スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

今野泰幸

今野泰幸が語る「ハリルホジッチと歴代監督の比較論」 (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

今野泰幸「ハリルが世界への道を示してくれた」歴代日本代表と監督との違いを語る

【今野泰幸「ハリルが世界への道を示してくれた」歴代日本代表と監督との違いを語る】の続きを読む

本田罰金に日本協会が逆らえないワケ “中東の笛”で審判批判 (1/2ページ) - スポーツ - ZAKZAK

1-22,15 hon

アジアサッカー連盟(AFC)は18日、日本代表FW本田圭佑(28)=ACミラン=が12日のアジア杯パレスチナ戦後に審判を批判したとして、5000ドル(約59万円)の罰金を科したと発表した。  

本田はパレスチナ戦後、外国人記者に「アジア杯のレフェリーには、何か変化が必要だと思う。試合中に余計なエネルギーを消耗したくない。主審のジャッジがバスケットボールの試合のようだった」などと発言。これがフェアプレーに反するとされた。  

また、この試合での日本協会による先発メンバーの発表が「規定の時間より遅すぎる」と厳重注意された上、16日のイラク戦で警告を受けたMF今野(G大阪)とMF清武(ハノーファー)にも2000ドル(約24万円)の罰金が科された。まさに踏んだり蹴ったりだ。

とはいえ、日本代表がこれほどまで処分されることは、極めて珍しい。それでも日本協会は本田の件に関して異議は唱えない方針。それはアジア杯終了後に行われる国際サッカー連盟(FIFA)理事選挙への影響を考慮してのものだ。
 
今回の理事選ではAFCから2人の理事が選ばれ、日本協会でも日本人理事を送り込むためのロビー活動を展開中だ。
 
そんな折に騒ぎを起こすことはできない。ただでさえ、スペインの裁判所による本格捜査が秒読み段階にあるアギーレ監督の八百長疑惑でイメージダウン気味。「票が読めなくなっている」(協会関係者)のが現状だ。

(夕刊フジ編集委員・久保武司)

全文はソース元で


引用元 : http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20150120/soc1501201550001-n1.htm

【本田、清武、今野の罰金に日本サッカー協会が逆らえないワケ】の続きを読む

審判批判で罰金の本田を擁護する長谷部「僕らも理解できる」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

1-20,15 hase

12日のパレスチナ戦(4-0)後、海外メディアの取材に対して主審に批判的なコメントをしたとしてアジアサッカー連盟(AFC)から罰金5000ドル(約58万8000円)を科されたFW本田圭佑(ミラン)をキャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)が擁護した。

「(本田)圭佑が思っていることは僕らも理解できるし、日本の選手はヨーロッパや世界のトップレベルでプレーしている選手が多いので、アジア杯でプレーして、ギャップを感じる部分は正直ある。そういう意味では、日本の選手はみんな圭佑と同じ感覚を持っていると思う」  

今大会ではホールディングによる警告を受けた選手に2000ドル(約23万5000円)、シミュレーションで警告を受けた選手にも4000ドル(約47万円)の罰金が科されている。それ以外の理由で警告を受けた場合にも、規律委員会の裁定で罰金が科される可能性があるという。

「ファウルに対する罰金というのもなかなか新鮮味がある。イエローのもらい方によっても違うみたいなので」と苦笑いを浮かべた長谷部。「人生なんて納得のいかないことのほうが多い。そういう意味では受け入れるしかない」と話していた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00305653-gekisaka-socc

【審判批判の本田を長谷部「僕らも理解できる。ファウルで罰金は新鮮」と擁護】の続きを読む

岡崎 左すね痛もヨルダン戦強行先発意欲「痛いとか言ってられない」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

1-19,15 oka

◇アジア杯1次リーグD組 日本―ヨルダン(2015年1月20日 メルボルン)  日本代表FW岡崎が左すね痛を押してヨルダン戦に強行先発することが濃厚となった。  

18日から全体練習に合流し、戦術練習ではセンターFWの位置に。「やりたいんで痛いとか言ってられない」と意欲を見せた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000071-spnannex-socc


【ヨルダン戦、岡崎は強硬先発、今野は決勝まで欠場が濃厚】の続きを読む

本田が「最高額」5000ドルの罰金処分 興味深いアジアカップの罰則適用 - Goal.com

1-19,15 hon

インタビュー拒否、認められていないユニフォーム着用…

アジアサッカー連盟(AFC)は18日、アジアカップの今大会これまでの罰金等の罰則適用状況を発表した。日本代表は本田圭佑のインタビューでの不適切な発言など、計9000ドルの罰金処分を受けた。

本田圭佑は初戦のパレスチナ戦の後、取材エリアで「審判はバスケットボールのように笛を吹いた」といった発言をしたと報じられた。これについて、AFCは5000ドルの罰金を科した。

日本はそのほかにも、今野泰幸がイラク戦でのホールディングの反則で2000ドル、清武弘嗣がイラク戦で同じくホールディングの反則をして2000ドルと、合計9000ドルの罰金処分を受けた。

しかし、さらに大きな罰金処分を受けたチームがいた。イランである。イランはバーレーン戦で認められていないユニフォームを着たことによる5000ドルなど、実に合計1万ドルの罰金処分を受けた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/3578/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97/2015/01/18/8070732/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%8C%E6%9C%80%E9%AB%98%E9%A1%8D%EF%BC%95%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%90%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%BD%B0%E9%87%91%E5%87%A6%E5%88%86-%E8%88%88%E5%91%B3%E6%B7%B1%E3%81%84%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%BD%B0%E5%89%87%E9%81%A9%E7%94%A8

【本田が59万円、清武、今野が23万円の罰金。重すぎるアジア杯の罰則適用】の続きを読む

左太腿裏を痛めた今野「カウンターを止めたときに…」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

1-17,15 kob

[1.16 アジア杯D組 日本1-0イラク ブリスベン]  

1-0で迎えた後半19分、MF清武弘嗣と同時にピッチに立ち、インサイドハーフでプレーしたMF今野泰幸(G大阪)。「残り時間もまだあったし、僕の中ではもう1点取りに行くという気持ちで入った。残り3分とかロスタイムになったらボールを回すなど時間を使おうと思っていたが、最初から1-0で終わろうというのはなかった」と狙いを説明した。

心配なのは、試合終了間際に相手のカウンターを止めに行った際、左太腿裏を痛めたことだ。「カウンターを食らって追いかけてファウルをしたとき、ちょっと痛めた。状態? 分からない。微妙」。最後は表情をやや曇らせた。

全文はソース元で

 
引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00301295-gekisaka-socc

日本代表の今野、左足に違和感=アジア杯サッカー (時事通信) - Yahoo!ニュース

日本サッカー協会は17日、オーストラリアで開催中のアジア・カップに参加している日本代表のMF今野泰幸(G大阪)が左太もも裏の違和感を訴え、病院で診察を受けると発表した。16日の1次リーグD組第2戦のイラク戦で痛め、17日の練習は休んだ。 


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00000048-jij-spo

【日本代表の今野が病院で診察へ。イラク戦で左太ももに違和感】の続きを読む

アジア杯連覇に挑むアギーレ監督「日本は優勝候補であり主役」 – サッカーキング

12-15,14 agi

日本サッカー協会は15日、来年1月にオーストラリアで行われるアジアカップにおける日本代表の登録メンバー23選手を発表。本田圭佑や香川真司、清武弘嗣らが招集された。  

連覇のかかる大会を前に、ハビエル・アギーレ監督は「我々が持っているアジアカップのタイトルを守りにいきたい。楽なことではないが、それを目標にやってきた」と力を込める。

「アジアの中で日本は優勝候補であり、主役であると私は認識している」と語る指揮官。就任以降の6試合で、アジア勢との対戦は先月のオーストラリア代表戦にとどまるが、「相手に敬意を払わないといけないと思っているが、自分達を最もリスペクトするという形で、自分達が機能するかどうかを求めていきたい」と不安を一蹴。

「3、4チームの優勝候補に日本も入っていると思う。アジアの中で戦う準備はできている」と自信を見せた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141215/259161.html

【日本代表、宇佐美”不選出”は武藤との争いに負けたため。両者を比較してアギーレジャパン選出に必要なこととは◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 日本対オーストラリア。前体制の遺産でライバルに勝利。これは“アギーレジャパン”なのか?【どこよりも早い採点】 (フットボールチャンネル)

11-19,14 jap3

フォーメーション変更が試合の流れを変える

川島永嗣  5.5 ビッグセーブもあったが、キック精度は低い。

吉田麻也  6  攻め込まれた時間帯も焦らず対応。試合勘が心配されたが問題なし。

酒井高徳  6  SBの対応に追われ攻撃ではなかなか良さを出せなかった。後半は改善。

森重真人  6  守備では安定、攻撃では見事なアシスト。しかし、試合終盤にケーヒルにやられた。

長谷部誠  6  序盤は広範囲のカバーを強いられたが、奮闘。慣れたポジション、安定している。

遠藤保仁  6  運動量豊富、守備面はホンジュラス戦よりやや改善された。

香川真司  5.5 インサイドハーフではピッチ上を彷徨っていた。トップ下になってからはボールタッチも増えた。

本田圭佑  6.5 タメを作り、何度も攻撃の起点となった。

岡崎慎司  6.5 エリア内での積極的な動きが身を結んだゴール。

今野泰幸  6.5 途中投入でゴール、期待に応えた。長谷部の脇が守備の穴になっていたがきちんと埋めた。

アギーレ  6  オーストラリア優勢と見るや4-3-3から4-2-3-1へ変更。流れを変えたいい采配だったと言える。ただ、このフォーメーションでこのメンバー。ほぼザックジャパンである。細貝萌の不在が大きいとはいえ、アジアカップ前に上積みが出来なかったのは残念。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141118-00010035-footballc-socc

【【スパねこ独自採点】日本代表vsオーストラリア代表、選手寸評・採点。最高点は得点の岡崎・今野。各紙採点も[おまけにフジテレビ採点も]◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 岡崎ヒールで節目弾「50点まで頑張る」 (日刊スポーツ)

11-19,14 jap2

<国際親善試合:日本2-1オーストラリア>◇18日◇ヤンマー  おしゃれなゴールも、岡崎らしい!? 

FW岡崎慎司(28=マインツ)が、アギーレジャパン初得点を挙げた。

「どうなるかと…」  1点リードで迎えた後半23分、右サイドをDF森重がドリブルで突破。グラウンダーのクロスに合わせ、右足ヒールで決めた。「それまでチャンスをつぶしていたので、絶対決めようと思っていて、つながった」と喜んだ。  

代表通算40点目の節目は、代名詞となっているダイビングヘッドなどの泥臭いゴールではなかった。しかし、本人は「テクニックというか、気持ちで押し込んだ。自分らしい得点。50得点までいけるようにがんばります」と話した。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000086-nksports-socc

【アギーレジャパン初得点の岡崎と今野「50点まで頑張る」「最高に嬉しい」と日本代表で結果を出した喜びを語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

アギーレJ、2014年を白星で終える…アジア杯開催国豪州に勝利で弾み – サッカーキング

11-18,14 jap vs aug6

キリンチャレンジカップ2014が18日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。  2014年最後の国際Aマッチとなった同試合。ハビエル・アギーレ体制下で6戦目となった日本は、ヤンマースタジアム長居に2015年1月開催のアジアカップのホスト国であるオーストラリアを迎えた。  

14日のホンジュラス戦で6-0と大勝を収めた日本は同試合から、アギーレ監督が欠場を明言していた内田篤人に代わって太田宏介が起用された以外は同じメンバーとなった。一方のオーストラリアは、ロビー・クルーズやマット・マッカイ、ミル・ジェディナクらがスタメンとなり、ティム・ケーヒルはベンチスタートとなった。  

試合は序盤、互いにセットプレーからチャンスをうかがう展開。日本は15分、左サイドから太田のクロスに武藤嘉紀が頭で合わせたが、クロスバーをたたく。判定もオフサイドだった。オーストラリアも2分後、右クロスを中央のマシュー・レッキーがヘディングシュート。ゴール左へ飛んだがGK川島永嗣が弾き出した。

2点を追うオーストラリアは73分にマッカイを下げ、ケーヒルを投入。日本も岡崎との交代で豊田陽平が入った。後半アディショナルタイム、オーストラリアは左サイドからクロスを上げると、中央でフリーのケーヒルがヘディングシュートをきっちりと決め、1点を返したが、日本は逃げ切り2-1で勝利した。
 
ホンジュラス戦に続いて連勝を飾った日本は、大会連覇を懸けて2015年1月開催のアジアカップへ向かう。

【スコア】
日本代表 2-1 オーストラリア代表
【得点者】
1-0 61分 今野泰幸(日本代表)
2-0 68分 岡崎慎司(日本代表)
2-1 90+2分 ティム・ケーヒル(オーストラリア)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141118/251507.html

【【スタッツ・動画】日本が2得点でオーストラリアに勝利。今野、岡崎弾でアギーレジャパンは今年を白星で終える[ハイライト]◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ