ゲンダイ”!!ものすごい脚本能力だ(^_^;)

どうせアギーレが八百長疑惑がシロだったとしても、そういう疑惑があったこと事態に特にスポンサーは厳しい目を向けるでしょうから、アギーレの再登板はないと思います。

ただ、確かにアギーレがすんなり日本代表監督の解任を受け入れたのは気になるところではあります。もしかすると水面下ではかなり揉めたのかもしれませんが。

【協会が画策する日本代表「アギーレ再登板」ハリルホジッチとは2年半の契約】の続きを読む

新生日本初陣メンバー選考は技術委中心 宇佐美らにもチャンス!? (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

jfa

新生ハリルホジッチジャパンの初陣は、日本協会の技術委員会中心にメンバー選考が行われる見通しとなった。日本協会の原専務理事が静岡県内で取材に応じ、明かした。27日のチュニジア戦、31日のウズベキスタン戦のメンバー編成について「早く新監督が決まったとしても選手を見る時間はない。技術委員会が中心になって決めるべき」との見解を示した。  

ベースは本田、香川ら1月のアジア杯を戦ったメンバーが中心。だが、フランスでハリルホジッチ氏との最終交渉に当たっている霜田技術委員長はかねて、アジア杯後に世代交代を進めて若手中心にメンバーを切り替える意向を示していた。武藤、柴崎らを軸に、アギーレジャパンでは招集されなかった宇佐美(G大阪)らにもチャンスはありそうだ。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150301-00000066-spnannex-socc

【3月の日本代表戦に宇佐美らにもチャンス?メンバー選考は技術委中心】の続きを読む

ハリルジャパン3・12誕生か…大仁会長示唆「うまくいけば」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

3-1,15 ja

日本サッカー協会の大仁邦弥会長は2月28日、日本代表監督の後任について「うまくいけば(3月12日の)理事会で。そこで承認できれば正式契約となる」と話し、次回の協会理事会が開かれる12日にも新監督が決まる見通しを示した。  

日本協会は現在、前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)と交渉中。3月12日に決まれば、親善試合・チュニジア戦(3月27日・大分)で初采配を振るう可能性も出てきた。

日本協会の小倉名誉会長は「そこ(27日に指揮するの)が一番大事ではないが、間に合うかもしれない。お願いすれば」と見通しを語った。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150301-00000006-dal-socc

交渉大筋合意でハリル監督、27日チュニジア戦で初采配も (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

さらに、大仁会長は「いろいろと細かいところを詰めないといけない」と、交渉が詰めの段階に入っていることを示唆した。日本協会関係者によると、ハリルホジッチ氏の家族の待遇や日本人コーチの入閣などが話し合われているもようだ。  

日本代表は今月27日に国際親善試合・チュニジア戦、31日には同・ウズベキスタン戦を予定するが、この2戦が初陣となる可能性も出てきた。指揮を執るには就労ビザが必要だが、ザッケローニ元監督が就任する際に事務手続きを経験している日本協会の小倉純二名誉会長は「12日に承認なら間に合うかもしれないね」と話した。  

一方で、大仁会長は指揮するかにこだわらず、練習見学やスタンド観戦など、チームの雰囲気や選手の特徴などを間近で確認させる考えを示した。2010年9月にはザッケローニ氏の就任が決まった上で、原博実専務理事(当時は技術委員長)が2試合の指揮を執った。小倉名誉会長も「ザッケローニは、近くで見るのも勉強になったと言っていた」と、最善策を考える必要性を口にした。  

交渉ごとが最後まで油断できないのは事実。大仁会長は「うまくいけば」と繰り返した。フランス紙では同国リーグのリール、マルセイユ、サンテティエンヌがハリルホジッチ氏に関心を示しているとも報じている。  

ただ、年俸200万ドル(約2億4000万円)、2018年ロシアW杯での指揮を前提にした1年ごとの契約更新という条件面に問題はないもよう。青写真通りに進む可能性は高い。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150301-00000502-sanspo-socc

【ハリルジャパン3/12誕生か 大筋合意で日本代表監督就任は決定的】の続きを読む

【識者の視点】代表監督最有力ハリルホジッチは何が優れているのか?"東欧の智将"の戦術面を徹底解説 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

2-27,15 har

私がハリルホジッチを推した理由 

日本サッカー協会は次期代表監督としてヴァヒド・ハリルホジッチ氏(以後、敬称略)に正式オファーを出すことで一本化した様だ。ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のハリルホジッチに関しては以前、代表監督に推薦するコラムを寄稿させていただいた。

私がこのコラムを執筆した当時は10指にも余る候補の名前が浮上し、かなり有力と報じられる監督もいたのだが、筆者がハリルホジッチを推薦したのはフリーの立場の指導者で、ブラジルW杯でのパフォーマンスが最も良かったことと、これまで披露してきたサッカーが、日本に足りない何かをもたらしてくれる可能性を感じていたからだ。
 
ハリルホジッチは2010年W杯を目指すコートジボワール代表を率いてアフリカ予選を戦い、6試合19得点という爆発的な攻撃力を発揮させ、失点もグループ最少の4に抑え、本大会への出場を決めた。確かにドログバなど身体能力の高いタレントを擁していたが、目を見張ったのがサイドを起点としながら、チャンスにはゴール前に3、4人が常に殺到する迫力あるフィニッシュを実現していたことだ。

そのハリルホジッチがクロアチアのディナモ・ザグレブで指揮した後、アルジェリアの監督に就任するのだから数奇な話だが、そこではコートジボワールよりもさらに組織の度合いを強め、洗練されたカウンターを植え付けたのには驚かされた。もともと中盤のパスワークで崩すスタイルだったアルジェリアは、テクニカルだが攻撃のテンポが遅く、なかなかトップレベルでは通用しなかった。そこにソリッドな守備と短い時間の中でも攻撃に鋭さを出すためハードワークを選手に課した。
 
ブラジルW杯では惜敗したベルギー戦にはじまり、韓国戦、ロシア戦、ラウンド・オブ・16のドイツ戦と全て異なるシステムを用いたが、素早い攻守の切り替えと運動量、隙があれば縦を一気に突く研ぎ澄まされた攻撃の意識は変わらなかった。その象徴的な試合がドイツ戦であり、[5-1-3-1]というシステムをベースに、後に世界王者となるチームのリズムを崩し、何度も得点チャンスを作り出した。延長戦の末に2-1で敗れたが、極端な言い方をすればドイツの戦術ではなくGKノイアーの前に屈した試合だった。
 
確固たるベースと徹底した研究。その両面を兼ね備えるハリルホジッチが正式に就任すれば、日本代表に新たな刺激を与えてくれるのは間違いない。日本人はコートジボワールともアルジェリアとも身体的な特徴が違うため、そのまま当てはめることができないのは確かだが、スキルや機動力、何より献身の意識はチーム強化のメリットになりうる。そこに戦術のベースを植え付けながら、ハリルホジッチの理念でもある勝つためのこだわりや強さをどう加えていくのか。そのためにどういう選考をしていくのか。

河治良幸

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150226-00010014-footballc-socc

【日本代表監督最有力ハリルホジッチは何が優れているのか】の続きを読む

ハリル氏に新監督オファーへ!大仁会長、候補者正式に認める (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

2-26,15 hari

日本サッカー協会の大仁邦弥会長(70)は25日、霜田正浩技術委員長(48)と日本代表の次期監督人事について東京都内で会談し、技術委員会が推薦する候補者を正式に認めた。技術委員会は22日の会議で、前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)との交渉を最優先で進めることで一本化しており、最終交渉へのゴーサインが出された。近く霜田委員長が再出国し、正式オファーする方向。新生日本代表の誕生が、いよいよ近づいてきた。  

インドから帰国した大仁会長は、成田空港からハイヤーを走らせ、霜田技術委員長のもとへ急いだ。東京都内で約1時間の会談後、落ち着き払った表情で口を開いた。  

「会いました。今までの報告です。大体(技術委員会の意向は)分かりました。その方向で進めようということです」

近く霜田委員長はハリルホジッチ氏が住むフランスで、本人に正式オファーする見通し。年俸は2億円強、W杯本大会での指揮を前提とした1年ごとの契約更新を基本線に、最終交渉に臨む。  

大仁会長は会談前の成田空港で、ハリルホジッチ氏の年齢を問題視しないことも示唆した。62歳の同氏を想定した報道陣の質問に対し、具体的な名前こそ出さなかったが「よっぽどの年齢じゃない限り大丈夫だと思う。私も70(歳)ですから。その人(の健康状態)次第だと思う」と強調した。

ハリルホジッチ氏に対する期待はそれだけ大きい。昨夏のブラジルW杯では下馬評の低かったアルジェリアを16強に導いた。決勝トーナメント1回戦では延長の末に1-2で敗れたが、後に優勝するドイツを苦しめた。オシム氏と親交があり、日本への理解に“後ろ盾”があるのも心強い。
 
一方で大仁会長は「これ(交渉)は難しいもの。最終的なところまではまだまだ」とも話した。会談では、万が一に備え、現在契約があるため3月の国際親善試合の指揮が難しい元デンマーク代表MFラウドルップ氏や、元鹿島監督のオリベイラ氏を、優先度を下げながらリストに残すことも確認された。
 
ただ、3月に新監督が指揮する可能性について「そういう方向で進むにしても、いろんなことをやらないと。(就労)ビザの関係とか」と否定せず、第1候補がフリーの指導者であることを示唆。今月中の正式契約は「無理だね」としながら「それ(交渉のもつれ)はない。方向さえ定まれば早くしたい」と、早期決着への自信も示した。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000500-sanspo-socc

【ハリルホジッチに日本代表監督オファーへ!大仁会長が正式に認める】の続きを読む

ハリル・ジャパン発足へ…近日中に最終交渉で2月中にも仮契約へ (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

jfa

日本サッカー協会が、日本代表の次期監督として最優先で交渉を進めるボスニア・ヘルツェゴビナ出身のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)=前アルジェリア代表監督=の“争奪戦”が同協会に有利になったことが24日、分かった。同氏に代表監督就任のオファーを出していたエジプト協会が撤退したことが判明。ライバルとの競合が避けられる見通しとなった。日本協会の霜田正浩技術委員長(48)は、25日にも大仁邦弥会長(70)と会談し、正式オファーに向けて契約の細部を確認する。  

「エジプトは、ハリルホジッチ氏との交渉をあきらめたと聞いている」  

東欧のサッカー事情に詳しい関係者が明言した。エジプト協会は昨年11月に同国代表のガリブ前監督を解任。ハリルホジッチ氏と接触していたが、コートジボワール代表のルナール監督ら5人の最終候補に残さなかったという。潤沢な資金力を誇る最大のライバルの撤退で、強い“追い風”が吹いてきた形だ。  

さらにフランス紙「ラ・ボワ・デュノール」はこの日、同国リーグ2部・バランシエンヌの監督オファーに対してハリルホジッチ氏が「日曜日(22日)に断りの連絡を入れた」と報じた。名将が拠点を置くフランスの名門(1913年創立)との交渉も決裂し、同紙は「海外で新しい冒険を始めるようだ」としている。  

一方、日本協会側も動きを加速する。22日の臨時技術委員会では、候補者の絞り込みを実施。ハリルホジッチ氏と最優先で交渉することで一致したもよう。25日にインド出張から帰国する大仁会長が、霜田委員長と正式オファーに向けた詳細の承認のため会談する予定だ。  

霜田委員長は近日中に再渡欧し、フランス国内で最終交渉を開始。ハリルホジッチ氏は現在、フリーで、順調なら今月中の仮契約も視野に入る。  

ただ、相手は百戦錬磨。下交渉で好感触を得ているが、年俸など条件面でまだ隔たりがあるとする関係者もいる。また、ハリルホジッチ氏はチームのビジョンを重視する指導者としても知られ、地元メディアには強豪クラブでの指揮に色気もみせている。予断を許さない。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00000502-sanspo-socc

【ハリル・ジャパン誕生へ 近日中にハリルホジッチと交渉で2月中にも仮契約へ】の続きを読む

日本代表新監督一本化!ハリルホジッチ氏と最優先で交渉 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

jfa

日本サッカー協会が日本代表の次期監督として、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身で前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)と最優先で交渉を進めることが23日、分かった。欧州や中東での下交渉から帰国した日本協会の霜田正浩技術委員長(48)を中心に極秘で臨時技術委員会を開き、候補を絞り込んだ。霜田委員長が近く再渡欧して、正式にオファーする見込みだ。  

関係者によると、現在はフリーで有力候補に挙がっていたハリルホジッチ氏との交渉を最優先で進めることを確認したもようだ。霜田委員長は欧州滞在中、東欧にパイプを持つ代理人の仲介でハリルホジッチ氏と接触し、就任への意欲などを確認した。
 
大仁会長も、現在はクラブなどを指揮している指導者との交渉について、「そういうところまで話は聞いていない」と第1候補ではないことをうかがわせ、日本協会関係者は「もう(技術委員会の)手を離れた」と最終局面であることを明言した。候補を一本化したことで近く霜田委員長が再び渡欧し、早ければ今月中に仮契約に至る可能性もある。
 
ハリルホジッチ氏はボスニア・ヘルツェゴビナ出身で、同郷の元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(73)と親交がある名将だ。アルジェリアを率いた昨夏のブラジルW杯決勝トーナメント1回戦では延長の末に1-2で敗れたものの、優勝国ドイツを苦しめ脚光を浴びた。
 
持ち駒、相手に応じて布陣を変える戦術家で、「引き出しの多さ」を重視する霜田委員長の理想に合致する。ブラジルW杯後、トルコリーグ・トラブゾンスポルの監督に就任したが、昨年11月に辞任。その後は現場から離れ、フランスの自宅で慎重に今後を見極めている。日本はアルジェリア代表監督時代の2倍となる年俸2億円前後を提示する見込みで、条件面も不足はない。
 
もっとも、最後の詰めで破談になる可能性はゼロではなく、大仁会長は「契約は本当に分からないから」と慎重な姿勢も示した。この場合は、元デンマーク代表MFのラウドルップ氏が筆頭候補となる。前ボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督のスシッチ氏、元スペイン代表MFのミチェル氏、前ポルトガル代表監督のベント氏も緊急時の候補。日本協会内には元鹿島監督のオリベイラ氏を推す声も根強くある。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00000501-sanspo-socc

【日本代表監督、ハリルホジッチが最有力と各紙が報道 オシムも後押し】の続きを読む

<サッカー>代表監督選び「進んだ」…協会会長 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

jfa

日本サッカー協会の大仁邦弥会長は23日、成田空港で取材に応じ、アギーレ前日本代表監督の後任選びを行う技術委員会が22日にあったことを明らかにした。霜田正浩強化担当技術委員長から報告を受けたといい「(監督選びは)だいぶ進んでいる」と語ったが、一本化ができたかについては「申し上げられない」と明言を避けた。  

日本代表は3月下旬にチュニジア、ウズベキスタンとの強化試合を控えるが、大仁会長は代行監督の可能性も示唆していた。強化試合に新監督で臨めるかについては「それはこれから。契約は分からないから」と慎重な姿勢を見せた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000093-mai-socc

【日本代表の監督選び「だいぶ進んだ」大仁サッカー協会会長】の続きを読む

日本協会がビエルサ監督にラブコール!あだ名は“狂人”チーム再建手腕に高評価 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

2-23,15 ja

サッカーフランス1部リーグ、マルセイユのマルセロ・ビエルサ監督が日本代表監督の候補に挙がっていることが22日までに分かった。スポルト紙など複数のスペインメディアが伝えている。

情報によると、ビエルサ監督とマルセイユは2016年6月まで契約があるが、初年度終了の15年夏に契約を見直す条項を盛り込んでおり、今夏に仏チームを離脱することもある。日本協会は一縷の可能性に託し、以前にも接触したことのあるアルゼンチン人指揮官の口説き落としに動いているという。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150222-00000089-dal-socc

【日本サッカー協会が”狂人”ビエルサにラブコール 複数のスペイン紙が報道】の続きを読む

このページのトップヘ