スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ロナウド

メッシやイブラも絶賛…データで改めて知る”怪物”ロナウドの凄さ | サッカーキング

メッシやイブラも称賛する”怪物”元祖ロナウドの数字での凄さ

9月22日、元ブラジル代表FWロナウドは39歳の誕生日を迎えた(18日が誕生日とする説あり)。  驚異的なスピードと天性の得点感覚でゴールを量産したロナウド。バロンドールを2度、FIFA年間最優秀選手賞を3度獲得しており、ロナウドを「史上最高のストライカー」とする声もある。  

そんなこの日にUEFAチャンピオンズリーグの公式ツイッターは、現役選手のロナウドに対する評価をいくつか掲載。  

それらによれば、パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは、「僕にとってロナウドは最も偉大な存在だ。彼のような選手は誰一人いない」と評し、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも、「ロナウドは僕のヒーローだった。彼は僕が見てきた中で最高のストライカーだった。とても速くて、何もない状態からゴールを奪うことができた」とコメントしたのだという。

データ会社『Opta』が紹介したデータが同選手のスゴさを改めて知るのに最適だった。 『Opta』が紹介したのは、過去20年間のセリエA選手の中で、1ゴールに対してどれだけの時間を要したかというランキングである。  

ロナウドは1997年から2002年にかけてインテルに在籍し、2006年から2008年にかけてミランに所属した。インテルでは68試合に出場し49得点をマーク、ミランでは20試合に出場し9得点。セリエAでは通算88試合に出場しており、58得点をあげている。  

この58ゴールを出場時間で換算すると、ロナウドは118分の出場あたり1ゴールを奪っているという計算になり、これは過去20年間で最高の記録なのだという。 (記事提供:Qoly)

全文はソース元で

引用元 : メッシやイブラも絶賛…データで改めて知る”怪物”ロナウドの凄さ | サッカーキング

【メッシやイブラも称賛する”怪物”元祖ロナウドの数字での凄さ】の続きを読む

最強のロナウドはどっちだ? 元祖・怪物対CR7で欧州で議論紛糾! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

最強のロナウドはブラジルの元祖orCR7のどちら!?プレー集でも比較

9月22日は、2002年日韓ワールドカップ(W杯)で得点王に輝き、ブラジル代表を世界の頂点に導いたロナウドの39回目の誕生日だった。  

史上最高のストライカーとも称された男のバースデーに合わせ、イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では「フェノーメノ(怪物)とCR7、強いのはどっちだ」というタイトルの記事を掲載。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと比較して特集した。  

ロブソン監督の名言「私の戦術はロナウドだ」  ヨーロッパでのキャリアをオランダのPSVでスタートすると、バルセロナ、インテル、レアル・マドリード、ミランといったスペインとイタリアの名門を渡り歩いた。バルセロナに所属していた当時、「攻撃の戦術が無い」と批判されたボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウドだ」と胸を張って言い返したというエピソードもある。インテル時代にユベントスとし烈なスクデット争いをした当時のルイジ・シモーニ監督も、同様の言葉を残した。それほどまでに、絶対的な存在だった。  

残念だったのは、キャリアの絶頂期に大きなけがをしてしまったこと。インテル時代に負った右膝の負傷は、ほぼ3シーズンに渡って彼のプレーを見る機会を失わせた。実際のところは、一度は復帰したが、その復帰戦で同じ箇所を痛めて長引く不運にも泣かされた。ロナウドがピッチに崩れ落ちた瞬間、対戦相手の選手が頭を抱えたほどの衝撃シーンだった。  

W杯日韓大会後に加入したレアルでは、太り気味の体形がしばしば批判の種になった。しかし、その体格からは想像もできないような瞬発力で抜け出してゴールを決めると「さすが! エル・ゴルド(肥満体)」という横断幕が張られたほど。最終的に11年に母国ブラジルのコリンチャンスで引退したが、クラブ通算518試合出場362得点、代表通算98試合出場62得点という驚異的な数字を残した。  

一方の、クリスティアーノ・ロナウドは、まだ30歳でバリバリの現役。日韓W杯が開催されていた当時、ポルトガルのスポルティング・リスボンで頭角を現すと、03年夏に当時の“サー”・アレックス・ファーガソン監督に見いだされてマンチェスター・ユナイテッドに加入。09年夏までにプレミアリーグ196試合出場84得点を記録してきた。  

その後、加入したレアルでもゴールを積み重ね、常に「世界最高の選手は誰だ」という話題で主役になる存在である。
 
常に数字は変動していくものだが、日本時間22日19時30分ごろの時点では、実に83パーセントの票が元ブラジル代表のロナウドに投じられている。今回の企画がイタリアメディアゆえに、当時世界最強リーグと呼ばれたセリエAで強烈なインパクトを残した“怪物”に多くの票が集まった可能性もある。


全文はソース元で

引用元 : 最強のロナウドはどっちだ? 元祖・怪物対CR7で欧州で議論紛糾! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【最強のロナウドはブラジルの元祖orCR7のどちら!?プレー集動画でも比較】の続きを読む

C・ロナウドはロナウドになる!?30歳を越えて激変したスタイル。 (Number Web) - Yahoo!ニュース


no title


週末のスペインを最も騒がせたのは、クリスティアーノ・ロナウドがエスパニョール戦で決めた1試合5得点だった。  

この5得点で、ロナウドはラウールが保持していたレアル・マドリーのリーガ最多得点記録(228)を更新し、231点に到達した。驚くのが、ラウールよりも347試合少なくこれを達成した点だ。  

ここ数年のロナウドのゴール、そしてエスパニョール戦の5得点が改めて明らかにしたことがある。それが、ロナウドからウイングとしての要素がほぼ完全に消え去った、ということだ。そこには9番的ストライカーに変貌をとげたロナウドの姿がある。 ドリブル突破は減り、ゴール数が激増!?  

パスを受ける予備動作、裏への抜け出しやそのタイミングなど、フォワードに必要なボールを呼び込む動きは年々上達している。  

一方で興味深いのが、1対1の局面でドリブルで勝負する回数、成功率が減っている点だ。ドリブルで仕掛けようとする意志は昨季も今季も希薄で、それならば周囲にパスを出し、自らはエリア内に飛び込むというように、明らかにプレーの優先順位に変化が見られる。

思えばウインガーとしてのロナウド、ボールアーティストとしてのロナウドの全盛期はマンチェスター・U時代だった。
 
シザーズやエラシコ、ヒールや軸足の裏を通すプレーなど、あらゆるトリックをどこか得意げに披露する、華麗なドリブラーだった。
 
しかしそんな姿はもう見られない。ドリブル、フェイントを見せるにしても、今はシンプルでほとんど時間をかけないものだ。
 
プレーエリアも大きく変わった。いまだにロナウドのことを「エクストレモ」、ウイングと表記することが多いが、今となっては左サイドに張っていることの方が珍しい。「偽9番」という言葉が流行したが、今のロナウドは「偽ウイング」とでも呼ぶべきだ。
 
5点を決めたエスパニョール戦でも、サイドでの1対1で相手にドリブルでしかけチャンスを作るシーンは皆無で、目立ったのはパスを受けネットを揺らす、生粋の9番的ストライカーの姿だ。

30歳になって、スタイルを変化させた?

昨季のデータを見てみる。
 
ロナウドは昨季通算61点を決めたが、エリア外から決めたのは5点だけだ。ペナルティエリア内での得点が43点、その内14点はゴール目前のゴールエリアから決めたものだ(13点がPK)。
 
ワンタッチゴールの数と頭での得点数も、ストライカーの毛色を濃くしている。
 
昨季ワンタッチで押し込んだゴールは38点にのぼり、総得点の62.3%を占める。頭では17点を決めた。ドリブルで数人をかわして決める、というようなゴールはほとんどない。先日のエスパニョール戦の5点も、3点がゴール前でワンタッチで押し込んだものだ。
 
ロナウドは今年30歳を迎えた。今の所スピードや筋力に衰えは窺えないが、今後は緩やかに低下するのは避けられない。ドリブラー的な色が薄くなり始めたのは、20代後半に入ってからだ。キャリア終盤のことを考えてのスタイル変化だとしたら、非常に賢い選択だったといえる。

思い出すのは……“フェノメノ”ロナウド。

ロナウドの変化を見ていて思い出すのが、晩年の“フェノメノ”、ブラジル人の元祖ロナウドだ。
 
彼も、レアル・マドリーで過ごした20代後半からは、ドリブルではなくシュートの巧みさで勝負していた。
 
現代のロナウドも、同じ道を歩みつつあるのだ。

(「サッカーの尻尾」豊福晋 = 文)

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドはロナウドになる!?30歳を越えて激変したスタイル。 (Number Web) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウドが”元祖怪物ロナウド”に進化!?30歳を超えてスタイルが激変】の続きを読む

バルサのエース、リオネル・メッシが憧れた選手とは…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

メッシが子供の頃憧れた選手とは・・・【プレー集動画】

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、今シーズン好調を維持するチームメイトとの関係性や、憧れていた選手について語った。ウェブサイト『squawka』が伝えている。

サッカーを始めたころ、憧れていた選手について問われると「元ブラジル代表のロナウドが、私にとってのアイドルだった。彼以上にタレント性のあるフォワードを見たことがない。何の予兆もないところからゴールを奪えるし、これまで見たサッカーの中で最高のシュートを放つ。それに、ピッチの外でも素晴らしい。それと、元フランス代表のジネディーヌ・ジダンを見るのが好きだったよ。フランスの英雄で、サッカー選手でなくなっても偉大な人だ」と明かした。

対戦した監督に「尋常ではない」と恐れられるほどの強さを誇るメッシでも、世界的なスターに憧れていた時代があったという。

全文はソース元で

引用元 : バルサのエース、リオネル・メッシが憧れた選手とは…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【メッシが子供の頃憧れた選手とは・・・【プレー集動画】】の続きを読む

ネイマール、バルサでの通算ゴール数で怪物ロナウドに並ぶ | サッカーキング

ネイマール、47得点で怪物ロナウドのバルサでの通算ゴール数に並ぶ

28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節バルセロナ対ヘタフェ戦でネイマールはゴールを決め、歴代のバルセロナ所属ブラジル人選手のクラブ通算ゴール数で元ブラジル代表FWロナウドの記録に並んだ。  

昨シーズン、バルセロナに加入したネイマールはここまで通算47ゴールをマーク。これは1996-97シーズンにバルセロナに在籍したブラジルの“怪物”ロナウドと並び、歴代4位に値する。  

なお、バルセロナに在籍したブラジル人選手で最も数多くゴールを記録したのは、エヴァリスト・デ・マセドの178得点。2位にリバウドの130得点、3位にロナウジーニョの94得点と続いている。

全文はソース元で

引用元 : ネイマール、バルサでの通算ゴール数で怪物ロナウドに並ぶ | サッカーキング

【ネイマール、47得点で怪物ロナウドのバルサでの通算ゴール数に並ぶ】の続きを読む

「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に | サッカーキング

CL制覇したことがない”ベスト11”が豪華すぎる!!意外な選手も

今シーズンもいよいよ佳境を迎えたチャンピオンズリーグ。そんな中、CL優勝経験のないベストイレブンが豪華すぎると話題になっている。『fbcollective.com』が発表した11人は以下のとおり。

▼GK
ジャンルイージ・ブッフォン
▼DF
リリアン・テュラム
ファビオ・カンナヴァーロ
ロラン・ブラン
ジャンルーカ・ザンブロッタ
▼MF
ミヒャエル・バラック
パトリック・ヴィエラ
パヴェル・ネドヴェド
▼FW
ズラタン・イブラヒモヴィッチ
デニス・ベルカンプ
ロナウド
▼監督
アーセン・ヴェンゲル

なんとも豪華な顔ぶれである。この中で、ブッフォン(ユヴェントス)とイブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)は現役なので、まだ優勝のチャンスは残されている。アーセナルを率いるヴェンゲル監督も来シーズンに再びCL制覇に挑むことになる。

ベストイレブンの顔触れを見てみると、ロナウドがCLを獲っていないというのは意外。2007年には当時在籍していたミランが優勝を果たしているが、1月加入のロナウドはすでにレアル・マドリードで出場していたために、登録されていない。

全文はソース元で

引用元 : 「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に | サッカーキング

【CL制覇したことがない”ベスト11”が豪華すぎる!!意外な選手も】の続きを読む

イブラがアメリカに移籍か…移民ビザ取得の手続き開始と母国紙報道 | サッカーキング

4-6,15 ibr

パリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、アメリカへ移住するためにビザ取得の準備を始めたと、同選手の母国であるスウェーデンの首都ストックホルムに本社を置く『Aftonbladet』紙が4日に報じている。  

同紙によると、イブラヒモヴィッチが3月19日に、パリにある在仏アメリカ大使館を訪れた模様。同選手は、ジーンズにロングコートというラフな格好で、弁護士と思われる男性とともに現れると、笑顔を見せてリラックスした様子だったという。さらに、サインに応じたり、ある大使館職員には写真撮影にも応じていたとも伝えられている。  

イブラヒモヴィッチが大使館に居たのはわずか35分から40分。同大使館の警備員によると、イブラヒモヴィッチは他の人が並ぶ列には入らず、特別扱いを受けていたという。そして、同選手は短期滞在のための「観光ビザ」ではなく、無期限での滞在が可能な「移民ビザ」の要請手続きをしたと伝えられている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150406/299084.html

【イブラ、アメリカ移民ビザ取得の手続きか!?MLSに移籍の可能性も】の続きを読む

米クラブオーナーのロナウド氏 「メッシ獲得のためならポケットマネーでも…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

4-5,15 rona

北米サッカーリーグ(NASL)のフォートローダーデール・ストライカーズで共同オーナーを務める元ブラジル代表のロナウド氏は、数年以内に世界トップクラスの選手をこのクラブに引きつけることも不可能ではないと考えているようだ。

バルセロナやブラジル代表などで活躍し、2011年にコリンチャンスで現役を引退したロナウド氏。昨年末にアメリカでクラブの共同オーナーに就任し、一時は現役復帰も噂された。

「メッシを獲得するためなら私のポケットマネーで支払っても構わない。これからのストライカーズに限界はないだろう。このクラブは大きくなっていくよ。メッシもクリスティアーノ・ロナウドも、いいじゃないか。数年後には達成できるよ。何も不可能ではない」

「アメリカは中国に次いで、世界で2番目にサッカーが最も伸びてきている国だ。豊かな生活ができることも含めて、フロリダ南部でプレーしたいという有名選手は大勢いる。ここで暮らしたいと思わない者はいないよ」

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00000016-goal-socc

【米クラブのオーナー”元祖”ロナウド「メッシ獲得のためならポケットマネーでも」】の続きを読む

カカがベスト11を選出…古巣ミラン同僚やブラジル代表の名前がズラリ | サッカーキング

3-26,15 kaka

MLS(メジャーリーグサッカー)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカが、イギリス紙『デイリーメール』のインタビューに応え、元チームメイトあるいはこれまで対戦したチームの選手からベストイレブンを選出した。

カカのドリームイレブンは以下の通り。

▼フォーメーション
4-3-3
▼GK
ジーダ(元ブラジル代表)
▼DF
カフー(元ブラジル代表)
パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
アレッサンドロ・ネスタ(元イタリア代表)
ロベルト・カルロス(元ブラジル代表)
▼MF
アンドレス・イニエスタ(スペイン代表)
ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)
アンドレア・ピルロ(イタリア代表)
▼FW
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
ロナウド(元ブラジル代表)
ロナウジーニョ(元ブラジル代表)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150325/295047.html

【カカのベスト11の3トップは全員”ロナウド”!!古巣ミランやブラジル代表から選出】の続きを読む

ロナウジーニョがCL歴代ベスト11を選出…カカらブラジル代表から4選手 | サッカーキング

3-8,15 rona

大手メディア『ESPN』が6日、元ブラジル代表FWロナウジーニョが選ぶチャンピオンズリーグ出場者の歴代ベストイレブンを発表した。  

ロナウジーニョはまず、バルセロナでチームメイトだったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、昨年限りで現役を引退した元フランス代表FWティエリ・アンリ氏を選出。「メッシは魔法の足を持っている。僕は彼のファンだし、今まで見た中で最も優れたストライカーだ」と絶賛した。

ロナウジーニョが選出した「ドリームチーム」は以下のとおり。

▼GK
ジャンルイジ・ブッフォン
▼DF
カフー
ジョン・テリー
パオロ・マルディーニ
ロベルト・カルロス
▼MF
クロード・マケレレ
フランク・ランパード
カカ
▼FW
リオネル・メッシ
ティエリ・アンリ
ロナウド

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150307/288129.html

【ロナウジーニョがCL歴代ベスト11を選出 メッシとカカらブラジル代表4選手】の続きを読む

このページのトップヘ