スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ロベルト・バッジョ

バッジオ氏「メッシと一緒にプレーしたかった」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

ロベルト・バッジョ「メッシと今の時代に一緒にプレーしたかった」バロテッリも気遣う

イタリアの至宝、ロベルト・バッジオ氏(48)が、19日の伊紙コリエレ・デロ・スポルトのインタビューでバルセロナのアルゼンチン代表FWメッシとともにプレーしたかったと語った。

同氏は世界最高の選手がメッシだと主張した。

「メッシはゴールを入れると決めたら、必ず決める」とコメント。さらに「私は彼と一緒にプレーしたかった。むしろ今の時代に、一緒にプレーしたかった。現在なら新しい規則やテレビ放送があることで、私はファウルもそれほど受けなかっただろうし、故障もそれほど多くなかっただろう」と話した。  

また、今夏にACミランに復帰したイタリア代表FWバロテリについて「私は個人的に彼と少し話したい。彼にとってはほぼ最後のチャンスをつかめるところにいる。今飛躍しなければ、難しい。そうなれば後は後悔するだけになるだろう」

全文はソース元で

引用元 : バッジオ氏「メッシと一緒にプレーしたかった」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【ロベルト・バッジョ「メッシと今の時代に一緒にプレーしたかった」バロテッリも気遣う】の続きを読む

英紙の過大評価選手ランキングに伊紙が反論! 「セリエAでプレイしていた者が多すぎる」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

英紙選出の過大評価選手ランキングに伊紙が反発!「セリエAを軽視している」

先日、『テレグラフ』が発表した、過大評価されている選手ランキングトップ20。このランキングが厳しすぎるのではないかとイタリアで話題になっているようだ。このランキングを見た『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、セリエAでプレイしていた選手が多すぎると批判している。 以下『テレグラフ』紙のランキング

1位 マリオ・バロテッリ(元インテル、ミラン)
2位 ロビーニョ(元ミラン)
3位 ラダメル・ファルカオ
4位 ズラタン・イブラヒモビッチ(元ユヴェントス、インテル、ミラン)
5位 ファウスティーノ・アスプリージャ(元パルマ)
6位 ダビド・ルイス
7位 エセキエル・ラベッシ(元ナポリ)
8位 ヴェスレイ・スナイデル(元インテル)
9位 セルヒオ・ラモス
10位 ジャック・ウィルシャー
11位 スティーブン・ジェラード
12位 ロベルト・バッジョ(元ミラン、ユヴェントスなど多数)
13位 アドリアーノ(元インテル、フィオレンティーナ、パルマ、ローマ)
14位 ウェイン・ルーニー
15位 ダビド・ジノラ
16位 デニウソン
17位 フローラン・マルダ
18位 ニコラ・アネルカ(ローン移籍でユヴェントスへ)
19位 カルロス・バルデラマ
20位 ゲオルギ・キンクラーゼ

特に12位にバッジョが入っていることは許せないようで、「ビッグゲームでは試合から消えることがよくある」と書かれたことに対し、「彼は重要な試合でも消えていない!」と真っ向から反論している。


全文はソース元で

引用元 : 英紙の過大評価選手ランキングに伊紙が反論! 「セリエAでプレイしていた者が多すぎる」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【英紙選出の過大評価選手ランキングに伊紙が反発!「セリエAを軽視している」】の続きを読む

お金をかけるだけが補強じゃない! 0円移籍で活躍した選手ランキング (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

「0円移籍」で活躍してきた名選手ランキングトップ10 1位は・・・

0円でも豪華な陣容を作ることは可能?

以下のランキングは、『テレグラフ』が移籍金ゼロで加入した選手の中で、最も活躍したと思える選手をピックアップしたものだ。中には次の“就職先”がほぼ内定していたパターンもあるが、錚々たる選手たちが「0円移籍」をしていることに驚く。

10位:ジェームズ・ミルナー(マンC→リバプール)

9位:ラウール(レアル・マドリード→シャルケ)

レアル・マドリードで16年間プレイしたラウールは、新たな挑戦の場にシャルケを選んだ。33歳とピークを過ぎたように思える年齢だったが、シャルケに在籍した2シーズンで通算40ゴールを記録。欧州カップ戦での得点記録も塗り替え、改めてトップレベルのストライカーであることを証明した。ラウール在籍時のシャルケは、11-12シーズンにクラブ初のチャンピオンズリーグベスト4入りを果たすなど、欧州の舞台でも好成績を残した。

8位:ロベルト・バッジョ(ミラン→ボローニャ、インテル→ブレシア)

ミランでファビオ・カペッロ監督の構想外となったバッジョは、自慢のポニーテールを切り落としてボローニャへ移籍。当時30歳のバッジョはセリエAで22ゴールを挙げ、1998フランスワールドカップのメンバーにも選ばれた。その後インテルに移籍したが、2000年に再びフリーでブレシアに加入。ブレシアでも95試合に出場して45ゴールを挙げる活躍を見せた。バッジョが着けた背番号10は永久欠番となっている。

7位:ヘンリク・ラーション(セルティック→バルセロナ)

6位:エステバン・カンビアッソ(レアル・マドリード→インテル→レスター)

カンビアッソは2004年にレアル・マドリードを退団し、0円でインテルに加入。その後2014年にも同様に0円でレスターに加入。これほどの名選手ながら、移籍金が発生していない珍しいキャリアを歩んでいる。レスターでもベテランとしてチームを引っ張り、クラブの年間最優秀選手賞にも選ばれた。

5位:ソル・キャンベル(トッテナム→アーセナル) 

4位:ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント→バイエルン)

ドルトムントで74ゴールを挙げ、世界的に有名となったレヴァンドフスキは2014年にバイエルンへフリーで加入。その前年からバイエルン移籍の噂は絶えなかったが、1年間ドルトムントに残留し、0円で移籍した。チームとしてのタイトル獲得数や得点王の個人タイトルの面でもドルトムント時代の方が優秀に見えるが、同選手はバイエルンにとって欠かせない選手となっている。

3位:ポール・ポグバ(マンU→ユヴェントス)

ファーガソンのためらいはユヴェントスの進歩を手助けすることになってしまった。「僕はイライラを感じていた。ファーガソンへの敬意を欠いたことはないが、彼は僕を起用しなかった」との手厳しい言葉を残し、マンUで3試合しか出場しせずにユヴェントスへ移籍。そして今や世界で最も高価なMFとなった。マンUが再びポグバを取り戻すには6000万ポンドは必要になる。

2位:スティーブ・マクマナマン(リバプール→レアル・マドリード) 

1999 リバプールでウインガーとして活躍したマクマナマンはFAカップ、フットボールリーグカップ優勝を経験し、自身もアシスト王を獲得した。一時はバルセロナに1200万ポンドの移籍金で売却する話もあったが、結局合意できず、1999年にフリーでレアル・マドリードに加入。レアルではチャンピオンズリーグ決勝のバレンシア戦で得意のボレーシュートを決め、チームの優勝に貢献。在籍した4年間でチャンピオンズリーグを2回、国内リーグを2回制覇した。イングランドからスペインに渡った選手で最も成功した事例といわれている。

1位:アンドレア・ピルロ(ミラン→ユヴェントス) 

2011 2011年にミランとの契約延長を断ってユヴェントスへ加入したピルロは、キャリアの下降線にあるある選手と思われながらもセリエA4連覇に大きく貢献し、チームに欠かせない選手となった。一方でピルロがいなくなったミランは欧州の舞台から遠ざかってしまっている。今夏にMLSへ渡ったが、まだ彼を老人と判断するのは早いかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : お金をかけるだけが補強じゃない! 0円移籍で活躍した選手ランキング (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【「0円移籍」で活躍してきた名選手ランキングトップ10 1位は・・・】の続きを読む

メッシの嘔吐癖をバッジョ氏担当イタリア人医師が治療 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

メッシの嘔吐癖、バッジョを治療したイタリア人医師が治療し克服

サッカースペイン1部リーグ・バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの嘔吐癖を、元イタリア代表ロベルト・バッジョ氏の担当医が治療していたことがわかった。24日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトなどが報じた。

この医師はベネチアの北のサチーレという都市に住むジュリアーノ・ポゼル氏。スポーツ医学の専門医で、医薬品の調剤やホメオパシー、栄養学に詳しく、これまでにもアルゼンチン人サッカー選手やバッジョ氏、元ドイツ代表のビアホフ氏らの治療をした。セリエAのウディネーゼ、パレルモのチームドクターの経験もある。

全文はソース元で

引用元 : メッシの嘔吐癖をバッジョ氏担当イタリア人医師が治療 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【メッシの嘔吐癖、バッジョを治療したイタリア人医師が治療し克服】の続きを読む

英紙が歴代“過大評価選手”トップ20を選出 果たして1位は? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

4-5,15 ei

不名誉な1位にバロテッリが選ばれる、「ピッチ外の愚行で新聞の見出し飾る」 リバプールのイタリア代表FWマリオ・バロテッリがサッカー史上ナンバーワンの過大評価選手という不名誉な評価を下されている。イングランド地元紙「デイリー・テレグラフ」が過大評価選手20選手を特集したもの。  

1位に選ばれたバロテッリは寸評で「この移り気の激しいストライカーになぜ計5900万ポンドもの移籍金が費やされてきたのか謎のままだ。インテル、マンチェスター・シティ、ACミラン、そして、リバプール。バロテッリはポテンシャルを満たすことに完全に失敗し、ピッチ上でのパフォーマンスよりも、ピッチ外の愚行で新聞の見出しを飾っている」と酷評されている。リバプールでは今季1得点と不発だ。  

2位はACミランからブラジル強豪サントスに期限付き移籍中のブラジル代表FWロビーニョが選出されている。寸評では「巨額な移籍金を必要としたが、期待されたキャリア序盤の活躍を見せないもう1人の選手。ブラジル人は2008年9月に3200万ポンドの移籍金でマンチェスター・シティにやってきた。スタートは良かったが、不調で消え、サントスに送還された。ミランの数シーズンで活躍できずに、再びサントスに期限付き移籍で戻った」と手厳しく批判されている。昨年ACミランに所属した2人が皮肉にもワンツーフィニッシュを飾ってしまったあたりにも、ミラン凋落を感じさせる。  

イブラヒモビッチもトップ5入り、「彼が思うほど本当に優秀なのか」 4位に選出されたはパリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。寸評では「常軌を逸したほどの自己評価通り、彼の素晴らしすぎる価値を誰も否定できないが、彼が思うほど本当に優秀なのか。チャンピオンズリーグの優勝経験はない。2010年8月にバルセロナからミランに移籍以来、欧州のトップ3リーグでプレーしていないことが、彼が言うほどの怪物ではないということかもしれない」と指摘している。だが、 パリ・サンジェルマンは今季CL8強に残っており、ここでビッグイヤーを獲得すれば、再評価されるかもしれない。

残りのランキングは以下の通りとなっている。
 
6位はパリ・サンジェルマンのブラジル代表DFダビド・ルイス。
7位はパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ。
8位はガラタサライのオランダ代表MFウェズリー・スナイデル。
9位はレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。
10位はアーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー。

11位はリバプールのイングランド代表MFスティーブン・ジェラード。
12位は現役時代にユベントスなどで活躍した元イタリア代表の至宝、ロベルト・バッジョ氏。
13位は元ブラジル代表で現在仏リーグ2部ル・アーブルFWアドリアーノ。
14位はマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニー。
15位は現役時代ニューカッスルなどで活躍した元フランス代表FWのダビド・ジノラ氏。
16位は現役時代ベティスなどでプレーした元ブラジル代表MFデニウソン。
17位はかつてチェルシーなどでプレーした元フランス代表のメスFWフローラン・マルーダ。
18位は元フランス代表FWで現在フリーエージェントのニコラ・アネルカ。
19位は現役時代コロンビア代表の王様として名を馳せたカルロス・バルデラマ氏。
20位は元グルジア代表でマンチェスター・シティなどで活躍したゲオルギ・キンクラーゼ氏。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150404-00010007-soccermzw-socc

【イブラヒモビッチ、バロテッリは過大評価!?英紙が歴代”過大評価選手”トップ20を選出】の続きを読む

Yahoo!ニュース - バッジョ氏ミラノで宗教団体新会館のオープニング式典出席 (デイリースポーツ)

07456892

サッカー元イタリア代表FWのロベルト・バッジョ氏が27日、ミラノ市内コルシコ地区に新しく作られた宗教団体の会館のオープニング・セレモニーに出席した。28日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

それよると27年前から熱心な信者であるバッジョ氏は、約900人の信者と共に式典に臨んだ。最前列の席にバッジョ氏が姿を現すと、歓声と拍手が沸き起こった。またミラノのピザピア市長の姿もあった。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000065-dal-socc

【元イタリア代表のバッジョがミラノで宗教団体新会館のオープニング式に出席。この宗教は日本の某学会??◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ