スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ホッフェンハイム

香川先発のドルトムント、ドローで公式戦連勝がストップ…首位陥落 | サッカーキング

香川が先発のドルトムント、ドローで公式戦連勝ストップ&首位陥落【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第6節が23日に行われ、ホッフェンハイムと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川はトップ下の位置で6試合連続の先発出場を果たしている。  

ドルトムントは今シーズンのリーグ戦5試合を戦い、18得点3失点の5連勝と圧倒的な強さを誇っている。すでにクラブの開幕連勝新記録を打ち立てており、今節は開幕6連勝、公式戦12連勝を狙う。一方、ホッフェンハイムは1分け5敗と開幕から未勝利が続き、今節でなんとか初勝利を挙げたいところだ。ドルトムントはアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンを休ませ、けがから復帰したドイツ代表MFマルコ・ロイスとMFゴンサロ・カストロがスタメンで起用された。  

試合は開始からドルトムントがチャンスを作る。6分、ゴール前のロイスからパスを受けたピエール・エメリク・オーバメヤンがエリア内左に進入して左足でシュート。しかし、ここはGKオリヴァー・バウマンに防がれてしまった。

ドルトムントは86分、ギュンドアンからのスルーパスを受けたムヒタリアンがエリア内右から折り返しのボールを送る。ゴール前にA・ラモスが走りこんだが、空振りしてしまいゴールを奪えない。
 
このままスコアは変わらず、1-1のドローで終わった。この結果、ドルトムントの公式戦連勝は11、リーグ戦の連勝は5でストップ。開幕6連勝のバイエルンに首位を明け渡した。
 
次節、ホッフェンハイムは敵地でアウクスブルクと、ドルトムントはホームでダルムシュタットと対戦する。

【スコア】
ホッフェンハイム 1-1 ドルトムント
【得点者】
1-0 42分 セバスティアン・ルディ(ホッフェンハイム)
1-1 55分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川先発のドルトムント、ドローで公式戦連勝がストップ…首位陥落 | サッカーキング

【香川が先発のドルトムント、ドローで公式戦連勝ストップ&首位陥落【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

2得点に絡んだ武藤に独紙も高評価! ドリブル突破から3点目アシスト (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

武藤、2得点に絡み逆転勝利に貢献を独紙が高評価!

ブンデスリーガ第5節が18日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツはホームでホッフェンハイムと対戦し、3-1で勝利を収めた。マインツはこれで今季3勝目を挙げ、勝点を9に伸ばしている。

ホームで快勝を収めたマインツイレブンに、独紙も高評価を与えた。『ビルト』が試合後に掲載した速報採点では4人の選手に高採点となる「2」が与えられ、最高点はハットトリックを達成したユヌス・マリの「1」となった。(独紙は1が最高点で6が最低点)

この試合にマリと並ぶ2トップで先発した武藤にも「2」の高評価が与えられた。武藤は4試合連続の先発を果たすと、1点ビハインドで迎えた17分にマリの同点弾の起点となる空中戦の競り合いを演じ、67分にはドリブルで左サイドを突破してチームの3点目をアシストしている。

全文はソース元で

引用元 : 2得点に絡んだ武藤に独紙も高評価! ドリブル突破から3点目アシスト (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【武藤、2得点に絡み逆転勝利に貢献を独紙が高評価!】の続きを読む

武藤、不発も2得点に絡む活躍…マインツがマッリのハットで逆転勝利 | サッカーキング

武藤、2得点に絡みマインツの勝利に貢献!マリがハットトリック【タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第5節が18日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツとホッフェンハイムが対戦した。前節、初のフル出場を果たした武藤は、4試合連続でスタメン入りを果たしている。  ここまで2勝2敗で10位につけるマインツが、ホームのコファス・アレーナに、1分け3敗の未勝利で15位に沈むホッフェンハイムを迎えての一戦。前節、シャルケに敗れ連勝が2でストップしたマインツは連敗を避けたいところ。一方のホッフェンハイムは、今シーズン初勝利を収め開幕から続く不調のトンネルから脱出を狙う。  

試合の立ち上がりはホームのマインツが指導権を握るも、先制したのはホッフェンハイムだった。13分、カウンターから、オイゲン・ポランスキのスルーパスでエリア内右に抜け出したジョナタン・シュミッドが、右足でのシュートをニアサイドに流し込みゴールネットを揺らした。先制点を許したマインツだったが、すぐさま同点に追いつく。18分、武藤の競ったこぼれ球を、クリスティアン・クレメンスが拾って前線にスルーパス。これに反応しエリア内左に抜け出したユヌス・マッリが中央に切り込み、右足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に決まった。

終盤にホッフェンハイムが攻勢を見せるも、試合はこのままタイムアップ。マッリのハットトリックでマインツが3-1の逆転勝利を収めた。勝利したマインツは今シーズン3勝目。敗れたホッフェンハイムは4敗目となり、初白星はまたもお預けとなった。
 
マインツは次節、23日にアウェーでレヴァークーゼンと対戦。ホッフェンハイムは同日に、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントをホームに迎える。

【スコア】
マインツ 3-1 ホッフェンハイム
【得点者】
0-1 13分 ジョナタン・シュミッド(ホッフェンハイム)
1-1 18分 ユヌス・マッリ(マインツ)
2-1 61分 ユヌス・マッリ(マインツ)
3-1 68分 ユヌス・マッリ(マインツ)

全文はソース元で

引用元 : 武藤、不発も2得点に絡む活躍…マインツがマッリのハットで逆転勝利 | サッカーキング

【武藤、2得点に絡みマインツの勝利に貢献!マリがハットトリック【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

ブンデス史上最速タイの9秒弾、チームのファーストタッチが先制点に (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

バイエルン相手に9秒でゴール!フォラントがブンデス最速タイ記録【動画あり】

[8.22 ブンデスリーガ第2節 ホッフェンハイム1-2バイエルン]  

ブンデスリーガは22日、第2節2日目を行い、バイエルンは敵地でホッフェンハイムと対戦し、2-1で逆転勝ちした。この試合でホッフェンハイムFWケビン・フォラントがブンデスリーガ最速タイ記録となる試合開始9秒で先制点を決めている。

キックオフからわずか9秒での先制点。昨年8月23日に行われたドルトムント対レバークーゼン戦でレバークーゼンMFカリム・ベララビが試合開始9秒で決めたブンデスリーガ史上最速ゴールに並ぶタイ記録となった。

「プレゼントゴールだったよ。僕は正しい位置にいたからパスミスに反応することができた」。そう先制点の場面を振り返ったフォラント。ブンデスリーガ公式サイトによると、自身の記録に並ばれたベララビは「ケビン(フォラント)は僕の友人だ。彼も9秒で決めたそうだね。そうすると僕たち2人が同じ記録で並んだことになる。僕もうれしい。すぐにでも彼に連絡するよ」と話したという。

全文はソース元で

引用元 : ブンデス史上最速タイの9秒弾、チームのファーストタッチが先制点に (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【バイエルン相手に9秒でゴール!フォラントがブンデス最速タイ記録【動画あり】】の続きを読む

バイエルンは「芝の状態」もNo.1…今季新設された賞でトップ | サッカーキング

バイエルン、”芝”もブンデスNo.1!!ピッチオブザイヤーを受賞 ドルトムントは3位

ブンデスリーガ公式サイトによると、同リーグを運営するドイツフットボールリーグ社(DFL)は2014-2015シーズンにおける『ピッチ・オブ・ザ・イヤー』を発表し、ブンデスリーガからはバイエルンの本拠地アリアンツ・アレーナが、そして同2部からはMF山田大記が所属するカールスルーエのヴィルトパーク・シュタディオンが選ばれたという。  

これは、試合終了後にホームチーム主将ならびにアウェーチーム主将、そして主審の3人に芝生の状態について5段階評価をしてもらうというもので、その採点が高ければ高いほど、「芝の状態が良い」ということになる。  

バイエルンのマティアス・ザマーSDは受賞について「非常に嬉しく思っている。パーフェクトな芝は、我々のサッカーにとって重要な部分でもあるからね。クリスティアン・ディナウアーを含めたグリーンキーパーのチームに最大級の賛辞を贈りたい」とコメントしている。

全文はソース元で

引用元 : バイエルンは「芝の状態」もNo.1…今季新設された賞でトップ | サッカーキング

【バイエルン、”芝”もブンデスNo.1!!ピッチオブザイヤーを受賞 ドルトムントは3位】の続きを読む

長谷部フル出場のフランク、7戦ぶり勝利で残留が決定…乾途中出場 | サッカーキング

長谷部フル出場のフランクフルトが6戦ぶりの勝利 乾は途中出場【スタッツ・ハイライト動画】

ブンデスリーガ第32節が9日に行われ、日本代表MF長谷部誠と同MF乾貴士が所属するフランクフルトとホッフェンハイムが対戦した。長谷部は先発出場、乾はベンチスタートとなっている。  

前節、ブレーメンに敗れ2連敗となったフランクフルトは、6試合未勝利と調子を落としている。降格圏のハノーファーとは勝ち点差6にまで近づいており、ここで勝利を挙げて残留を確実なものにしたいところだ。

最初に好機を迎えたのはフランクフルト。12分、右サイドから攻めこむと、シュテファン・アイグナーとハリス・セフェロヴィッチがペナルティエリア右でパスを交換し、最後はリターンを受けたセフェロヴィッチが右足シュート。しかし、ボールは右サイドネットに外れてしまう。

このまま試合は終了し、フランクフルトが3-1でホッフェンハイムを下している。これで勝ち点を39に伸ばしたフランクフルトは、17位のハノーファーが引き分けたため残留決まった。なお、長谷部はフル出場、乾は84分から出場している。
 
次節、フランクフルトは敵地でMF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦する。

【スコア】
フランクフルト 3-1 ホッフェンハイム
【得点者】
1-0 18分 バスティアン・オツィプカ(フランクフルト)
2-0 27分 ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)
3-0 34分 ティモシー・チャンドラー(フランクフルト)
3-1 51分 ケヴィン・フォラント(ホッフェンハイム)

全文はソース元で

引用元 : 長谷部フル出場のフランク、7戦ぶり勝利で残留が決定…乾途中出場 | サッカーキング

【長谷部フル出場のフランクフルトが6戦ぶりの勝利 乾は途中出場【スタッツ・ハイライト動画】】の続きを読む

香川3戦連発ならず…ドルトはドローで連勝止まりEL出場権争い一歩後退 | サッカーキング

香川3戦連発ならず ドルトムントもドローで連勝止まる【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第31節が2日に行われ、ホッフェンハイムと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。  

勝ち点「40」で7位のホッフェンハイムに対して、ドルトムントは勝ち点「39」で8位につけている。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権が得られる5位と6位はシャルケとアウクスブルグが勝ち点「42」で並んでいるため、ドルトムントはEL出場権獲得へ向けて今節も勝利がほしいところ。香川は先発出場している。  

試合が動いたのは前半の終盤に入ってからだった。33分にホッフェンハイムが先制に成功する、エリア内右でパスを受けたケヴィン・フォラントが、マルセル・シュメルツァーをかわしてフリーとり左足を振り抜くと、シュートはゴールの左ネットを揺らした。だが、その2分後、左CKを獲得したドルトムントは、ヘンリク・ムヒタリアンのボールに、中央のマッツ・フンメルスが頭で合わせると、ゴール右隅に決まり、同点に追いついた。前半は1-1の同点で折り返す。

さらにドルトムントは90分に、イルカイ・ギュンドアンがドリブルでエリア内左に抜け出すが、相手DFにカットされシュートまで持ち込めなかった。
 
試合はこのままタイムアップ。EL出場権獲得へ勝ち点を重ねたかったドルトムントだが、ホッフェンハイムと1-1のドローで終わった。

ドルトムントは次節、9日にFW原口元気とMF細貝萌が所属するヘルタ・ベルリンとホームで対戦する。

【スコア】
ホッフェンハイム 1-1 ドルトムント
【得点者】
1-0 33分 ケヴィン・フォラント(ホッフェンハイム)
1-1 35分 マッツ・フンメルス(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川3戦連発ならず…ドルトはドローで連勝止まりEL出場権争い一歩後退 | サッカーキング

【香川3戦連発ならず ドルトムントもドローで連勝止まる【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

2得点に絡んだ大迫に独紙「相手を切り裂く”大迫ハリケーン”」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

4-14,15 oosa

ドイツ・ブンデスリーガ第28節が現地時間12日に開催され、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンはホームでホッフェンハイムと対戦して3-2で勝利している。  

同試合で先制となるPKを獲得し、1アシストの活躍を見せた大迫を13日発売のドイツ紙『キッカー』はMOMと同節のベストイレブンに選出。MOMとして「常にボールを受けられる準備があり、いつでもシュート態勢にいた。大迫は先制点となるPKを獲得し、2-0となるウジャのゴールをアシストした」と評している。  

また、同紙はこの大迫の活躍を”大迫ハリケーン”と題し、今季のベストパフォーマンスと紹介。攻撃に大きな勢いをもたらし、ハリケーンのようにホッフェンハイムのディフェンスを切り裂いたと伝えている。

全文はソース元で

引用元 : 2得点に絡んだ大迫に独紙「相手を切り裂く”大迫ハリケーン”」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【”大迫ハリケーン”2得点に絡んだ大迫に独紙「相手の守備を切り裂いた」】の続きを読む

独紙評価:大迫に絶賛の嵐、『キッカー』ではMOM (GOAL) - Yahoo!ニュース

4-13,15 oosako

ケルンFW大迫勇也が、高い評価を受けている。ドイツ『キッカー』は、12日に行われたブンデスリーガ第28節ホッフェンハイム戦のマン・オブ・ザ・マッチに選出した。 MF長澤和輝とともに先発した大迫は19分、前線へのロングボールを懸命に追いかけて相手からボールを奪い、ペナルティーエリアに侵入。ファウルで止められてPKを獲得した。このPKを味方が決めて先制すると、54分にはスルーパスを通してウジャーのゴールをアシスト。大迫が2ゴールに絡んだケルンは、69分に退場者を出しながらも3-2で勝利している。

この日の大迫の活躍をドイツの各メディアが絶賛した。『キッカー』はチーム最高タイの「1.5」でマン・オブ・ザ・マッチに選出している。さらに、第28節のベストイレブンにも選んでおり、次のように記した。

「常にボールを受けられる位置に動き、攻撃のたびに存在感を示した。大迫は先制点につながるPKを獲得し、2-0となるウジャーのゴールをアシストした」 地元メディアの『KSTA』も大迫に「1.5」の高評価だった。

「強い意志でPKを獲得。自身に訪れたチャンスはものにできなかったが、ホッフェンハイムのDFは彼をほとんどコントロールできなかった。スピーディーな走りで、常にボールを受けられた。2ー0とする場面では、完璧な形でアシストをしている。まるで新戦力のようだった」

全文はソース元で

引用元 : 独紙評価:大迫に絶賛の嵐、『キッカー』ではMOM (GOAL) - Yahoo!ニュース

【大迫に絶賛の嵐!!独紙はMOM、チームからは「我々には最高の大迫勇也がいた」[ハイライト動画]】の続きを読む

120分フル出場も無得点…香川「シュートを意識して続けるしかない」 | サッカーキング

4-8,15 kaga2

DFBポカール準々決勝が7日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはホッフェンハイムと対戦し、延長戦の末3-2で勝利した。試合後、香川が記者団の取材に応じている。  

120分の激闘を終えた香川は「すごくタフな試合でした」と一言。続けて「良い感じで1点目は取れたけど、その後嫌な失点…ミス絡みの失点だったんで。でもこれが今季のチームの現状だって(ユルゲン・)クロップ監督も言ってましたし。ただ、後半は追いつくことが大事だったんで、結果的に追いつけて良かったです」と、自分たちのミスから得点を奪われる厳しい展開ではあったが、粘りを見せて結果を残したことに一定の満足感を感じている様子。  

ホッフェンハイムはしっかりと守備を固めて、カウンターからチャンスを生み出していた。これについては「カウンターは鋭かったし、守備もすごく…引いていた」と、引いて守る相手に悩まされたようだ。また、もう少し高い位置でボールを持ち、相手のペナルティエリア付近で攻撃を組み立てる必要性を感じていたが、「最後のところが雑だったり精度を欠いていた」と、最終局面で雑なプレーが散見されたことが、状況を難しくした一因だと分析した。  

また、延長戦までフル出場した感想については「最後のスプリントだったり、ランニングは出来ましたけど、スピードの変化だったり、そういうところは…足がつる寸前だったんで。そこはコントロールしながらやってましたけど。まあ最後のスピードアップって言う意味では体力はちょっとキツかったですけどね」と、体力的には限界ぎりぎりであったことを明かしている。  

延長後半にドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンのクロスを頭で合わせた場面があったが、「なかなかやっぱりしんどかったですし、勢いを持ってゴール前に入りましたけど、少しパワーが足りなかったかな。叩きつけることを意識したらうまくいったんですけど、まあ結果的に入らなかったことは悔しいですね」と、得点に繋がらなかったことに悔しさを滲ませた。  

この試合でも得点を挙げられなかった香川。シュートを打てそうな場面でも、パスを選択したことについて問われると「そこはもうずっと言われてますけど、僕自身のシュートの意識っていうのは課題ですし、そういうところは判断なので…まあ口で言うのは簡単なんですけど、そこはホントに意識してやり続けるしかない」と、継続して意識付けをすることで改善出来ると考えている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150408/299728.html

【香川真司、120分フル出場で「足がつりそうに・・・」シュート意識の改善も継続すると】の続きを読む

このページのトップヘ