スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

大迫勇也



日本、イラク戦に向け

キリンチャレンジカップ2017が7日に東京スタジアムで行われ、日本代表とシリア代表が対戦した。

GKは川島永嗣。DFは右から酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都の並び。アンカーポジションに山口蛍が入り、インサイドハーフの位置に今野泰幸と香川真司。前線には原口元気、久保裕也、大迫勇也という組み合わせになった。

試合は1-1で終了。対シリア戦8連勝中の日本だったが、1983年以来となる2度目のドローとなった。

日本は次戦、13日に2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選でイラク代表と敵地で対戦する。

【スコア】

日本代表 1-1 シリア代

【得点者】

0-1 48分 マルデク・マルドキアン(シリア)

1-1 58分 今野泰幸(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00597518-soccerk-socchttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00597518-soccerk-socc

【日本代表、シリアにドロー「あえて本田と乾に苦言!」W杯アジア予選は大丈夫か??【ハイライト動画】】の続きを読む

“半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

大迫は力不足!このままではケルンから放出されるとの独紙の見解【ハイライト動画】

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也がチームに残るためにはさらなる活躍が必要なようだ。 17日に行われたマインツ戦では指揮官から名指しで称賛されるほどの活躍を見せた大迫。また、独『Bild』もチーム内で最高評価を与えている。しかし、それから数日で同紙は意見を覆している。

『Bild』は大迫、ミロシュ・ヨイッチ、ケビン・フォーグトと2017年で契約が切れる3選手の名前を挙げ、「彼らは自分たちのケルンでの未来のために戦わなければならない」という見出しをつけている。

実際、ピーター・シュテーガー監督からもマインツ戦後、称賛とともに「彼ら(ヨイッチと大迫)はここに長くいるからわかっているだろう。まだ足りないことがあることや選手としてもっと改善の必要があることをね」と注文もつけている。

全文はソース元で

引用元 : “半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【大迫は力不足!このままではケルンから放出されるとの独紙の見解【ハイライト動画】】の続きを読む

ブンデス公式サイトが「日本の極上」と5人を特集 香川は「鮭のような跳躍」と絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ブンデスで躍動する「日本の極上選手たち」公式サイトが特集!香川は「川に上る鮭」

ドルトムントの日本代表MF香川真司らブンデスリーガで戦う日本人5選手がブンデスリーガ公式サイトの特集で絶賛されている。

「開幕100日特集 日本の極上」という見出しで絶賛された5人衆の筆頭は今季公式戦7ゴール7アシストの香川だ。  

寸評ではシャルケとのルールダービーで決めた珍しいシュートが「鮭」と形容されている。海から川へと上っていく鮭のような躍動感が称賛の的になった。

「シンジ・カガワの鮭のような跳躍が今季12節のレビアダービーとなった地元のライバル、シャルケ戦との忘れられない3-2での勝利の先制点を生み出した。これはミッドフィルダーの優れた貢献を象徴している。この26歳はドルトムントの今季ブンデスリーガ全12試合に先発。リーグ戦3得点6アシストを記録している。6アシストのうち3つは第10節のアウグスブルク戦での5-1の勝利で生まれたものである」  

2人目はマインツFW武藤嘉紀。「マインツのファンは新たなヒーローを手にした」と絶賛されている。

続いてはハノーバーMF清武弘嗣。「開幕を第五中足骨骨折で離脱したヒロシ・キヨタケはベストに戻った。レッズの攻撃陣の支柱として成長」と絶賛されている。

4人目はフランクフルトMF長谷部誠。ボランチからサイドバックまで献身的にこなすハリルジャパンの主将に対し、特集では「マコト・ハセベの万能性はアルミン・フェー監督にとって本当に恵みであると証明されている」と絶賛されている。 「彼のリーダーシップのクオリティ、真面目なアプローチはイーグルスの4バックで役立っていることは否定できない」と代表キャプテンの人格面も高く評価されている。  

最後はハリルジャパンでバックアップメンバーに留まっているケルンFW大迫勇也。「第1節からゴールを決めることができていないが、ユウヤ・オオサコはペーター・シュテーガー監督から明らかに高い評価を手にしている」と指揮官の信頼が絶大であることを示されている。故障明けの第4節から先発出場を続けており、「ゴール前で不運が続いている」とされている。  

全文はソース元で

引用元 : ブンデス公式サイトが「日本の極上」と5人を特集 香川は「鮭のような跳躍」と絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ブンデスで躍動する「日本の極上選手たち」公式サイトが特集!香川は「川に上る鮭」】の続きを読む

今季初ゴールの原口、独誌ベストイレブンに選出…MOMにも輝く | サッカーキング

原口元気、今季初ゴールの活躍で独紙MOM&ベストイレブンに選出!他の選手の評価一覧

ブンデスリーガ第4節が11日から13日にかけて行われた。ドイツ誌『キッカー』が同節における日本人選手の採点を発表している。  

ヘルタ・ベルリン所属のFW原口元気は、12日にホームで行われたシュトットガルト戦で、開始14分に先制ゴールを獲得。今シーズン初得点を記録し、2-1の勝利に貢献した。同誌は、原口に「2.0」(最高点1、最低点6)の採点をつけて高く評価。さらに原口は、同誌が選出したシュトットガルト戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝き、第4節のベストイレブンにも選ばれた。

『キッカー』誌のブンデスリーガ第4節における日本人選手の採点は以下のとおり。

■原口元気(ヘルタ・ベルリン)
対シュトットガルト(2-1◯)フル出場
1ゴール、MOM、ベストイレブン
採点:2.0(チーム平均:3.3)

■香川真司(ドルトムント)
対ハノーファー戦(4-2)先発出場、90分で途中交代
採点:2.5(チーム平均:3.2)

■清武弘嗣(ハノーファー)
対ドルトムント戦(2-4)先発出場、79分で途中交代
採点:2.0(チーム平均:3.6)

■酒井宏樹(ハノーファー)
対ドルトムント戦(2-4)フル出場
採点:3.5(チーム平均:3.6)

■長谷部誠(フランクフルト)
対ケルン戦(6-2)フル出場
1アシスト
採点:2.5(チーム平均:2.3)

■大迫勇也(ケルン)
対フランクフルト戦(2-6)後半49分から出場
採点:4.0(チーム平均:4.8)

■武藤嘉紀(マインツ)
対シャルケ戦(1-2)フル出場
採点:3.5(チーム平均:3.7)

全文はソース元で

引用元 : 今季初ゴールの原口、独誌ベストイレブンに選出…MOMにも輝く | サッカーキング

【原口元気、今季初ゴールの活躍で独紙MOM&ベストイレブンに選出!他の選手の評価一覧】の続きを読む

大迫、左膝靭帯負傷…W杯アジア2次予選へ暗雲 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

大迫、左膝じん帯負傷 W杯アジア2次予選は欠場か

【ベルリン19日】ブンデスリーガ・ケルンの日本代表FW大迫勇也(25)が、16日のシュツットガルトとの開幕戦(アウェー)で左膝の靭帯(じんたい)を負傷したことが分かった。クラブが明らかにした。ペーター・シュテーガー監督(49)は「深刻な状態ではない」としているが、状況によっては来週発表予定のW杯アジア2次予選2連戦(9月)に臨む日本代表メンバーから外れる可能性が出てきた。  シュツットガルトとの今季開幕戦でゴールを決めたFW大迫が、まさかのけがを負っていた。  

「やったと思った。尋常(な痛さ)じゃなかった」  

試合後に振り返ったのは後半13分のシーンだ。相手GKと交錯。左膝を抱えてうずくまると、すぐには起き上がることができなかった。  

しばらくしてチームドクターの許可をもらい、再びピッチへ。試合終了間際にチーム3点目を挙げ3-1の勝利に貢献したが、痛みは取れなかった。「いまはばくばくする感じはあるけど、たぶん大丈夫」と話していたものの、翌日のオフを挟んで17日の練習は欠席。病院で検査を受けた。  

全文はソース元で

引用元 : 大迫、左膝靭帯負傷…W杯アジア2次予選へ暗雲 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

【大迫、左膝じん帯負傷 W杯アジア2次予選は欠場か】の続きを読む

途中出場の大迫が今季初ゴール…ケルンが終盤の乱打戦制し開戦幕白星 | サッカーキング

大迫がダメ押しの今季初ゴール!ケルンがシュツットガルトを下す【ハイライト動画】

2015-16シーズンのブンデスリーガ開幕節が16日に行われ、シュトゥットガルトとFW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。大迫はベンチスタート、長澤はベンチ外だった。  

昨シーズンのシュトゥットガルトは終盤の連勝によってなんとか1部残留を勝ち取った。今シーズンからはアレクサンダー・ツォルニガー監督が就任し、DFエミリアーノ・インスーアやMFルーカス・ルップら新戦力が開幕スタメンに名を連ねた。一方のケルンは、今夏の移籍市場で昨シーズンのエースストライカー、ナイジェリア代表FWアンソニー・ウジャーがブレーメンへ移籍。代わりにホッフェンハイムからFWアントニー・モデストが加わった。  

試合は前半からホームのシュトゥットガルトが攻めこむ。7分、 ペナルティエリア正面やや左の位置からダニエル・ディダヴィが左足で強烈なミドルシュートを放ったが、ここはクロスバーの左側を叩いた。

ホームで勝利がほしいシュトゥットガルトは、ヤン・クリメント、ティモ・ヴェルナーを連続で投入して同点ゴールを目指した。しかし、後半アディショナルタイムに追加点を挙げたのはケルン。モデストが相手DFからボールを奪うと敵陣を独走。GKとの一対一の場面で並走していた大迫に横パス。大迫がこれをきっちりと決め、再びリードを2点に戻した。直後に試合終了のホイッスルが鳴り、ケルンが3-1でシュトゥットガルトを下した。
 
次節、シュトゥットガルトは敵地でDF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと、ケルンはホームでヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
シュトゥットガルト 1-3 ケルン
【得点者】
0-1 75分 アントニー・モデスト(PK)(ケルン)
0-2 77分 シモン・ツォラー(ケルン)
1-2 79分 ダニエル・ディダヴィ(シュトゥットガルト)
1-3 90+3分 大迫勇也(ケルン)



全文はソース元で

引用元 : 途中出場の大迫が今季初ゴール…ケルンが終盤の乱打戦制し開戦幕白星 | サッカーキング

【大迫がダメ押しの今季初ゴール!ケルンがシュツットガルトを下す【ハイライト動画】】の続きを読む

「灰の中からよみがえった不死鳥」…独紙がケルン大迫の進化を伝える | サッカーキング

ケルン大迫は「蘇った不死鳥」独誌が来季の活躍に期待!

新しいチームで苦しんだ前半戦を乗り越えて、後半戦で見事な活躍を見せた日本代表FW大迫勇也について、所属するケルンの地元紙『EXPRESS』が、もがきの裏にあったプライベートな事情と、迎えた2年目のさらなる飛躍への期待を伝えている。

「まるで灰の中からよみがえった不死鳥!大迫勇也(25)は、低調な前半戦を乗り越え、シーズンのフィナーレでケルンのファンを熱狂させた。加入から1年が経ち、しっかりとケルンに根を下ろしたようだ」  

大迫は、開幕まで1カ月となった現在の状態について、「まだ100パーセントではなく、フィジカル的にも目指すところには届いていないが、あと1カ月ある」と、開幕に照準を合わせて調整段階であることを明かし、「自分にとって重要なシーズンになる。試合に出て、チームの力になって、目標を達成したい」と新シーズンへの意気込みを示している。  

苦しんだ時期を「1年前はプライベートでいくつかの問題を抱えていたんですが、今はそれが全てクリアになって、サッカーに集中できています。ここがわが家みたいになり、気が楽になりました」と振り返った大迫。同紙は、当時妊娠中の夫人は日本におり、別々に暮らしていた事情を伝えている。  

ペーター・シュテーガー監督、イェルク・シュマトケSD(スポーツディレクター)からも、キーパーソンと期待される大迫だが、「最初の頃に比べるとチームにも慣れて、とてもやりやすくなった」と、新しい環境にもすっかり慣れたことをうかがわせている。  

同紙によると、これまでついていた通訳がザルツブルクに行ったため、今シーズンからは通訳なしとなるが、会話のやり取りには問題ないといい、大迫も「ドイツ語はだいぶ上手くなった。理解はかなりできるようになったが、話す方はまだまだ」とのドイツ語自己採点をしている。

全文はソース元で

引用元 : 「灰の中からよみがえった不死鳥」…独紙がケルン大迫の進化を伝える | サッカーキング

【ケルン大迫は「蘇った不死鳥」独誌が来季の活躍に期待!】の続きを読む

長谷部と大迫が帰国 一足早く代表合宿に招集も (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 長谷部と大迫が帰国 6月からは日本代表合宿も「温泉行って美味しいものを」

フランクフルトMF長谷部誠(31)と、ケルンFW大迫勇也(25)が25日早朝、帰国した。

2人は3月には、ハリル新体制の日本代表にも選出されていた。6月16日のW杯予選初戦シンガポール戦のメンバーに選出された場合は、同上旬から国内組より一足早く代表合宿に招集される。

全文はソース元で

引用元 : 長谷部と大迫が帰国 一足早く代表合宿に招集も (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【長谷部と大迫が帰国 6月からは日本代表合宿も「温泉行って美味しいものを」】の続きを読む

岡崎のアシストでマインツが3試合ぶり勝利…大迫、長澤も先発出場 | サッカーキング

岡崎が先制点アシストのマインツが3試合ぶりの勝利 ケルン大迫、長澤も先発出場【スタッツ・ハイライト動画】

ブンデスリーガ第33節が16日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツと、同代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。3選手とも先発で出場している。  

2連敗中のマインツは、残留確定に向けて勝ち点3が欲しいところ。一方、前節のシャルケ戦で勝利したケルンは残留を決めており、1つでも順位を上げるべく連勝を狙う。  

21分、ペナルティエリア手前左でパスを受けた岡崎が相手選手3人に囲まれながらもシュートを放ったが、ゴール左に外れる。25分には、左サイドでスルーパスに抜け出したパブロ・デ・ブラシスが逆サイドに素早いクロスを入れる。走り込んだ岡崎が左足を伸ばすが枠を捉えることができない。

追加点を狙うマインツは何度もゴール前に迫るが決定機を活かすことができない。すると83分、ピエール・ベングトソンが左サイドをドリブルで駆け上がりエリア内に侵入すると、切り返しから左足シュートを放つ。これはトーマス・ケスラーに防がれるが、こぼれ球に反応したハイロが押し込んだ。そのまま逃げ切ったマインツが2-0で3試合ぶりの勝利を飾った。
 
最終節、マインツはアウェーで王者バイエルンと、ケルンはホームでヴォルフスブルクとそれぞれ対戦する。

【スコア】
マインツ 2-0 ケルン
【得点者】
1-0 47分 ク・ジャチョル(マインツ)
2-0 83分 ハイロ(マインツ)

全文はソース元で

引用元 : 岡崎のアシストでマインツが3試合ぶり勝利…大迫、長澤も先発出場 | サッカーキング

【岡崎が先制点アシストのマインツが3試合ぶりの勝利 ケルン大迫、長澤も先発出場【スタッツ・ハイライト動画】】の続きを読む

大迫に期待を寄せるケルン監督 「来季の彼は…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

大迫に期待をするケルン監督「獲得した理由を示した。来季もチームを引っ張ってくれるはず」

ケルンを率いるペーター・シュテーガー監督は、FW大迫勇也のプレーに満足しているようだ。大迫のここ数週間の貢献に賛辞を送りつつ、今後へのさらなる期待を口にした。

10日に行われたブンデスリーガ第32節ではシャルケに2-0の勝利を収め、ケルンは1部残留が確定。シュテーガー監督は試合後の会見で「チームが誇らしい」と語り、「2節を残しながら残留を決めたんだ。みんな非常に良いシーズンを戦った」と満足感を示した。

「ユウヤは素晴らしい試合をした。この数週間、我々がなぜ彼を獲得したのかを見せてくれているね。秋には苦しみ、多くの批判を受けていたが、彼は正しいリアクションを見せた」

「彼は来シーズンに向けて、ともに我々のプレーを率いていくことができる選手の一人であると示してくれた」

またオーストリア人指揮官は、今シーズンは序盤から負傷や病気に悩まされたMF長澤和輝について、「カズキがシーズン中に復活できたことは喜ばしい」と言及した。

全文はソース元で

引用元 : 大迫に期待を寄せるケルン監督 「来季の彼は…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【大迫に期待をするケルン監督「獲得した理由を示した。来季もチームを引っ張ってくれるはず」】の続きを読む

このページのトップヘ