スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ルール・ダービー

【現地取材】ドルトムント・サポーターの“KAGAWA評” (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


再びドルトムントのアイドルとなった香川真司の現地サポーター評価は・・・

11月8日、シャルケとの伝統のルール・ダービー(ブンデスリーガ12節)で値千金の先制ゴールを決め、ドルトムントを3-2の勝利に導いたのが、香川真司だ。

この日本人MFをドルトムント・サポーターはどう見ているのか。本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで取材を慣行した――。

「昨シーズンはあまり調子が良くなかったけど、今はすっかり元のシンジに戻ったね。彼をマンチェスター・ユナイテッドから復帰させたフロントの決断は、正しかったと思う」(30代・男性)

「シンジは最高さ!! 最近は動きがよりシャープになったし、ゴールもしっかり決めている。彼はルール・ダービーで必ず何かをやってくれる。まさにシャルケ戦のスペシャリストだね」(60代・男性)

「ドルトムントはルール地方で最高のチームだ。そこにシンジというエクセレントな選手が来てくれたことを、改めて誇りに思うよ。今日も見事なゴールを決めてくれた」(50代・男性)

「シンジは俺にとって特別な選手だ。彼が初めてのダービー(2010年9月20日のブンデスリーガ4節)で2ゴールを決めた時のことは、今でも忘れられないよ。そのときの写真は財布に入れて、今でも大事に持ち歩いているんだ」(20代・男性)

「今のシンジは非の打ち所がない。コンディションがどんどん上がっているね。この調子を最後まで維持してもらいたい」(30代・男性)

「今日もゴールを決めてくれたし、スーパーな選手。ヘディングで決めたのは、ちょっと意外だったわ」(20代・女性)

なにしろ、今シーズンはここまでドルトムント復帰1年目の昨シーズン(公式戦39試合で6得点・10アシスト)を明らかに上回る活躍(19試合の段階で7得点・8アシスト)を見せているからだ。  

取材・文:高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト現地特派)協力:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : 【現地取材】ドルトムント・サポーターの“KAGAWA評” (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【再びドルトムントのアイドルとなった香川真司の現地サポーター評価は・・・】の続きを読む

苦手克服で今季3点目…独紙、“ヘッドモンスター”香川に最高評価 | サッカーキング


 

”ヘッドモンスター”香川、独紙から最高評価と平凡評価

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、8日に行われたブンデスリーガ第12節、DF内田篤人が所属するシャルケとの“ルール・ダービー”で、今シーズン3点目、公式戦通算7ゴール目を挙げた。  香

川は0-0で迎えた30分、右サイドのマティアス・ギンターが上げたクロスをヘディングで叩きつけ、ゴール左隅に決めた。チームも3-2という乱打戦を制し、今シーズン最初のダービーマッチを制した。  

ドイツ紙『ビルト』は同試合の採点を発表。約5年ぶりのダービーゴールで先制点を決めた香川に最高タイとなる「1」(最高点1、最低点6)を与えた。また、地元紙『Ruhr Nachrichten』は、香川のヘディングシュートを称え「ヘッドモンスター、シンジ・カガワ」と記した。かつては自ら「ヘディングは苦手」とコメントしていたが、苦手を克服したと思わせるような鮮烈なゴールだった。  

地元紙『Revier Sport』は採点こそ「3」と平凡な点数となったが、「彼のヘディングでの先制ゴールを期待していた人は、ほんの少ししかいなかっただろう。しかしながら、彼はダービーになると毎回のようにとてつもないことをやってのけてしまうようだ」と、ダービー男・香川の面目躍如たる先制ゴールを称えた。

全文はソース元で

引用元 : 苦手克服で今季3点目…独紙、“ヘッドモンスター”香川に最高評価 | サッカーキング

【”ヘッドモンスター”香川、独紙から最高評価と平凡評価】の続きを読む

香川がヘッドで先制弾…計5発の激闘演じたダービー戦はドルトに軍配 | サッカーキング


香川がヘッドで先制点のドルトムント、シャルケに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第12節が8日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、DF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。  

ドルトムントがホームのシグナル・イドゥナ・パルクに、宿敵シャルケを迎えて、147回目の“ルール・ダービー”となった。現在6連勝中のドルトムントは、その6試合で合計24得点と攻撃陣が絶好調。今節、香川が左インサイドハーフで開幕から12試合連続の先発出場となった。その他、リーグ戦13ゴールで得点ランク2位につけるFWピエール・エメリク・オーバメヤンらもスタメンに名を連ねたが、FWマルコ・ロイスは肉離れで離脱を強いられているため欠場となった。

激闘のダービー戦はこのまま終焉。ホームのドルトムントが3-2で今シーズン最初の“ルール・ダービー”を制し、公式戦7連勝となった。対照的に敗れたシャルケは6試勝利なしと厳しい状況に立たされている。なお、香川はフル出場を果たした。

ドルトムントは次節、代表ウィークを挟んで、20日にアウェーで日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。シャルケは21日にバイエルンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-2 シャルケ
【得点者】
1-0 30分 香川真司(ドルトムント)
1-1 33分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)
2-1 43分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
3-1 47分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
3-2 71分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)


全文はソース元で

引用元 : 香川がヘッドで先制弾…計5発の激闘演じたダービー戦はドルトに軍配 | サッカーキング

【香川がヘッドで先制点のドルトムント、シャルケに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

ロイスが肉離れで14日間の離脱…“ルール・ダービー”の欠場が決定 | サッカーキング


no title

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは6日、クラブ公式HPを通じてドイツ代表MFマルコ・ロイスの検査結果を発表した。  

5日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第4節のガバラ戦で負傷により途中交代を強いられたロイス。肉離れと診断され、8日のブンデスリーガ第12節、シャルケとの“ルール・ダービー”を欠場することが決定。14日間の離脱と発表された。

全文はソース元で

引用元 : ロイスが肉離れで14日間の離脱…“ルール・ダービー”の欠場が決定 | サッカーキング

【ロイス、肉離れでまた14日間の負傷離脱… ルール・ダービーは欠場】の続きを読む

シャルケ内田、ブンデス第6節MVPに選出…ダービー勝利に貢献 – サッカーキング

10-1.14 uchi

ブンデスリーガ英語版公式HPは9月30日、第6節のMVPにシャルケのDF内田篤人を選出した。  MVPは、ユーザーの投票で決定。9月27日に行われ、2-1で勝利したドルトムント戦にフル出場していた内田は、55パーセントの得票率だった。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20141001/237574.html?view=more

【【動画】シャルケ内田がブンデス6節MVPに選出!!ドルトムントとのルール・ダービー勝利に貢献[公式特集動画]◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

「クリエイティビティの欠如」。現地紙はシャルケ戦敗因を香川のベンチスタートと分析。さらなる懸念材料も | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

9-30,14 dor

【シャルケ戦の敗因は香川のベンチスタートと独紙が指摘。ドルトムントの敗戦はクリエイティビティの欠如が理由と分析。その他にも要因が◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ダービー勝利に貢献のシャルケ内田、2節連続でベスト11に選出 – サッカーキング

9-30,14 uchi

DF内田篤人の所属するシャルケは、27日のブンデスリーガ第6節で、MF香川真司とMF丸岡満の所属するドルトムントと対戦。“ルール・ダービー”となったホームでの一戦で、2-1と勝利した。試合を受け、ドイツメディアでは、出場各選手のプレーを採点。フル出場した内田は、2節連続でベストイレブンに選ばれた。  

負傷から復帰して2試合目の内田は、ドイツ紙『ビルト』でチームトップタイの「2」(最高点1、最低点6)と高評価を受け、前節に続いて今シーズン2度目のベストイレブンに選出。ドイツ誌『キッカー』では、「3.5」の評価だったが、チームトップとなる66回のボールタッチ数を記録したと、伝えられた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20140929/237167.html?view=more

【シャルケ内田が独紙ベストイレブンに選出!!ドルトムントとのルール・ダービーで2節連続の選出に◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

香川に及第点「技術レベル高い」独紙 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

9-29,14 kaga

シャルケ戦に途中出場したドルトムントMF香川真司(25)について、28日付デアベステン紙(電子版)は及第点をつけた。

「トップ下のポジションで、ドルトムントの攻撃に勢いをもたらした。運動量が多く、技術レベルも高い。危険なポジションを取ったが、ほとんどの場面で味方のサポートがなかった。それでもループパスで同点弾を演出できそうだった」と評価した。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00000087-nksports-socc

【香川に及第点「ドルトムントの攻撃に勢いをもたらした」シャルケ内田は”試合を読む力”を高評価される♪ルール・ダービー独紙採点◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ダービー勝利の内田「香川が途中から出場して本当に嫌だった」 – サッカーキング

9-28,14 uci

DF内田篤人の所属するシャルケは、27日のブンデスリーガ第6節で、MF香川真司とMF丸岡満の所属するドルトムントと対戦。ホームで2-1と勝利した。  

フル出場した内田は試合後、途中出場した香川について、「途中から入ってきて嫌なプレーをしていた。もっとできるというのは、選手もサポーターもわかっていることなので、彼が途中から入ってきて本当に嫌だった」と言及。ブンデスリーガ公式HPが伝えている。  

シャルケとドルトムントは、互いにルール工業地帯に本拠地を構える。クラブはライバル関係にあるものの、「ドルトムントの選手ですけど、互いに良いプレーができればと思う」と語る内田。香川がドルトムントに3シーズンぶりに復帰したことには、「高校からずっと一緒にやっていますし、彼がマンチェスター・ユナイテッドにいても気にしていました」と話す。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20140928/236766.html?view=more

【シャルケ内田「香川が出場してからは嫌なプレーしていた」ドルトムントらしい強さが見えなかったとコメント。タッチ集も◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Bydt6L5IAAAdG9D

【香川はベンチ、内田はスタメン出場!!シャルケvsドルトムント戦、ルール・ダービースタメン発表◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ