長友もかつて共にプレー。インテルを三冠に導いた男が引退へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

no title

インテル黄金期のエースとして、2009/10シーズンにチームを三冠に導いた元アルゼンチン代表FWディエゴ・ミリートがそのキャリアに幕を下ろそうとしている。27日、アルゼンチン『クラリン』紙が報じている。  

2014年夏、イタリアを去ったミリートは自らのキャリアをスタートさせた母国アルゼンチンのラシンへと復帰していた。国内リーグ第12節、インデペンディエンテとのアベジャネーダ・ダービーを終えた翌日の会見で、36歳になったミリートは自らの胸の内を語った。  

「僕に愛情を捧げてくれた人たちに感謝をしたい。彼らには恩がある。僕が与えられる以上のものを与えてくれるんだ」とファンに向けて述べ、引退については「膝が思うようにプレーさせてくれないんだ。シーズンが終わる6月以降は、もうこれ以上、膝に負担をかけないと決めたんだ。引退を決意している」とコメントした。

全文はソース元で

引用元 : 長友もかつて共にプレー。インテルを三冠に導いた男が引退へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【長友の元同僚ミリートが引退 インテルの三冠の立役者】の続きを読む