スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ロシア

プーチン大統領、FIFA幹部逮捕について米国を批難。「利己的な目的だ」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

プーチン大統領が”なぜか”FIFA幹部逮捕を批難!!「米国の利己的な目的だ」

ロシアのウラジミール・プーチン大統領が米国を批難している。28日、ロシア通信社『スプートニク』が報じた。  

国際サッカー連盟(FIFA)の幹部が汚職により逮捕された事件に対し、プーチン大統領は「利己的な目的を達成するために用いたのと同じ方法だ」とコメントしている。

「まるで米国の検察が推定無罪の存在を知らないかのようだ。ある人が有罪であるかどうかは、裁判所において証明されねばならない」  

同氏は今回の事件はWikiLeaks創設者ジュリアン・アサンジ氏や元米国特務機関職員エドワード・スノーデン氏を逮捕したケースと同様だとしている。

全文はソース元で

引用元 : プーチン大統領、FIFA幹部逮捕について米国を批難。「利己的な目的だ」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【プーチン大統領が”なぜか”FIFA幹部逮捕を批難!!「米国の利己的な目的だ」】の続きを読む

発煙筒がGKアキンフェエフの後頭部直撃…モンテネグロ対ロシアが途中中止 | サッカーキング

3-28,15 rus

27日、UEFA EURO 2016予選のモンテネグロ対ロシア戦がモンテネグロのホーム、グラズキ・スタディオンで行われたが、観客の騒動により67分で中止となった。UEFA公式サイトなどが伝えている。  

開始直後の1分、スタンドから発煙筒のようなものが投げ込まれると、ロシアのGKイーゴリ・アキンフェエフの頭部を直撃。同選手は担架でピッチの外に担ぎ出され、主審も全選手を一時退避させた。  

その後、33分間の中断を経て試合は再開し、0-0のスコアでハーフタイムに突入。しかし、スタンドで新たな騒動が発生したため、後半は予定より18分遅れてのキックオフとなる。そして67分、ロシアのロマン・シロコフのPKがモンテネグロのGKブカシン・ポレクシッツにセーブされてから間もなく、試合は打ち切られた。  

UEFAは、「試合担当者と主審からの報告が入り次第、懲戒審査を開始する」と発表している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150328/295969.html

【ロシアGKの後頭部に”発煙筒”が直撃し、EURO予選が中止に[動画あり]】の続きを読む

このページのトップヘ