スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

マンチェスター・ユナイテッド

バルサの大黒柱に退団の危機? 契約延長交渉が難航 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


no title


バルセロナの大黒柱であるMFセルヒオ・ブスケツにクラブ退団の危機が迫っている。27日付けスペイン紙『マルカ』が報じた。  

ブスケツはクラブと契約内容の向上の交渉中であるとされているが、交渉は平行線をたどっているという。ブスケツにはヨーロッパ中のビッグクラブが獲得を狙っており、クラブと合意に至るかを注目している。  

チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、中でもパリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に強い興味を持っており、移籍金に1億ユーロ(約126億円)もの金額を用意している。ブスケツ本人には年棒1600万ユーロ(約20億円)を提示するとしている。

全文はソース元で

引用元 : バルサの大黒柱に退団の危機? 契約延長交渉が難航 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【バルサに危機!!ブスケツとの契約延長交渉が難航 PSG、チェルシー、マンC、マンUがオファーも】の続きを読む

V・ハール政権に390億円を費やしたマンUが今夏には480億円を投下へ 狙うはポグバ&イブラ&ヴァランら (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

マンUが性懲りもなく今夏に480億円の補強費を投入か?イブラ、ネイマール、ポグバらを獲得へ

果たしてどれだけの大金を注ぎ込めば、彼らはしかるべき姿に戻るのだろうか。確固たる答えが出ない限り、マンチェスター・ユナイテッドの金庫は稼働を続けることになりそうだ。

クラブは低迷の元凶ともいえるオランダ人監督の続投を望んでおらず、後任の有力候補であるジョゼ・モウリーニョ監督には夏の補強資金として3億ポンド(約483億円に相当)を準備するつもりだと英『Daily Star』が報じた。

モウリーニョはこの破格の補強資金を使いパリ・サンジェルマンのズラタン・イブラヒモビッチやバルセロナのネイマール、バイエルン・ミュンヘンのトーマス・ミュラー、ユヴェントスのポール・ポグバ、そしてレアル・マドリードのラファエル・ヴァランらの獲得に動くという。

全文はソース元で

引用元 : V・ハール政権に390億円を費やしたマンUが今夏には480億円を投下へ 狙うはポグバ&イブラ&ヴァランら (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【マンUが性懲りもなく今夏に480億円の補強費を投入か?イブラ、ネイマール、ポグバらを獲得へ】の続きを読む

ナポリを完封。長友佑都のユニフォームがインテルで一番売れる理由 (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

マンU、インテル長友の獲得に本気だった!ミラノに出向いて破格の移籍金を提示していた

「おめでとうチャンピオン! 我々のもとに残ってくれてすごくうれしいよ! さあ、これから今シーズンをいい形で終えて、来シーズンはみんなで勝利しよう!」  

長友佑都の契約更新の知らせを聞いて、チームメイトのガリー・メデルとファン・ヘススは真っ先にこんなメッセージを送った。  

4月8日に発表されたインテルとの契約更新は3年。長友が32歳になる2019年6月までとなる。長友側もインテル側も望んだ円満更新だった。今年の1月にキャプテンだったアンドレア・ラノッキアが移籍したため、長友は現在のチームの中で所属期間が最も長い選手となったが、この更新で彼が名実ともにインテルの顔となっていくに違いない。また、もし彼がこの契約の最後までプレーすれば、中田英寿の記録を抜いてセリエAで最も長くプレーした日本人となる。  

インテルは常に長友のプロ精神と、様々なポジションでプレーできる柔軟性を評価してきた。それに加えてチームの経営戦略においても、彼は重要な存在となってきている。インテルは今後アジア市場でのマーケティングやマーチャンダイズをより発展させようと計画しているが、その際、チームの中心にアジア人選手を持つことは有利であると判断したのだ。  

長友とインテルの契約は2016年の6月までであったため、インテルはそれより前に彼をどこかのチームに売るつもりであった。契約が切れてしまえばインテルに移籍金は全く入らなくなってしまうからだ。  

そのためロベルト・マンチーニ監督の構想の中に彼は入っておらず、開幕後も長くベンチを温める日が続いた。しかし長友はそれに不平を漏らすでもなく、いつも通りの、いやいつも以上の熱心さで練習に汗を流していた。彼のもとにはイタリア内外の多くのチームからオファーが寄せられたが、長友はそれもことごとく断った。彼はどうしてもインテルを去る気になれなかったのだ。

そんな長友の姿勢がマンチーニの気持ちを少しずつ変えていった。そして試しに長友を使ってみると、彼は見事にその期待に応える働きを見せた。すべては日々怠ることのなかった練習の成果である。こうして長友はまたピッチに戻り、契約更新の噂も出るようになってきた。
 
そんな1月。長友とインテルのラブストーリーを一変させてしまうような事件が起こった。マンチェスター・ユナイテッドの役員が、長友を売ってほしいとわざわざミラノにまで出向いてきたのである。彼らが提示してきた金額は200万ユーロ(約2億5000万円)。あと数カ月で契約が切れる選手に対しては破格の値段だ。
 
この話を受けてインテルは急遽長友と彼の代理人をチーム本部に呼ぶと、状況を説明し、最終的な決断を長友に託した。チームとしては、この金額は拒否しきれないものだったからだ。しかし長友はこの名門レッド・デビルズからのオファーをあっさりと断ってしまった。ルイス・ファン・ハールのもとで、オールド・トラフォードでプレーするチャンスをいとも簡単に切って捨てたのである。

何が彼にそうさせたのか? 長友自身がそれを説明している。

「僕はインテルを愛している。ここに残りたい。マンチーニとの関係は最高だ」
 
そしてこの発言から2カ月後、ついに契約更新が実現したのである。
 
頭がよく、仕事熱心で、健康に留意し、実は意外におしゃれでもある。ミラノではよく本田圭佑とともに食事をしているところを見かけるが、テーブルの上にあるのはいつも野菜と赤身の肉、もしくは魚料理。飲みものは必ずミネラルウォーターだ。健全な食事が、彼の健全な体と精神を作っているのだろう。

フロジノーネ戦の前日(この試合、長友は出場停止)、長友はマンチーニと共に記者会見に顔を出し、そこで契約更新の正式発表がなされた。その際マンチーニは親しみを込めて明るいトーンで長友のことをこう語った。

「我々は彼のことを2019年までつなぎとめなければならない」

笑いながらマンチーニは言った。

全文はソース元で

引用元 : ナポリを完封。長友佑都のユニフォームがインテルで一番売れる理由 (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

【マンU、インテル長友の獲得に本気だった!ミラノに出向いて破格の移籍金を提示していた】の続きを読む

香川にイブラヒモビッチ、オーウェン…… 英メディアが移籍を後悔しているスター選手たちを紹介 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

香川はマンU移籍を後悔!?英メディアが移籍しなければよかったスター選手を紹介

移籍後に古巣が躍進ステップアップになると信じて移籍を選択したものの、自身が移籍した後に古巣が思わぬ好成績を残すこともある。それもサッカーの面白いところだが、選手としては移籍しなければよかったと後悔することもあるだろう。

『The Sun Dreamteam Fc』は、そんな後悔を感じたであろうスター選手を紹介している。

1.エステバン・カンビアッソ(レスター・シティ→オリンピアコス)

レスターの残留に貢献したカンビアッソは、昨夏にオリンピアコスへ移籍。カンビアッソもまさか今季レスターが優勝争いに絡むとは想像すらしていなかっただろう。仮に残留していれば最高の気分を味わうことができたはずだ。

3.ズラタン・イブラヒモビッチ(インテル→バルセロナ→ミラン)
イブラヒモビッチは世界を代表する名選手だが、これまでUCLを制したことがない。イブラヒモビッチは2008-09シーズン終了後にインテルからバルセロナへ移籍したが、インテルが翌シーズンのUCLを制覇。もう1シーズン残っていればイブラヒモビッチも中心選手としてUCL制覇を味わえたかもしれない。さらにバルサを去った次のシーズンにはバルサがUCLを制しており、イブラヒモビッチ移籍後に両クラブはUCLを制している。

4.マイケル・オーウェン(リヴァプール→レアル・マドリード)
オーウェンは2004年にレアルへ移籍したが、2004-05シーズンにリヴァプールがイスタンブールの奇跡を起こしてUCLを制覇。オーウェンもまさかリヴァプールがあんな劇的な形でUCLを制するとは思っていなかったはずで、リヴァプールに残っていればあの歓喜を味わうことができた。

5.香川真司(ドルトムント→マンチェスター・ユナイテッド)
香川のマンU移籍はステップアップになるはずだったが、ドルトムントは香川移籍後に大躍進。UCLでレアルも倒して決勝に進出し、クラブ史上に残るシーズンを過ごした。香川もドルトムントに残っていればUCL決勝の空気をピッチ上で味わうことができたはずで、日本のサッカーファンにとっても少しばかり惜しい瞬間だった。


全文はソース元で

引用元 : 香川にイブラヒモビッチ、オーウェン…… 英メディアが移籍を後悔しているスター選手たちを紹介 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川はマンU移籍を後悔!?英メディアが移籍しなければよかったスター選手を紹介】の続きを読む

PFAベスト11、レスター&トッテナムから計8名選出 (ISM) - Yahoo!ニュース


no title


PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)は現地時間21日(以下現地時間)、2015-16シーズンのプレミアリーグベストイレブンを発表。優勝を争うレスターとトッテナムから、それぞれ4選手が選出されている。

なお、PFAは24日に年間最優秀選手賞、若手最優秀選手賞などを発表予定。ケイン、ヴァーディ、マレズ、カンテ、パイェも年間最優秀選手にノミネートされているが、同じく候補に挙がっているMFメスート・エジル(アーセナル)はベストイレブンに含まれなかった。(STATS-AP)

=PFA選出ベストイレブン=

GK ダビ・デヘア(マンチェスターU)
RSB エクトル・ベリェリン(アーセナル)
CB トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)
CB ウェズ・モーガン(レスター)
LSB ダニー・ローズ(トッテナム)
MF リヤド・マレズ(レスター)
MF ヌゴロ・カンテ(レスター)
MF デル・アリ(トッテナム)
MF ディミトリ・パイェ(ウェストハム)
CF ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
CF ハリー・ケイン(トッテナム)

全文はソース元で

引用元 : PFAベスト11、レスター&トッテナムから計8名選出 (ISM) - Yahoo!ニュース

【PFAがプレミアベスト11にレスターとトッテナムから8名選出 ビッグクラブからは2選手のみ】の続きを読む

マンU行きはナシ? モウリーニョがプレミア11位のクラブに就任か (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

モウリーニョがまさかのエヴァートン監督就任か!?マンU行きは・・・

サッカー界はこの男の復帰を待っている。そしてそれは一部の“メガクラブ”だけには限らないようだ。ポルトガル人指揮官ジョゼ・モウリーニョが、誰も予想だにしない進路を辿ることになるかもしれない。

昨年末にチェルシーを解任され、現在フリーの身となっているこのカリスマ指揮官に対しては、かねてよりマンチェスター・ユナイテッドが強い関心を示しているとされていた。しかし英『Daily Star』によると現在プレミアリーグで11位につくエヴァートンが、同監督の招聘を検討しているという。決してビッグクラブとはいえないエヴァートンだが、ユナイテッドとモウリーニョの間には未だ正式な契りは存在せず、まさかのサプライズ人事が起こる可能性もあると同メディアは伝えている。

全文はソース元で

引用元 : マンU行きはナシ? モウリーニョがプレミア11位のクラブに就任か (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【モウリーニョがまさかのエヴァートン監督就任か!?マンU行きは・・・】の続きを読む

「香川を売却してマタを買ったなんて信じられない」 香川のプレイにマンUサポーターが感動 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


マンUファン「なんで香川を売ってマタを買ったのか・・・」ELでのプレーに古巣サポーターが感動と不満

14日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグ、リヴァプール対ドルトムントの戦いを見たマンチェスター・ユナイテッドのサポーターは、改めて日本代表MF香川真司を凄い選手と認識したようだ。

『HITC』によると、マンUサポーターは試合後にTwitter上で香川のプレイが凄かったとコメントするとともに、香川を活かせなかったマンUに 激怒している。 その中には、「未だに香川がマンUで使われなかった理由が奇妙で仕方がない」、「香川が売却された理由を誰か教えてくれ」、「マンUは香川を左サイドに固定してしまい、彼の使い方を分かっていなかった。恥を知れ」と香川の能力を活かせなかったチームに怒りを露わにしている。

また、「香川を売却してフェライニやルーニーを10番で使うなんて愚かだ」といったものや、「香川を売却し、マタを買ったなんて信じられない」と現在マンUでプレイしている選手にも話題が及んでいる。

全文はソース元で

引用元 : 「香川を売却してマタを買ったなんて信じられない」 香川のプレイにマンUサポーターが感動 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【マンUファン「なんで香川を売ってマタを買ったのか・・・」ELでのプレーに古巣サポーターが感動と不満】の続きを読む

マンU株が8カ月間で640億円も大暴落 ファン・ハール体制は投資家に見限られた!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


no title


マンチェスター・ユナイテッドはルイス・ファン・ハール監督の下、2年合計で500億円以上の補強費を投入。FAカップ獲得の可能性を残しながらも、リーグ戦では来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位と、今季も失意のシーズンを送っているが、投資家はすでに不振の名門に冷たい視線を送っていることが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は今季開幕時との比較で、クラブ株式の時価総額が4億ポンド(約622億円)以上も下落していると報じている。

ニューヨーク株式市場で昨年8月8日、今季開幕戦でトットナムに1-0で勝利した際の株価は、18ドル37セント(約2000円)だった。だが、4月11日の前節でトットナムに0-3で大敗後、株価は13ドル83セント(約1500円)にまで下落していた。25%ダウンは痛恨で、開幕時に時価総額20億ポンド(約3110億円)と見込まれていたユナイテッドは、2年連続の体たらくによって4億1200万ポンド(約640億円)も評価額を下げてしまったという。  

株価下落の理由は、CLでのプレミア勢唯一のグループステージ敗退、そして来季CL出場権確保の危機。「株価に深刻なインパクトを与えている」とレポートされている。

全文はソース元で

引用元 : マンU株が8カ月間で640億円も大暴落 ファン・ハール体制は投資家に見限られた!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンUは見放された!株価が8ヶ月で640億円の大暴落 投資家「ファン・ハールじゃダメだ」】の続きを読む

香川の輝きを英メディアがマンU視点で称賛 「ポグバ、チチャリート、ディ・マリアだけでなく…」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川にはマンUで輝いて欲しかった!英紙がポグバ、ディ・マリア、チチャリートらの活躍を惜しむ

9日のシャルケ戦で鮮やかなループ弾を決めたドルトムントの日本代表MF香川真司だが、2012年から14年までマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたこともあり、その華麗な一撃はイングランドでも大きく報じられている。そして卓越したテクニックを誇るこの日本人アタッカーは、”赤い悪魔”が輝きを放つことを強く望んでいた選手の1人だったと、英メディア「GIVE ME SPORT」が報じている。

香川はブンデスリーガ第29節のシャルケとの「ルール・ダービー」に先発出場。後半4分にボックス手前からダイレクトで放った意外性に富んだループシュートは、美しい軌道を描きながらシャルケGKの頭上を越えてネットへと吸い込まれた。  

ドイツ国内のみならず、英国の各メディアも香川の芸術弾を絶賛。同メディアは前所属のユナイテッドを引き合いに出して、日本代表の10番に賛辞を送っている。 世界トップクラスの3人と並列して香川の名も「ユナイテッドがトットナム戦で失意の大敗を喫した一方で、元チームメイトの一員が、人々に幸福感をもたらすようなループシュートを決めた。ユナイテッドにとって、所属当時に今のような輝きを放ってほしかった選手はポール・ポグバ、ハビエル・エルナンデス、アンヘル・ディ・マリアだけでない…香川真司もその1人なのだ」  

香川は12年にユナイテッドへ加入したが、公式戦57試合出場6ゴールとインパクトを残すことができず。14年にドルトムントへ復帰すると、眠っていた才能が再び輝きを放ち始めた。同メディアは「彼はまるで見違えるような選手に変貌した。イングランドを離れてから現在に至るまで、すでに17ゴールを決めている」と紹介している。

全文はソース元で

引用元 : 香川の輝きを英メディアがマンU視点で称賛 「ポグバ、チチャリート、ディ・マリアだけでなく…」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川にはマンUで輝いて欲しかった!英紙がポグバ、ディ・マリア、チチャリートらの活躍を惜しむ】の続きを読む


C・ロナウド、レアルが放出を決断か。移籍金75億円と“破格の値段設定”に? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


no title


クリスティアーノ・ロナウドは、やはり今夏レアル・マドリーを去ることになるようだ。5日、スペイン『スカイ・スポーツ』が報じている。 スペイン女子チームがグラビアカレンダーを販売。

継続してマドリー退団が噂されているC・ロナウドだが、クラブはついに同選手を移籍市場に出すことを決断したとのこと。C・ロナウドとマドリーの契約は2018年までとなっており、移籍金は6000万ユーロ(約75億円)程度と見込まれている。同選手の市場価値は1億1000万ユーロとみられており、事実であれば破格の“値段設定”だ。  

全文はソース元で


引用元 : C・ロナウド、レアルが放出を決断か。移籍金75億円と“破格の値段設定”に? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウドが75億円のバーゲン価格に!? レアルが放出を決断か】の続きを読む

このページのトップヘ