スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ロメル・ルカク

ギュンドアンの移籍金が鍵? ドルトムント、史上最高額でのルカク獲得に本腰か (ISM) - Yahoo!ニュース

ドルトムントがルカクの獲得に史上最高額提示の本気 ギュンドアンの移籍金が鍵に

ドルトムント(ドイツ)がMFイルカイ・ギュンドアンの退団を見据え、エヴァートン(イングランド)FWロメル・ルカクの獲得に本腰を入れ始めたようだ。ギュンドアンについてドルトムント側は公式見解を発表していないが、マンチェスターC(イングランド)への移籍は避けられないものと思われる。  

こうしたなか、お膝元の『ルール・ナッハリヒテン』(電子版)は18日、「ハンブルガーSVとの試合に勝ったBVB(ドルトムントの略称)だが、ギュンドアンを巡るレースには敗れた」「移籍実現の可否は、両クラブが移籍金で合意できるかどうかにかかっている」「契約期間の残りを考慮すれば、2500万ユーロから3000万ユーロ(約31億円から37億円)だろう」と推測した。  

同紙はさらに「ブンデスリーガでバイエルンと張り合い、各大会でタイトルをねらうには、パズルのピースが2、3個欠けている。そのうちの1ピースがルカクを意味しているように思われる」と続け、「我々の掴んだ情報によれば、BVBはこれまで以上にルカクに関心を寄せている。ただし、市場価格約3500万ユーロ(約43億円)の同選手については、財力のある欧州の数クラブがすでにねらいを定めている」と、厳しい争奪戦になるとの見解を記した。  

その“財力のある”クラブだが、ルカクの父親、ロジェ・ルカク氏は3月にベルギー『Het Laatste Nieuws』に対し、「「アトレティコ・マドリー(スペイン)、バイエルン、ユヴェントス(イタリア)、チェルシー、マンチェスターU(以上イングランド)が関心を示していることは知っている」とコメントしている。

全文はソース元で

引用元 : ギュンドアンの移籍金が鍵? ドルトムント、史上最高額でのルカク獲得に本腰か (ISM) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントがルカクの獲得に史上最高額提示の本気 ギュンドアンの移籍金が鍵に】の続きを読む

チェルシーが移籍市場で得た10の「利益」。獲得時よりも高値で売却された選手たち (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

最高で60億円!チェルシーが移籍市場で「利益」を出した10の選手

大手データサイト『squawka.com』は、「アブラモビッチ会長のチェルシーが利益を得た10の移籍」を公開した。かつてのチェルシーは、欧州各地から高額な移籍金で選手をかき集めていたが、近年では必要に応じてピンポイントな補強を続けている。

その一方で、他クラブへ移籍させる場合は高値で売却することに成功している。今回は、ロマン・アブラモビッチ会長のもとチェルシーが売買で利益を得た10人の選手を紹介しよう。

ペトル・チェフ

【獲得金額】
700万ポンド(約13億8600万円/2004年7月):レンヌ
【売却金額】
1000万ポンド(約19億2000万円/2015年7月):アーセナル

ダビド・ルイス

【獲得金額】
2130万ポンド(約27億2600万円/2011年1月):ベンフィカ
【売却金額】
5000万ポンド(約87億円/2014年7月):パリ・サンジェルマン

ロメル・ルカク

【獲得金額】
2000万ポンド(約25億2000万円/2011年8月):アンデルレヒト
【売却金額】
2800万ポンド(約25億2100万円/2014年7月):エバートン

フアン・マタ

【獲得金額】
2350万ポンド(約30億円/2011年8月):バレンシア
【売却金額】
3700万ポンド(約63億2700万円/2014年1月):マンチェスター・ユナイテッド

ケビン・デ・ブライネ

【獲得金額】
670万ポンド(約7億9700万円/2012年1月):ゲンク
【売却金額】
1670万ポンド(約25億2100万円/2014年1月):ヴォルフスブルク

ウェイン・ブリッジ

【獲得金額】
700万ポンド(約13億2300万円/2003年7月):サウサンプトン
【売却金額】
1200万ポンド(約17億5200万円/2009年1月):マンチェスター・シティ

タル・ベン・ハイム

【獲得金額】
フリーエージェント(2007年7月):ボルトン
【売却金額】
500万ポンド(約9億6000万円/2008年7月):マンチェスター・シティ

スティーブ・シドウェル

【獲得金額】
フリーエージェント(2007年7月):ボルトン
【売却金額】
500万ポンド(約9億6000万円/2008年7月):アストン・ヴィラ

アリエン・ロッベン

【獲得金額】
1200万ポンド(約23億7600万円/2004年7月):PSV
【売却金額】
2100万ポンド(約49億3500万円/2007年8月):レアル・マドリー

エイドゥール・グジョンセン

【獲得金額】
400万ポンド(約6億5200万円/2000年7月):ボルトン
【売却金額】
800万ポンド(約17億1200万円/2006年7月):バルセロナ

(※編注:記事内の金額はいずれも当時レート)

全文はソース元で

引用元 : チェルシーが移籍市場で得た10の「利益」。獲得時よりも高値で売却された選手たち (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【最高で60億円!チェルシーが移籍市場で「利益」を出した10の選手】の続きを読む

エヴァートンFWルカクはゲームの名手…『FIFA』最新作トーナメントで優勝 | サッカーキング

ルカク、ガチ勢参加の「FIFA」のゲーム大会で優勝!【動画あり】

via:@SoccerKingJP

エレクトロニック・アーツ株式会社(EA)は16日、シンガポールにて人気サッカーゲーム最新作『FIFA16』のプレビュー・イベントを行った。  

さらにはプロ・プレイヤー・トーナメントも開催。『FIFA』シリーズのアジアの名手たちが招待されたイベントには日本からも「FIFAインタラクティブ ワールドカップ 2015」のファイナリストだったマイキーさんが参戦した。さらにはバークレイズ・アジア・トロフィーに参加中のエヴァートンの選手も登場。ロメル・ルカク、ケヴィン・ミララス、ティアス・ブラウニング、ブレンダン・ギャロウェイが各代表者とタッグを組んで、4チームによるトーナメントを行った。  

1回戦ではルカクチームがブラウニングチームに勝利。マイキーさんと組んだギャロウェイチームがミララスチームを退けて決勝戦に進出した。ルカクチームがレアル・マドリード、ギャロウェイチームがバルセロナを使用し、“エル・クラシコ”で行われたファイナルはルカクチームが4-2で勝利し、見事にタイトルを獲得している。

全文はソース元で

引用元 : エヴァートンFWルカクはゲームの名手…『FIFA』最新作トーナメントで優勝 | サッカーキング

【ルカク、ガチ勢参加の「FIFA」のゲーム大会で優勝!【動画あり】】の続きを読む

代理人のライオラ氏、ルカクを高評価「D・コスタより優れている」 | サッカーキング

4-6,15 ru

エヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクの代理人を務めるイタリア人ミーノ・ライオラ氏が、イタリアのクラブに移籍することはないことを明言した。4日付のイタリア紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。  

一方で「私はイタリアのクラブが彼のようなスーパースターを獲得できるとは思えない」と、イタリアのクラブでは、ルカクの獲得に必要な金額を払うことが出来ないと予測した。  

一方で「私が昨年の夏もルカクの代理人を務めていたならば、恐らくエヴァートンと契約を結ぶようには言わなかっただろう。私は彼にチェルシーの一員であって欲しかった」と、同選手が今シーズンからエヴァートンへ完全移籍したことに否定的な考えを示している。  

続けて、「ルカクはジエゴ・コスタよりも優れた選手だと思う。今シーズン、ジエゴ・コスタがやっていることをルカクもできただろう」と続け、ルカクが、現在チェルシーでプレーするスペイン代表FWジエゴ・コスタと遜色ない活躍が出来るとして、高く評価していることを明かした。

全文はソース元で

 
引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20150406/299331.html

【代理人のライオラ「ルカクはD・コスタより優れている。セリエAはスーパースターを獲得できない」】の続きを読む

第2次モウリーニョ政権で戦力外になったベスト11が強すぎると話題に | サッカーキング

2-4,15 che

ジョゼ・モウリーニョ監督がチェルシーに復帰した2013年6月以来、同監督から戦力外を通告されたベストイレブンが「強すぎる」と話題になっている。3日のイギリスメディア『スカイスポーツ』などが報じた。  

昨夏には主力だったブラジル代表DFダヴィド・ルイス(現パリSG)をはじめ、元イングランド代表MFフランク・ランパード(現マンチェスター・C)とDFアシュリー・コール(現ローマ)の放出を決行し、今冬の移籍市場では昨夏のブラジル・ワールドカップで優勝に貢献したドイツ代表MFアンドレ・シュールレをヴォルフスブルクへ放出するなど、自身の構想外となった選手に大鉈を振るっている。

■2013年6月以降にチェルシーで戦力外となった選手のベストイレブン(布陣:4-2-3-1)
▼GK
マーク・シュウォーツァー(15年1月〜レスター)
▼DF
ライアン・バートランド(15年1月〜サウサンプトン)
ダヴィド・ルイス(14年6月〜パリSG)
ジェフリー・ブルマ(13年6月〜PSV)
アシュリー・コール(14年7月〜ローマ)
▼MF
マイケル・エッシェン(14年1月〜ミラン)
フランク・ランパード(14年8月〜マンチェスター・C)
アンドレ・シュールレ(15年1月〜ヴォルフスブルク)
フアン・マタ(14年1月〜マンチェスター・U)
ケヴィン・デ・ブライネ(14年1月〜ヴォルフスブルク)
▼FW
ロメル・ルカク(14年7月〜エヴァートン)


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150204/278002.html

【第2次モウリーニョ政権で戦力外になったチェルシーベスト11が強すぎる】の続きを読む

プレミアで脳振とうに関する規則変更、意識ない選手は交代 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

8-7,14 pre

【AFP=時事】イングランドサッカー協会(Football Association、FA)は5日、試合中の脳振とうに関する新規則を発表し、意識をなくしている疑いのある選手は交代を義務づけることを明らかにした。

昨シーズンのリーグ戦、またW杯ブラジル大会(2014 World Cup)で、頭部を激しく打った選手がその後もプレーを続行する場面が何度も見られたことを受け、FAは、手続きを厳格化して脳振とうのリスクを減らすことを決めた。

新たなガイドラインは、選手の処置について「一定時間、意識を失っていることが確認された、または疑われた選手は、プレーフィールドから出され、復帰は認められない」と定めている。

「事態の経過について疑問点があれば、審判団やほかの選手から聞き取りを行ってもよい。事態について、ピッチ脇もしくは控室への通路でリプレー映像が見られる場合は、それを使って経過を確認することもある」

「意識を失っていないとみられる場合は、フィールド上もしくはタッチラインの外で確認を行う」
 
プレミアリーグでは、各チームの医療スタッフが脳振とうの兆候を見極める際の補佐として、全試合で「トンネル・ドクター」を通路に配置することが義務づけられる。
 
これまでのFAの規則では、頭部を負傷した選手も「医療資格を有する者が許可した場合、試合に復帰できる」とされていた。
 
脳振とうについては昨シーズン、トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)のGKウーゴ・ロリス(Hugo Lloris)が、11月のエバートン(Everton)戦で、一時的に意識を失っているように見えたにも関わらずプレーを続行したことで、大きな話題となった。
 
フランス代表でもあるロリスは、エバートンのロメルー・ルカク(Romelu Lukaku)の膝蹴りを頭に受け意識がもうろうとしているように見えたが、本人がプレーを続けると主張した。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140806-00000017-jij_afp-socc

【プレミアリーグで脳震とうのルール改定。意識をなくしたら即交代!!以前から問題に◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

モウリーニョ:「ルカクにポジションを約束できなかった」 - Goal.com

7-31,14 mou2

チェルシーは30日、FWロメル・ルカクのエヴァートンへの完全移籍を発表した。ジョゼ・モウリーニョ監督が同選手の放出を決めた理由を語っている。

「まず何より、ロメルは自分のメンタリティーをいつも非常に明確にしていた。彼はチェルシーでのプレーを望んでいたが、ファーストチョイスのストライカーになることも明らかに望んでいた」

「我々のような規模のクラブでは、一人の選手にそれを約束するのは非常に難しいことだ。そのことで、彼が我々のチームでプレーしたいという意欲はたちまち減少した」

移籍金2800万ポンドでの放出は、ファイナンシャル・フェアプレーへの対応も意識してのことだと指揮官は語る。

「ファイナンシャル・フェアプレーは、常にチェルシー経営陣の頭にあることだ。ファイナンシャル・フェアプレーのために好影響をもたらすような動きをするチャンスがあれば、チェルシーは常に状況を分析する」

「重要なのは、彼がハッピーであり、物事が彼のためにうまくいくことだ。彼には彼のキャリアプランのやり方がある。我々にできるのは、彼の幸運を祈ることだけだ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/07/31/4994387/%E3%83%A2%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F?ICID=HP_BN_1

【【移籍】モウリーニョ「ルカクにスタメンの確約は出来なかった」とチェルシーから放出した理由を語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ルカク、2800万ポンドでエヴァートンへ完全移籍 - Goal.com

7-31,14 lukaku

チェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカク(21)はエヴァートンへの完全移籍が決定し、両クラブから発表が行われた。

昨シーズンはレンタルでエヴァートンに在籍し、プレミアリーグで16ゴールを挙げる活躍を見せたルカク。レンタル満了でチェルシーに復帰し、去就が注目されていたが、今度は完全移籍でエヴァートンに加わることになった。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/07/31/4993688/%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%AF%EF%BC%92%EF%BC%98%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%B8%87%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%A7%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%B8%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%A7%BB%E7%B1%8D?ICID=HP_BN_7

【【正式】ルカクがエヴァートンに完全移籍!!移籍金は48億円で5年契約。トフィーズは今季ダークホースに!?◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

マドリー、FWの獲得候補はファルカオかルカク - Goal.com

7-26,14 real2

26日付のスペイン『アス』は、レアル・マドリーがストライカーの獲得候補をモナコFWラダメル・ファルカオ、チェルシーFWロメル・ルカクに絞ったことを報じた。

そこで名が挙がった獲得候補は、代理人ジョルジュ・メンデス氏にマドリーに移籍する希望を伝えたとされるファルカオだ。マドリーは現在、同選手の1年レンタルの代金として1250万ユーロ、また年俸を負担することを求められているという。

モナコは移籍金5000万ユーロの4回払いでアトレティコからファルカオを獲得したとされるが、1250万ユーロはその1年分の支払いに相当。またファルカオのモナコでの年俸1400万ユーロはマドリーにとって支払いが困難な額だが、選手本人は年俸半減を受け入れる意向とされる。マドリーが来夏にファルカオの完全獲得を求める場合には、さらに3300万ユーロをモナコに支払う必要が生じるようだ。

またマドリーは、ファルカオ確保に失敗した場合、モラタ同様に将来を嘱望される若手FWルカクの獲得を目指す模様。『アス』は同選手獲得の問題として、チェルシーが移籍金として3000万ユーロを求めていることを記している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2014/07/26/4985196/%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BCfw%E3%81%AE%E7%8D%B2%E5%BE%97%E5%80%99%E8%A3%9C%E3%81%AF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%81%8B%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%AF?ICID=HP_BN_1

【【移籍】レアルがファルカオとルカクを補強候補に!!ファルカオはレンタル移籍での獲得か!?◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ルカク、エヴァートンに完全移籍も? - Goal.com

7-19,14 luka

チェルシー所属のベルギー代表FWロメル・ルカクは、レンタルの形で昨シーズンを過ごしたエヴァートンへ完全移籍する可能性が高まっているようだ。イギリス複数メディアが報じている。

チェルシーに戻るたびに新たなストライカーが加入してチャンスを得られない状況に、ルカクも移籍の意志を固めたようだ。チェルシーはこの夏にもアトレティコ・マドリーからスペイン代表FWジエゴ・コスタを獲得している。

ロベルト・マルティネス監督はルカクの再獲得を熱望し、交渉を進めてきたと見られる。『デイリー・メール』は、ルカクのエヴァートン移籍が2日以内に決定する可能性があるとも伝えている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/07/19/4968489/%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%AB%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%82%82?ICID=OP

【【移籍】ルカクがエヴァートンに完全移籍か!?チェルシーでの出場機会のなさに退団を決意か◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ