スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ヴォルフスベルガー

先発出場の香川、ゴールは幻で評価伸びず…独紙「懸命に動き奮闘した」 | サッカーキング

香川、3人抜きゴールは幻になり評価も伸びず 独誌「懸命に動き奮闘」

ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦セカンドレグが6日に行われ、日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントはホームでヴォルフスベルガーと対戦し5-0で勝利。2試合合計で6-0とし、ドルトムントはELプレーオフ進出を決めた。

香川の採点と寸評は以下の通り。

■『Westdeutsche Allgemeine』
採点:4
寸評:「序盤は、やり抜くための努力が不十分で、ボールを素早く前線に送る代わりにターンを連発することが目についた。ボールをすぐに前線へと出していれば、ドルトムントのチャンスにつながっていたはずだ。ペナルティーエリアで自ら切り込んでシュートを放った42分の場面は、オーバメヤンが相手DFに阻まれたことでオフサイドの判定になった」

■『Revier Sport』
採点:3+
寸評:「ヴァイデンフェラーとともに、セカンドレグから先発メンバー入り。シュートチャンスを演出するために懸命に動き、奮闘した。42分の先制ゴールはオフサイドを取られ認められず」

■『Ruhr Nachrichtnen』
採点:4
寸評:「右サイドでプレー。最近の数試合と比べると上出来だったが、まだ良いといえるレベルではない。初動で遅れることが多い。34分のゴール8メートルからのシュートはブロックされ、42分のシュートはオフサイドを取られた。後半に入っても目に見えるようなパフォーマンス向上はなかった」

全文はソース元で

引用元 : 先発出場の香川、ゴールは幻で評価伸びず…独紙「懸命に動き奮闘した」 | サッカーキング

【香川、3人抜きゴールは幻になり評価も伸びず 独誌「懸命に動き奮闘」】の続きを読む

熾烈な争いを制するために覚悟をみせる香川「どの試合も結果がほしい」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

香川、監督から「シンジを見ろ」トップ下でドルトムントの中心を担う覚悟を語る

ドルトムントは現地時間6日、ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦2ndレグでオーストリアのボルフスベルガーACと対戦した。日本代表MF香川真司はトップ下で先発出場を果たしている。コンディションが上向いているという同選手だが、熾烈なポジション争いに制するため「結果にこだわる」覚悟を語っている。

――今日の試合について
「前半、なかなか相手も引いていたので難しかったですね」

――前回は引いた相手との戦いだったが、監督は今日はどうしようと
「やっぱり引いた相手なので、逆サイドでボールを持った時にサイドバックとサイドハーフの連携を意識しろと言われました」

――トップ下での起用だったが、どういうことを意識したか
「監督からも『シンジを見ろ』とは言われてましたし、上手くターンしてっていうのは考えていました。ですが、やっぱりあそこの守備は固いですし難しさはありました」

――今日は裏に抜けたり、結構周りが見てくれていたのかなと
「そうですね。最後の精度が合わなかったのはありますが。まぁ、これからかなって感じはします」

――DFウカシュ・ピシュチェクのクロスを受けてシュート打ち、ディフェンスにブロックされた。もう一個前でほしかった?
「もう一個前か、あのタイミングでした。もう一個前で来れなかったから、次あのタイミングだろうなと思っていました。ただ、シュートは甘かったですね」

――その後のオーバメヤンがオフサイドになったのは、セカンドを拾ってから
「確かにブロックはしていたから、オフサイドは取られてしようがないです。ですが、もうちょっと切り返したときに右側に出せれば、ディフェンスがついてこれなかったはずです」

――ここまで、あのような一瞬でてキレのある動きは少なかったと思うが
「そうですね。コンディション自体は凄く体が重いところがありました。しっかりと体調を整えて、また、しっかり次の試合に準備したいな、と。試合も久しぶりにホームということで、コンディションの不安は多少はありました」

――最初の15分間くらいトラップが上手くいかなかったのは、ターンすることっていうのを意識しすぎて?
「そうですね、いろいろなことを意識しています。確固たる自信に変えるには、もっと練習して、結果を残していかないと。まだプレーの中に迷いがあります。それを振り切るために、もしっかりと準備して、結果残していくしかないです。その一歩を踏み出したいと思います」

――その迷いは、監督が変わり指示内容も変わったから? 自分の中でプレーの感覚としての迷い?
「感覚です。去年から良いときもありますが、それが続かないと意味がない。悪いときは悪いじゃ話にならないですし、継続して力を出し続けていけるようにしていきたいなと思います」

――それはシーズン前の今の時期だからこその波?
「どうなんですかね。去年もそういうところの波はありました。今シーズンは波をなくすために良いスタートを切りたいと思っています。そのために今いるメンバーと、もっとイメージを共有してやっていかないといけないですね」

――波をなくすために新たに取り組もうとかそういうことは考えている
「本当にしっかりとした準備をして、試合のイメージであったり、自分個人のイメージであったり、練習だったり。それ以外の方法はないと思っているんで、徹底してやり続けたいです」

――後半にやり方をかえた
「4-3-3にして、動き出しによってはチャンスになった部分がいっぱいありました。あと一歩のところもありましたが、引かれた時には4-3-3の方が、後ろ入っていきやすく、タイミングが入っていきやすいです。背負った状況ではなくて前向きにボールを受けやすいので、良かった気はします」

――他のメンバーが点を取って、香川選手としても結果はほしかった
「もちろんどの試合も結果がほしいです。また次の試合に準備してやっていきたいと思います」

全文はソース元で

引用元 : 熾烈な争いを制するために覚悟をみせる香川「どの試合も結果がほしい」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【香川、監督から「シンジを見ろ」トップ下でドルトムントの中心を担う覚悟を語る】の続きを読む

先発香川は幻のゴール…ドルトムントが快勝でELプレーオフ進出 | サッカーキング

香川、3人抜きゴールを決めるも幻に!ドルトムントは5-0快勝でELプレーオフ進出【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ヨーロッパリーグ予選3回戦セカンドレグが6日に行われ、日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントはホームでヴォルフスベルガーと対戦した。  

30日に行われたファーストレグではヨナス・ホフマンが挙げた1点を守りきったドルトムントが先勝。ヴォルフスベルガーは勝ち抜けのために勝利が絶対条件となり、ドルトムントは引き分け以上でプレーオフ進出が決まる。なお、第1戦でベンチスタートだった香川はこの試合に先発出場している。  

序盤から主導権を握ったドルトムントに最初のチャンスが訪れたのは26分。マルコ・ロイスが左サイドからクロスを上げ、中央でピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で合わせたがGKに阻まれた。続く28分にはクロスボールのこぼれ球に反応したマッツ・フンメルスが、飛び出していたGKの頭上を越すシュートで狙ったがDFにクリアされてしまう。

すると82分、ムヒタリアンが今度は右足でこの日2点めとなるミドルシュートを決め4-0とし、さらに86分、またもムヒタリアンが右足ミドルをゴール左隅に決めハットトリックを達成した。
 
試合はこのまま5-0で終了。接戦となったファーストレグとは一変、ホームで圧倒的な強さを見せつけたドルトムントが快勝を収めている。勝ったドルトムントはこれでプレーオフに進出。7日に組み合わせ抽選が行われ、20日にファーストレグ、27日にセカンドレグを戦う。

【スコア】
ドルトムント 5-0(2戦合計6-0)ヴォルフスベルガー
【得点者】
1-0 48分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
2-0 64分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
3-0 74分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
4-0 82分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
5-0 86分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)


全文はソース元で

引用元 : 先発香川は幻のゴール…ドルトムントが快勝でELプレーオフ進出 | サッカーキング

【香川、3人抜きゴールを決めるも幻に!ドルトムントは5-0快勝でELプレーオフ進出【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

香川途中出場のドルトムントが1-0でヴォルフスベルガーを下す/EL予選3回戦1stLeg | サッカーキング

香川が途中出場のドルトムント EL3回戦1stレグ1-0辛勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ヨーロッパリーグ予選3回戦ファーストレグが30日に行われ、日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントはヴォルフスベルガーと対戦した。  

ドルトムントは25日に行われたユヴェントスとの親善試合で2-0の完勝を収めるなど、充実したプレシーズンを過ごしてきた。一方のヴォルフスベルガーは、同予選2回戦でシャフティオール・ソリゴルスク(ベラルーシ)を2戦合計3-0で下し3回戦へと駒を進めてきた。  

この試合最初のシュートはドルトムント。2分、右サイドからウカシュ・ピシュチェクがクロスを上げ、中央でピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で合わせたが枠の上に外れる。  

引いて守るヴォルフスベルガーに対し、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続いていたドルトムントだが、16分に試合を動かす。ピッチ中央でボールを持ったオーバメヤンがDFの裏に抜けだしたヘンリク・ムヒタリアンにスルーパスを通すと、パスを受けたムヒタリアンはGKと一対一になりかけたところでエリア中央に走り込んだヨナス・ホフマンにラストパス。これをホフマンが右足で難なくゴールに流し込んだ。

66分、攻め込まれる時間が増えたドルトムントは先制点を決めたホフマンに代えて香川真司を投入する。
 
追いつきたいヴォルフスベルガーは70分、右CKからタデイ・トルディナが強烈なヘディングシュートを放ったが、ムヒタリアンに頭で弾き返され同点とはならない。
 

後半はヴォルフスベルガーが主導権を握りチャンスの数でも上回ったが最後まで同点ゴールを奪えず、逃げ切ったドルトムントが敵地で1-0の勝利を収めた。
 
セカンドレグは8月6日にドルトムントの本拠地ヴェストファーレン・シュタディオンで行われる。

【スコア】
ヴォルフスベルガー 0-1 ドルトムント
【得点者】
16分 0-1 ヨナス・ホフマン(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川途中出場のドルトムントが1-0でヴォルフスベルガーを下す/EL予選3回戦1stLeg | サッカーキング

【香川が途中出場のドルトムント EL3回戦1stレグ1-0辛勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ