スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ポーランド代表

レヴァンドフスキにリヴァプール移籍の可能性…バイエルン退団検討か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


レヴァンドフスキ、クロップとリヴァプールで再タッグを希望か!バイエルン退団を検討と英紙報道レヴァンドフスキ、クロップとリヴァプールで再タッグを希望か!バイエルン退団を検討と英紙報道

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブ退団を検討しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が15日に報じている。  

報道によると、レヴァンドフスキはバイエルン側と契約延長に向けた話し合いを続けている一方で、移籍の可能性を模索している。移籍先候補として挙げられているのはリヴァプール。レヴァンドフスキは、ドルトムントで指導を受けたユルゲン・クロップ監督と再びタッグを組むことに興味を示していると報じられた。  

なお今回の報道では、以前からレヴァンドフスキへの関心を持っていると報じられてきたレアル・マドリードへ移籍する可能性も言及されているが、同選手の加入に際してはスター選手が同クラブを退団する必要があるため、実現は難しいとの見通しが記されている。

全文はソース元で

引用元 : レヴァンドフスキにリヴァプール移籍の可能性…バイエルン退団検討か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【レヴァンドフスキ、クロップとリヴァプールで再タッグを希望か!バイエルン退団を検討と英紙報道】の続きを読む

ドルトムント初シーズンを振り返るレヴァンドフスキ、のちに感謝するクロップの起用法に「腹を立てていた」 (GOAL) - Yahoo!ニュース


レヴァンドフスキ「クロップに怒っていた」成長させてくれて感謝と語る理由とは

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキは、ボルシア・ドルトムントに加入した初シーズン、ユルゲン・クロップ監督に不満を抱いていたそうだ。イギリス『フォー・フォー・トゥー』で、10月からリヴァプールを率いている指揮官について話している。

そんなレヴァンドフスキは、ドルトムント加入当初にクロップ監督の起用法に疑問を抱いていた。自身は当時、センターフォワードとして「ステップアップしたい」と意気込んでいたのにも関わらず、「急に10番の位置でプレーすることになった」と、セカンドストライカーやトップ下の起用に戸惑っていたという。

「最前線でプレーしたかったから、かなり腹を立てていたね。しかし、僕は翌年になってからそのポジションでどれほどのことを学んだか実感したんだ。『君はより優れた選手になった』、と自分にそう言えたね」 かつての不満は、感謝の気持ちに変わった。

「監督がなぜ、僕を10番の位置で起用したのか理解したんだ。彼は僕をより完成したプレーヤーに育ててくれた」

2010-11シーズンのドルトムントでは、FWルーカス・バリオスがワントップを務めていた。レヴァンドフスキはMF香川真司の代わりに投入されることが多く、リーグ戦33試合に出場するも、先発出場したのは香川が長期離脱を強いられた後の後半戦だった。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント初シーズンを振り返るレヴァンドフスキ、のちに感謝するクロップの起用法に「腹を立てていた」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【レヴァンドフスキ「クロップに怒っていた」成長させてくれて感謝と語る理由とは】の続きを読む

好調ドルトムントに暗雲…ロイスに続きオーバメヤンとピシュチェクも代表離脱 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ドルトムント、ロイスに続きオーバメヤンとピシュチェクが怪我で代表離脱

今季公式戦8連勝中と好調のMF香川真司が所属するドルトムントだが、代表ウィーク中に負傷者が続出しているようだ。クラブ公式サイトがガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンと、ポーランド代表MFルーカス・ピシュチェクの早期復帰を発表している。  

つま先の骨折により、ドイツ代表を離脱したMFマルコ・ロイスに続き、故障により2選手がドルトムントに帰ってきた。ガボン代表のオーバメヤンは、スーダンとの代表戦でチーム4点目を決めたが、足首に軽い打撲を負い、後半25分にスタッフに支えられながらピッチを後にした。オーバメヤンは自身のツイッターで「それほど酷い怪我じゃない」と軽傷を強調している。  

また、ポーランド代表のピシュチェクは4日に行われたEURO予選のドイツ代表戦に先発出場したが、負傷により前半43分に交代を余儀なくされた。当初はそけい部に軽傷を負ったと報じられていたが、ドルトムントでさらに詳しく検査することになるという。

全文はソース元で

引用元 : 好調ドルトムントに暗雲…ロイスに続きオーバメヤンとピシュチェクも代表離脱 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ドルトムント、ロイスに続きオーバメヤンとピシュチェクが怪我で代表離脱】の続きを読む

フィオレンティーナ、ドルトムントからクバ獲得 「EUROを前に出場機会が大事」 - Goal.com

ドルトムント、クバがフィオレンティーへ、グロスクロイツがガラタサライへ移籍

フィオレンティーナは31日、ボルシア・ドルトムントからMFヤクブ・ブワシュチコフスキ(29)を獲得したことを発表した。レンタル移籍となる。

「クバ」の愛称で知られるブワシュチコフスキは、2007年夏にドルトムントに加入。ブンデスリーガで197試合に出場し、27得点43アシストを記録した。チャンピオンズリーグでも27試合に出場し、3得点1アシストをマークしている。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はクラブの公式ウェブサイトで、クバのフィオレンティーナ移籍について次のように述べている。

「クバは見事な選手というだけでなく、人としても素晴らしい。彼にとって、EURO2016を前に多くの実戦を積むことが大事なんだ。我々はフィレンツェでの彼の幸運を祈っており、彼の進化を近くで見守っていく。クバは永遠にドルトムントファミリーの一員だ」

全文はソース元で

引用元 : フィオレンティーナ、ドルトムントからクバ獲得 「EUROを前に出場機会が大事」 - Goal.com

【ドルトムント、クバがフィオレンティーナへ、グロスクロイツがガラタサライへ移籍】の続きを読む

リバプール、香川同僚MFブワシュチコフスキに熱視線…EURO見据え電撃移籍も (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

リヴァプール、ドルトムントMFブワシュチコフスキの獲得へ!

リバプールがボルシア・ドルトムントに所属するポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキの獲得を検討している。  

移籍市場閉鎖までにベジクタシュへの期限付き移籍が囁かれるセルビア代表のFWラザル・マルコビッチに代わるサイドアタッカーの即戦力を探していると見られている。  

英紙『テレグラフ』によると、リバプールを率いるブレンダン・ロジャース監督が、トーマス・トゥヘル新体制のドルトムントでほとんど出場機会を得られていないブワシュチコフスキに目を付けたと報じられている。同選手は今年1月に右ひざ前十字じん帯を負傷し不本意なシーズンに終わった。今季は来年6月に開催されるEURO2016に出場するため、プレー時間を確保することを優先的に考えているという。

全文はソース元で

引用元 : リバプール、香川同僚MFブワシュチコフスキに熱視線…EURO見据え電撃移籍も (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【リヴァプール、ドルトムントMFブワシュチコフスキの獲得へ!】の続きを読む

香川同僚MFにスペイン行きの可能性 べティスが狙う (GOAL) - Yahoo!ニュース

ドルトムントMFブワシュチコフスキ、ベティスが獲得に動く!

ボルシア・ドルトムントMFヤクブ・ブワシュチコフスキに、スペイン移籍の可能性があるようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ブワシュチコフスキは2007年にドルトムントに加入。

クラブのブンデスリーガ連覇などに大きく貢献してきた。 だが、近年は負傷による長期離脱にも悩まされもした。さらに今季に入ってからはトーマス・トゥヘル新監督の下、出場機会を得られずにいる。 出場機会を欲するポーランド代表元キャプテンに、興味を抱いているのがべティスだという。

リーガエスパニョーラに復帰したばかりのクラブにとっては、2018年まで契約を残すブワシュチコフスキ獲得への移籍金が重荷になるという。そこで、獲得するとなればレンタルという形式なりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : 香川同僚MFにスペイン行きの可能性 べティスが狙う (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントMFブワシュチコフスキ、ベティスが獲得に動く!】の続きを読む

マンUが新ストライカー探しに躍起 レバンドフスキ獲得を熱望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

マンU監督ファン・ハール、レヴァンドフスキ獲得を熱望!移籍金は66億円か

今夏、マンチェスター・ユナイテッドは、フランス代表MFモルガン・シュナイデルランや、ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンなどとの大型契約を成立させてきた。現在は、ロビン・ファン・ペルシーのフェネルバフチェへの移籍が決まり、FWの補強に躍起のようだ。  

そのターゲットの1人がバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキだ。ドルトムント時代から彼を高く評価するルイス・ファン・ハール監督は、彼の獲得を熱望している。  

しかし、その道のりは、かなり難しいも のになっているようだ。英地元紙「デイリー・メール」によれば、レバンドフスキの代理人は「将来的なイングランドや、スペインへの移籍の可能性を否定しないが、今夏に移籍する意思はない」と表明。また、バイエルン側も最低でも350万ポンド(約66億円)の移籍金を要求する構えだとして、「ユナイテッドは打撃を受けた」と報じている。

全文はソース元で

引用元 : マンUが新ストライカー探しに躍起 レバンドフスキ獲得を熱望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンU監督ファン・ハール、レヴァンドフスキ獲得を熱望!移籍金は66億円か】の続きを読む

年俸16億のレヴァンドフスキ、夫人がパン屋までの移動にヘリを使用 | サッカーキング

ヘリで来た!レヴァンドフスキの奥さんがパン屋に68万円かけて移動

大金を稼ぐサッカー選手ともなると、やはりスケールが違うようだ。12日、ドイツ紙『ビルト』が報じたところによると、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのアンナ夫人が、パンを買うためにヘリコプターを手配したという。  

レヴァンドフスキ夫妻は、ポーランドのスタンツレーヴェンに230万ユーロ(約3億1000万円)の別荘を持っているが、そこは人口400人の非常に小さな村で最寄りのパン屋までは約30キロ離れているとのこと。そこでアンナ夫人が選んだ交通手段は、車ではなく、障害物のない上空を飛んでいくということだった。  

同紙によれば、今回利用したロビンソンR44型の『エアー・タクシー』は、10時間で5000ユーロ(約68万円)という料金体系。

全文はソース元で

引用元 : 年俸16億のレヴァンドフスキ、夫人がパン屋までの移動にヘリを使用 | サッカーキング

【ヘリで来た!レヴァンドフスキの奥さんがパン屋に68万円かけて移動】の続きを読む

レヴァンドフスキが4分間でハット達成…ポーランドが首位キープ | サッカーキング

レヴァンドフスキ、4分間でハットトリック達成のスーパープレー!!EURO予選【ハイライト動画】

13日、ユーロ2016予選が行われ、グループD首位のポーランド代表はホームでジョージア代表と対戦し、4-0の快勝を収めた。この試合でバイエルン所属のFWロベルト・レヴァンドフスキが終盤の4分間でハットトリックを記録している。  

レヴァンドフスキは1-0のリードで迎えた89分からわずか4分間で3得点を奪い勝利に貢献。これは、ユーロ2000予選で当時のトルコ代表FWアリフ・エルデム氏が記録した3分間に次ぐ、同大会予選史上2番目となる短時間でのハットトリック達成となった。

全文はソース元で

引用元 : レヴァンドフスキが4分間でハット達成…ポーランドが首位キープ | サッカーキング

【レヴァンドフスキ、4分間でハットトリック達成のスーパープレー!!EURO予選【ハイライト動画】】の続きを読む

世界王者ドイツ敗戦…ポーランドが19試合目で歴史的初勝利 – サッカーキング

10-12,14 ger

ユーロ2016の予選が11日に各地で行われ、グループDではポーランドとブラジル・ワールドカップを制した世界王者ドイツが対戦。ホームのポーランドが2-0で勝利した。  

先月行われた第1節のスコットランド戦を2-1で競り勝ったドイツ。しかし、その試合で負傷したマルコ・ロイスを筆頭に主軸のメスト・エジル、バスティアン・シュヴァインシュタイガーらを負傷で欠いた中、初招集のカリム・ベララビが早速先発を飾ったほか、バックラインでは若手のアントニオ・リュディガーとエリック・ドゥルムを起用した。  

フラットな4-4-2の布陣を採用し、ハーフライン付近から厳しくボールホルダーにプレスをかけるポーランドに対し、徐々に地力に勝るドイツがポゼッションを高めていった。とりわけ右サイドのベララビの仕掛けが目立ったものの、運動量が落ちず集中を切らさないポーランドの守備を崩しきれずシュートに持ち込めない状況が続く。

ドイツは最後のカードとしてリュディガーに代えてマックス・クルーゼを投入し、攻撃の枚数を増やしたが、88分に決定的な2失点目を喫する。ドゥルムがロベルト・レヴァンドフスキとの競り合いに負け、ボックス右から折り返されたボールをセヴァスティアン・ミラに押し込まれた。このまま0-2で敗戦したドイツが19度目の対戦にして歴史上初めてポーランドに屈することとなった。
(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
ポーランド 2-0 ドイツ
【得点者】
51分 1-0 アルカディウシュ・ミリク(ポーランド)
88分 2-0 セバスティアン・ミラ(ポーランド)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20141012/241016.html?view=more

【【スタッツ・動画】W杯王者ドイツがポーランドにまさかの敗戦・・・。19試合目での歴史的な初勝利に。ドイツは試合を支配も決定力不足に泣く[ハイライト]◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ