スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ロナルド・クーマン

アーセナル、ヴェンゲル監督を解任か…後任候補にクーマン氏が浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

アーセナル、遂にヴェンゲル監督を解任か!?後任候補はクーマン、シメオネ、ブラン

アーセナルの新指揮官候補に、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのロナルド・クーマン監督が浮上したようだ。28日付のイギリス紙『ザ・サン』が伝えている。  

同紙によると、アーセナルは20年間に渡ってクラブを率いたアーセン・ヴェンゲル監督の後任候補として、クーマン氏の名前を挙げているという。ヴェンゲル監督は、同クラブとの週給16万ポンド(約2500万円)の契約を1年残している。  

その他の後任候補には、アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督と、パリ・サンジェルマンを率いるローラン・ブラン監督の名前も挙げられているが、両監督の招へいは困難であると見られている。

全文はソース元で

引用元 : アーセナル、ヴェンゲル監督を解任か…後任候補にクーマン氏が浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【アーセナル、遂にヴェンゲル監督を解任か!?後任候補はクーマン、シメオネ、ブラン】の続きを読む

クーマンがファン・ハールの“恐怖政治”を暴露 「選手は恐怖を抱く」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

2-25,15 manu

かつて師弟関係にあった2人 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のルイス・ファン・ハール監督は、サウサンプトンのロナルド・クーマン監督から“恐怖政治”の実情を暴露された。英地元紙「ミラー」が「ルイス・ファン・ハールは恐怖で支配している。ロナルド・クーマンが突っ込む」と見出しで報じている。  

現在リーグ4位のユナイテッドを率いるファン・ハール監督と5位サウサンプトンを指揮するクーマン監督との関係は、長い歴史を誇っている。ファン・ハール監督がバルセロナを指揮していた時代に、クーマン氏はアシスタントコーチを務めていたのだ。

「ファン・ハール を招聘(しょうへい)するということでチームにクオリティーがもたらされる。同時に私は何でも知っていると信じている人間を招聘することでもある。そうなると、クラブ内に衝突が起きることになる」

「そこが私と、彼との監督としての大きな差だ。1998年のフランスワールドカップ(W杯)以降、私はバルセロナで彼のアシスタントを務めた。彼から多くを学んだ。だが、選手の扱い方は、彼と私では完全に違う。私は選手の肩にあそこまで多くのプレッシャーを押し付 けたりしない。ファン・ハールが指揮を執るということは、彼のチームには恐怖が存在するということだ。選手はファン・ハール老師に恐怖を抱く。それは常にいいとは限らない」
 
規律を重んじ、選手にノルマを与えるのは監督として通常だが、ファン・ハール監督は限度を超えている。選手、チームに対する恐怖政治と化しているというのだ。昨年夏にオランダ代表をブラジルW杯3位に導いたファン・ハール監督だが、「(オランダサッカー協会は)後任として穏健派を選んだよ。選手は監督に擁護されることも必要なんだ。ファン・ハールよりも穏やかなね」とクーマン氏は語った。現在、オランダ代表はフース・ヒディング監督が率いている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150224-00010006-soccermzw-socc

【ファン・ハールは”恐怖政治”「限界を超えた恐怖を与える」とクーマンが暴露】の続きを読む

クーマン監督、吉田の契約延長に「私にとっても嬉しいこと」 – サッカーキング

1-3,15 yos

サウサンプトンを率いるロナルド・クーマン監督が、日本代表DF吉田麻也の契約延長に「とても嬉しく思っている」と満足感を示した。2日、クラブ公式HPがコメントを伝えている。  

クーマン監督は、「彼は重要な選手だ。我々のセンターバックは競争が激しいが、彼はよくやっている」と評価すると、「監督にとって複数のポジションでプレーできる選手がいるのはいいことだ。今シーズン、彼はそれを実践してきた。右サイドバックでもセンターバックでもプレーをしている。こういう選手が揃っているのは非常にいいことだ」とコメント。「契約延長は、私にとっても嬉しいことだ」と、喜びを見せている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150103/265454.html

【サウサンプトン監督、吉田の契約延長に喜び「CBでも右SBでもプレーできるのいいこと」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

クーマン監督、元上司のマンUファン・ハール監督との間の確執を語る – サッカーキング

9-30,14 manu

日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンを指揮するロナルド・クーマン監督が、かつてバルセロナとアヤックスで共に仕事をしたマンチェスター・Uのルイス・ファン・ハール監督と確執があったことを明かした。27日付のイギリス紙『インディペンデント』が報じている。  

クーマン監督は1998年から約2年間、バルセロナでファン・ハール監督の右腕として助監督を務めた。2003年にアヤックスで監督を務めた際には、ファン・ハール氏がテクニカル・ディレクターに就任し共に仕事をしたが、道半ばで仲たがいを起こし、2004年にファン・ ハール氏が辞任した。  

クーマン監督は当時を振り返って「私がアヤックスを指揮した時、テクニカル・ディレクターとしてやってきたファン・ハールとの間に問題を抱えていた。お互いの仕事のやり方を巡り問題があった。彼が去った3年半後に私も去ったが、サッカーに関しての問題だったから難しかった。それにサッカーに関する問題だけでなく私生活でも問題があった。以前のような関係は築けなかったし、時には言い争った。彼は確かに私を弱い人間だと言ったが、それは彼の考えであり、私の考えは違う」と、バルセロナでの師弟関係から一転して、両者の間に深い溝が生まれていたことを明かしている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20140929/237282.html?view=more

【マンUファン・ハールはコーチとも確執!!元同僚のサウサンプトン監督クーマンが深い溝を語る・・・◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ