スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

レヴァークーゼン

なぜチチャリートを出してしまった? 英紙がファン・ハールの見る目のなさを批判 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


なぜマンUはチチャリートを放出した!?大活躍するFWを不要としたファン・ハールに批判の声

11月25日にホームで行われたチャンピオンズリーグ・PSV戦に続いて、5日のウエストハム戦でもスコアレスドローに終わったマンチェスター・ユナイテッド。この試合でもチャンスはあったが、決めきることはできなかった。指揮官ファン・ハールはセルヒオ・アグエロやルイス・スアレスならゴールを奪っていただろうと他クラブのエースストライカーを羨んでいるが、英紙『メトロ』はFWチチャリートことハビエル・エルナンデスをレヴァークーゼンへ放出したことが原因だろうと指摘している。

チチャリートはスアレスやアグエロに比べると知名度に差があり、技術面でも劣る部分はある。それでもゴー ルを奪う天性の嗅覚を持っており、得点力不足に苦しむ今のマンUにもっとも必要なタイプの選手だ。 そのチチャリートは5日のヘルタ・ベルリン戦でも得点を決め、これで今季は18試合出場13得点と爆発中だ。その活躍が認められ、11月にはブンデスリーガ月間MVPにも輝いている。

同メディアはマンUがネットを揺らすことに苦労する中、そのマンUから不要な選手と言われたチチャリートがブンデスリーガで暴れているぞとマンUの見る目のなさを指摘している。

全文はソース元で

引用元 : なぜチチャリートを出してしまった? 英紙がファン・ハールの見る目のなさを批判 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【なぜマンUはチチャリートを放出した!?大活躍するFWを不要としたファン・ハールに批判の声】の続きを読む

夢を運ぶ香川、独メディアが新たな武器を絶賛 「50mのドリームパス」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川真司の新たな武器「50mのドリームパス」を独紙が絶賛

今季、完全復活を印象付けているドルトムントの日本代表MF香川真司の隠れた進化がドイツで話題となっている。ドイツ地元紙「ルール・ナハリヒテン」が「カガワはロングボールのリスクを理解している」と報じている。  

「シンジ・カガワは今季、他の多くの選手と同様にひそかに自身のレパートリーを広げた。彼の50mのドリームパスだ」  

ゴールを決めたホフマンもこの夢のロングパスに「みんな準備していた。ロングボールで相手を崩せることは全員分かっていた」と語ったという。  

記事では「昨年の今頃、シンジ・カガワはフライブルク戦で3-1の素晴らしい逆転勝利の際、ふくらはぎの痙攣(けいれん)に苦しめられていた。マンチェスター・ユナイテッドでトレーニングをしていたにもかかわらず、通常のフィットネスがいかに良くなかったのか察した。苦しみのシーズンは続いたが、日本人は監督交代を有利に生かした」と伝え、今季リーグ戦2得点4アシストの絶好調の香川の充実ぶりを高く評価している。

全文はソース元で

引用元 : 夢を運ぶ香川、独メディアが新たな武器を絶賛 「50mのドリームパス」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川真司の新たな武器「50mのドリームパス」を独紙が絶賛】の続きを読む

ガゼッタ紙、1得点1アシストのドルトMF香川を欧州ベストイレブンに選出 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

香川真司、伊紙ガゼッタでも欧州ベストイレブンに選出!英紙は「輝いていると」との見出しで報道

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、21日付の伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が選ぶ今週の欧州ベストイレブンに選出された。

▽GK
アドリアン(ウェスト・ハム)

▽DF
クルト・ズマ(チェルシー)
ポール・フェルハーフ(アウクスブルク)
マテュー・ボドメール(ニース)

▽MF
香川真司(ドルトムント)
ユヌス・マリ(マインツ)
ジミー・ブリアン(ギャンガン)
ダニエル・ヴァス(セルタ)

▽FW
アントニー・マルシアル(マンチェスター・ユナイテッド)
アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー)
アントニオ・サナブリア(スポルティング・ヒホン)

全文はソース元で

引用元 : ガゼッタ紙、1得点1アシストのドルトMF香川を欧州ベストイレブンに選出 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【香川真司、伊紙ガゼッタでも欧州ベストイレブンに選出!英紙は「輝いていると」との見出しで報道】の続きを読む

海を渡る香川の名声 米メディアも「荘厳」と大絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川真司、アメリカメディアでも特集で「荘厳」と大絶賛

ドルトムントの日本代表MF香川真司が、20日に本拠地でレバークーゼンと対戦し、1得点1アシストを挙げて3-0の勝利に貢献した。ドイツメディアで絶賛されただけでなく、その活躍は各国へと響き渡っている。米メディア「ESPN」は「シンジ・カガワがドルトムントの全勝維持にインスピレーションを与える」と特集した。  

米メディアは、香川に10点満点の評価で9点という評価を与えた。寸評では「荘厳」とまず一言。「数多くの正確なパスと細かいドリブルでバイヤーの守備陣を苦しめた。ペナルティーボックスでDFを2人を抜き、レノのつま先を抜いたゴールで、この日のパフォーマンスの頂点 を飾った」と絶賛されている。

全文はソース元で

引用元 : 海を渡る香川の名声 米メディアも「荘厳」と大絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川真司、アメリカメディアでも特集で「荘厳」と大絶賛】の続きを読む

先制弾のホフマンが香川のゴールを称賛「相手の戦意を喪失させた」 | サッカーキング

ドルトムントMFホフマン「香川のゴールが相手の戦意を喪失させた」

ブンデスリーガ第5節が20日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントはホームでレヴァークーゼンと対戦し、3-0の勝利を収めた。クラブ公式サイトが、試合後の選手たちのコメントを伝えている。  

試合後、フル出場したU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルは、「今日も自分たちのすべてを出し尽くした。ファンと同じようにね。一緒に勝利を喜ぶことができて本当に最高の気分だよ。何度でも味わいたくなる気分だからね」と勝利を喜ぶと、「僕が初めてジグナル・イドゥナ・パルクを訪れた5年前の試合でも、ドルトムントがレヴァークーゼンに3-0で勝利していた。あの試合では(ルーカス・)バリオスが2ゴールを挙げ、(ディミタール・)ランゲロフも得点したんだ。こうして自分が同じピッチでプレーし、チームの勝利に貢献できるなんて本当に最高だね」と、自身が過去に観戦したレヴァークーゼン戦を振り返っている。  

先制点を決めたホフマンは、「今日は先にリードを奪えたことが本当に大きかった。より大きなスペースが空くようになったからね。とはいえ、レバークーゼンには激しくプレッシャーを受けることを覚悟していたよ」と振り返ると、「でも2点目が相手の戦意を喪失させた」と香川の得点が勝利を引き寄せたとコメント。続けて、「それにもちろん、“オーバ”のゴールも皆で喜んだよ」と、オーバメヤンの追加点も喜んでいる。   

また、レヴァークーゼンを率いるロジャー・シュミット監督は、「完全にドルトムントが勝利に値した。公式戦で11連勝している理由がわかったと思う」と絶好調ドルトムントの強さを実感。「同点ゴールを奪える決定機は2度あったが、流れを引き寄せられたチャンスといえばその2回だけだったね。我々がやるべきことは、チームとして組織的に集中してプレーすること。今日はそれができていたとは思わない」と敗戦を悔やんでいる。

全文はソース元で

引用元 : 先制弾のホフマンが香川のゴールを称賛「相手の戦意を喪失させた」 | サッカーキング

【ドルトムントMFホフマン「香川のゴールが相手の戦意を喪失させた」】の続きを読む

元同僚チチャリートと再会した香川。試合後の談笑の内容は? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

香川、マンU時代の元同僚チチャリートに「やっぱり怖かった」談笑の内容を明かす

【ドルトムント 3-0 レバークーゼン ブンデスリーガ第5節】  

ブンデスリーガ第5節が現地時間の20日行われ、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントはホームでレバークーゼンと対戦し3-0と快勝を収めた。  

この試合で香川はマンチェスター・ユナイテッド時代の同僚である“チチャリート”ことFWハビエル・エルナンデスと再会した。  

強敵レバークーゼンとの大一番だったこともあり、香川は「チチャリートは常にカウンターを狙っていたので、怖さもあった」と同選手への警戒を明かした。

「やはりプレッシングが激しかったですし、一度抜けるとチャンスになるシーンは前半から感じていました。前半はなかなかリズムに乗りにくかったですし、後半も最初はミスが続きました」  

試合後にチチャリートと談笑した香川は「やっぱり怖かったって言いました」と話す。「一瞬の隙やゴール前を狙っている」と元同僚の持ち味を称賛した

全文はソース元で

引用元 : 元同僚チチャリートと再会した香川。試合後の談笑の内容は? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【香川、マンU時代の元同僚チチャリートに「やっぱり怖かった」談笑の内容を明かす】の続きを読む

1ゴール1アシストの香川、今季2度目の独紙ベストイレブンに選出 | サッカーキング

香川真司、ビルトでも今季2度目のベストイレブンに選出!

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、ドイツ紙『ビルト』が選出するブンデスリーガ第5節のベストイレブンに選ばれた。香川が『ビルト』紙のベストイレブンに選ばれるのは第3節に続き2度目のこと。

『ビルト』紙選出のブンデスリーガ第5節ベストイレブンは以下のとおり。(カッコ内は選出回数)

▼GK
ラルフ・フェアマン(シャルケ/初)
▼DF
アルフレッド・モラレス(インゴルシュタット/初)
ジェローム・ボアテング(バイエルン/初)
ソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント/初)
▼MF
香川真司(ドルトムント/2)
マティアス・レーマン(ケルン/初)
セバスティアン・ローデ(バイエルン/初)
ユヌス・マッリ(マインツ/初)
▼FW
キングスレイ・コマン(バイエルン/初)
バス・ドスト(ヴォルフスブルク/初)
アントニー・モデスト(ケルン/初)

全文はソース元で

引用元 : 1ゴール1アシストの香川、今季2度目の独紙ベストイレブンに選出 | サッカーキング

【香川真司、ビルトでも今季2度目のベストイレブンに選出!】の続きを読む

独紙も絶賛のロングパスで先制点アシスト…香川「狙い通りだった」 | サッカーキング

香川真司、強敵相手に1G1アシストで活躍も「まだベストではない」

ブンデスリーガ第5節が20日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントはホームでレヴァークーゼンと対戦し、3-0の勝利を収めた。1ゴール1アシストを記録した香川が試合後にコメントしている。ブンデスリーガ公式サイトが同日に伝えた。  

地元紙『Westdeutsche Allgemeine』紙は、「1人のMFが新たなスタイルの手法を使って、強いインパクトを与えた」「お馴染みの素早い切り返しやショートパスの他にも、とりわけロングパスが効いていた。そこから多くのチャンスを生み出し、ホフマンの先制点も導いた」と香川のロングパスでのアシストを絶賛。  

香川は試合後、そのロングパスについて、「(ホフマンが)見えてました。ただ、ちょっとボールが強いかなという感じはしました」と明かすと、「(ホフマンが)駆け引きして相手のミスにつながったのかなと思います。狙い通りだったので良かったと思います」と振り返った。また、「両サイドバックが高い位置を取った後の裏を狙えということは言われていました」とトーマス・トゥヘル監督からの指示を明かすと、「今日は特にそれを意識をして、うまく先制点につながったのかなと思います」とコメントしている。  

自身のゴールについては、「トラップした瞬間に相手が来ているのが分かって、ブロックされると思いました」と語ると、「うまくタイミング的にずれたり、コロコロシュートにはなりましたけど、入って良かったなというのが率直な感想です」と喜びのコメント。  

1ゴール1アシストを受けて、ドルトムント復帰後最も良いパフォーマンスだったのではないかと問われるが、香川は、「いや、まだそんな感じはしていないです。ベストだと感じることはなかったです」と断言。「ただ、しっかりと無失点で勝ちきれて、良い時間帯にゴールも決められて、そういう流れは良かったと思います」とリーグ戦開幕5連勝を喜んでいる。  


全文はソース元で

引用元 : 独紙も絶賛のロングパスで先制点アシスト…香川「狙い通りだった」 | サッカーキング

【香川真司、強敵相手に1G1アシストで活躍も「まだベストではない」】の続きを読む

独紙評価:「香川はドルトムントのターボエンジン」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

香川真司は「ドルトムントのターボエンジン」キッカーがMOM&ベスト11選出の大絶賛

20日に行われたブンデスリーガ第5節で、ボルシア・ドルトムントはレヴァークーゼンを3-0で下した。この試合で1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表MF香川真司のプレーを、ドイツ各メディアが高く評価している。

香川は19分にMFヨナス・ホフマンの先制点をアシストすると、後半に入って58分には2点目を決め、勝利の立役者の一人となった。ドイツのメディアの選手採点は1が最高、6が最低だが、各メディアとも香川には1点台をつけている。

『キッカー』は香川に対し、ヘンリク・ムヒタリャンと並ぶチーム最高の「1.5」をつけた。寸評では「ドルトムントのハイスピードサッカーのターボエンジン」と形容しており、香川をマン・オブ・ザ・マッチとベス ト11にも選出している。

全文はソース元で

引用元 : 独紙評価:「香川はドルトムントのターボエンジン」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【香川真司は「ドルトムントのターボエンジン」キッカーがMOM&ベスト11選出の大絶賛】の続きを読む

香川が1ゴール1アシストの大活躍…ドルトムント、快勝で公式戦11連勝 | サッカーキング

香川が1G1Aの大活躍!ドルトムントはレヴァークーゼンに完勝で11連勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第5節が行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとレヴァークーゼンが対戦した。香川はリーグ戦開幕から5試合連続で先発出場を果たしている。  

今シーズンのリーグ戦で合計15得点の4連勝と絶好調をキープしているドルトムント。今節はホームで公式戦11連勝を狙う。対してレヴァークーゼンはここまで2勝2敗。前節は昇格組のダルムシュタットに0-1で敗戦したため、今節で挽回したいところ。  

ドルトムントは、前節から布陣に変更はなく、香川もトップ下で先発出場。また、左足親指を骨折していたマルコ・ロイスがベンチに復帰している。一方のレヴァークーゼンは、ケヴィン・カンプルが先発出場し古巣のホームに凱旋。また、マンチェンスター・Uで香川のチームメイトだったハビエル・エルナンデスもスタメン入りしている。

終盤に入っても手を緩めないドルトムントは84分、香川がエリア手前左から、ループ気味にシュートで狙うが、枠の右に外れる。86分にはギュンドアンがエリア内右で左足を振り抜くも、レノに阻まれる。さらにそのこぼれ球にシュメルツァーがダイレクトでシュートを放つが、これもレノがセーブ。90分には右サイドからの折り返しを、ゴンサロ・カストロが右足で合わせるが、右ポストに嫌われた。
 
試合はこのままタイムップを迎え、ドルトムントが3-0の快勝。この結果、今シーズン開幕から公式戦11連勝となった。なお、香川はフル出場している。
 
ドルトムントは次節、23日にアウェーでホッフェンハイムと対戦。レヴァークーゼンは同日に日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-0 レヴァークーゼン
【得点者】
1-0 19分 ヨナス・ホフマン(ドルトムント)
2-0 58分 香川真司(ドルトムント)
3-0 74分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK)(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川が1ゴール1アシストの大活躍…ドルトムント、快勝で公式戦11連勝 | サッカーキング

【香川が1G1Aの大活躍!ドルトムントはレヴァークーゼンに完勝で11連勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ