スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

佐藤寿人

広島が5発圧勝…最終節で佐藤が記録達成、ドウグラスもハットトリック | サッカーキング


広島FW佐藤寿人がJ1通算最多得点タイの157得点を記録もゴンは「追いつかれただけ、引き離す」と闘志むき出し

2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ最終節が22日に行われ、サンフレッチェ広島と湘南ベルマーレが対戦した。  

さらに42分には、広島のエースが待望のゴールを奪う。左サイドの清水航平からのクロスを、ファーサイドに逃げてフリーとなった佐藤寿人が頭で押し込み、ゴールネットを揺らした。佐藤はJ1通算得点数を157に伸ばし、中山雅史の持つJ1通算最多得点記録に並んだ。前半は広島の3点リードで折り返す。  

試合はこのままタイムアップ。広島がホームで5-0の圧勝を収め、セカンドステージ制覇を果たした。この結果、年間勝ち点1位の座も確定し、12月2日と5日に行われるJリーグチャンピオンシップ決勝への進出が決定。年間2位でファーストステージ優勝の浦和と年間3位のガンバ大阪による準決勝の勝者とホーム&アウェーで優勝を争う。

【スコア】サンフレッチェ広島 5-0 湘南ベルマーレ

【得点者】

1-0 24分 ドウグラス(広島)

2-0 25分 青山敏弘(広島)

3-0 42分 佐藤寿人(広島)

4-0 72分 ドウグラス(広島)

5-0 89分 ドウグラス(広島)

全文はソース元で

引用元 : 広島が5発圧勝…最終節で佐藤が記録達成、ドウグラスもハットトリック | サッカーキング

寿人に並ばれた48歳ゴン「追いつかれただけ」「引き離す」 | ゲキサカ[講談社]


テレビ局の取材でスタンドから観戦していた中山は試合後、報道陣からの“逆取材”に対応。「夏ごろからそんな匂いはプンプンしていた。やっと追いつかれたという感想です」と、率直に語った。  

157ゴールで佐藤と中山が並び、大久保が1点差で追う展開。中山は「寿人にしろ、嘉人にしろ、もっともっとゴールシーンを増やしてほしいと思うし、Jリーグを、日本サッカーをもっと盛り上げてほしい」とエールを送りつつ、現役選手としての意地ものぞかせた。

「追いつかれただけ。ここから僕も引き離していけるように頑張りたい」。48歳のゴンは9月にJFLのアスルクラロ沼津と選手契約を締結し、“現役復帰”。「戦うステージは違うけど、僕自身は僕自身の成長のために頑張っていきたい。ああいうゴールを決めたいなと情熱をたぎらせてくれる」と、目の前で見た寿人のゴールが大きな刺激になったようだ。

全文はソース元で

引用元 : 寿人に並ばれた48歳ゴン「追いつかれただけ」「引き離す」 | ゲキサカ[講談社]

【広島FW佐藤寿人がJ1通算最多得点タイの157得点を記録もゴンは「追いつかれただけ、引き離す」と闘志むき出し】の続きを読む

佐藤寿人に6年ぶりのイエローカード…連続無警告記録は193試合でストップ | サッカーキング


佐藤寿人、6年ぶりにイエローカードを受ける!連続無警告記録は193試合でストップ

サンフレッチェ広島のFW佐藤寿人が、7日に行われた2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第16節のガンバ大阪戦で、約6年ぶりの警告を受けた。  

同試合の33分、空中でG大阪MF井手口陽介と競り合った際に、遅れて入った佐藤に対し、飯田淳平主審がイエローカードを提示。佐藤は、2009年10月25日に行われたJ1第30節の川崎フロンターレ戦以来で、連続無警告記録は193試合でストップした。

全文はソース元で

引用元 : 佐藤寿人に6年ぶりのイエローカード…連続無警告記録は193試合でストップ | サッカーキング

【佐藤寿人、6年ぶりにイエローカードを受ける!連続無警告記録は193試合でストップ】の続きを読む

【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由 | サッカーダイジェストWeb


2-11,15 jap


いくらJリーグで実績を残しても、日本代表で陽の目を見ないストライカーは少なくない。広島の佐藤寿人や鳥栖の豊田陽平は、その代表格と言えるだろう。    国内屈指の実力を持ちながらそれでも代表監督に愛されなかったのはなぜか。選手独自の特性や時代ごとの背景を踏まえながら、その理由を探る。  
――◆――◆――    
ブラジル・ワールドカップを終え、新しく日本代表監督に着任したハビエル・アギーレは、FWに皆川佑介、CBにも坂井達弥を抜擢した。まだ所属クラブでもレギュラーを獲得していない選手たちなので、まず条件を満たす人材から絞り込み、将来性も考慮した上で選び出したに違いない。ふたりとも180センチを超えるサイズがあり、坂井はレフティという特徴も備えていた。    
かつてオランダ人のハンス・オフト監督がマツダ時代の教え子でもあった高木琢也を招集し、当時は賛否両論が飛び交ったものだが、概して欧州の監督はターゲットマンを求める傾向が強い。多少技術に難があったとしても、ゴール前で高さを活かせて身体も張れる選手を必要だと考える。    
だが日本と身体的な特徴が似たメキシコ人の監督が、世界と戦うには高さが要るという発想を持っていたことが面白かった。アギーレ監督がFWに高さを求めるなら、就任時点で最も相応しい実績を残していたのは豊田陽平だった。しかしワールドカップを終えたばかりという節目で監督を引き継いだアギーレは、4年先を睨んで伸びしろを買ったということだろう。  

全文はソース元で

引用元 : 【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由 | サッカーダイジェストWeb
【なぜ日本代表で佐藤寿人、豊田陽平らが不遇だったのか!?愛されなかった理由とは??】の続きを読む

Yahoo!ニュース - FIFA年間ベストゴール候補に寿人ボレー弾がノミネートされる (ゲキサカ)

11-13,14 fifa

国際サッカー連盟(FIFA)は12日、年間ベストゴール賞『プスカシュ賞』のノミネートゴールを発表した。10ゴールが候補に挙がっているが、その中にはサンフレッチェ広島FW佐藤寿人が今年3月8日に行ったJ1第2節川崎F戦の後半12分に決めたボレーシュートがノミネートされている。

FIFA年間ベストゴール賞は2009年に創設。1940年代から50年代に活躍したハンガリー代表のフェレンツ・プスカシュ氏を冠した賞となっている。これまでFWクリスティアーノ・ロナウド(2009年)やFWネイマール(2011年)らが受賞。昨年はスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、12年11月のイングランド戦でPA外から決めたオーバーヘッドキックで受賞している。

今後はFIFA公式サイト内で行うユーザー投票により、最終候補3ゴールを選出。受賞弾は来年1月12日に行うバロンドール授賞式で発表、表彰される。

以下、ノミネートゴール候補者
ティム・ケーヒル(オーストラリア)
ジエゴ・コスタ(スペイン)
マルコ・ファビアン(メキシコ)
ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)
パイティム・カサミ(スイス)
ステファニー・ロシュ(アイルランド)
ハメス・ロドリゲス(コロンビア)
カミロ・サンベッソ(ブラジル)
佐藤寿人(日本)
ロビン・ファン・ペルシー(オランダ)

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141113-00205641-gekisaka-socc

【【動画】佐藤寿人のボレー弾がFIFA年間ベストゴールにノミネート。ファン・ペルシ、イブラ、ハメスなどと共に選出◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

広島FW佐藤寿人がJ1通算得点数でカズ超える…公約のカズダンス披露 – サッカーキング

7-20,14 satou

J1第15節が19日に行われ、大宮アルディージャとサンフレッチェ広島が対戦した。同試合で、広島に所属するFW佐藤寿人が2得点を挙げ、J1通算得点数を140得点とし、横浜FCに所属するFW三浦知良の記録、139点を抜き、歴代3位となった。  

同試合の3分に広島は、高い位置でボールを奪ったDF塩谷司が、前線のFW石原直樹へスルーパス。抜け出した石原が、相手自陣に深くに侵入し溜めを作った後、中央に折り返すと、佐藤が左足で流し込んで先制点となるゴールを挙げた。佐藤は9試合ぶりのゴールで、カズの記録に並び、以前に公約していた通りにチームメイトと喜びのカズダンスを披露している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20140719/213236.html?view=more

【【キング超え】[動画]広島FW佐藤寿人がJ1通算得点数で歴代3位!!カズ超えでカズダンスも披露◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ