スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ボリビア代表

メッシ、南米すべての国から得点 これまでジーコら3選手が達成 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

メッシ、すべての南米の国からゴールを挙げる!ジーコらに続き4人目【ボリビア戦ハイライト動画】

サッカーのアルゼンチン代表FWメッシが、南米サッカー連盟(CONMEBOL)所属のすべての国から得点を挙げた。  

4日(日本時間5日)の国際親善試合・ボリビア戦(米ヒューストン)での2ゴールで達成。1981年の元ブラジル代表MFジーコらこれまで3選手しか達成していないもので、代表歴10年でたどり着いた。試合は7-0でアルゼンチンが大勝した。

全文はソース元で

引用元 : メッシ、南米すべての国から得点 これまでジーコら3選手が達成 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【メッシ、すべての南米の国からゴールを挙げる!ジーコらに続き4人目【ボリビア戦ハイライト動画】】の続きを読む

アルゼンチンまさか…“メッシがいないから”親善試合ドタキャンされた (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

メッシの影響力凄すぎ!!親善試合を不参加で日程が変わる!相手国がドタキャン

ホンジュラスとメキシコの両サッカー連盟は9月に予定していたアルゼンチンとの親善試合を“ドタキャン”した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」など各メディアによると、アルゼンチンのエースFWリオネル・メッシ(28=バルセロナ)の代表不参加が確定したため、対戦を取りやめたという。  

メッシは準優勝に終わった7月の南米選手権後、タイトルを逃した“戦犯”として国内で激しいバッシングを受けた。これに心を痛めたエースはしばらくの間、代表に参加しないことを決断。同国のヘラルド・マルティーノ監督(52)もエースの要請を受け入れたが、メッシとの対戦を熱望していた両国が反発した格好だ。  

アルゼンチンサッカー協会は対戦報酬100万ドル(約1億2000万円)を受け取ることでホンジュラス、メキシコの両連盟と合意していた。だが、メッシの欠場を受けて両国は契約のキャンセルを要望。アルゼンチン側はギャランティーを50万ドル(約6000万円)に下げて再交渉したが、固辞された。  

メッシには代表戦1試合で少なくとも50万ドル以上の価値があるわけだが、対戦を拒否されたアルゼンチンは新たなマッチメークに奔走。報酬45万ドル(約5400万円)で9月5日に米国ニュージャージーでのボリビア戦が内定したものの、同8日の試合の相手はまだ決まっていない。

全文はソース元で

引用元 : アルゼンチンまさか…“メッシがいないから”親善試合ドタキャンされた (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

【メッシの影響力凄すぎ!!親善試合を不参加で日程が変わる!相手国がドタキャン】の続きを読む

このページのトップヘ