スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

マンチェスター・ユナイテッド

ファン・ハール動く! かつての教え子ロッベンを獲得へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


マンU監督ファン・ハール、ロッベンの獲得に動く!

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官ファン・ハールがバイエルンFWアリエン・ロッベン獲得を狙っている。

今季は負傷もあってコンスタントにプレイできていないロッベンは、13日のウェールズ戦でお得意の形から2ゴールと復活をアピールした。

このパフォーマンスをバイエルンでも継続したいところだが、チームメイトのロベルト・レヴァンドフスキが利己的なロッベンのプレイスタイルに嫌気がさしており、ドウグラス・コスタやキングスレイ・コマンとのプレイを望んでいると言われている。

英紙『デイリー・ミラー』によると、ファン・ハールは32歳となるロッベンが後2,3年はトップパフォーマンスを維持できると考えており、創造性あるサイドアタッカーの1人として迎え入れる考えだ。さらに、同選手が2018ワールドカップへの出場を目指すのであれば、今のバイエルン以上に出場機会を与える考えも持っているという。
全文はソース元で

引用元 : ファン・ハール動く! かつての教え子ロッベンを獲得へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【マンU監督ファン・ハール、ロッベンの獲得に動く!】の続きを読む

また失敗? ファン・ハール、ヤヌザイを呼び戻しへレンタル期間切り上げ求める (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


 

ファン・ハール、ヤヌザイをマンUに早期呼び戻し!迷走する補強策

マンチェスター・ユナイテッドは、今夏ドルトムントに1年間の期限付き移籍をさせたMFアドナン・ヤヌザイを呼び戻すことを検討している。

英紙『デイリー・ミラー』はファン・ハールが攻撃で違いを作れるタレントを探しており、ヤヌザイのレンタル期間切り上げをドルトムントに提案する考えだと伝えた。クリスティアーノ・ロナウドの後継者と期待されたメンフィス・デパイが期待外れのパフォーマンスに終始していることも大きく、今ならマンUでも出場機会を得られるかもしれない。

今夏のマンUの補強策には批判も出ており、レヴァークーゼンへ放出したFWハビエル・エルナンデスはストライカーとして活躍している。現在のマンUが得点力不足と指摘されることを考えると、エルナンデスはマンUに必要な人材だったはずだ。

デパイの低パフォーマンスは計算外だったが、ヤヌザイを放出したために経験の浅いジェシー・リンガードに賭けるしかない状況を生み出してしまい、放出の失敗例が目につく。

しかも移籍先のドルトムントは前線が絶好調で、ヤヌザイが割って入る隙がない。出場機会が確保されなければ、EURO2016の代表メンバーから漏れる可能性もある。
全文はソース元で

引用元 : また失敗? ファン・ハール、ヤヌザイを呼び戻しへレンタル期間切り上げ求める (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハール、ヤヌザイをマンUに早期呼び戻し!迷走する補強策】の続きを読む

C・ロナウドはマンUに必要か? 不要との見方も (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

マンUにC・ロナウドは不要!?英紙がいくつかの疑問点を掲載

今季終了後にレアル・マドリード退団の可能性も報じられているクリスティアーノ・ロナウドには、PSGやMLSのクラブ、そして古巣のマンチェスター・ユナイテッドも獲得に乗り出すと伝えられている。しかしマンUにロナウド本当に必要なのか、『デイリー・ミラー』はいくつかの疑問を投げかけている。

1.1億ポンドは払いすぎではないか

ロナウドがレアルを退団することになったとしても、獲得には大金が必要になる。マンUもそれは覚悟のうえだが、2月で31歳になる選手にしては高額すぎる。

2.若手の成長を妨げる

メンフィス・デパイやアンソニー・マルシアルといった若手アタッカーが注目を集める今のマンUにロナウドが加入すれば、当然No1の座はロナウドが持っていくことになる。ポジション的にもデパイやマルシアルが外れる可能性も出てくるため、若手の発展に悪影響を与えるかもしれない。

3.システムに合わない

ロナウドが加入すれば、チームの哲学は大きく変わる。ロナウドはシーズンに40~50ゴールは約束してくれるはずだが、ロナウドがプレイしやすい環境を整える必要がある。ロナウドがチームに入るのではなく、チームがロナウドに入るような印象になる。果たしてそれはファン・ハールの哲学に合っているのだろうか。


全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドはマンUに必要か? 不要との見方も (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【マンUにC・ロナウドは不要!?英紙がいくつかの疑問点を掲載】の続きを読む

マンUがC・ロナ復帰を画策、130億円超のオファーか…PSGも対抗へ | サッカーキング

マンU、C・ロナウドの獲得に130億円超のオファー!PSGと争奪戦に

マンチェスター・Uが来夏の移籍市場で、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を目指していることが明らかになった。21日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』など各紙が報じている。  

現在30歳のC・ロナウドは2003年から2009年までマンチェスター・Uでプレーし、プレミアリーグ196試合に出場、84得点を記録していた。

レアル・マドリードもエースの引き抜きに対しては簡単に応じるつもりはなく、史上最高額の9000万ポンド(約168億2000万円)を要求するとも報じられている。  

しかし、マンチェスター・Uは元・エースの再獲得を諦めるつもりはなく、要求額こそ満たさないが、7000万ポンド(約130億8000万円)という30歳の選手に対しては破格の移籍金で3度目のオファーを提示するという。選手に対しても1500万ポンド(約28億円)という年俸を用意していて、是が非でもC・ロナウドをマンチェスターへ連れ戻そうとしているようだ。  

一方、同じくC・ロナウドの獲得を目指すパリ・サンジェルマンは、今夏の移籍市場最終日に史上最高額となる1億1000万ポンド(約200億円)のオファーを出したと報じられていた。
全文はソース元で

引用元 : マンUがC・ロナ復帰を画策、130億円超のオファーか…PSGも対抗へ | サッカーキング

【マンU、C・ロナウドの獲得に130億円超のオファー!PSGと争奪戦に】の続きを読む

モイーズ監督の招聘は“消去法”だった? ファーガソン氏が明かす (ISM) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、モイーズのマンU監督就任はペップらに断られて”仕方なく”と消去法で選出したと明かす

元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。自身の後継者として、デイヴィッド・モイーズ監督(現レアル・ソシエダ/スペイン)ではなく、ペップ・グアルディオラ監督(現バイエルン/ドイツ)の招聘を望んでいたことなどを明かした。  

ファーガソン氏は同書の中で「ペップに、他クラブからのオファーを引き受ける前に私に電話してほしいと伝えたが、彼はそれをせず、2013年7月にバイエルンの指揮官に就任した」と当時の経緯を明かしている。  

ファーガソン氏が27年間務めたマンUの指揮官からの退任を発表したのは2013年5月のことだが、妻の姉妹が亡くなったのちの2012年12月には、そのことを決断していたという。(マンUの本拠地)オールド・トラフォードにおける後任者探しは、ファーガソン氏が決断をグレイザー一家に伝えた2013年3月から、水面下で開始された。  

同氏は「ジョゼ・モウリーニョ監督(現チェルシー/イングランド)はチェルシーへの復帰希望を、オーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏に伝えたということが明らかになった。カルロ・アンチェロッティ監督はモウリーニョ監督の後任として、レアル・マドリー(スペイン)にいくことも分かった」「また、ユルゲン・クロップ監督はドルトムント(ドイツ)で満足しており、新契約にサインすることも知った。その間、ルイス・ファン・ハール監督はオランダ代表を率いて2014年W杯への準備を進めていた」と綴った。  

結局、マンUは望んでいた候補者と契約することができず、新指揮官にモイーズ監督を指名。


全文はソース元で

引用元 : モイーズ監督の招聘は“消去法”だった? ファーガソン氏が明かす (ISM) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、モイーズのマンU監督就任はペップらに断られて”仕方なく”と消去法で選出したと明かす】の続きを読む

ファーガソン氏、27年間のマンU指導で「ワールドクラスは4名だけ」 (ISM) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、ルーニーとベッカムはワールドクラスと認めず?27年間のマンU指揮で4名だけ

元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。自身が指導した選手の中で「ワールドクラス」と呼べる選手は、4人だけだと述べた。  

ファーガソン氏は1986年からマンUで指揮をとり、38の主要タイトルをクラブにもたらし、2013年に勇退。その間、多くのスター選手を指導してきたが、その中でも真の「ワールドクラス」と呼べるのは、元フランス代表FWエリック・カントナ氏、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー/スペイン)、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏の4名だとした。

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン氏、27年間のマンU指導で「ワールドクラスは4名だけ」 (ISM) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、ルーニーとベッカムはワールドクラスと認めず?27年間のマンU指揮で4名だけ】の続きを読む

元同僚チチャリートと再会した香川。試合後の談笑の内容は? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

香川、マンU時代の元同僚チチャリートに「やっぱり怖かった」談笑の内容を明かす

【ドルトムント 3-0 レバークーゼン ブンデスリーガ第5節】  

ブンデスリーガ第5節が現地時間の20日行われ、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントはホームでレバークーゼンと対戦し3-0と快勝を収めた。  

この試合で香川はマンチェスター・ユナイテッド時代の同僚である“チチャリート”ことFWハビエル・エルナンデスと再会した。  

強敵レバークーゼンとの大一番だったこともあり、香川は「チチャリートは常にカウンターを狙っていたので、怖さもあった」と同選手への警戒を明かした。

「やはりプレッシングが激しかったですし、一度抜けるとチャンスになるシーンは前半から感じていました。前半はなかなかリズムに乗りにくかったですし、後半も最初はミスが続きました」  

試合後にチチャリートと談笑した香川は「やっぱり怖かったって言いました」と話す。「一瞬の隙やゴール前を狙っている」と元同僚の持ち味を称賛した

全文はソース元で

引用元 : 元同僚チチャリートと再会した香川。試合後の談笑の内容は? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【香川、マンU時代の元同僚チチャリートに「やっぱり怖かった」談笑の内容を明かす】の続きを読む

トップは平均8万463人…昨季の欧州最多平均集客数を記録したクラブとは | サッカーキング

昨季の欧州サッカー最多平均集客数を記録したクラブはどこ!?

8月に発売されたリー・プライス氏著『ザ・ブンデスリーガ・ブループリント』によると、2014-15シーズン、欧州で最多の平均集客数を記録したチームは、日本代表MF香川真司の所属するドイツのドルトムントであったことが明らかとなった。18日のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じている。

また、ドイツ・ブンデスリーガの平均集客数は4万3539人で欧州最多を記録。100パーセントの集客率を記録したのはドルトムント、マンチェスター・U、バイエルン、アーセナルの4チームだった。

1位から10位までのランキングは以下の通り。

1位:ドルトムント 8万463人
2位:バルセロナ 7万7632人
3位:マンチェスター・U 7万5335人
4位:レアル・マドリード 7万3081人
5位:バイエルン 7万2882人
6位:シャルケ 6万1578人
7位:アーセナル 5万9992人
8位:ハンブルガーSV 5万3252人
9位:マルセイユ 5万2917人
10位:ニューカッスル 5万359人

全文はソース元で

引用元 : トップは平均8万463人…昨季の欧州最多平均集客数を記録したクラブとは | サッカーキング

【昨季の欧州サッカー最多平均集客数を記録したクラブはどこ!?】の続きを読む

ファーガソン引退の真実 赤い悪魔と別れを告げた本当の理由とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、マンUの指揮官を引退した理由を明かす

マンチェスター・ユナイテッド前監督のサー・アレックス・ファーガソン氏が、オールド・トラフォードに別れを告げた本当の理由を明かした。英地元紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

リーグ優勝を果たした2012-13シーズンを最後に引退。現役から身を引いた理由として、当時は「可能な限り最高のチーム状態で後任に引き継がせるため」と語っていた。  

「正直、私はもっと続けるつもりだったんだ。だが、ある日の夜、私は偶然、テレビを見ていた妻を眺めていた。しかし、彼女はテレビから視線を逸らし、部屋の天井を虚しそうに見上げていた。その時に気づいたんだ。私は、彼女を孤独にさせていたことに」  

自著「牽引 マネジメントの芸術」の出版に際して、インタビューに応じた名将はこう語った。キャシー夫人は双子だった。姉妹のブリジット・ロバートソンさんが2012年10月に亡くなったことでキャシーさんは孤独感を強めていたという。

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン引退の真実 赤い悪魔と別れを告げた本当の理由とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、マンUの指揮官を引退した理由を明かす】の続きを読む

C・ロナウドはロナウドになる!?30歳を越えて激変したスタイル。 (Number Web) - Yahoo!ニュース


no title


週末のスペインを最も騒がせたのは、クリスティアーノ・ロナウドがエスパニョール戦で決めた1試合5得点だった。  

この5得点で、ロナウドはラウールが保持していたレアル・マドリーのリーガ最多得点記録(228)を更新し、231点に到達した。驚くのが、ラウールよりも347試合少なくこれを達成した点だ。  

ここ数年のロナウドのゴール、そしてエスパニョール戦の5得点が改めて明らかにしたことがある。それが、ロナウドからウイングとしての要素がほぼ完全に消え去った、ということだ。そこには9番的ストライカーに変貌をとげたロナウドの姿がある。 ドリブル突破は減り、ゴール数が激増!?  

パスを受ける予備動作、裏への抜け出しやそのタイミングなど、フォワードに必要なボールを呼び込む動きは年々上達している。  

一方で興味深いのが、1対1の局面でドリブルで勝負する回数、成功率が減っている点だ。ドリブルで仕掛けようとする意志は昨季も今季も希薄で、それならば周囲にパスを出し、自らはエリア内に飛び込むというように、明らかにプレーの優先順位に変化が見られる。

思えばウインガーとしてのロナウド、ボールアーティストとしてのロナウドの全盛期はマンチェスター・U時代だった。
 
シザーズやエラシコ、ヒールや軸足の裏を通すプレーなど、あらゆるトリックをどこか得意げに披露する、華麗なドリブラーだった。
 
しかしそんな姿はもう見られない。ドリブル、フェイントを見せるにしても、今はシンプルでほとんど時間をかけないものだ。
 
プレーエリアも大きく変わった。いまだにロナウドのことを「エクストレモ」、ウイングと表記することが多いが、今となっては左サイドに張っていることの方が珍しい。「偽9番」という言葉が流行したが、今のロナウドは「偽ウイング」とでも呼ぶべきだ。
 
5点を決めたエスパニョール戦でも、サイドでの1対1で相手にドリブルでしかけチャンスを作るシーンは皆無で、目立ったのはパスを受けネットを揺らす、生粋の9番的ストライカーの姿だ。

30歳になって、スタイルを変化させた?

昨季のデータを見てみる。
 
ロナウドは昨季通算61点を決めたが、エリア外から決めたのは5点だけだ。ペナルティエリア内での得点が43点、その内14点はゴール目前のゴールエリアから決めたものだ(13点がPK)。
 
ワンタッチゴールの数と頭での得点数も、ストライカーの毛色を濃くしている。
 
昨季ワンタッチで押し込んだゴールは38点にのぼり、総得点の62.3%を占める。頭では17点を決めた。ドリブルで数人をかわして決める、というようなゴールはほとんどない。先日のエスパニョール戦の5点も、3点がゴール前でワンタッチで押し込んだものだ。
 
ロナウドは今年30歳を迎えた。今の所スピードや筋力に衰えは窺えないが、今後は緩やかに低下するのは避けられない。ドリブラー的な色が薄くなり始めたのは、20代後半に入ってからだ。キャリア終盤のことを考えてのスタイル変化だとしたら、非常に賢い選択だったといえる。

思い出すのは……“フェノメノ”ロナウド。

ロナウドの変化を見ていて思い出すのが、晩年の“フェノメノ”、ブラジル人の元祖ロナウドだ。
 
彼も、レアル・マドリーで過ごした20代後半からは、ドリブルではなくシュートの巧みさで勝負していた。
 
現代のロナウドも、同じ道を歩みつつあるのだ。

(「サッカーの尻尾」豊福晋 = 文)

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドはロナウドになる!?30歳を越えて激変したスタイル。 (Number Web) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウドが”元祖怪物ロナウド”に進化!?30歳を超えてスタイルが激変】の続きを読む

このページのトップヘ