スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ロベルト・マンチーニ

戦力外から一転、長友のインテル愛が実を結ぶ クラブが2年の契約延長オファーへ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


フェニックス長友、インテルとの2年の契約延長へ!戦力外からスタメンへまたも這い上がる

インテルの日本代表DF長友佑都は、今季開幕前にトルコ強豪ガラタサライなどへの放出要員となっていた。親善試合では控え組の攻撃的MFという本職ではないポジションで起用されるなど戦力外状態だったが、不屈の闘志の持ち主はロベルト・マンチーニ監督の信頼を完全に取り戻した。そして、2018年6月まで契約延長というご褒美を手にするという。

今季限りでインテルとの契約が満了となる長友だが、干されてもアッピアーノ・ジェンティーレの練習場で休日返上トレーニングを続けるなど、愚直に貫いてきたインテル愛とプロ意識がついに報われようとしている。  

地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」の番記者、マッテオ・デッラ・ヴィーテ記者は、日本のダイナモに対するインテルの契約延長の動きをこう語っている。

「インテルは長友と1年間の契約延長オプション付きの1年契約を延長する。マンチーニは長友を気に入っているからね」

全文はソース元で

引用元 : 戦力外から一転、長友のインテル愛が実を結ぶ クラブが2年の契約延長オファーへ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【フェニックス長友、インテルとの2年の契約延長へ!戦力外からスタメンへまたも這い上がる】の続きを読む

インテル指揮官「3、4人は教えよう」 DF長友の先発起用を明言 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


インテル長友、監督が”予告先発”するほどの信頼を勝ち取る!フロジノーネ戦スタメンへ

インテルのロベルト・マンチーニ監督は21日、フロジノーネ戦へ向けての前日会見に出席した。語った内容をクラブ公式サイトが伝えている。指揮官は先発メンバーについて、「3、4人は教えよう」とユーモアたっぷりにコメント。日本代表DF長友佑都の先発起用を明言している。  

指揮官は「こういった試合はどのチームにとっても難しい。フロジノーネは素晴らしいシーズンを過ごしているところだ。簡単な試合にはならない。今日、簡単に勝てる試合は見当たらないね」と見通しを語った。  

先発について話が及ぶと、「明日のシステム? 3、4人は教えよう」とニヤリ。「GKサミール・ハンダノビッチにMFジョフレイ・コンドグビア、それに長友にMFフェリペ・メロだ」と明かしている。

全文はソース元で

引用元 : インテル指揮官「3、4人は教えよう」 DF長友の先発起用を明言 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【インテル長友、監督が”予告先発”するほどの信頼を勝ち取る!フロジノーネ戦スタメンへ】の続きを読む

スタメン復帰! インテルが突然、長友佑都を必要とした理由 (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース


帰ってきた長友佑都!!インテルが突然必要とした理由と去就は!?

長友佑都が帰ってきた! というより、もう出て行かないと言ったほうが正しいか。今、長友はインテルのピッチで居場所を取り戻しつつある。 どうなる長友佑都の去就。インテル契約延長の可能性も急浮上  ロベルト・マンチーニ監督はこれまでもずっと長友を人間として、プロとしてリスペクトしてきた。しかし今シーズンになってからは、彼は長友ではない選手を選んできた。右SBにはサントン、左SBにはフアン・ヘススかテレス。だが先週、1週間で3試合をこなしたインテルで、長友はポジションを取り戻した。  

しかもこれは決して偶然でも、やむなくの起用でもない。今のインテルのDFに怪我人や出場停止の選手はおらず、マンチーニは全ての選手を自由に使える状態だった。その中から彼が長友を選んだのは、長友がパレルモやローマのウィングと対峙するにあたって、きちんとした仕事をしてくれると判断したからだ。彼の豊富な運動量とスピードがこれらの試合には必要だったのだ。

控えだったこの何ヵ月かの間も、いつ出番が回ってきても応えられるよう、長友がモチベーションを落とさず懸命に練習を続けてきたおかげだろう。今、長友はマンチーニにとって必要な選手となり、セリエAの上位を占めるインテルの本当の一員となっている。
 
こうなってくると長友の未来がどうなるかが気になってくる。彼のインテルとの契約は2016年6月で切れるが、いまだ更新はされていない。もしインテルが彼を留めるつもりであれば、早急に話し合いを開始しなければいけないだろう。もしかしたらこの1~2週間のうちに全てが決まる可能性も高い。次の週末の試合が終われば、リーグは代表戦のため休みとなる。ピッチ内外での様々な状況を落ち着いて考慮する時間もできるはずだ。
 
いくつかのイングランドのチームがこの1月に長友を欲しがっているのは確かである。だがおそらく長友自身はこのままミラノに残り、インテルがスクデットを勝ちとるのに手を貸すことを望むのではないかと思われる。こんなチャンスは滅多にないことだ。

今シーズンはインテルにとってスクデットを勝ち取る最大のチャンスだ。特に直接のライバルであるローマを破ったことで、今後も上位に留まる可能性が高くなった。これまで4連覇を果たしてきたユベントスは、すでにアンタッチャブルな存在ではなくなっている。ナポリはまだ完璧にチームとして仕上がっていないし、ミランもスタートダッシュでつまづいた。今、インテルの上にいるのはフィオレンティーナだけだが、彼らにも限界は見える。
 
つまり、今シーズンのセリエAはこれまでのユベントス一極体制とは違い、どこのチームにも優勝の可能性があるということだ。きっと最後の最後までスクデットの行方はわからないだろう。その中でもインテルは欧州カップ戦がないだけ、よりリーグ戦に集中できる。久々にスクデットを手に入れるには、またとないチャンスなのだ。
 
だからこそ長友はインテルに残りたいだろうし、そのために最大の努力をしている。そしてそのプロ精神と真摯に仕事に向かう姿勢こそが、今度は優勝を狙うマンチーニとインテルにとって大事なものになりつつあるのだ。

マッテオ・ブレーガ●文 text by Matteo Brega
利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

全文はソース元で

引用元 : スタメン復帰! インテルが突然、長友佑都を必要とした理由 (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

【帰ってきた長友佑都!!インテルが突然必要とした理由と去就は!?】の続きを読む

インテルがまさかのピルロ復帰を狙う? マンチーニが「電話攻撃」と報道 (GOAL) - Yahoo!ニュース


インテルにピルロが電撃復帰か!?マンチーニがラブコールの嵐

イタリア『スポーツ・メディアセット』が3日、驚きのニュースを報じた。インテルのロベルト・マンチーニ監督が、ニューヨーク・シティMFアンドレア・ピルロの獲得に動いているという。

ピルロは1998年から3年にわたってインテルに在籍。だが、出場機会に恵まれず、レッジーナやブレッシァにレンタル移籍し、2001年にライバルのミランに移籍した。以降のキャリアは、記すまでもないだろう。

マンチーニ監督は、そのピルロのインテル復帰を狙っているという。電話で誘っているそうだ。マンチーニ監督の「電話攻撃」は、この夏もMFジェフリー・コンドグビアらの獲得につながっている。

カリスマ指揮官が狙うのは、かつてミランにレンタル移籍した元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏のような、MLSのシーズンオフを生かした欧州への短期レンタル移籍だ。だが、ピルロ本人はMLSのシーズン終了時、「欧州に戻ることはない」と話している。

全文はソース元で

引用元 : インテルがまさかのピルロ復帰を狙う? マンチーニが「電話攻撃」と報道 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【インテルにピルロが電撃復帰か!?マンチーニがラブコールの嵐】の続きを読む

ローマとの大一番で先発を勝ち取った長友「努力を続けることが大事」 | サッカーキング


2-11,15 naga2

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、10月31日に行われたセリエA第11節でローマと対戦し、1-0で勝利を収め、暫定ながら首位に返り咲いた。試合後、フル出場を果たした長友がコメントを残した。  

今シーズンすでに25得点を奪っている強力な攻撃陣を擁するローマとの一戦で、フル出場を果たし勝利に貢献。試合後に今シーズン初めて記者団の取材に応じた長友は、「非常にうれしいです。格別ですね、やはり」と喜ぶと、「チーム全体で前の選手も必死に守備をしてくれたんで、ディフェンス(陣)だけでは絶対に止められない相手だった。みんなで守備ができて本当によかった」とチーム一丸で得た結果に満足感を示した。  

ここまで出場機会が少ない状況が続いたものの、「ここ何カ月か試合に出れない中で自分の長所と短所をしっかり見つめ直して、それを徹底的に練習から120パーセントやっていたんで、それが今のコンディションにつながっていると思う」と好パフォーマンスを見せることができた理由を明言。さらに、「努力をいかに続けられるかが一番大事。こうやってチャンスが来た時につかめるかどうかというのも、その努力をしたかどうかが一番大事だと思う」と、自身を衝き動かす信念を明かした。  また、努力で出場機会を勝ち取ったことから、「モチベーションは上がってきてますよ」と明かすと、「ピンチはチャンスじゃないですけれど、ホントに大きなピッグチャンスだと思ってやっている」と語り、虎視眈々とレギュラー奪還を狙っている模様。  

だがその一方で、監督からの信頼については、「(実感は)全然ないですよ。まだまだアピールしなければいけないし、まだ2試合に出ただけなんで」とコメントし、まだ満足していない様子を明かすと、「明日にでも評価が変わってしまうのがこの世界。とにかく集中して1試合、1試合を全力で、すべてピッチの上で表現したい」と意気込みを語った。

全文はソース元で

引用元 : ローマとの大一番で先発を勝ち取った長友「努力を続けることが大事」 | サッカーキング

【ローマ戦で大活躍のインテル長友、マンチーニも称賛「努力を続けることが大事」【タッチ集動画】】の続きを読む

監督がユーティリティー性を買っている? 長友、冬からインテルと契約延長交渉の可能性も (GOAL) - Yahoo!ニュース

長友佑都、インテルと冬にも契約延長交渉か!?マンチーニはユーティリティー性を評価とも

インテルDF長友佑都はこの夏、去就が騒がれながらもチームに残留した。インテル専門サイト『fcinternews.it』は、長友が冬から契約延長交渉に臨む可能性を伝えている。

長友の共同代理人であるフェデリコ・パストレッロ氏は先日、イタリア国内ではインテル以外でプレーしたくないという長友の希望から、ジェノヴァ勢への移籍は実現しなかったと明かし、今後については契約延長、1月の移籍、シーズン後のフリーでの移籍の3つの可能性について検討していくと述べている。

『fcinternews.it』によると、その3つの可能性のうち、長友とインテルが契約延長を選ぶかもしれないという。ロベルト・マンチーニ監督の構想外と言われていた長友だが、指揮官は次第に長友のユーティリティー性を買うようになってきたそうだ。 ただし、同メディアは、まだ長友サイドとインテルの間にコンタクトはないとも伝えている。12月初旬など、今年終盤に契約延長について話し合われるかもしれないようだ。

全文はソース元で

引用元 : 監督がユーティリティー性を買っている? 長友、冬からインテルと契約延長交渉の可能性も (GOAL) - Yahoo!ニュース

【長友佑都、インテルと冬にも契約延長交渉か!?マンチーニはユーティリティー性を評価とも】の続きを読む

インテル、スナイデル復帰を画策か…今冬もガラタサライから引き抜きへ | サッカーキング

インテル、スナイデルの復帰を画策か!?ガラタサライから大量補強

日本代表DF長友佑都が所属しているインテルのロベルト・マンチーニ監督が、ガラタサライ所属のオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルの獲得を画策していることが判明した。9日付のトルコ紙『Aktif Haber』が伝えている。  

今夏の移籍市場で、古巣ガラタサライから2人のブラジル人選手、MFフェリペ・メロとDFアレックス・テレスの引き抜きに成功したマンチーニ監督。さらに、今冬の移籍市場でスナイデルとトルコ代表DFセミフ・カヤの獲得も検討しているという。  

インテルでプレーした経験を持つスナイデルに関しては、現在2016年6月30日までとなっているガラタサライとの契約を延長できなかった場合に、獲得に乗り出すことが予想されている。  
全文はソース元で

引用元 : インテル、スナイデル復帰を画策か…今冬もガラタサライから引き抜きへ | サッカーキング

【インテル、スナイデルの復帰を画策か!?ガラタサライから大量補強】の続きを読む

長友はなぜインテルに残留したのか? 戦力外扱いも移籍に至らなかった2つの背景 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

長友佑都がインテルを退団、移籍しなかった2つの要因とは?

現地時間1日、イングランドを含む全ての欧州主要リーグの移籍市場が締め切りとなった。インテルで戦力外扱いをされていた日本代表DF長友佑都の移籍は決定的という見方も強かったが、移籍市場最終日まで長友獲得を発表するクラブは現れず、インテルに残留することが決定した。多くのクラブへの移籍が報道されていたが、なぜ長友はインテルに残留することになったのか。そこには、2つの背景が隠されていた。


練習での戦力外扱いに始まり、ジェノバの2チームにガラタサライにレスターやレバンテと移籍の噂はたったが、残留が決定的となった。ただしポルトガルの移籍市場がクローズとなるのは9月22日で、噂通りベンフィカが興味を持っているなら獲得できる状況でもあるのだが…。
 
さて長友については、ポリバレント性や走力をマンチーニが再評価したという報道もあり、現にカルピ戦では途中交代の一番手として右SBで使われている。もっともここまでポジションをたらい回しにされていたし、地元記者の中には「売れなかった、というのが正しいのではないか」という見方をするものもいる。もっとも高値で売れないのなら、無理して長友を放出する理由もクラブにはなくなっていた。

インテルはこの夏、2つの必要に迫られていた。まずはトップチームの登録メンバーが25人に制限されたルールへの適応と、補強費用の回収である。
 
以下はお金の話になる。エリック・トヒル新会長へ経営権が移っても負債が滅却しきれず、インテルがUEFAファイナンシャル・フェアプレーの対応に追われていたのは周知のとおり。

ただマンチーニ監督は大型補強を欲し、モナコからジョフレイ・コンドグビアを獲得するために3000万ユーロ(約40億5000万円)、イバン・ペリシッチには1600万ユーロ(約21億600万円0)の移籍金を使わせた。
 
ミランダやステファン・ヨベティッチの獲得はさしあたりレンタルで済ませたが(買取は翌年に先送り)、レンタル料の発生もありいずれにせよ金が掛かる。
 
当然選手の放出を通して工面しなければならないわけだが、「この選手だったら放出してもいい」とマンチーニはリストを提示した。その中に長友らの名が入っていたのだという。つまり長友を戦力外として扱った背景には、経営上の理由も大きかったのだ。
 
もっとも実態は、まとまった金額で売れさえすれば誰でも良かったようである。当初プレミアリーグ所属クラブからオファーが来ていたダビデ・サントンも戦力外扱いになっていたし、代理人が残留を明言したはずのダニーロ・ダンブロージオについても、他のクラブからオファーが来れば練習試合の招集から外れたこともあった。

そうこうするうちに、クラブとしての必要は満たされていった。選手の放出はことのほか進み、ポジションによっては人手が足りないくらいになっていた。補強費用の回収の面でも、シャルダン・シャキリ、そしてマテオ・コバチッチ両者の放出により、2人合計で5160万ユーロ(約69億6600万円)もの移籍金収入を得るに至った。
 
さらに29日、ユリアン・ドラクスラー獲得に失敗したユベントスがエルナネス移籍のオファーを持ちかけ、1100万ユーロ(約14億8500万円)の収入が確定した。
 
夏の移籍市場でインテルは総額で約7950万ユーロ(約107億3250万円)の移籍金を支出したが、同時に約7730万ユーロ(約104億3550万円)の移籍金収入も得て支出の大部分を回収した。さらに将来性のあるコバチッチの放出で約2750万ユーロ(約37億1250万円)ほどのキャピタル・ゲイン(資産価格の上昇による利益)も得たので、移籍金以外の支出を含めても最終的には860万ユーロ(約11億6100万円)の黒字となるのだという。

ただ、長友が主力へと返り咲けるかどうかは別の話だ。サントンやダンブロージオにも移籍の噂が最後まで絶えなかったが、SB陣は結局全員残った。むしろガラタサライからナチュラルな左利きであるアレックス・テレスも加入し、ポジション争いは一層きつい状況になっている。
 
ただしマンチーニ監督は「メルカートの行方を見てからチームの形を考える」と発言し、戦術もまた作り直す意向でいる。ペリシッチやアデム・リャイッチらの獲得によりサイドハーフを使うシステムを用いた場合、長友にとっては起用可能なポジションが増えることにもなる。

神尾光臣

全文はソース元で

引用元 : 長友はなぜインテルに残留したのか? 戦力外扱いも移籍に至らなかった2つの背景 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【長友佑都がインテルを退団、移籍しなかった2つの要因とは?】の続きを読む

マンチーニ監督が失点シーンに言及「長友の不注意だった」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

マンチーニ、失点は「長友の不注意」インテルはカルピに辛勝【ハイライト&タッチ集動画】

[8.30 セリエA第2節 カルピ1-2インテル]」  

インテルのロベルト・マンチーニ監督が、失点に絡んだDF長友佑都についてコメントした。  

試合後の会見の様子を伝えた『インテルニュース』によると、マンチーニ監督は一人目の交代カードとして長友を選択したことについて、「(DFダビデ・)サントンがイエローカードを貰っていたためだ」と言及。長友が失点に絡んだことについては、「長友の不注意だった」と話している。

全文はソース元で

引用元 : マンチーニ監督が失点シーンに言及「長友の不注意だった」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【マンチーニ、失点は「長友の不注意」インテルはカルピに辛勝【ハイライト&タッチ集動画】】の続きを読む

長友インテル残留に望み 指揮官は新戦力のモントーヤに不満!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

長友、インテル残留へ前身か?早くもモントーヤに不満のマンチーニ

インテルのロベルト・マンチーニ監督は、バルセロナから即戦力として獲得したはずのDFマルティン・モントーヤのパフォーマンスに満足しておらず、早くも新戦力の獲得を望んでいるという。伊地元メディア「カルチョメルカート・コム」などが報じている。  

マンチーニはここにきて、エラス・ヴェローナの元U-19イタリア代表MFヤコポ・サーラの獲得を希望しているとも伝えられている。育成に定評のあるアタランタの下部組織で育ち、プレミアリーグ・チェルシーの下部組織でもプレーしていたこともある技巧派のサイドMFだ。サイドバックもこなせることからマンチーニが目を付けているようだ。  

モントーヤの失墜により、新戦力の獲得が実現しなければ、ダンブロージオをはじめ、日本代表DF長友佑都やイタリア代表DFダビデ・サントン残留の可能性が高まってくるともリポートされている。ジェノアへの移籍が近づいているとも報じられ た長友だが、ここにきて残留の線も強まってきた。移籍マーケットはあと10日あまり。インテルの今後の動向に注目が集まりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : 長友インテル残留に望み 指揮官は新戦力のモントーヤに不満!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【長友、インテル残留へ前身か?早くもモントーヤに不満のマンチーニ】の続きを読む

このページのトップヘ