スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

南野拓実

【日本代表】“ハリルワード”から探るシリア戦の見どころ/テクニック重視なら香川と清武のダブルトップ下も面白い (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

シリア戦、日本代表は香川&清武のダブルトップ下もあり?”最終兵器”南野にも期待

10月1日に、ワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦(同8日)、イランとの親善試合(同13日)に向けたメンバー23人が発表された。当日の会見ではハリルホジッチ監督がアウェーで戦う2試合の意義、選手の選考理由などを述べたが、そのなかで興味深かったコメントをヒントにシリア戦の見どころを探ってみた。

●“ハリルワード”1 「南野は現代のフットボールに適応できるアタッカー。ゴール前にしっかり現われる」

<SD編集部の見解>  

得点力アップを睨んで選出された南野について、ハリルホジッチ監督は「数年後には日本代表にとって効果的な選手になる」とも言っている。このコメントから察するに彼の招集は将来的な布石の意味合いが強く、いきなりシリア戦でスタメンを任せるようなことはしないだろう。 ただ、今季ここまでのザルツブルクでの活躍は素晴らしく、その勢いを指揮官が買えば途中出場のチャンスは十分になる。守備を固めてくるだろうシリアに対し、「ゴール前にしっかり現われる」南野はリーサルウェポン(秘密兵器)になれるか、興味深い。

●“ハリルワード”2 「今のところ、ロングボールを前線に放り込むのは我々のアイデンティティではありません」

<SD編集部の見解>  

会見の席でMFのメンバーを発表した際、ハリルホジッチ監督は「テクニックある選手を選んだ」と言った。前回まで呪文のように唱えていた「デュエル(格闘の意)」、「球際の強さ」といったフレーズがすっかり影を潜めたのは、シリア戦ではポゼッション重視のサッカーを展開しようとしているからではないか。  

シリア戦ではクロスよりも「グラウンダーのパス、特に背後へのボールを使いたい」(ハリルホジッチ監督)ということであれば、クロスの名手・太田(FC東京)が落選したのも頷ける部分はある。  

テクニックを最重視するなら、4-1-4-1システムで香川と清武をダブルトップ下に置くのも面白そうだ。ハリルホジッチ監督は清武について「ビルドアップのクオリティが高い」と称賛しており、攻撃的センスも兼備する彼をスタメンに抜擢しても不思議はない。

「火曜日の朝(シリア戦の2日前)に到着する選手もいます。これは私にとって、大きな問題です」

<SD編集部の見解>

ハリルホジッチ監督のコメントを拝借すれば、「シリアはすでに昨日から合宿を始めていて、明日はオマーンと親善試合をする」。今週末のリーグ戦を戦った後に集合する日本代表は、そんなシリアに比べて準備期間が極端に短い。試合2日前の火曜日(10月6日)に合流する選手は、いわばぶっつけ本番で試合に臨むことになる。

これは小さくないハンデで、いくらハリルホジッチ監督がシリアを分析しても、選手のコンディションに大きな問題があれば苦戦を強いられる可能性がある。どこまでフレッシュ(健康体という意味で)なメンバーを送り出せるかは、気になるところだ。

仮に2ボランチを採用するなら、長谷部のパートナー選びに注目したい。ハリルホジッチ監督の見解では、「山口は少し怪我をしていて」、「柴崎は怪我明けでトップパフォーマンスに戻っていない印象」だ。となると、コンディション次第では柏木のサプライズ起用もあるかもしれない。

もっとも、その柏木についても、南野と同じく現体制下で初めて代表活動に加わる(東アジアカップは負傷辞退)点での不安は拭えない。いずれにしても、週末のJリーグでのパフォーマンスがひとつの判断材料になりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : 【日本代表】“ハリルワード”から探るシリア戦の見どころ/テクニック重視なら香川と清武のダブルトップ下も面白い (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【シリア戦、日本代表は香川&清武のダブルトップ下もあり?”最終兵器”南野にも期待】の続きを読む

代表入りの南野、得点ランク2位の今季6ゴール目…ザルツは首位撃破 | サッカーキング

絶好調の南野、得点ランク2位の6ゴール目で勝利に貢献!ザルツブルクvsラピド・ウィーン戦【タッチ集動画】

オーストリア・ブンデスリーガ第11節が4日に行われ、ラピド・ウィーンと日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクが対戦した。  

ザルツブルクは開幕2連敗を喫したものの、それ以降は5勝3分けで8試合無敗をキープし、2位につけている。一方、ラピド・ウィーンは7勝1分け2敗の首位。今節は首位直接対決となった。  

最初にチャンスを掴んだのはラピド・ウィーン。17分、右CKを獲得するとシュテファン・シュタングルがヘディングシュートを決めて先制に成功する。  

一方のザルツブルクは43分、ナビ・ケイタからパスを受けた南野がエリア内左から右足シュート。これが相手DFに当ってコースが変わり、ゴール左に吸い込まれた。南野にとっては得点ランキング2位タイの今シーズン6ゴール目となった。前半は1-1の同点のまま終了を迎える。

ザルツブルクは83分に南野を下げ、コンラド・ライマーを投入した。このままザルツブルクがリードを守りきり、2-1でラピド・ウィーンを下している。これでラピド・ウィーンとの勝ち点差を1まで縮めている。なお、南野は83分まで出場した。
 
次節、ラピド・ウィーンは敵地でヴォルフスベルガーと、ザルツブルクはホームでアドミラ・ヴァッカーと対戦する。

【スコア】
ラピド・ウィーン 1-2 ザルツブルク
【得点者】
1-0 17分 シュテファン・シュタングル(ラピド・ウィーン)
1-1 43分 南野拓実(ザルツブルク)
1-2 65分 クリスティアン・シュヴェクラー(ザルツブルク)


全文はソース元で

引用元 : 代表入りの南野、得点ランク2位の今季6ゴール目…ザルツは首位撃破 | サッカーキング

【絶好調の南野、得点ランク2位の6ゴール目で勝利に貢献!ザルツブルクvsラピド・ウィーン戦【タッチ集動画】】の続きを読む

京都の19歳MF奥川雅也、南野拓実所属のザルツブルクへ完全移籍 | サッカーキング

京都MF奥川雅也、南野所属のザルツブルクへ完全移籍!!

京都サンガF.C.は5日、MF奥川雅也がFW南野拓実の所属するオーストリア1部のレッドブル・ザルツブルクへ完全移籍することが決まったと発表した。  

現在19歳の奥川は、京都の下部組織出身で、今季からトップチームに昇格した。リーグ戦3試合、U-22選抜としてJ3で4試合に出場。世代別日本代表としても活躍している。14日に行われる明治安田生命J2リーグ第18節の横浜FC戦が移籍前最終戦となる。  

ザルツブルク移籍が決まり、奥川はクラブ公式HPを通じて、以下のようにコメントしている。

「中学生からずっと京都サンガF.C.でお世話になり、その間、本当にたくさんの方々にお世話になってきました。監督やコーチ、チームメイトのみんな、そして、クラブスタッフの皆さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。また、高校生からは『スカラーアスリートプロジェクト』の一員として、立命館宇治高等学校でもお世話になりました。いつも自分たちのことを理解し、励まし、サポートしてくださった先生方、そして、いつも温かく自分たちのことを受け入れ、一緒に過ごしてきた同級生のみんなに支えられ、ここまでくることができましたし、『ありがとう』と伝えたいと思います」

「現在、チームはサポーターの皆さんの期待に応える結果を出せていない状況で、チームの一員として本当に申し訳なく思っています。そして、そんな状況の中、自分のわがままでクラブへ恩返しをする前に移籍をすることになりますが、将来、自分がヨーロッパで活躍し、日本を代表するような選手に成長することで、クラブやお世話になった皆さんへ少しでも恩返しができればと思っています」

全文はソース元で

引用元 : 京都の19歳MF奥川雅也、南野拓実所属のザルツブルクへ完全移籍 | サッカーキング

【京都MF奥川雅也、南野所属のザルツブルクへ完全移籍!!】の続きを読む

“京都のネイマール”19歳奥川、ザルツブルク移籍が決定的に (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

”京都のネイマール”と呼ばれる奥川雅也のプレーが凄い!!ザルツブルク移籍が決定的に【プレー集】

“古都のネイマール”ことJ2京都のMF奥川雅也(19)がオーストリア1部の強豪ザルツブルクへ移籍することが5月31日、決定的となった。複数の関係者によると現在は交渉の細部を詰めている段階で、近日中に正式発表される見込み。移籍金は推定1億円とみられる。

京都下部組織出身の奥川は、ブラジル代表FWネイマールのような足に吸いつくドリブル突破が武器で、両足が遜色なく使えることも長所。リバプールやレバークーゼンも獲得オファーを出していたが、極秘渡欧した際にザルツブルクの充実した施設に感銘。1月にはU―22日本代表MF南野もザルツブルクに加入しており、若手を積極起用するクラブの方針も決断の決め手となった。  

今季トップ昇格した奥川は出場わずか2試合。クラブ幹部によると、完全移籍により保有権はザルツブルクに移るが、ザルツブルクから京都へレンタル移籍という形で国内でプレーを続ける可能性も模索している。12年7月に京都からヤングボーイズ(スイス)に移籍したFW久保も1年間は同様の形を取っていた。ザルツブルクでプレーすることになれば、南野とポジションを争うことになる。14日の本拠地横浜FC戦がラストマッチになる可能性が高い。

全文はソース元で

引用元 : “京都のネイマール”19歳奥川、ザルツブルク移籍が決定的に (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【”京都のネイマール”と呼ばれる奥川雅也のプレーが凄い!!ザルツブルク移籍が決定的に【プレー集】】の続きを読む

2G1Aの南野が地元サイト選出のMOMに「適応するのに時間はかからなかった」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

3-5,15 minami2

[3.4 オーストリア・ブンデスリーガ第23節 アドミラ・バッカー1-4ザルツブルク]  

オーストリア・ブンデスリーガは4日、第23節を行い、MF南野拓実の所属するザルツブルクは敵地アドミラ・バッカ―と対戦し、4-1で勝利した。3試合ぶりに先発出場した南野は、公式戦初ゴールを含む2ゴール1アシストの活躍で勝利に大きく貢献している。

ウィーンのスポーツサイト『スポーツネット』では南野をマン・オブ・ザ・マッチに選出。「新加入の南野拓実は、特徴を十二分に発揮していた。この若者がオーストリア・ブンデスリーガに適応するのに時間はかからなかった」と高く評価。

「彼の活躍がザルツブルクの勝利への道を築いてくれたといえる。彼はスピードに乗りながら、ボールをうまくコントロールすることができるのだ」とその技術を称えている。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00371039-gekisaka-socc

【2G1Aの南野に地元メディアがMOMに選出「適応するのに時間はかからなかった」】の続きを読む

南野が公式戦初ゴール含む2ゴール1アシスト!!ザルツブルクを勝利に導く (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

3-5,15 minami

[3.4 オーストリア・ブンデスリーガ第23節 アドミラ・バッカー1-4ザルツブルク]  

オーストリア・ブンデスリーガは4日、第23節を行い、MF南野拓実の所属するザルツブルクは敵地アドミラ・バッカ―と対戦し、4-1で勝利した。3試合ぶりに先発出場した南野は、公式戦初ゴールを含む2ゴール1アシストの活躍で勝利に大きく貢献している。  

前半12分にFWマルツェル・ザビッツァーのゴールで幸先よく先制したザルツブルク。同22分にはザビッツァーがレッドカードで退場となり、1人少ない状況となってしまう。それでも同37分、FKの流れから南野が足もとに転がってきたボールを左足ボレー。一度は相手DFのブロックに阻まれるが、跳ね返りにいち早く反応し、右足で公式戦初ゴールを叩き込み、リードを広げた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00370843-gekisaka-socc

【南野が2ゴール1アシストの大活躍で公式戦初得点 チームを勝利に導く[ゴール集動画]】の続きを読む

ザルツブルク対ビジャレアル 試合データ 15/02/27 UEFAヨーロッパリーグ - Goal.com

2-27,15 mina

26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、ザルツブルク対ビジャレアルは、3ー1でアウェーのビジャレアルが勝利し、2試合合計5ー2でビジャレアルが勝ち上がった。ザルツブルクFW南野拓実は、前半のみの出場となっている。

序盤はファーストレグを1ー2で落としたザルツブルク。ファーストレグを負傷で欠場した南野は、ELデビュー戦で良い入りを見せ、まずまずのスタートを切る。

76分、カウンターでジョバニ・ドス・サントスが抜け出すと、GKの前で横パス。ビエットが流し込んで2ー1とした。79分に、ビエットがお返し。ビエットのアシストでG・ドス・サントスが決めて、3ー1とし、勝負を決めた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/match/%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF-vs-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AB/1974635/report

南野、ELデビュー戦を振り返り反省「イージーミスが多かった」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

ELデビューを果たした南野は「良い相手と試合ができて、すごく良い経験になりました。課題が見えたので、今後はそこをしっかりやっていければいいかなと思います」と試合を振り返った。  

自身のプレーについては「イージーミスが多かったですし、もっと前を向いて仕掛けていく所を増やしていかないといけないです」とコメント。

相手守備陣の印象に関しては「激しいです。日本とはまた違う、やりにくさを感じました」と述べ、「そういう中でもしっかりボールを繋いで前に運んだり、シュートまで持ち込めるくらいにならないとやっていけないと思います」と更なる成長を誓った。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00285367-soccerk-socc

【南野がELデビューもザルツブルクはビジャレアルに破れ敗退[スタッツ・タッチ集&ハイライト動画]】の続きを読む

欧州デビューの南野、勝利を喜ぶも「個人的に結果を残したかった」 | サッカーキング

2-15,15 minami

オーストリア・ブンデスリーガ第20節が14日に行われ、FW南野拓実が所属するザルツブルグはウィーナー・ノイシュタットと対戦し、2-0で勝利を収めた。  

今冬にザルツブルグへ加入した南野は同試合に先発出場。試合後、「まずは、チームとして勝つことができて良かったです」と欧州デビュー戦を振り返った。その一方で、「個人的に結果を残したかったです。シュートを打てていないので、そこは改善していきたいです」と課題を挙げ、「チームの約束事を理解した上で、自分のプレーを見せていかないといけないです。もっとできたかなと思います」と語った。  

また、ザルツブルグでのプレーについては「ピッチ内でもピッチ外でも、いい奴らばっかりです。ゴールに向かっていくプレーなど似ているタイプの選手が多いので、やりやすいです」と主張。「そういうサッカーが良いなと思っています。だから今日も、その中でやれたことは幸せですし、ここで結果を残していきたいです」と続け、充実した日々を過ごしていることを明かした。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150215/281406.html

【欧州デビューの南野、勝利を喜ぶも「個人的に結果を残したかった」[ハイライト動画]】の続きを読む

「練習は関係ない」ザルツブルク移籍から2週間、南野拓実が直面する現実とは―― (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

1-25,15 minami

南野の技術はチーム内でも頭ひとつ抜きん出ている。 

日本代表がオーストラリアでアジアの頂点を目指して戦っていた一方で、次代の日本を担うと期待されている若き才能はオーストリアで新たな戦いの準備を始めていた。U-22日本代表にも選出されている南野拓実がザルツブルクへ渡ってから2週間。彼はいま新天地で何を感じているのだろうか? チームがドバイ合宿へと向かう前にその感触を尋ねておきたかった。

「(手応えは)感じていますけど、試合になってみないと分からないので、なんとも言えないですね」 午前にフィットネス・トレーニングをこなした南野はそう答えた。この言葉の真意はどこにあるのだろうか? 午後に行なわれるチーム練習を見て確かめることにした。

午後3時、ザルツブルクの選手たちが再びピッチに姿を現わし、チーム練習が始まった。軽くアップを終えると、ペナルティエリア程の広さで20人程の選手が2チームに分かれてボールポゼッション練習が始まった。このグリッドは2つに分けられており、選手のグリット間の行き来は禁止。しかしボールはひとつしかないため、片側のグリットの選手たちはボールが逆側のグリットにある間はただそれを眺めているだけだ。

だがそれにも理由がある。練習の強度が非常に高いのだ。グリッドが小さいため必然的にボールへの寄せは速くなって目まぐるしく攻守が入れ替わり、選手たちは息を突く間もなく動き回らなければならない。

多くの選手にミスが目立つなか、それでも南野はその高い技術をしっかりと発揮していた。相手の素早い寄せにも慌てずしっかりと相手の動きを見極め、ミスすることなくボールをつないでいく。どうやらチーム内でもボールを扱う技術の高さは頭ひとつ抜きん出ているようだ。

フルコートになってもザルツブルクの選手たちのボールへ寄せる激しさは落ちない。一方のチームは最終ラインをハーフウェーラインまで押し上げて陣形をコンパクトに保ち、両チームの選手全員がハーフコートに収まっている。そして前線の選手たちはGKまで猛然とボールを追い回していく。対する敵チームも、ボールを奪い返しては少ないタッチでプレスをかいくぐり、素早く前線にボールを運んで相手ディフェンスラインの背後を狙っていく、非常に緊迫した練習だ。

そうした状況で南野は一瞬の判断から意表を突くターンで相手の逆を取り、そこから一気に相手DFの裏を突いてゴールにつなげる場面を作り出した。南野の言う「手応え」とはこういったプレーを指していたのだろう。

ザルツブルクは、たった一度の練習を見ただけで明らかなほどアグレッシブなサッカーを展開するチームだ。最後の試合形式の練習で左ウイングの位置に入った南野も前線から積極的にプレスを掛けていき、時折「タクミ、グットだ!」という声が監督から飛ぶこともあった。

とはいえ、すでにコンセプトに基づいて“でき上がっている”チームに、加入して間もない南野が入れば、そこに綻びが生まれてしまうかもしれない。それは「試合になってみないと分からない」ことだ。いかに南野が技術的に頭ひとつ抜けているとは言え、まずはザルツブルクのサッカーを学び、戦術理解度を高める必要がある。

だが、これからの練習試合でチャンスを得る機会はあるはずだ。練習を一般見学していた男性の「タクミはスピードがあって良い選手だと思うよ」という印象は誰もが持っており、ファンもすでにその実力を認め始めている。だからこそ南野は、“試合で”その実力をしっかりと示さなければならない。南野自身も「練習はあんまり関係ないんでね」と、試合で結果を出していくことの重要性を理解している。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150125-00010003-sdigestw-socc

【南野拓実、ザルツブルクで頭一つ飛び抜ける技術力。問題は・・・】の続きを読む

南野が1得点でザルツブルク実戦デビュー (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

1-18,15 minamino

セレッソ大阪からオーストリア1部のザルツブルクへ移籍したFW南野拓実が実戦デビューを果たした。  

ザルツブルクは現地時間17日、オーストリア・ブンデスリーガ2部のFCヴァッカー・インスブルックと練習試合を行い8-0で圧勝している。  

合流間もない南野はベンチスタート。3-0で折り返した後半にメンバーを入れ替えたザルツブルクは南野も起用。58分には、ザルツブルク移籍後の初の実戦でゴールを決めている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150118-00010001-footballc-socc

【ザルツブルクに移籍した南野が初ゴールを決める】の続きを読む

このページのトップヘ