スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ロベルト・レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキにリヴァプール移籍の可能性…バイエルン退団検討か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


レヴァンドフスキ、クロップとリヴァプールで再タッグを希望か!バイエルン退団を検討と英紙報道レヴァンドフスキ、クロップとリヴァプールで再タッグを希望か!バイエルン退団を検討と英紙報道

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブ退団を検討しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が15日に報じている。  

報道によると、レヴァンドフスキはバイエルン側と契約延長に向けた話し合いを続けている一方で、移籍の可能性を模索している。移籍先候補として挙げられているのはリヴァプール。レヴァンドフスキは、ドルトムントで指導を受けたユルゲン・クロップ監督と再びタッグを組むことに興味を示していると報じられた。  

なお今回の報道では、以前からレヴァンドフスキへの関心を持っていると報じられてきたレアル・マドリードへ移籍する可能性も言及されているが、同選手の加入に際してはスター選手が同クラブを退団する必要があるため、実現は難しいとの見通しが記されている。

全文はソース元で

引用元 : レヴァンドフスキにリヴァプール移籍の可能性…バイエルン退団検討か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【レヴァンドフスキ、クロップとリヴァプールで再タッグを希望か!バイエルン退団を検討と英紙報道】の続きを読む

香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出

近年ドルトムントで育った選手がバイエルンに流れるケースが続いているものの、そのたびに穴を的確に埋めてくるドルトムントの補強は目を見張るものがある。特にユルゲン・クロップが率いていた際にはまだブレイクしていない若手選手を安価で獲得し、トップレベルの選手へと成長させるモデルが完璧に出来上がっていた。

そこで米『Breacher Report』は、過去10年間ドルトムントが夏に行った補強で大ヒットした選手をランキング化。ほとんどが最近までドルトムントでプレイしていた選手で構成されており、その中にはセレッソ大阪から引き抜かれた香川真司の名前も入っている。

6位 香川真司(セレッソ大阪→ドルトムント 2010年 35万ユーロ)
5位 イルカイ・ギュンドアン(ニュルンベルク→ドルトムント 2011年 550万ユーロ)
4位 マルコ・ロイス(ボルシアMG→ドルトムント 2012年 1710万ユーロ)
3位 マッツ・フンメルス(バイエルン→ドルトムント 2009年 420万ユーロ)
2位 ピエール・エメリク・オバメヤン(サンテティエンヌ→ドルトムント 2013年 1300万ユーロ)
1位 ロベルト・レヴァンドフスキ(レフ・ポズナン→ドルトムント 2010年 475万ユーロ)

6位に選ばれた香川は、ドルトムントの素晴らしいモデルを象徴する選手として取り上げられている。同メディアは香川を今やブンデスリーガのベストプレイヤーの1人になったと称賛しており、その香川をここまで育て上げたクロップの手腕も高く評価されている。

全文はソース元で

引用元 : 香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出】の続きを読む

香川の超絶ループと清武の豪快ボレーが、ブンデスの今季クラブ別ベストゴールに輝く! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ゴール集動画】香川と清武がブンデス公式クラブ別ベストゴールに輝く!絶妙ループ&豪快ボレー弾

ブンデスリーガ公式Youtubeチャンネルは「18 Clubs 18 Goals」という特集動画で、各クラブの今季ベストゴールを選出。ハノーバーからはMF清武弘嗣のアクロバティックなボレーシュート、ドルトムントからはMF香川真司がダービーマッチで決めた芸術的なループシュートが選出された。

今季は最下位で2部降格の憂き目にあったなかでも、清武は異彩を放っていた。スペイン強豪セビージャ移籍が濃厚となっている10番はチームをけん引し、5得点6アシストを記録した。  

そのなかで、第7節(2015年9月26日)のヴォルフスブルク戦(1-1)で決めたボレーが、今季のクラブベストゴールに認定された。後半12分、清武は右サイドからMFマヌエル・シュミーデバッハが挙げたクロスをエリア内で胸トラップし、そのまま倒れ込みながら右足の強烈なボレーで叩き込んだ。背後から来たボールを巧みにトラップする難易度の高いゴールだった。

ダービーに強い香川の記憶に残る一撃 

ドルトムントでは香川が大一番で決めたゴールが選ばれている。第29節(16年4月10日)に行われたシャルケとの「ルール・ダービー」で、後半4分にGKが一歩も動けない技ありループシュートを決めてチームに先制点をもたらした。今季はこの宿敵との対戦でホーム、アウェーともに得点を決めるなどダービーとの相性の良さを見せた。

全文はソース元で

引用元 : 香川の超絶ループと清武の豪快ボレーが、ブンデスの今季クラブ別ベストゴールに輝く! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【【ゴール集動画】香川と清武がブンデス公式クラブ別ベストゴールに輝く!絶妙ループ&豪快ボレー弾】の続きを読む

ファン選定ブンデス年間ベスト11が決定! 香川が全体4位の得票数でトップ下部門を制す (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川真司、ブンデス公式のファン選定の年間ベスト11に選出!全体4位の得票数

ブンデスリーガ公式ツイッターを通じて行われたファン投票によるベストイレブンと最優秀監督が出揃い、リーグ2位に終わったドルトムントからは日本代表MF香川真司をはじめ最多6人が選出された。18年連続で観客動員リーグトップを記録するなど、熱狂的なファンに支えられたドルトムントの人気ぶりがうかがえる結果となった。

このベストイレブン投票では、11のポジションと監督の全12カテゴリーごとに各4選手がノミネートされ、ブンデスリーガ公式ツイッターのドイツ語版と英語版で投票が1日1回ずつ行われた。4日の監督投票からスタートし、16日に全カテゴリーの結果が出揃った。  

最多選出となったのは香川をはじめ、トーマス・トゥヘル監督、DFマッツ・フンメルス、DFウカシュ・ピスチェク、MFヘンリク・ムヒタリアン、MFマルコ・ロイスの6人が選ばれたドルトムントだった。  

トップ下部門の香川は、ドイツ語版、英語版ともに候補者4人のなかで最多得票を獲得。全体の4位となる計1万9616票の支持を集めると、今季20得点を挙げたドイツ代表MFトーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)らを抑えて堂々受賞を果たした。

最多得票数を獲得したのはレバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスで5万9556票。トゥヘル監督の2万1043票、ロイスの2万590票など2位以下に大きな差をつけた。

 投票による最優秀監督とベストイレブンは以下のとおり。
■監督
トーマス・トゥヘル(ドルトムント) 2万1043票 
■GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン) 9171票
■右SB
ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント) 1万3068票
■CB(1)
マッツ・フンメルス(ドルトムント) 1万3892票
■CB(2)
ジェローム・ボアテング(バイエルン) 9407票
■左SB
ダビド・アラバ(バイエルン) 1万6225票
■守備的MF
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン) 8497票
■左MF
マルコ・ロイス(ドルトムント) 2万590票
■右MF
ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント) 1万1299票
■トップ下
香川真司(ドルトムント) 1万9616票
■FW(1)
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン) 1万4579票
■FW(2)
ハビエル・エルナンデス(レバークーゼン) 5万9556票

全文はソース元で

引用元 : ファン選定ブンデス年間ベスト11が決定! 香川が全体4位の得票数でトップ下部門を制す (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川真司、ブンデス公式のファン選定の年間ベスト11に選出!全体4位の得票数】の続きを読む

レアル会長、ロナウド&ベンゼマを一気に放出か!? 来季へ向けて3選手を補強へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


レアル、ロナウド&ベンゼマを放出でアザール、デ・ヘア、レヴァンドフスキを狙う

レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、すでに来季へ向けたプランを練り始めている。スペイン紙『スポルト』によると、何とペレス会長はFWクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマの売却を考えているという。

この2人は最近ピッチ外で問題行動を起こしている。ベンゼマはマテュー・ヴァルブエナのセックステープを巡る問題で警察沙汰にまで発展した。一方のロナウドはパリ・サンジェルマン行きを仄めかす行動を取り、移籍もあり得るといった発言もしている。同メディアはペレス会長が2人のゴタゴタを処理するのに疲れていると伝えており、一気に2人をチームから出してしまうプランを練っている。

そして、2人の売却益を使って豪華な選手を揃える考えだ。メインターゲットはバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキだ。

さらにGKにはダビド・デ・ヘアを迎える。ケイロル・ナバスがフィットしているものの、ペレス会長はデ・ヘアを釣り上げようと必死だ。そしてチェルシーMFエデン・アザールだ。

全文はソース元で

引用元 : レアル会長、ロナウド&ベンゼマを一気に放出か!? 来季へ向けて3選手を補強へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【レアル、ロナウド&ベンゼマを放出でアザール、デ・ヘア、レヴァンドフスキを狙う】の続きを読む

ドルトムント初シーズンを振り返るレヴァンドフスキ、のちに感謝するクロップの起用法に「腹を立てていた」 (GOAL) - Yahoo!ニュース


レヴァンドフスキ「クロップに怒っていた」成長させてくれて感謝と語る理由とは

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキは、ボルシア・ドルトムントに加入した初シーズン、ユルゲン・クロップ監督に不満を抱いていたそうだ。イギリス『フォー・フォー・トゥー』で、10月からリヴァプールを率いている指揮官について話している。

そんなレヴァンドフスキは、ドルトムント加入当初にクロップ監督の起用法に疑問を抱いていた。自身は当時、センターフォワードとして「ステップアップしたい」と意気込んでいたのにも関わらず、「急に10番の位置でプレーすることになった」と、セカンドストライカーやトップ下の起用に戸惑っていたという。

「最前線でプレーしたかったから、かなり腹を立てていたね。しかし、僕は翌年になってからそのポジションでどれほどのことを学んだか実感したんだ。『君はより優れた選手になった』、と自分にそう言えたね」 かつての不満は、感謝の気持ちに変わった。

「監督がなぜ、僕を10番の位置で起用したのか理解したんだ。彼は僕をより完成したプレーヤーに育ててくれた」

2010-11シーズンのドルトムントでは、FWルーカス・バリオスがワントップを務めていた。レヴァンドフスキはMF香川真司の代わりに投入されることが多く、リーグ戦33試合に出場するも、先発出場したのは香川が長期離脱を強いられた後の後半戦だった。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント初シーズンを振り返るレヴァンドフスキ、のちに感謝するクロップの起用法に「腹を立てていた」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【レヴァンドフスキ「クロップに怒っていた」成長させてくれて感謝と語る理由とは】の続きを読む

レヴァンドフスキにペップも脱帽 「こんなの見たことがない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

レヴァンドフスキの9分間5得点に”乙女”ペップ「こんなの見たことがない」

バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督は、22日のブンデスリーガ第6節ヴォルフスブルク戦で、後半開始からFWロベルト・レヴァンドフスキを投入したとき、彼がチームを逆転に導くことを期待していただろう。だが、まさかこれほどの偉業を達成するとは、さすがのグアルディオラ監督も思っていなかったようだ。

「現役時代も監督になってからも、このようなことは見たことがない。9分間で5ゴール…ヴォルフスブルク相手に、簡単ないことではないね。ロベルトと一緒に、とても喜んでいるよ。バイエルンにとっても良いことだ。彼の自信のため、これからのために非常に重要なことだね」

一方、ヴォルフスブルクのディーター・ヘキング監督も脱帽だ。クラブ公式ウェブサイトがコメントを伝えた。 「彼らのゴールについては、部分的にも運もあったかもしれない。だが、我々にとって、あってはならないことだ。9分で5失点はダメだよ」

全文はソース元で

引用元 : レヴァンドフスキにペップも脱帽 「こんなの見たことがない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【レヴァンドフスキの9分間5得点に”乙女”ペップ「こんなの見たことがない」】の続きを読む

香川の元同僚レバンドフスキ、9分間で5ゴール! バイエルン、ヴォルフスに逆転勝利 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

レヴァンドフスキが9分間で5得点の偉業達成!ヴォルフスブルク相手に逆転大勝【ハイライト動画】

【バイエルン・ミュンヘン 5-1 ヴォルフスブルク ブンデスリーガ 第6節】  

ブンデスリーガ第6節が現地時間の22日に行われ、バイエルン・ミュンヘンはホームでヴォルフスブルクと対戦した。  

すると26分、ヴォルフスブルクは中央から右サイドのMFダニエル・カリジウリにボールを送ると、冷静にGKの位置を確認し先制点を決める。  

FWロベルト・レバンドフスキが一変する。後半から途中出場を果たすと51分、ゴール前でクロスに詰めて早速同点弾を決める。直後の52分にはミドルシュートを突き刺し逆転弾を決めると、55分にも追加点を決め、わずか4分間でハットトリックを達成した。  

一気に形勢を逆転したバイエルンは、その後もレバンドフスキが立て続けに57分にゴール、60分に美しいボレーシュートを決める。なんと9分間で5ゴールを決める偉業を成し遂げた。

【得点者】
26分 0-1 カリジウリ(ヴォルフスブルク)
51分 1-1 レバンドフスキ(バイエルン)
52分 2-1 レバンドフスキ(バイエルン)
55分 3-1 レバンドフスキ(バイエルン)
57分 4-1 レバンドフスキ(バイエルン)
60分 5-1 レバンドフスキ(バイエルン)


全文はソース元で

引用元 : 香川の元同僚レバンドフスキ、9分間で5ゴール! バイエルン、ヴォルフスに逆転勝利 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【レヴァンドフスキが9分間で5得点の偉業達成!ヴォルフスブルク相手に逆転大勝【ハイライト動画】】の続きを読む

お金をかけるだけが補強じゃない! 0円移籍で活躍した選手ランキング (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

「0円移籍」で活躍してきた名選手ランキングトップ10 1位は・・・

0円でも豪華な陣容を作ることは可能?

以下のランキングは、『テレグラフ』が移籍金ゼロで加入した選手の中で、最も活躍したと思える選手をピックアップしたものだ。中には次の“就職先”がほぼ内定していたパターンもあるが、錚々たる選手たちが「0円移籍」をしていることに驚く。

10位:ジェームズ・ミルナー(マンC→リバプール)

9位:ラウール(レアル・マドリード→シャルケ)

レアル・マドリードで16年間プレイしたラウールは、新たな挑戦の場にシャルケを選んだ。33歳とピークを過ぎたように思える年齢だったが、シャルケに在籍した2シーズンで通算40ゴールを記録。欧州カップ戦での得点記録も塗り替え、改めてトップレベルのストライカーであることを証明した。ラウール在籍時のシャルケは、11-12シーズンにクラブ初のチャンピオンズリーグベスト4入りを果たすなど、欧州の舞台でも好成績を残した。

8位:ロベルト・バッジョ(ミラン→ボローニャ、インテル→ブレシア)

ミランでファビオ・カペッロ監督の構想外となったバッジョは、自慢のポニーテールを切り落としてボローニャへ移籍。当時30歳のバッジョはセリエAで22ゴールを挙げ、1998フランスワールドカップのメンバーにも選ばれた。その後インテルに移籍したが、2000年に再びフリーでブレシアに加入。ブレシアでも95試合に出場して45ゴールを挙げる活躍を見せた。バッジョが着けた背番号10は永久欠番となっている。

7位:ヘンリク・ラーション(セルティック→バルセロナ)

6位:エステバン・カンビアッソ(レアル・マドリード→インテル→レスター)

カンビアッソは2004年にレアル・マドリードを退団し、0円でインテルに加入。その後2014年にも同様に0円でレスターに加入。これほどの名選手ながら、移籍金が発生していない珍しいキャリアを歩んでいる。レスターでもベテランとしてチームを引っ張り、クラブの年間最優秀選手賞にも選ばれた。

5位:ソル・キャンベル(トッテナム→アーセナル) 

4位:ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント→バイエルン)

ドルトムントで74ゴールを挙げ、世界的に有名となったレヴァンドフスキは2014年にバイエルンへフリーで加入。その前年からバイエルン移籍の噂は絶えなかったが、1年間ドルトムントに残留し、0円で移籍した。チームとしてのタイトル獲得数や得点王の個人タイトルの面でもドルトムント時代の方が優秀に見えるが、同選手はバイエルンにとって欠かせない選手となっている。

3位:ポール・ポグバ(マンU→ユヴェントス)

ファーガソンのためらいはユヴェントスの進歩を手助けすることになってしまった。「僕はイライラを感じていた。ファーガソンへの敬意を欠いたことはないが、彼は僕を起用しなかった」との手厳しい言葉を残し、マンUで3試合しか出場しせずにユヴェントスへ移籍。そして今や世界で最も高価なMFとなった。マンUが再びポグバを取り戻すには6000万ポンドは必要になる。

2位:スティーブ・マクマナマン(リバプール→レアル・マドリード) 

1999 リバプールでウインガーとして活躍したマクマナマンはFAカップ、フットボールリーグカップ優勝を経験し、自身もアシスト王を獲得した。一時はバルセロナに1200万ポンドの移籍金で売却する話もあったが、結局合意できず、1999年にフリーでレアル・マドリードに加入。レアルではチャンピオンズリーグ決勝のバレンシア戦で得意のボレーシュートを決め、チームの優勝に貢献。在籍した4年間でチャンピオンズリーグを2回、国内リーグを2回制覇した。イングランドからスペインに渡った選手で最も成功した事例といわれている。

1位:アンドレア・ピルロ(ミラン→ユヴェントス) 

2011 2011年にミランとの契約延長を断ってユヴェントスへ加入したピルロは、キャリアの下降線にあるある選手と思われながらもセリエA4連覇に大きく貢献し、チームに欠かせない選手となった。一方でピルロがいなくなったミランは欧州の舞台から遠ざかってしまっている。今夏にMLSへ渡ったが、まだ彼を老人と判断するのは早いかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : お金をかけるだけが補強じゃない! 0円移籍で活躍した選手ランキング (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【「0円移籍」で活躍してきた名選手ランキングトップ10 1位は・・・】の続きを読む

マンUが新ストライカー探しに躍起 レバンドフスキ獲得を熱望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

マンU監督ファン・ハール、レヴァンドフスキ獲得を熱望!移籍金は66億円か

今夏、マンチェスター・ユナイテッドは、フランス代表MFモルガン・シュナイデルランや、ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンなどとの大型契約を成立させてきた。現在は、ロビン・ファン・ペルシーのフェネルバフチェへの移籍が決まり、FWの補強に躍起のようだ。  

そのターゲットの1人がバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキだ。ドルトムント時代から彼を高く評価するルイス・ファン・ハール監督は、彼の獲得を熱望している。  

しかし、その道のりは、かなり難しいも のになっているようだ。英地元紙「デイリー・メール」によれば、レバンドフスキの代理人は「将来的なイングランドや、スペインへの移籍の可能性を否定しないが、今夏に移籍する意思はない」と表明。また、バイエルン側も最低でも350万ポンド(約66億円)の移籍金を要求する構えだとして、「ユナイテッドは打撃を受けた」と報じている。

全文はソース元で

引用元 : マンUが新ストライカー探しに躍起 レバンドフスキ獲得を熱望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンU監督ファン・ハール、レヴァンドフスキ獲得を熱望!移籍金は66億円か】の続きを読む

このページのトップヘ