スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ホンジュラス代表

アルゼンチンまさか…“メッシがいないから”親善試合ドタキャンされた (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

メッシの影響力凄すぎ!!親善試合を不参加で日程が変わる!相手国がドタキャン

ホンジュラスとメキシコの両サッカー連盟は9月に予定していたアルゼンチンとの親善試合を“ドタキャン”した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」など各メディアによると、アルゼンチンのエースFWリオネル・メッシ(28=バルセロナ)の代表不参加が確定したため、対戦を取りやめたという。  

メッシは準優勝に終わった7月の南米選手権後、タイトルを逃した“戦犯”として国内で激しいバッシングを受けた。これに心を痛めたエースはしばらくの間、代表に参加しないことを決断。同国のヘラルド・マルティーノ監督(52)もエースの要請を受け入れたが、メッシとの対戦を熱望していた両国が反発した格好だ。  

アルゼンチンサッカー協会は対戦報酬100万ドル(約1億2000万円)を受け取ることでホンジュラス、メキシコの両連盟と合意していた。だが、メッシの欠場を受けて両国は契約のキャンセルを要望。アルゼンチン側はギャランティーを50万ドル(約6000万円)に下げて再交渉したが、固辞された。  

メッシには代表戦1試合で少なくとも50万ドル以上の価値があるわけだが、対戦を拒否されたアルゼンチンは新たなマッチメークに奔走。報酬45万ドル(約5400万円)で9月5日に米国ニュージャージーでのボリビア戦が内定したものの、同8日の試合の相手はまだ決まっていない。

全文はソース元で

引用元 : アルゼンチンまさか…“メッシがいないから”親善試合ドタキャンされた (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

【メッシの影響力凄すぎ!!親善試合を不参加で日程が変わる!相手国がドタキャン】の続きを読む

自由を与えたアギーレ、豪撃破の要因はザックの遺産にあらず – サッカーキング

11-20,14 jap

まさしく、似て非なるものだった。ブラジル・ワールドカップのメンバーがホンジュラス戦では10選手、オーストラリア戦でも9選手が先発出場したが、ピッチで見せたサッカーはアルベルト・ザッケローニ氏が率いた前体制とは異なっていた。  

顕著な点を挙げれば、サイドチェンジの多さになる。ザック体制では一方のサイドで攻め切り、両サイドバックが同時の攻め上がりを少なくすることで、相手にボールを奪われた際のカウンターを防ぐ明確な狙いがあった。一方、ハビエル・アギーレ監督は中盤の底にアンカーを置くことで、失点のリスクをコントロールしている。そして、攻撃の局面ではアンカーが最終ラインまで下がることで、両サイドバックを高い位置に押し上げる。  

他にも例を挙げるならば、縦への意識付けだろう。前体制は中盤の構成力に力点を置いていたが、アギーレ体制の重心は、もう少し後ろにかかっている。ビルドアップでは、センターバックとアンカーが大きく関与して、最終ラインから積極的な縦パスも多い。とは言え、プレッシャーのかかる場面では無理に繋ぐこともなく、前線にロングボールを蹴り出すことも少なくない。

ブラジル・ワールドカップ以来の復帰となり、ホンジュラス戦でフル出場した内田篤人は試合後、「ザックさんのメンバーが戻ってきたけど、やっている戦術はだいぶ違うかな」と語るとともに、「特に細かい指示はないので、ある程度自分たちで考えてやっていいのかなと思う」と口にする。香川真司がホンジュラス戦で度々前線に送った低い弾道のロングボールも、前体制では見られなかったシーンだが、本人によると監督の指示ではなく自身の判断だったという。

序盤から相手のプレッシャーを受ける形になったオーストラリア代表戦では、35分頃に4-3-3から4-2-3-1にフォーメーションを変更。中盤の形を就任以降に起用していたアンカーを置く逆三角形からダブルボランチに変えたことで、結果的に試合の流れを引き寄せた。指揮官の臨機応変さももちろん際立ったが、選手の対応力の高さも特筆に値する。フォーメーションの変更とともに、サッカーの内容も回帰しては元も子もないが、選手の自由度は変わらないようだ。指揮官の交代により全てがリセットされてしまうのではなく、フォーメーションの継承という面など、しっかりと上積みされている部分もあるだろう。

現時点では、オートマチックにプレーを遂行させるための制限が解かれて、選手個々の裁量が大きくなっていると言えそうだ。オーストラリア戦の前日会見で、「相手ボールの時の形という練習を、かなり行っている」と明かした指揮官は、今後に攻撃面でもアギーレ色というべき決まり事を植え付けていくのだろうか。それとも、「自由」を与えることこそが、最大のアギーレ色ということになるのか。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141120/251929.html

【オーストラリア代表撃破はザックの遺産ではない。日本代表に与えた「自由」がアギーレの「色」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

フランクフルト指揮官、代表戦視察で2得点の乾に賛辞「大変良かった」 – サッカーキング

11-16,14 inui

長谷部は先発出場し、主将としてアンカーの位置でプレー。後半からの出場した乾は代表初ゴールを決め、2得点を挙げる活躍を見せた。ホンジュラス戦について「2人だけでなく、日本代表を見られて嬉しく思う。2人は実力をしめし、代表の中でどう動いているかが重要」と前置きした上で、「特に乾はゴールもあり、大変良かった。ポジションもチームに近い。フランクフルトに欠かせない存在になっていくと思う。活躍する姿を見ていきたい」と、特に乾のプレーが印象的だったようだ。

その他の選手についても、「大変素晴らしいパフォーマンスを見せ、力強い、いい選手がそろっていたと思う。日本は近年、目覚ましいパフォーマンスを見せている。ブンデスでプレーする選手もたくさん試合に出ていた。ドイツに渡り、チャンスに挑んで、実際に成長した姿を見せられていると思う。個人の見解として、ブンデスリーガは世界最高だと思っているので、そこでプレーすることは成長につながる。ブンデスリーガにおいても質の高い選手が世界各国から集まってプレーするのはプラス。互いにとって好循環が生まれていると思う」とコメント。

日本代表選手で長谷部、乾以外に気になった選手について問われると、「メディアの方もいる。明日の朝刊でスクープになってしまうような危険は冒したくないな(笑)。気になる選手がいれば、ヒュブナーの仕事だ。帰りの飛行機も一緒だから、ヒュブナーと喧嘩をしたくないしね(笑)」と会場を笑わせつつ、「興味深い選手はいたけど、名前を挙げるのは控えておくよ」と話すにとどまった。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20141115/250438.html

【日本代表戦を現地観戦のフランクフルト監督が長谷部、乾を称賛。気になった選手もいた模様。来年は日本ツアーも開催か◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

代表復帰の長谷部、理想のアンカーは「守備力があるX・アロンソ」 – サッカーキング

11-16,14 hase

キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。吉田麻也と本田圭佑、遠藤保仁の得点で3-0とリードして前半を終えた日本は、後半にも乾貴士の2得点と豊田陽平の得点が生まれ、6-0と大勝した。乾と豊田は代表初得点だった。  

この試合でアンカーのポジションに入ったことについては「ミスをしたら命取りになるポジションなので、あまり難しいプレーをせず、どちらかというと、簡単なプレーを心がけました。言ったら90%超えるようなパス成功率とかでやらないといけないポジションだと思います」と、リスクを考えながら慎重にプレーしたことを明かした。  

続けて、所属クラブで8日に対戦した強豪を例に挙げ、「バイエルンなんかもそうですけど、現代サッカーでアンカーの選手は、攻守において非常に重要だと思います。あまりアンカーのイメージが湧かなかったので、試合前にシャビ・アロンソのプレー集とかを見ました。X・アロンソとかアンドレア・ピルロとかみたいにゲームを組み立てられて、なおかつ彼ら以上に守備力のある選手が理想だと思います」と自身の理想のアンカー像を語っている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141115/250385.html

【日本代表主将の長谷部「守備力のあるX・アロンソとピルロ」攻守において要であるアンカーの理想を語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 6発快勝の中でノーゴールを悔やむ香川「自分も取りたかった」 (ゲキサカ)

11-15,14 kaga

[11.14 キリンチャレンジ杯 日本6-0ホンジュラス 豊田ス]  

チームの快勝を喜びながらも、自分自身がノーゴールに終わったことを悔やんだ。アギーレジャパン出場2試合目となったMF香川真司(ドルトムント)はインサイドハーフでフル出場。「立ち上がりのゴールはセットプレーだったけど、ああいう形で取れたのはすごく大きかった」と、前半9分にCKから奪った先制点がその後の試合運びを楽にさせたと振り返った。

「今日はいいところがたくさんあってよかったと思う。前半から球際だったり、セカンドボールだったり、そういうところで戦っていたからこそ、こういう結果が出たと思う。チームとして連動して戦えていた」

香川自身のシュートは1本。前半42分、FW本田圭佑のラストパスを受け、PA内右角度のない位置から左足で狙ったが、わずかにゴール左へ外れた。4-0の後半24分にはPA内で仕掛け、何とかシュートまで持ち込もうとしたが、DF2人のプレッシャーを受けて打ち切れず。こぼれ球をFW豊田陽平が押し込んだ。「やっぱり6点が入った中で、自分も取りたかった」。そう率直な思いも吐露した。 「もっと厳しい相手とやったときにどこまでできるかを常に意識してやらないといけない」。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00208463-gekisaka-socc

【香川「自分もゴールしたかった」遠藤、長谷部、乾、日本代表vsホンジュラス代表試合後インタビューまとめ2◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 日本vsホンジュラス 試合後のアギーレ監督会見要旨 (ゲキサカ)

11-15,14 agi

[11.14 キリンチャレンジ杯 日本6-0ホンジュラス 豊田ス]  

日本代表は14日、キリンチャレンジ杯でホンジュラス代表と対戦し、6-0で大勝した。前半9分、ブラジルW杯以来の代表復帰となったMF遠藤保仁の左CKからDF吉田麻也が先制点を決めると、同41分にFW本田圭佑、同44分に遠藤が追加点。後半2分にFW乾貴士、同24分にはFW豊田陽平に代表初ゴールが生まれ、乾は後半29分にも2点目を決めてゴールラッシュを締めくくった。

●ハビエル・アギーレ監督

「今日はあらゆる要素が入った試合だった。楽なゲームに見えたかもしれないが、そうではない。すべてのボールで戦い、良い守備、良い攻撃ができたからこそ、こういう形になった。個人のプレーもチームも良かった。オーストラリア戦も同じ方向性で戦えればと思う。すべての試合に6-0で勝てるわけではないが、このように責任感を持ってしっかりやれば、良いチームになっていくと思う」


―前日に得点力不足は心配していないと話していたが、今日の大量得点については? 遠藤の評価は?

「遠藤と長谷部がプレーすることで、中盤が自信を持ってプレーしていた。経験豊富で、仕事が分かっている。彼らと香川で非常にテンポ良く試合ができた。昨日も言ったが、これまでもチャンスはたくさんつくっていたので心配はしていなかった。今日は決定機を多くつくり、それを決めることができた」

―試合前にどんなメッセージを選手に送ったか? 今日の試合では経験のある選手を起用したが?

「このチームの平均年齢は26歳だ。武藤が22歳、塩谷が25歳、昌子が21歳、松原も21歳、森岡が23歳、柴崎が22歳と、いずれも若い選手だ。今は日本でベストの23人を探しているところだが、年齢はそれほど気にしていない。どのチームでプレーしているかも関係ない。質が高く、日本代表でプレーする意欲のある選手を探している。今日のスタメンもベンチも、質が高い選手だから選んでいる。若いから、ベテランだからというのは関係ない。
 選手たちには、私が不在だったために、ここまで一回しか練習を見ることができなかったが、前回の敗戦を受けて言い訳はできないということを話した。ホームで、サポーターの前で試合をするのだから勝つ義務がある。すべてのゴールをラストゴールだと思ってほしいと」

―本田は良い状態のように見えるが?

「モチベーションが高いと感じている。海外でプレーしている日本人の中で、自分が最も重要だということを認識していると思う。(香川)真司ももちろん重要な選手だが、経験や年齢を考えると、彼は日本人選手の基準になっている。成熟する年齢でもある。ピッチ内でもピッチ外でも自分の役割を理解している。彼と仕事をして3か月になるが、目を見るだけで理解し合うことができる。FKが決まっていればさらに素晴らしかった」

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00208847-gekisaka-socc

【本田「内田との連携して攻撃に活かしてもらえた」アギーレ、内田、岡崎、日本代表ホンジュラス戦試合後インタビューまとめ1◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 日本対ホンジュラス。大量得点で勝利も距離感悪く、守備では課題も【どこよりも早い採点】 (フットボールチャンネル)

11-15,14 jap

大量得点も守備時の距離感は良くない

川島永嗣  6  守備機会あまりなく、可もなく不可もなく。
内田篤人  6  コンディションが心配されたが、悪くなかった。

長谷部誠  6  ザックジャパン時代とそう変化ない役割。汚れ役は流石。
遠藤保仁  5.5 ゴールは見事だったが、守備では貢献度があまりに薄い。アリバイ守備多数。
香川真司  5  動きにキレなく、判断力もいつもより悪い。
本田圭佑  6.5 得点とアシスト。チャンス演出多し。

岡崎慎司  5  潰れ役にはなったがポストプレーでは不十分。
乾貴士   6  見事な飛び出しで得点。2ゴール。しかし守備では貢献度低い。

柴崎岳   6  可もなく不可もなし。

アギーレ  5  まず前提条件として、指揮官が合宿を離脱していた。貴重な選手選考の時間をなくし、適切な選別ができたかは疑問だ。大量得点したが、それは前体制時代の名残りが多かったからで、監督の影響は少ない。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141114-00010037-footballc-socc

【【スパねこ独自採点】日本代表vsホンジュラス代表の選手寸評・採点。最高点は1G2A本田の7.5。各メディアの採点も◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

W杯出場10人が先発で日本大勝…セルジオ越後氏「一番喜んでいるのはザック」 – サッカーキング

11-15,14 hase

キリンチャレンジカップ2014が14日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。前後半3得点ずつを挙げた日本が、6-0と圧勝した。  

試合後、サッカーキングの取材に応じたサッカー解説者のセルジオ越後氏は、「興業的にいい相手だったね。得られるものは何もなかった試合だよ。ホンジュラスは草サッカーレベルだった」と対戦相手のレベルを疑問視。「厳しく言えば日本はもっと点が取れた。10点はいけたね。日本の人のための試合だったよ」と話した。  

後半から途中出場した乾貴士と豊田陽平が代表初ゴールを挙げ、結果を残したが、「この試合では評価できないよ。比べちゃったらブラジル戦(0-4で敗戦)に出た選手が損だね」とコメント。「今日の試合だとアンカーはいらないよね」と、戦術面についても触れている。  

同試合では先発のうち10人がブラジル・ワールドカップに出場した選手となったが、「ザッケローニの遺産を使ったね。今までのは何だったのかな。使うならブラジル戦で見たかったよ。今日の試合で一番喜んでいるのはザッケローニなんじゃない?」と笑う。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141114/250222.html

【セルジオ越後氏「得られるものは何もなかった。草サッカーレベル」今回の日本代表はザックの遺産と語るが、戦術も起用法も違う・・・◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

日本がW杯出場国ホンジュラスに6得点圧勝…乾&豊田が代表初得点 – サッカーキング

11-14,14 jap vs hon6

キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦した。  

ハビエル・アギーレ体制下で5試合目となる日本代表は、ブラジル・ワールドカップ以降、代表から外れていた遠藤保仁や内田篤人が先発。また、長谷部誠がキャプテンを務めた。GKから川島永嗣、内田、森重真人、吉田麻也、酒井高徳、長谷部、遠藤、香川真司、本田圭佑、岡崎慎司、武藤嘉紀がスタメンとなり、武藤以外の10選手はブラジルW杯出場組となった。  

序盤から攻め込む日本は9分、武藤の仕掛けから左CKを獲得。遠藤が送ったボールをニアサイドで岡崎がコースを変えると最後は吉田がダイビングヘッドで押し込んで先制する。

6-0の圧勝は2012年6月のブラジル・ワールドカップ最終予選ヨルダン戦以来となる得点差となった。日本代表は18日にオーストラリア代表と対戦し、来年1月のアジアカップに備える。

【スコア】
日本代表 6-0 ホンジュラス代表
【得点者】
1-0 9分 吉田麻也(日本代表)
2-0 41分 本田圭佑(日本代表)
3-0 44分 遠藤保仁(日本代表)
4-0 47分 乾貴士(日本代表)
5-0 69分 豊田陽平(日本代表)
6-0 74分 乾貴士(日本代表)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141114/250198.html

【【スタッツ・動画】日本が6得点の圧勝劇!!ホンジュラス代表相手に遠藤&長谷部は存在感を、乾&豊田は得点を見せる[ハイライト]◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 満身創痍の内田、出場可否は試合当日に判断 (ゲキサカ)

11-14,14 uch

出場可否の判断は試合当日まで待つ。ブラジルW杯以来となる代表復帰を果たしたDF内田篤人(シャルケ)だが、直前のリーグ戦で踏まれた左手甲の負傷に加え、右膝の不安も抱えたまま。特に右膝の状態については「当日、(ドクターが)見ると思う」と、14日のホンジュラス戦(豊田ス)当日にドクターの判断を仰ぐ考えを示した。  

内田自身は右膝の状態について「ずっと痛いし、今さらどうこうじゃない」と指摘。強行出場を続けているクラブでの状況と変わらない以上、ドクターと監督の結論を待つ姿勢だ。  

左手についても「着地で手を付いたり、変な話、ユニフォームをつかんだりもあるので」と、腕を使ったプレーへの影響は否定しない。満身創痍の状態で臨むW杯後初の代表戦。「ホンジュラスもいいチーム。(日本と)どっこいかなと思う」と、これまでどおりの自然体で試合当日を迎える。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00206909-gekisaka-socc

【内田「(日本代表に)たくさんおもちゃが増えた」ザック時代から勝ちにこだわっていたのは変わらずと語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ