スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ワルテル・マッツァーリ

マルセイユ後任監督に英雄ジダン浮上 幼少期大ファンだったクラブで初采配か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ジダン、マルセイユ後任監督候補に!大ファンのクラブのトップチームを采配か

フランス1部のマルセイユは、リーグ開幕戦でカーンに0-1で敗れ、マルセロ・ビエルサ監督が突如として辞任した。クラブは大混乱の中で後任監督の選定に着手している。数人の名前が挙がる中、フランスが生んだ英雄で現在レアル・マドリード・カスティージャの監督を務めている、ジネディーヌ・ジダン氏の名前が挙がっている。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じた。  

マルセイユのヴァンサン・ラブルン会長は、ビッグネームをトップに据えたい意向を持ち、リストアップを進めているという。その筆頭に、ジダン氏の名前があるという。その他の候補としては、昨季までフィオレンティーナを率いていたヴィンツェンツォ・モンテッラ氏や、ナポリやインテルを率いたワルテル・マッツァーリ氏といった2人のイタリア人が挙がっているという。また、過去にマルセイユを率いた経験のあるエリック・ゲレツ氏の名前もリストの中にあるという。   

もしも、ジダン氏がビエルサ氏の後任としてマルセイユの監督に就任すれば、生まれ故郷でトップリーグの監督としてのキャリアをスタートさせることになる。その行方に大きな注目が集まっている。

全文はソース元で

引用元 : マルセイユ後任監督に英雄ジダン浮上 幼少期大ファンだったクラブで初采配か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ジダン、マルセイユ後任監督候補に!大ファンのクラブのトップチームを采配か】の続きを読む

「日本代表断り」組は代理人の売名行為か (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

jfa

日本サッカー協会が日本代表後任監督人事で“売名被害”を受けていることが10日、分かった。同協会が進めている日本代表の後任監督選びについて、複数の海外著名指導者から「日本からの打診を断った」というコメントが相次いで出されているが、すべてリストに入っておらず、打診もしていないことが判明。最悪の場合、本命との契約交渉に影響が出かねない状況だ。  

これまでプランデッリ、ラニエリ、マッツァーリ、レオナルド氏が日本代表監督就任の打診を断った、または就任に消極的な姿勢を示したなどと現地メディアなどで報じられてきた。だが関係者によれば、この中で実際に日本協会が打診した人物はおらず、候補リストにすら入っていないという。  

サッカー界における契約交渉は、監督本人ではなく、代理人と行うケースが圧倒的に多い。日本協会、監督の両者と関係のない代理人たちが、仕事欲しさに勝手に「日本代表の監督に興味はないか」と声を掛けていることが想定されるという。サッカービジネスとしては常とう手段だが、これが候補上位との契約交渉に影響を及ぼす可能性があるのだ。  

断りのコメントが出されれば出されるほど、日本協会が交渉しづらくなることは間違いない。実際、契約交渉に入る時、相手に優先順位が低い―との認識を持たれるためだ。すんなりまとまるはずだった契約も、心証を悪くしたために、余計な金を積まなければいけない状況もあり得る。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00000181-sph-socc

【「日本代表監督オファーを断った」欧州監督は代理人の売名行為か】の続きを読む

オファー3連敗…長友恩師「私は受けない」元伊代表監督とは破談 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

2-9,15 ma

日本代表監督就任のオファーが次々と断られたことが判明した。DF長友が所属するインテル・ミラノ監督を昨年11月に解任されたワルテル・マッツァーリ氏が日本協会からオファーを受けたと8日、イタリアの衛星放送スカイスポーツが報道。

関係者を通じた本紙取材に対しマッツァーリ氏は「日本協会から代表監督就任のオファーを受けたことは本当だ」と認めた上で、「私は断った。インテル・ミラノとの契約期間中(解任後も16年まで継続)は仕事を受けないつもりだ」と固辞していたことを明かした。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00000000-spnannex-socc

【日本代表、元インテル監督のマッツァーリにオファーも破談】の続きを読む

モラッティ氏、マッツァーリ前監督に「あれほど嫌われた監督を見たことがない」 - Infoseek ニュース

11-22,14 inter

モラッティ氏、マッツァーリ前監督に「あれほど嫌われた監督を見たことがない」- 超ワールドサッカー(2014年11月21日14時27分)

▽インテルの会長を務めたマッシモ・モラッティ氏が、先日同クラブの指揮官を解任されたワルテル・マッツァーリ前監督について言及した。

▽23日に行われるセリエA第12節のミランとのミラノ・ダービーを前に報道陣のインタビューに応えたモラッティ氏は、イタリア『mediaset』に「ミラノ・ダービーは特別な試合だ。私はすでにインテルの会長ではないが、できるならチケットを入手してスタジアムを訪れたい」とスタジアムでの観戦を楽しみにしていることを強調した。

▽また、モラッティ氏はクラブの指揮官交代にも言及。先日解任されたワルテル・マッツァーリ監督について「いまさらの話になるが、彼は良い人間だった。だが、彼ほどサポーターに嫌われた監督を見たことがない。そのことがとても心配だった」とのコメントを残した。

全文はソース元で


引用元 : http://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_184770

【インテル前会長「マッツァーリほど嫌われた監督を見たことがない」モラッティはサポーターからの支持が得られていなかったと語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

インテル、監督交代で補強に予算を回せず? - Goal.com

11-18,14 inter

GMが「かなり響くだろう」

インテルのマルコ・ファソーネGM(ゼネラルマネジャー)は、監督交代に踏み切ったことで、雰囲気が良くなるはずだと語った。一方で、予算への負担が補強に影響する可能性があることも認めた。

「ミラノダービーとローマ戦? 今後3試合のうち、その2試合があることは、監督を交代する大きな理由の一つだったと思う。マンチーニはダービーやローマ戦を恐れてはいないだろう。むしろ楽しんでいるはずだ」 イタリアメディアは、監督交代によってインテルはマッツァーリ氏とマンチーニ監督に今後3500万ユーロを支払うことになると報じている。

ファッソーネGMはマーケットへの影響について、このように述べた。

「両監督に支払っていくことは、財政にかなり響くだろう。1年だけになることを願う。我々には予算のゆとりがあった。それをマンチーニにあてたんだ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/11/18/6246821/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E4%BA%A4%E4%BB%A3%E3%81%A7%E8%A3%9C%E5%BC%B7%E3%81%AB%E4%BA%88%E7%AE%97%E3%82%92%E5%9B%9E%E3%81%9B%E3%81%9A?ICID=OP

【インテル、監督交代で補強費用が足らない可能性・・・。今、獲得が必要なポジションは??◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

監督交代のインテル、臨時の出費が大きな痛手に - Goal.com

11-15,14 inter5

FFPへの影響も懸念

インテルは14日、ワルテル・マッツァーリ監督の解任とロベルト・マンチーニ新監督の就任を発表した。ミラノダービーを前にテコ入れを図ったインテルだが、金銭面では大きな損失となりそうだ。 インテルは今季開幕前、マッツァーリ氏との契約を2016年まで延長していた。そのため、解任した同氏に対して約2年分の補償金を支払う必要があり、イタリアメディアはその金額が税込で1400万~1500万ユーロになると報じている。

マッツァーリ氏への補償金とマンチーニ監督のサラリーをあわせると、インテルはこれから合計で3500万ユーロを支払わなければならない。UEFAのファイナンシャルフェアプレー違反で調査対象となったインテルにとっては、大きすぎる痛手だ。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/11/15/6158331/%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E4%BA%A4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E8%87%A8%E6%99%82%E3%81%AE%E5%87%BA%E8%B2%BB%E3%81%8C%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E7%97%9B%E6%89%8B%E3%81%AB?ICID=AR_FS_3

【監督交代で51億円の臨時出費インテル。それでも、トヒル会長、モラッティ―はマンチーニ招へいは必要なことだと語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

長友のインテル、マッツァーリ監督を解任…セリエAで9位と低迷 – サッカーキング

11-14,14 inter

日本代表DF長友佑都所属のインテルは14日、クラブ公式HPにて、ヴァルテル・マッツァーリ監督の解任を発表した。  

マッツァーリ監督は1961年生まれの53歳。2009年からナポリを率いていたが、2位に導いた2012-2013シーズン限りで指揮官を退任し、インテルと2年契約を締結した。昨シーズンはセリエAで5位に入り、2年目のシーズンに臨んでいた。  

今シーズン、インテルはセリエA第11節を終えて4勝4分け3敗、勝ち点16で9位に低迷。首位ユヴェントスとの勝ち点差は12に開き、チャンピオンズリーグ出場圏内の3位ナポリにも5差をつけられている。9日の第11節ヴェローナ戦では、終了間際に同点弾を奪われて2-2の引き分け。リーグ戦2試合勝利なしとなっている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20141114/250203.html

【長友所属のインテルがマッツァーリ監督を解任。後任は元監督のマンチーニが濃厚か??セリエA9位と低迷中◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

9位低迷のインテル、指揮官の去就はミラン戦とローマ戦の結果次第か – サッカーキング

11-13,14 inter

日本代表DF長友佑都が所属するインテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が、セリエAの今後2試合の結果に進退を懸けることになりそうだ。大手メディア『スカイスポーツ』が10日に報じている。  

23日に行われる第12節で、インテルは日本代表MF本田圭佑のミランと対戦。30日の第13節にはローマと敵地で激突する。報道によれば、同2試合の結果によってマッツァーリ監督の進退が決定される模様。首脳陣は勝利を望んでおり、同監督への信頼は今後2試合で期限を迎えると伝えられている。なお、インテルの新監督候補には、同クラブを2012-2013シーズンまで率いたアンドレア・ストラマッチョーニ氏(現ウディネーゼ監督)の名前が挙げられている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20141111/249299.html

【低迷のインテル、後任に前監督レオナルド、ストラマッチョーニの名前が挙がる。マッツァーリはミラン、ローマ戦の結果次第で去就が決まるか◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

スルナ:「コバチッチはインテルを出るべき」 - Goal.com

11-12,14 inter

クロアチア代表主将が期待の若手にアドバイス

クロアチア代表DFダリヨ・スルナは、チームメートのMFマテオ・コバチッチにインテルからの移籍を勧めている。

20歳のコバチッチは、クロアチア期待の若手。2013年1月にインテルに加入し、成長を続けているところだ。

「マテオは、イタリアでプレーする選手で最も優秀な若手の一人だ。でも、進歩したければ、違うクラブに行かなければいけない。今のインテルはトップチームではない。ほかの優れたクラブにいるような速度で成長はできないだろう」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/11/12/6058831/%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%92%E5%87%BA%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D?ICID=HP_BN_4

【コヴァチッチはインテルを出るべき。クロアチア代表の主将が期待の若手に移籍を勧める◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 解任危機のインテル指揮官を救うのは長友!? 伊紙「パラシオと長友は救急車」 (Soccer Magazine ZONE web)

11-12,14 naga

ベローナ戦でリーグ6試合ぶりに復帰した長友 

今月9日のベローナ戦でリーグ戦6試合ぶりの出場を果たしたインテルDF長友佑都が更迭危機に立たされているワルテル・マッツァーリ監督にとっての“救急車”と評価されている。地元紙コリエレ・デロ・スポルトが「パラシオ―長友 ワルテルの苦痛に対する救急車」との見出しで特集している。  

インテルは今季4勝3敗4分けで9位と精彩を欠いている。ここで、ふくらはぎの故障とインフルエンザの影響で9月28日のカリアリ戦からリーグ戦の出場がなかった長友が復帰。特集では、「ロドリゴ(・パラシオ)の成長とユウトの復帰。監督はここから再出発する、リーグの中断後に全員いいコンディションになって戻ってくる。徐々に負傷者は減っている」と指摘している。  

さらに記事ではインテルの現状に言及。

「サイドは常にマッツァーリ監督のゲームの中心だった。核となる選手の境界線の違いはわずか。開幕当初、マッツァーリ監督は4人のサイドの選手を併用した。ダンブロージオ、ドド、ジョナタン、長友。ダンブロージオと長友は柔軟で、右も左もできるが、3人が負傷した。他の選手も疲れが出た。監督はオビとエムバイエをサイドでも緊急的に起用した。結果は悪くなかったが、より確信が持てるのは本来のポジションの選手がプレーすること。そして、長友が体温計を外した」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141112-00010000-soccermzw-socc

【インテル監督の解任危機は長友とパラシオが救う!?二人の復帰がチームの調子を上向かせることが出来るか◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ