スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ヨーロッパリーグ

香川ら主力の温存策実らず ドルトムントがELクラスノダール戦で「歴史的な敗北」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


やはり香川が必須か!?ドルトムント、ELでゴールを奪えず歴史的敗戦【ハイライト動画】

ドルトムントは26日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節でクラスノダール(ロシア)と敵地で対戦。開始早々の失点が決勝点となり0-1で敗れて、今季のELで初黒星を喫した。ドルトムント公式サイトによれば、前身のUEFAカップ時代も含め、この大会のアウェーゲームで敗れたのは2003年11月27日のソショー(フランス)戦に0-4で敗れて以来、実に12年ぶりのことだという。また、トーマス・トゥヘル監督の下、公式戦24試合目にして初めて無得点で試合を終えた。この試合、日本代表MF香川真司は遠征に帯同せず、出場はなかった。

トゥヘル監督は香川に加え、MFロイス、オーバメヤンを遠征メンバーから外し、29日のリーグ第14節シュツットガルト戦に温存させる一方、GKビュルキ、DFギンター、ソクラティスもベンチスタートと主力6人を休ませた。  

ドルトムントの公式サイトではフンメルスの与えたPKを「歴史的な判断」とレポート。欧州のカップ戦219試合で最も早い時間帯にチームが与えたPKだった。この日の黒星についても「歴史的な敗北」としている。ロシアでの敵地戦で敗れるのはチーム4試合目で初のことだった。  

歴史的な敗北を喫したドルトムント。主力を温存しながら圧倒的な攻勢に出たが、ハンブルガーSV戦(1-3)に続く連敗となった。29日には、中2日でシュツットガルトとのリーグ戦を迎える。温存された香川、ロイス、オーバメヤンが先発復帰し、攻撃ユニット「ファンタスティック4」の爆発が期待されるところだ。

全文はソース元で

引用元 : 香川ら主力の温存策実らず ドルトムントがELクラスノダール戦で「歴史的な敗北」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【やはり香川が必須か!?ドルトムント、ELでゴールを奪えず歴史的敗戦【ハイライト動画】】の続きを読む

ドルトムントのEL突破に暗雲? 香川同僚に紛争当事国のビザ不許可問題が浮上 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ドルトムントとムヒタリアンに危機!ELでビザが発給されない可能性

ボルシア・ドルトムントに所属するアルメニア代表のMFヘンリク・ムヒタリアン(26)が、10月22日にアウェイで行われるヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節のカバラ戦に帯同できない可能性が浮上している。  

日本代表のMF香川真司も所属するドルトムントは、28日に行われた2015/16シーズンのEL組み合わせ抽選会で、PAOK(ギリシャ)、クラスノダール(ロシア)、カバラ(アゼルバイジャン)と同じグループCに入ることが決定した。  

独紙『ビルト』によると、ムリタリアンの祖国アルメニアは、カバラの本拠地があるアゼルバイジャンと、ナゴルノ・カラバフ自治州の帰属をめぐる抗争が絶えず、1988年から二国間紛争に発展。1994年に停戦協定が発効されて紛争は沈静化したものの、アルメニア軍がアゼルバイジャン領土の20%を占領し、アゼルバイジャン人避難民も帰還の展望を絶たれたままなため、アゼルバイジャンがアルメニア人であるムヒタリアンに滞在ビザが発行しない可能性が高いと報じられている。  


全文はソース元で

引用元 : ドルトムントのEL突破に暗雲? 香川同僚に紛争当事国のビザ不許可問題が浮上 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントとムヒタリアンに危機!ELでビザが発給されない可能性】の続きを読む

香川「引かれたらサイド攻撃。代表にも通じる」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

日本代表のサイド攻撃に重要なこととは?香川「引かれたらサイド攻撃は代表に通じる」

<欧州L最終予選:ドルトムント7-2オッド>◇27日◇ドルトムント  ホームで行われた第2戦でMF香川真司が2ゴールを挙げる活躍を見せ、ドルトムント(ドイツ)がオッド(ノルウェー)に7-2で圧勝し、2戦合計11-5で本戦進出を決めた。

-内容も結果も評価できる?  

香川 しっかりと取り切って良かったと思います。  

-ロイスが真ん中に入った。ゼロトップみたいな感じ?  

香川 結構サイド流れたり、数的優位や良い距離間でやれるんですごくやりやすかった。ゼロトップでもゴール前に結果的に詰めて、行くとこは行けてしっかりとメリハリができてたと思います。   

-ムヒタリャンのゴールの時に、左を追い越すように走った。それで相手の右SBがつられた。ああいう動きが自然と出ているように思うが  

香川 そういうところで違いを作っていかなきゃいけない。おとりじゃないけど、3番目の動きだったり、そういうボールをどんどん追い越して、味方のサポートに行くのは自分の良さでもある。運動量豊富にこれからもやっていきたいと思います。  

-昨季なら同じ状況でもあまりそのような動きはなかったのでは? コンディションがいいのか、おとりになってもまた今度は自分を使ってもらえるから?  

香川 距離感が良いですから、自然とそういう動きになってると思います。別に去年と意識は変わってないですけど、そういうシチュエーションが増えてるっていうことは、そういう取ったあとの動きだしであったり、良い距離感でやれてるからそういう動きにつながってると思う。そういう意味では今後もこれを続けていきたいなと思います。  

-ここまでチームとしてコンスタントにゴールが取れている理由は?  

香川 やっていてもすごく楽しい。例えば昨シーズンはホームで1失点したら、相手のレベルにもよるけどこれだけブロックを張られたときに打開策がなかなかなかった。こういう引かれた相手に対して、サイドからの良いコミュニケーションで…今日も基本的にサイドからのボールが多かったと思うんですけど、そういうのを上手く崩して。そういう意味ではサイドバックもやっぱり質が高かったからこそ、やっぱり結果につながったと思います。  

-狙い通りの攻撃ができている?  

香川 精度が高かった。今日は特にイリー(ギュンドガン)からの斜めのボールだったり、ああいうところの精度が高い。彼はそういうところの質が高いなと今日はやりながら感じていた。そこにズレがなかった。斜めのダイアゴナルの浮き球のボールだったり、そういうところで何回もチャンスになっていた。それはひとつ代表にも通じるものがあるんじゃないかなと、見ながら、感じながら、やってました。  

-代表に通じるというのは?  

香川 やはりこういう引かれた相手が多くなる中で、どうやって崩したらゴール入るのかなって思った時に、結局サイドからの攻めだと思う。やっぱ中は固いんでね。  

-乗っているというメンタルがあると?  

香川 メンタル…いや、別に僕は…もちろん結果が出ていることはすごく良いですし、周りからみたら乗っているという結果になっていると思うんですけど、しっかりと準備が出来ているからこそ、結果につながっているんだと思う。相手も相手ですし、まったく満足感は得ていないので、今日の試合に関しては特に。そして日曜日の試合は本当に大事。ヨーロッパリーグ(の本戦の出場権)を勝ち取ってスタートしただけなので。だから、あんまり…これからじゃないですか、本当に。  

-ドルトムントで2連覇したときはホームでは絶対に負けないような雰囲気があった。今シーズンのホームでの公式戦は大差で勝っている。当時のような自信が選手の中に芽生えてきている?  

香川 そうですね。開幕戦もそうですし、良い入りが出来ているから、ホームでやる試合に対して、すごく楽しみだったし嬉しさを感じながら今はプレー出来ている。去年はホームでのプレッシャーがハンパなかったので、それが悪い方向に流れていた部分はあります。まあそういうところで、良いスタートが切れたというのは良いと思います。

全文はソース元で

引用元 : 香川「引かれたらサイド攻撃。代表にも通じる」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【日本代表のサイド攻撃に重要なこととは?香川「引かれたらサイド攻撃は代表に通じる」】の続きを読む

香川、ELプレーオフで2得点の大活躍で地元紙絶賛 「明確な上昇傾向」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川、2ゴールで地元紙は大勝に貢献を高評価「数多くのチャンスを演出」

ドルトムントの日本代表MF香川真司は27日、ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ第2戦の本拠地オッズ戦でトップ下で先発フル出場し、2得点を挙げて大活躍した。これで公式戦3試合連続ゴールとなり、試合も7-2でドルトムントが圧勝。大勝劇に貢献した日本の10番は地元メディアから高い評価を得ている。  

後半45分には、オーバメヤンのパスからチーム7点目となる追加点を決めた香川は1試合2得点の大暴れとなった。チームも敵地初戦で一時3点リードを許した相手に完勝した。  

地元紙「WAZ」は奮闘の香川に2点の高評価を与えている。「彼もまた広大なスペースを与えた相手に数多くの好機を演出した。 BVBの最初の決定機となったシュメルツァーに対し、素晴らしいプレーで構築した。4-1となるゴールを決め、終了間際には無人のゴールを揺らした」と高く評価している。  

大勝のドルトムントでは軒並み高評価となっている。ムヒタリアンとギュンドアンが最高点の1点を手にしており、ロイスも1.5点で続き、香川はDFフンメルスと並ぶチーム4位タイの評価だった。 チームは7-2圧勝。今季公式戦全勝中  

一方、地元紙「ルール・ナハリヒテン」は香川に合格点の2.5点を与えた。寸評では「スロースタートだった日本人の曲線は明確に上昇傾向にある。オッズ戦でもインゴルシュタット戦での流れを継続させ、スコアシートに2度名前を刻んだ。日本人にとってはいい試合だった」と評価している。

全文はソース元で

引用元 : 香川、ELプレーオフで2得点の大活躍で地元紙絶賛 「明確な上昇傾向」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【2ゴールの香川、地元紙は大勝に貢献を高評価「数多くのチャンスを演出」】の続きを読む

香川が2得点でEL本戦進出に貢献、地元紙も絶賛「多くの見せ場を作った」 | サッカーキング

香川、2ゴールにも関わらず独紙の高すぎる要求!「チャンスを決めきれない」

ヨーロッパリーグ予選プレーオフ・セカンドレグが27日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはホームでノルウェーのオッドに7-2で大勝した。この結果、ドルトムントは2戦合計スコアを11-5とし、EL本戦へと駒を進めた。  

フル出場の香川は、40分と90分にゴールを決めて勝利に貢献。公式戦3試合連続ゴールを記録した。  

最高評価の「1」(最高点1、最低点6)を2人に与えるなど、ドルトムントの選手に軒並み高評価を与えた地元紙『Westdeutsche Allgemeine』は、香川にも「2」の高評価をつけた。

「広いスペースを許す相手に対し、多くの見せ場を作った。DFマルセル・シュメルツァーへの見事なパスでドルトムント最初のビッグチャンスを演出。40分にはチーム4点目を、また、終了間際には無人のゴールに7点目を決めた」  

格下相手とはいえ、試合を通じての好パフォーマンスが高得点につながったようだ。その一方で、「もっとも、香川にとってシュートは弱点のままで、好機から絶好機と言えるものまで、チャンスを決めきれないことがあった」と、まるで2ゴールでは物足りないとばかりのコメントも付け加え、より高い評価を得るための課題が決定力向上にあることをうかがわせた。

全文はソース元で

引用元 : 香川が2得点でEL本戦進出に貢献、地元紙も絶賛「多くの見せ場を作った」 | サッカーキング

【香川、2ゴールにも関わらず独紙の高すぎる要求!「チャンスを決めきれない」】の続きを読む

香川が2ゴールで3戦連発…ドルト、圧巻のゴールショーで完勝しEL本戦進出 | サッカーキング

香川が2ゴール・3試合連続得点の活躍!ドルトムントは7得点で大勝しEL本戦へ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ヨーロッパリーグ予選プレーオフ・セカンドレグが27日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとノルウェーのオッドが対戦した。  

20日に行われたファーストレグは、ドルトムントがオッドのホームに乗り込み対戦した。開始わずか16秒に先制点を許すなど、ドルトムントは22分までに3点差をつけられたが、34分に反撃の1発を挙げると、85分に逆転に成功。結局、ドルトムントが敵地で4-3の大逆転勝利を収めていた。同試合で香川は今シーズン初得点を含む1ゴール1アシストの活躍。さらに、23日に行われたブンデスリーガ第2節のインゴルシュタット戦でもゴールを決めた香川は、3試合連続ゴールのかかる今試合、トップ下で先発出場している。

90分には、オーバメヤンからパスを香川が無人のゴールに流し込んで、自身2点目のゴールを上挙げた。試合はこのまま終了。7ゴールを決めたドルトムントが完勝し、2試合合計11-5でヨーロッパリーグ本戦出場を決めた。
 
ドルトムントは、30日に行われるリーグ戦第3節で日本代表MF原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 7-1 オッド

【得点者】
0-1 19分 オーレ・イェルゲン・ハルボーシェン(オッド)
1-1 25分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
2-1 27分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
3-1 32分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
4-1 40分 香川真司(ドルトムント)
5-1 51分 イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)
6-1 57分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
7-1 90分 香川真司(ドルトムント)


全文はソース元で

引用元 : 香川が2ゴールで3戦連発…ドルト、圧巻のゴールショーで完勝しEL本戦進出 | サッカーキング

【香川が2ゴール・3戦連発の大活躍!ドルトムントは7得点で大勝しEL本戦へ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

元清水ヨンセン、香川称賛「パーフェクトな選手」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

元名古屋ヨンセン「香川はパーフェクトな選手だ!何度も驚いた」

via:@yusukeMimura

<欧州L最終予選:オッド・グレーンラン3-4ドルトムント>

名古屋、清水でプレーし、現在はオッド・グレーンランに所属するFWヨンセン(41)は負傷のためベンチ外だったが、ドルトムントMF香川真司について「とても素晴らしい技術を持った選手だ。彼はスキルがあるから、ボールを失わない。いつもプレーに勢いがある。パーフェクトな選手だ。今日の試合でも、彼のボールタッチの素晴らしさに何度も驚かされた。何度もね」と称賛した。自身のチームについては「とても厳しい。今日の後半、ドルトムントは自信を取り戻して、僕たちはほとんど何もさせてもらえなかったからね」とコメントした。

全文はソース元で

引用元 : 元清水ヨンセン、香川称賛「パーフェクトな選手」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【元名古屋ヨンセン「香川はパーフェクトな選手だ!何度も驚いた」】の続きを読む

今季初ゴールの香川、嬉しさよりも「安堵」。苦しいプレシーズン乗り越え (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

足首を負傷していた香川、人工芝に苦戦も逆転勝利に「安堵」

現地時間20日、ヨーロッパリーグ(EL)本選出場をかけたプレーオフの1stレグが行われ、ドルトムントはアウェイでノルウェーのオッドに4-3の逆転勝利を収めた。

この試合で日本代表MF香川真司は1ゴール1アシストと大活躍。チームの勝利の立役者となった。  

今季の公式戦初となるゴールを挙げた香川だったが、「嬉しさ」よりもむしろ「安堵」の気持ちの方が強かったようだ。 「安堵…やっぱり結果を残したことは良いこと」

全文はソース元で

引用元 : 今季初ゴールの香川、嬉しさよりも「安堵」。苦しいプレシーズン乗り越え (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【足首を負傷していた香川、人工芝に苦戦も逆転勝利に「安堵」】の続きを読む

3点差からの逆転勝利…失点には苦言もドルト指揮官「とても感動した」 | サッカーキング

トゥヘル、失点に苦言もドルトムントの逆転勝利に「とても感動した」

ヨーロッパリーグ予選プレーオフ・ファーストレグが20日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは敵地でノルウェーのオッドと対戦し、4-3で勝利を収めた。試合後、チームを率いるトーマス・トゥヘル監督がインタビューに応え、日本語版クラブ公式サイトがコメントを伝えている。  

開始16秒で先制され、22分までに3点差をつけられるという苦しい展開となった試合を振り返り、「絶対にあってはならない。我々は肉体的にも精神的にも試合に対する準備ができていなかった。簡単にクロスを入れさせてしまい、難なくゴールを奪われたことにショックを受けたよ。あの失点で目覚め、(香川の)クロスバーをたたくシュートも放ったが、追加点を奪われて0-2とされてしまった」と試合に対する準備が十分でなかったことが序盤の失点の理由だと説明した。  

「士気を高めて試合をひっくり返した。とても感動したよ。最終的には、勝利は妥当な結果だったと思う。もっと余裕を持って勝てたはずだけどね」

「ボールがラインを越えるまでは安心できなかった。ビッグチャンスをいくつもつくった。再三クロスバーにシュートを阻まれ、信じられない気分だったよ。もっと楽に勝てたはずだが、立ち上がりにもっとしっかり守るべきだったね」

「我々は難しい状況に対処できる。0-3から逆転した事実だけを言っているわけではない。チーム全体が士気を上げて戦った。それは今後に向けて好材料だね。チームは確実に前進しているところを示した」

「試合前、とにかく勝てればよしと言っていた。その意味では満足している。相手の実力は承知しているが、第2戦も勝てると確信している」
全文はソース元で

引用元 : 3点差からの逆転勝利…失点には苦言もドルト指揮官「とても感動した」 | サッカーキング

【トゥヘル、失点に苦言もドルトムントの逆転勝利に「とても感動した」】の続きを読む

香川1G1Aの活躍も独紙は更なる好プレー期待「求めているものはもっと上」 | サッカーキング

救世主のような活躍をした香川、独紙は低めの評価「求めているのはもっと上」

ヨーロッパリーグ予選プレーオフ・ファーストレグが20日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは敵地でノルウェーのオッドと対戦し、4-3で勝利を収めた。  

地元メディア『Westdeutsche Allgemeine』は、同試合で1ゴール1アシストの活躍を見せた香川に「3」(最高点1、最低点6)をつけ、

「開始早々に1点を奪われた直後のシュートがバーに当たったのはアンラッキーだった。しかし、その後はスピードに欠け、ボール離れの悪さが目立った結果、チャンスの芽を摘んでしまうことに。テクニックあふれるボレーで47分にチーム2点目を決め、84分にはドンピシャのクロスで逆転のゴールをアシストしたが、求めているものはもっともっと上だった」と、期待値が高いゆえに厳しい評価を下している。

全文はソース元で

引用元 : 香川1G1Aの活躍も独紙は更なる好プレー期待「求めているものはもっと上」 | サッカーキング

【救世主のような活躍をした香川、独紙は低めの評価「求めているのはもっと上」】の続きを読む

このページのトップヘ