スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ポール・スコールズ

ファーガソン氏、27年間のマンU指導で「ワールドクラスは4名だけ」 (ISM) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、ルーニーとベッカムはワールドクラスと認めず?27年間のマンU指揮で4名だけ

元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。自身が指導した選手の中で「ワールドクラス」と呼べる選手は、4人だけだと述べた。  

ファーガソン氏は1986年からマンUで指揮をとり、38の主要タイトルをクラブにもたらし、2013年に勇退。その間、多くのスター選手を指導してきたが、その中でも真の「ワールドクラス」と呼べるのは、元フランス代表FWエリック・カントナ氏、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー/スペイン)、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏の4名だとした。

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン氏、27年間のマンU指導で「ワールドクラスは4名だけ」 (ISM) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、ルーニーとベッカムはワールドクラスと認めず?27年間のマンU指揮で4名だけ】の続きを読む

プレミアリーグ史上最もダーティーなイメージのある11人

80b00980-8d30-405c-93cd-945c7a397913

英国『Telegraph』が、ちょっと変わった特集を組んでいる

題して、最も「プレミアリーグ史上最もダーティーなイメージのある11人」だ。

イングランドサッカー最大の特徴といえば、その強烈なフィジカルコンタクトであろう。そのタックルの激しさは欧州でも屈指のレベルにあり、そういったプレースタイルゆえ他の国であればファールになるようなプレーも、この国ではプレーオンとなることがある。

つい先日もネマニャ・マティッチに対するアシュリー・バーンズのタックルがあまりにも危険だったと話題になっていた。「激しい」と「ダーティー」は必ずしもイコールにはならないが、やはりプレミアリーグにはダーティーという印象を持つ選手いる。

それでは、同紙が選出した11人の顔ぶれを見てみよう。

GK:ピーター・シュマイケル

圧巻の気迫でゴールを守る、デンマーク史上最高のGK。マンチェスター・U時代、ロイ・キーンとやりあっていたとか。

DF:ダニー・ミルズ

2002年日韓W杯にも出場した右サイドバック。スピードあるウインガーには激しくいった。

DF:ヨナス・オルソン

意外に思われるかもしれないが、昨シーズンは10枚ものイエローカードを受けている。

DF:マーティン・キーオン

アーセナルが誇る"Famous 4"の一人。ルート・ファン・ニステルローイへの威嚇は有名。

DF:ベン・サッチャー

MF:ジョーイ・バートン

MF:ポール・スコールズ

MF:パトリック・ヴィエラ

MF:リー・カタモール

FW:ジョン・ファッシャヌ

FW:ジエゴ・コスタ

全文はソース元で


引用元 : http://qoly.jp/2015/03/15/premier-league-the-dirtiest-footballers-ever-in-the-premier-league

【プレミアリーグ史上最もダーティーなイメージのある11人】の続きを読む

英3部クラブが元マンUのスコールズ氏に監督就任オファー (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

2-26,15 sco

イングランド3部リーグ所属のオールドハム・アスレチックが元マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ポール・スコールズ氏に監督就任オファーの準備があるようだ。25日の英紙『マンチェスター・イブニングニュース』が伝えている。  

オールドハムは、リー・ジョンソン監督が同リーグのバーンズリーFCに移籍。現在監督不在となり、そのポストが空いている。

監督を探すオールドハムは、同クラブのファンと公言しているスコールズ氏に目を付けたようだ。  

スコールズ氏は2011年に現役を引退し、ユナイテッドのアシスタントコーチとなった。しかし、サー・アレックス・ファーガソン元監督の説得により半年後に現役復帰。2013年5月に改めて現役を退いた。  現在はフリーの状態であり、本人も監督として働きたいという希望を持っている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150226-00010005-footballc-socc

【元マンUのスコールズに英3部クラブが監督就任のオファー】の続きを読む

「ルーニー、V・ペルシ、ファルカオの同時起用は不可能」 - Goal.com

9-7,14 manu2

スコールズ氏がユナイテッドを分析

元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏は、豪華な顔ぶれとなったユナイテッドの前線の選手たちを全員同時に起用することはできないと考えている。

「ポルトやアトレティコ・マドリー、モナコでのラダメル・ファルカオをプレーを見ると、素晴らしい動きをするストライカーだと思った。尋常ではないペースでゴールを記録している」

「ファルカオはユナイテッドの前線に競争をもたらす。ルイス・ファン・ハールが、ルーニーとロビン・ファン・ペルシ、ファルカオを一緒にプレーさせられる方法はない。3人のうち2人を起用するしかないが、どの2人にするのかはまだ答えるのが難しい質問だ」

「エド・ウッドワード(CEO)を称賛するべきだ。彼はファン・ハールに、トップ4以内に入ることができるチームを用意した」

「リーグタイトル獲得は現実的ではないと思うが、チャンピオンズリーグ出場が目標だ。後は、チームを作ることができるかどうかファン・ハール次第だ」

一方、FWダニー・ウェルベックのアーセナルへの移籍は惜しんでいる。

「もちろん、一人のユナイテッドファンとして、ウェルベックが今週去ったのは悲しかった。彼は今回の移籍市場を過ぎてクラブに残り、今後数年間のユナイテッドの未来の一部になることができると感じていた」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/09/05/5085627/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BCv%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%81%AE%E5%90%8C%E6%99%82%E8%B5%B7%E7%94%A8%E3%81%AF%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%83%BD

【元マンUスコールズ「ルーニー、ペルシー、ファルカオの同時起用は不可能」ウッドワードを称賛とも◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ネイマール、「アイスバケツチャレンジ」でスニガを指名 - Goal.com

8-18,14 ney2

ALS(筋萎縮性側索硬化症)支援のための慈善活動「アイス・バケツ・チャレンジ」がサッカー界でも広がりを見せ、多くの選手が参加している。

ソーシャルメディアで広がったこの運動は、友人などから指名された者が24時間以内に氷水を頭からかぶるか、さもなくばALSの支援団体に寄付を行うというもの。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏らも参加して話題となった。

サッカー界でもクリスティアーノ・ロナウドやアシュリー・コール、ダレン・フレッチャー、ポール・スコールズ氏、ギャリー・ネビル氏などがすでに活動に賛同し、氷水をかぶっている。 ブラジル代表のチームメートであるレアル・マドリーDFマルセロから指名を受けたネイマールは、自身の『インスタグラム』で氷水をかぶる動画を公開。次の相手としてナポリDFフアン・スニガ、サントスFWロビーニョ、ワン・ダイレクションのナイル・ホランを指名した。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/3202/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB/2014/08/18/5041646/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%B1%E3%83%84%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%81%A7%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%82%AC%E3%82%92%E6%8C%87%E5%90%8D?ICID=HP_BN_1

【【カッコいい】ネイマール△慈善活動にスニガを指名しワールドクラスの気遣いを見せ称賛の嵐◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

元マンUのスコールズ氏がサッカー界に喝「若手選手は精神力が弱い」 – サッカーキング

8-10,14 manu

日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uの元英雄ポール・スコールズ氏が、現代サッカー界の若手選手について「精神面が弱い」と警鐘を鳴らした。8日のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。  

「(現在の)若手選手は気持ちが強くない。アカデミー選手は学校や練習場で送迎されているし、必要なものを全て持っている」

「僕らが子供の時、それが正しかったとは言わないが、僕はニッキー(バット)と一緒に朝9時の練習に行くために3つのバスを乗り継いでクリフ練習場まで行っていた。帰宅する時も同じだった。僕らは今の選手よりも街の環境で生き抜くすべを知っていたと思う」

「最近の子供は精神力が弱いと思うし、周囲に甘えすぎている。彼らは掃除もしなければ、スパイクの手入れもしない。基礎知識はどこで養うのだろう」

「若手選手が興味を寄せるものは金と車であるように思うし、それは馬鹿げている。馬鹿なのはユナイテッドだけでなく、他のクラブもそうだ。事実かどうかは知らないが、そうした話をよく聞く。昨シーズンのU-21プレミアリーグ決勝では、(優勝した)チェルシー選手の週給が1万5000〜2万ポンド(約260〜340万円)だと聞いた。まだトップチームでプレーさえしていないのに」

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20140809/220092.html?view=more

【元マンUスコールズが若手に喝!!「甘やかしすぎて精神力が弱い」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

スコールズ「ルーニーはピークを過ぎたかもしれない」 (footballista) - Yahoo!ニュース

6-7,14 rooney2

□要約

・元イングランド代表でマンチェスター・ユナイテッドでもウェイン・ルーニーとチームメイトだったMFポール・スコールズがルーニの選手としてのピークは過ぎたかもしれないとコメント

・理由は長年のプレーによる勤続披露であると語り、彼のピークが26歳の11-12シーズンのリーグ27ゴールを記録した時かもしれないと語った。また、引退時期も31.32歳かもしれないと言及した

・そんなスコールズの主張にイングランド代表MFスティーブン・ジェラードは間違っていると否定。自分の評価はユナイテッドでのパフォーマンスを見ていて、本当に調子が良かったと語る

・代表監督のロイ・ホジソンも、まだルーニーの全盛期が終わったとは考えていないとコメントした

・当の本人はスコールズの意見には同意できないとコメントするとともに、興味が無いとも

元イングランド代表MFポール・スコールズは、自身が現役生活をまっとうしたマンチェスター・ユナイテッドでともにプレーし、ブラジルW杯に臨むイングランド代表の大黒柱でもあるFWウェイン・ルーニーが「(選手としての)ピークを過ぎたかもしれない」と考えているという。アイルランドのブックメイカー「パディ・パワー」の公式サイト内に掲載されたコラムの中で明かしている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140522-00010003-fballista-socc


【【全盛期は過ぎた?】[ゴール集]スコールズ「ルーニーはピークを過ぎたかもしれない」と語るも、ジェラード、ルーニーは否定◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

◆マンUのギグス暫定指揮官、元同僚スコールズ氏にアシスタント要請 – サッカーキング

manU fagiers flede

 マンチェスター・Uに所属していた元イングランド代表MFポール・スコールズ氏が、ライアン・ギグス選手兼暫定監督の下、アシスタントとして練習に参加しているとクラブ公式HPが発表した。

・・・

ギグスはその試合に備えて、スコールズ氏にスタッフを務めるよう要請。23日のチーム練習にアシスタントとして参加している。また元チームメイトで、ユースチームのコーチを務めるニッキー・バット氏や、モイーズ前監督政権下でもコーチ務めていたフィル・ネヴィル氏も、ギグスの下に集まりコーチとしてチームを支えている。

ギグス、スコールズ氏、バット氏、P・ネヴィル氏は、ギャリー・ネヴィル氏やデイヴィッド・ベッカム氏と共に、アレックス・ファーガソン元監督の下、マンチェスター・Uで活躍し、「ファーギーズ・フレッジリングス(ファーガソンのひな鳥)」と呼ばれているメンバー。1998-99シーズンにプレミアリーグ、FAカップ、チャンピオンズリーグの3冠を達成している。・・・

全文はソース元で

引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20140424/184542.html

[写真]Getty Images

【【スパねこ】マンU「次節の試合は過小評価された選手にも重要」ギグスの元へスコールズら黄金世代メンバーが集いサポート◆ネット反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ