スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ヴァヒド・ハリルホジッチ

ハリルホジッチ氏に早くもJリーグからSOS (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 2-28,15 har

次期日本代表監督の有力候補になっているバヒド・ハリルホジッチ氏(62)に早くも“SOS”が飛んだ。声の主は日本代表選手や技術委員会の面々ではなく、Jリーグクラブの関係者。日本代表を2018年ロシアW杯に導いてもらうのは当然の仕事として、今季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でいきなり苦戦を強いられているJクラブも救ってほしいというのだ。  

ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のハリルホジッチ氏は、コートジボワール代表監督として10年南アフリカW杯出場権を獲得。昨年のブラジルW杯でもアルジェリア代表を16強に導き、母国ではない2つの国の代表チームをW杯に導いた。異国で見せる手腕は折り紙つき。正式に日本代表監督就任が決まれば、ロシアW杯の出場はもちろん、日本が2度はね返された“8強の壁”を突破することも期待できる。  

だが、そんな名将を迎え入れるにあたり、代表チームに選手を供給するJクラブは散々な状態だ。24日に開幕したACLで赤っ恥を連発。柏が敵地で引き分けただけで、昨季3冠のG大阪、2位の浦和、3位の鹿島は揃って黒星発進となった。08年のG大阪以来のACLタイトル奪還に暗雲が垂れ込める展開で、国際舞台での競争力の低さが浮き彫りになった。  

最近の日本代表は欧州組が主力を形成しているとはいえ、Jリーグの強化なくして日本代表の明るい未来はない。それだけに、あるJクラブ関係者は「ACLの結果を知ったら、(ハリルホジッチ氏が)がっかりしてしまうかもしれないが、代表監督になったら、Jリーグとも積極的にコミュニケーションを取ってもらいたい。アドバイスをもらったりしてクラブの強化にも協力してほしい」と熱望する。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000007-tospoweb-socc

【日本代表新監督候補のハリルホジッチに早くもJリーグからSOS?】の続きを読む

【識者の視点】代表監督最有力ハリルホジッチは何が優れているのか?"東欧の智将"の戦術面を徹底解説 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

2-27,15 har

私がハリルホジッチを推した理由 

日本サッカー協会は次期代表監督としてヴァヒド・ハリルホジッチ氏(以後、敬称略)に正式オファーを出すことで一本化した様だ。ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のハリルホジッチに関しては以前、代表監督に推薦するコラムを寄稿させていただいた。

私がこのコラムを執筆した当時は10指にも余る候補の名前が浮上し、かなり有力と報じられる監督もいたのだが、筆者がハリルホジッチを推薦したのはフリーの立場の指導者で、ブラジルW杯でのパフォーマンスが最も良かったことと、これまで披露してきたサッカーが、日本に足りない何かをもたらしてくれる可能性を感じていたからだ。
 
ハリルホジッチは2010年W杯を目指すコートジボワール代表を率いてアフリカ予選を戦い、6試合19得点という爆発的な攻撃力を発揮させ、失点もグループ最少の4に抑え、本大会への出場を決めた。確かにドログバなど身体能力の高いタレントを擁していたが、目を見張ったのがサイドを起点としながら、チャンスにはゴール前に3、4人が常に殺到する迫力あるフィニッシュを実現していたことだ。

そのハリルホジッチがクロアチアのディナモ・ザグレブで指揮した後、アルジェリアの監督に就任するのだから数奇な話だが、そこではコートジボワールよりもさらに組織の度合いを強め、洗練されたカウンターを植え付けたのには驚かされた。もともと中盤のパスワークで崩すスタイルだったアルジェリアは、テクニカルだが攻撃のテンポが遅く、なかなかトップレベルでは通用しなかった。そこにソリッドな守備と短い時間の中でも攻撃に鋭さを出すためハードワークを選手に課した。
 
ブラジルW杯では惜敗したベルギー戦にはじまり、韓国戦、ロシア戦、ラウンド・オブ・16のドイツ戦と全て異なるシステムを用いたが、素早い攻守の切り替えと運動量、隙があれば縦を一気に突く研ぎ澄まされた攻撃の意識は変わらなかった。その象徴的な試合がドイツ戦であり、[5-1-3-1]というシステムをベースに、後に世界王者となるチームのリズムを崩し、何度も得点チャンスを作り出した。延長戦の末に2-1で敗れたが、極端な言い方をすればドイツの戦術ではなくGKノイアーの前に屈した試合だった。
 
確固たるベースと徹底した研究。その両面を兼ね備えるハリルホジッチが正式に就任すれば、日本代表に新たな刺激を与えてくれるのは間違いない。日本人はコートジボワールともアルジェリアとも身体的な特徴が違うため、そのまま当てはめることができないのは確かだが、スキルや機動力、何より献身の意識はチーム強化のメリットになりうる。そこに戦術のベースを植え付けながら、ハリルホジッチの理念でもある勝つためのこだわりや強さをどう加えていくのか。そのためにどういう選考をしていくのか。

河治良幸

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150226-00010014-footballc-socc

【日本代表監督最有力ハリルホジッチは何が優れているのか】の続きを読む

ハリルホジッチ氏、アギーレ氏後任監督就任へ前向き!! (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

2-12,15 har

次期日本代表監督の有力候補に浮上している前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)が、就任へ前向きな姿勢であることが11日、分かった。関係者が明らかにしたもの。また、元レアル・マドリード(スペイン)監督でドイツ出身のベルント・シュスター氏(55)、カタールリーグ・ラフウィヤ監督で元デンマーク代表MFのミカエル・ラウドルップ氏(50)の名も欧州メディアに有力候補として挙げられた。  

日本代表の後任監督候補として上位にリストアップされているハリルホジッチ氏との交渉が、一気に本格化の様相を呈してきた。東欧に太いパイプを持つ関係者が、「彼は日本代表監督の就任に前向きと聞いている。交渉成立の可能性は十分にある」と証言した。  

ハリルホジッチ氏は10日、トルコ最大手の通信社「アナドル」のインタビューで、日本との交渉について初めて言及。「複数のコンタクトがある。今はこれ以上は言えない」と否定せず、すでに接触していることを示唆した。また、母国のボスニア・ヘルツェゴビナのラジオ・サラエボ(電子版)は同氏の前向きな姿勢を伝えた。  

後任監督には多くの名前が浮上し、複数の大物指導者が日本からの打診を辞退している。日本協会関係者も「難航している」と認める。  

そんな中、8日に渡欧した日本協会の霜田正浩技術委員長(47)は、9日から複数の候補者との接触を開始。その1人に、ハリルホジッチ氏が含まれているとみられる。霜田氏は12日、EU加盟国を離れ、さらなる選定作業を進めるという。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150212-00000500-sanspo-socc

【ハリルホジッチ、日本代表の後任監督就任に前向き!!】の続きを読む

日本代表監督候補?を直撃 ハリルホジッチ氏、「名声を汚したくない」と熟慮の姿勢 - Goal.com

2-12,15 ja

日本代表監督候補と噂される人物を、『GOAL』クロアチア版が直撃取材した。ヴァヒド・ハリルホジッチ氏は、複数のクラブや各国サッカー協会からオファーが届いていることを明かした上で、慎重に今後の決断を下すと話した。

日本サッカー協会は、ハビエル・アギーレ前監督との契約解除後、急ぎ後任の選定作業を進めている。複数の候補の名前が取りざたされており、その中に昨夏のブラジル・ワールドカップ(W杯)でアルジェリア代表を16強へ導いたハリルホジッチ氏の名前も挙がっていた。

「多くのコンタクトを受けているが、そのいずれも契約締結には程遠いものだ。日本のオファーについて話すことは許されていない。我々の住む地域で、こういう話がどうなるかはご存知だろう。多くの人間が関わりたがるんだ。ジャングルみたいなものだよ! たくさんの人が利益を欲しがる。小金を稼ぎたがるんだ。そこに金がある、と分かっているからね。そういう人間は、何でもする準備ができている」

「今は休暇を楽しんでいるし、いくつかのクラブと代表チームからオファーを受けている。W杯の後、ナイーブだった私は大会を終えた3日後にトラブゾンスポルと契約するというワナに飛び込んでしまった。今はもっとよく考えてから決断を下したい」

慎重になるのは、金もうけに目がくらむ人物を遠ざけたいからだけではない。

「真剣なプロジェクトに興味を持っている。自分の名声を汚したくないんだ。私は多大なハードワークを注ぎ込むし、その同じアプローチを取り続けたい」

「クラブと代表チームのどちらがいいか? 答えるのは難しい。オファー次第だね。またチャンピオンズリーグで戦いたいとは思っている。だが、大きな結果を残せそうもない各国協会からのオファーもいくつかある。だが、拒否するのが難しい金額のオファーもある。私はもう30歳ではないんだ。62歳になったのだし、どれだけ長く監督を続けられるかは誰にも分からないんだ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/3861/%E6%97%A5%E6%9C%AC/2015/02/11/8820132/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E5%80%99%E8%A3%9C%E3%82%92%E7%9B%B4%E6%92%83-%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%81%E6%B0%8F%E5%90%8D%E5%A3%B0%E3%82%92%E6%B1%9A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E7%86%9F%E6%85%AE%E3%81%AE%E5%A7%BF%E5%8B%A2

【日本代表監督候補のハリルホジッチ「名声を汚したくない」と熟慮の姿勢】の続きを読む

【日本代表】W杯経験は? 日本人指導歴は?「ポスト・アギーレ」の新監督候補9人を欧州サッカー界から厳選! (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

2-6,15 ja4

ブラジルW杯では優勝したドイツ代表を最後まで苦しめた。 

ハビエル・アギーレ監督を解任した日本代表は、3月の親善試合(27日にチュニジア戦、31日にウズベキスタン戦)を経て、6月にはロシア・ワールドカップ・アジア1次予選がスタートと、次期監督探しが急務だ。

日本サッカー協会は3月の試合までに新監督を決めたい意向だが、はたして理想の指揮官は見つかるのか。  

ここでは、ヨーロッパのサッカーシーンに目を向け、サッカーダイジェストWebが独断で新監督候補をリストアップ。3月招聘を実現するにはその必要がある現在フリーの立場の指揮官をまずは厳選し、実績、戦術志向、代表チームの指揮経験、W杯での指揮経験、日本人指導歴などを考慮しながら適任者を探った。

――◆――◆――

ドラガン・ストイコビッチ(49歳/セルビア国籍)
※Jチーム指揮経験あり
※日本人指導歴あり
[過去に率いた主なチーム]名古屋グランパス
[主な実績] J1優勝(10年)  

現役時代の大半を過ごした名古屋を2008~13年まで率い、J1優勝1回、ACLベスト4などの功績を残す。

ヴァヒド・ハリルホジッチ(62歳/ボスニア・ヘルツェゴビナ国籍)
※代表チーム指揮経験あり
※監督としてW杯出場経験あり
[過去に率いた主なチーム]
コートジボワール代表、アルジェリア代表、リール、パリSG、ディナモ・ザグレブ
[主な実績]
14年W杯ベスト16
フランス・カップ優勝(04年)
クロアチア・リーグ優勝(11年)
 
ブラジル・ワールドカップでアルジェリア代表を初のグループリーグ突破に導いた智将で、ラウンド・オブ16では同大会の覇者となるドイツ代表を最後まで苦しめた。指導歴は25年近くに及び、リールを率いた2001年にはフランスの年間最優秀監督に輝いている。
 
テクニックやパスセンスに秀でるうえ、ハードワークを厭わない選手を重用し、攻撃的なサッカーを標榜。もっとも、格上との対戦時には徹底した守備固めを講じるなど、リアリストとしての一面も。規律を重んじる厳格さを併せ持ち、チームの強化のためなら、上層部に忌憚のない意見をぶつけられる。

フランク・ライカールト(52歳/オランダ国籍)
※代表チーム指揮経験あり
[過去に率いた主なチーム]
オランダ代表、バルセロナ、サウジアラビア代表
[主な実績]
EURO2000ベスト4
CL優勝(06年)
リーガ・エスパニョーラ優勝(05年、06年)
 
バルセロナで一時代を築いた2000年代中期をピークに、その後のキャリアは下り坂を辿った。ガラタサライを経て、サウジアラビア代表の監督に就くも任期途中の13年1月に契約解除。翌年には監督業からのセミリタイアを宣言し、現在はフロリダ州のモントバード・アカデミーで大使と選手育成アドバイザーを務める。

長谷部、大久保、内田をドイツに呼び寄せた「鬼軍曹」

フェリックス・マガト(61歳/ドイツ国籍)
※日本人指導歴あり
[過去に率いた主なチーム]
シュツットガルト、バイエルン、ヴォルフスブルク、シャルケ、フルアム
[主な実績]
ブンデスリーガ優勝3回(05年、06年、09年)
 
言わずと知れた「鬼軍曹」だ。選手を徹底的に鍛え上げる軍隊さながらの筋力トレーニングを課すだけでなく、アクロバチックなプレーに走った選手を叱責するなど、独自の規律順守を徹底させる。
 
基本戦術はサイドアタックやロングボール重視で、昨今の日本代表が志向してきたスタイルとは一線を画する。

チェーザレ・プランデッリ(57歳/イタリア国籍)
※代表チーム指揮経験あり
※監督としてW杯出場経験あり
※日本人指導歴あり
[過去に率いた主なチーム]
イタリア代表、パルマ、ローマ、フィオレンティーナ、ガラタサライ
[主な実績]
EURO2012準優勝
 
最大の実績はEURO2012での決勝進出。カテナッチョが根付いていたアッズーリ(イタリア代表の愛称)をポゼッション型の攻撃的なチームに変貌させ、決して高くなかった前評判を覆した。

ベルト・ファン・マルバイク(62歳/オランダ国籍)
※代表チーム指揮経験あり
※監督としてW杯出場経験あり
※日本人指導歴あり
[過去に率いた主なチーム]
オランダ代表、ドルトムント、フェイエノールト、ハンブルク
[主な実績]
12年W杯準優勝
UEFAカップ優勝(02年)
 
小野伸二(現コンサドーレ札幌)らを擁したフェイエノールトで、2001-02シーズンにUEFAカップ制覇の快挙を達成。母国オランダの代表監督として臨んだ南アフリカ・ワールドカップでは、周囲の期待を上回る決勝進出を果たしている。

ズデネク・ゼーマン(67歳/チェコ国籍)
[過去に率いた主なチーム]
ラツィオ、ローマ、レッドスター
[主な実績]
セリエB優勝(91年、12年)
 
超が付くほどのアタッキングフットボールの信奉者で、4-3-3システムがいわば代名詞。約30年に渡り、守備大国のイタリアで異彩を放ってきた実績は伊達ではなく、元ヴァンフォーレ甲府監督の大木武氏など、この鬼才を「師」と仰ぐ同業者は少なくない。
 
徹底するのはハイライン・ハイプレスの意識で、ボール奪取後は縦に速く攻め込む。スタミナの激しい消費に伴う安定感の欠如に加え、失点のリスクがとにかく大きいのがゼーマン流サッカー最大のデメリットだ。

ルチアーノ・スパレッティ(55歳/イタリア国籍)
※日本人指導歴あり
[過去に率いた主なチーム]
ローマ、ゼニト
[主な実績]
コッパ・イタリア優勝(07年、08年)
ロシア・リーグ優勝(10年、12年)

最前線に典型的なCFを起用しない「ゼロトップ・システム」の始祖。イタリア人の指導者らしい緻密な戦術構築に定評があり、アタッキングサッカーの担い手、そして、高いプロ意識の持ち主としても知られる。

トーマス・トゥヘル(41歳/ドイツ国籍)
※日本人指導歴あり
[過去に率いた主なチーム]
マインツ
[主な実績]
ブンデスリーガ5位(11年)
 現在は休養中ながら、かつてドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が後継者候補に挙げた青年監督。みずからの眼鏡にかなった選手のポテンシャルを最大限に引き出す術を熟知しており、35歳の若さで指揮官に抜擢されたマインツでは、アンドレ・シュールレ(現ヴォルフスブルク)や岡崎慎司を飛躍させた。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150205-00010004-sdigestw-socc

【「ポスト・アギーレ」日本代表新監督候補9人を厳選!誰がいい??】の続きを読む

このページのトップヘ