スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

マテュー・ヴァルブエナ

ベンゼマ:「フランス代表は僕もヴァルブエナも必要としている」 (GOAL) - Yahoo!ニュース


 

脅迫疑惑のベンゼマ「フランス代表には僕が必要」「ヴァルブエナとの遺恨はない」

フランス代表FWカリム・ベンゼマが、自国開催のEURO2016にMFマテュー・ヴァルブエナとともに参加する意欲を口にした。

レアル・マドリーFWは、フランス『TF1』とのインタビューで次のように述べた。

「それが僕の願いだ。フランスは彼(ヴァルブエナ)、そして僕を必要としている。彼との間に遺恨など何もないんだよ」

「EUROは偉大な大会であり、自分にとってその舞台でプレーするのは夢だ。僕に恐怖などないし、大会に参加するため、すべてが早急に解決されることを願っている。僕は自分の国と一緒にタイトルを獲得したい」

「自分のイメージを壊そうという試みがあるが、何でもないことだ。娘は順調に成長しているし、自分を笑わせてくれる。僕は偉大なクラブに在籍しており、今も働き続けているよ」

全文はソース元で

引用元 : ベンゼマ:「フランス代表は僕もヴァルブエナも必要としている」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【脅迫疑惑のベンゼマ「フランス代表には僕が必要」「ヴァルブエナとの遺恨はない」】の続きを読む

「ベンゼマ、アウト!」 仏紙、脅迫事件関与疑惑のエースのEURO欠場を示唆 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ベンゼマはEURO出場にできず!?なぜか脅迫被害者のヴァルブエナも

レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマは来年の欧州選手権(EURO)でその姿を見ることはできないかもしれない。仏地元紙「レキップ」では、一面で「ベンゼマ、アウト ヴァルブエナ、?」の見出しで、エースのEURO欠場を示唆している。  

ベンゼマは代表の同僚MFマテュー・ヴァルブエナが映るセックステープをめぐる脅迫事件に関与したとして11月4日に逮捕、起訴されていた。

所属のレアルでは公式戦に出場している。しかし、今後裁判が続けば、EURO本大会への出場の可能性が低いと見られている。  

また、記事の見出しでクエスチョンマークが付けられているように、被害者側のヴァルブエナに関しても大会不参加となる可能性があるようだ。母国開催で、2000年大会以来の優勝を目指すフランスだが、貴重な得点源であるベンゼマ、そして巧みなテクニックで好機を演出する攻撃的MFのヴァルブエナの2人を欠いてEUROを戦うことが現実味を帯びている。

全文はソース元で

引用元 : 「ベンゼマ、アウト!」 仏紙、脅迫事件関与疑惑のエースのEURO欠場を示唆 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ベンゼマはEURO出場にできず!?なぜか脅迫被害者のヴァルブエナも】の続きを読む

ついに脅迫事件の被害者ヴァルブエナがベンゼマの関与を激白 「僕をだまそうとしていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ベンゼマは加害者だ!被害者ヴァルブエナが脅迫に加担したとの激白を報道

レアル・マドリードFWカリム・ベンゼマは、フランス代表の同僚が映ったセックス・テープを巡る脅迫事件で11月4日に逮捕、起訴された。被害者となったリヨンのフランス代表MFマテュー・ヴァルブエナが、ついに口を開き、ベンゼマを激しく批判した。ヴァルブエナの立場を守るために仲介役を務めたと主張してきたストライカーは、有罪危機という最大のピンチに立たされていると、フランス地元紙「ル・モンド」が報じた。

フランス代表の活動期間中に、強盗罪で前科を持つ幼なじみからの依頼で仲介役を務めたことを認めている。だが、渦中のヴァルブエナがフットボール界を揺るがすスキャンダルについてこう語った。

「間違いなく僕はがっかりしている。(ベンゼマに関しては)落胆なんてものではない。(彼の言葉には)リスペクトが欠けている。僕をだまそうとしていたと感じている。多くの人間が僕をダメにしようとしていた。でも、その人間を僕を上回った。いつものようにね」  

ベンゼマは一貫してヴァルブエナの立場を守るために仲介役を務めたと主張しているが、被害者はこの主張を一蹴してしまった。

「僕は擁護できない人間を守れない。僕はそんなことをしない。最悪の敵でなくともね。最初に事件が発覚した時には、カリム・ベンゼマが関与しているとは思わなかった。捜査ではカリムと、僕の会話内容は程なく明らかになっているしね」  

ヴァルブエナはベンゼマに対し、セックステープ事件の加害者サイドに位置すると明確な認識を明らかにしている。

「警察は僕にこう言っている。心配しなくていい。あなたの証言はいらない、とね。僕はとても、とても、とても(ベンゼマに)落胆している。僕たちの関係がまともではなかったことにね」  

全文はソース元で

引用元 : ついに脅迫事件の被害者ヴァルブエナがベンゼマの関与を激白 「僕をだまそうとしていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ベンゼマは加害者だ!被害者ヴァルブエナが脅迫に加担したとの激白を報道】の続きを読む

このページのトップヘ