スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ベルギー代表

ギュンドアンの移籍金が鍵? ドルトムント、史上最高額でのルカク獲得に本腰か (ISM) - Yahoo!ニュース

ドルトムントがルカクの獲得に史上最高額提示の本気 ギュンドアンの移籍金が鍵に

ドルトムント(ドイツ)がMFイルカイ・ギュンドアンの退団を見据え、エヴァートン(イングランド)FWロメル・ルカクの獲得に本腰を入れ始めたようだ。ギュンドアンについてドルトムント側は公式見解を発表していないが、マンチェスターC(イングランド)への移籍は避けられないものと思われる。  

こうしたなか、お膝元の『ルール・ナッハリヒテン』(電子版)は18日、「ハンブルガーSVとの試合に勝ったBVB(ドルトムントの略称)だが、ギュンドアンを巡るレースには敗れた」「移籍実現の可否は、両クラブが移籍金で合意できるかどうかにかかっている」「契約期間の残りを考慮すれば、2500万ユーロから3000万ユーロ(約31億円から37億円)だろう」と推測した。  

同紙はさらに「ブンデスリーガでバイエルンと張り合い、各大会でタイトルをねらうには、パズルのピースが2、3個欠けている。そのうちの1ピースがルカクを意味しているように思われる」と続け、「我々の掴んだ情報によれば、BVBはこれまで以上にルカクに関心を寄せている。ただし、市場価格約3500万ユーロ(約43億円)の同選手については、財力のある欧州の数クラブがすでにねらいを定めている」と、厳しい争奪戦になるとの見解を記した。  

その“財力のある”クラブだが、ルカクの父親、ロジェ・ルカク氏は3月にベルギー『Het Laatste Nieuws』に対し、「「アトレティコ・マドリー(スペイン)、バイエルン、ユヴェントス(イタリア)、チェルシー、マンチェスターU(以上イングランド)が関心を示していることは知っている」とコメントしている。

全文はソース元で

引用元 : ギュンドアンの移籍金が鍵? ドルトムント、史上最高額でのルカク獲得に本腰か (ISM) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントがルカクの獲得に史上最高額提示の本気 ギュンドアンの移籍金が鍵に】の続きを読む

ファン・ハール監督、ヤヌザイの来年1月のマンU復帰を断念 「彼がドルトムントを選んだ」 | SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ


 

ファン・ハール「ヤヌザイを返してもらえなかった」ドルトムントは無知と残留を嘆く

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、ドルトムントに1年間の期限付きで移籍しているベルギー代表FWアドナン・ヤヌザイの来年1月の移籍市場でのUターン復帰を断念したと明かした。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。   ヤヌザイ

マンU指揮官は、想定外の状況に陥っている20歳の新鋭をレンタル期間終了を待たずに、1月に呼び戻そうと画策していると地元メディアに報じられていた。だが、それは断念した様子だ。  

「彼はドイツにレンタル移籍しているので、3カ月という期限ではない。ドイツでは選手をレンタル元に返却するというこのシステムを知らないんだ。これはイングランドでは通常のことなんだが」  

ファン・ハール監督は、ヤヌザイ復帰話が頓挫したことを明らかにした。

「彼はプレーしていないが、プレーすべき才能はある。私はプレーできる才能はあると確信しているが、学ばなければいけないことが多くある。才能は重要だが、才能を伸ばす個性も大事だ。彼は多くを学ぶことができる」

局面の打開力に優れる切れ味鋭いドリブラーは、まだ若い。完成にはまだまだ時間が必要だ。

「彼はより高いレベルの選手と競わなければいけない状況だ。全試合に出場してほしい。だからこそ、私はプレミアリーグでのプレーも希望しているが、彼がボルシア・ドルトムントを選んだんだ」



全文はソース元で

引用元 : ファン・ハール監督、ヤヌザイの来年1月のマンU復帰を断念 「彼がドルトムントを選んだ」 | SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

【ファン・ハール「ヤヌザイを返してもらえなかった」ドルトムントは無知と残留を嘆く】の続きを読む

ファンハール監督がドルト監督に怒る!ヤヌザイ使え (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース


ファン・ハール「ヤヌザイをもっと使え」ドルトムント監督トゥヘルに怒り!?

13日付独ビルト紙は、マンチェスターUのルイス・ファンハール監督(64)が、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督(42)に怒っているという記事を掲載した。

理由はマンUからドルトムントへ期限付きで移籍しているベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(20)に十分なプレー時間が与えられていないことだという。  

もともとファンハール監督はヤヌザイを放出する気はなく、マンUで得られない出場機会をドルトムントで与えてもらい、高いレベルでの経験を積ませるもくろみだった。  

英デーリーミラー紙は今冬にマンUがヤヌザイを取り戻すという記事を掲載したが、ドルトムントのチームマネジャー・ツォルク氏は「そんなオプションはないし、契約書にもない」と否定しているという。

全文はソース元で

引用元 : ファンハール監督がドルト監督に怒る!ヤヌザイ使え (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハール「ヤヌザイをもっと使え」ドルトムント監督トゥヘルに怒り!?】の続きを読む

また失敗? ファン・ハール、ヤヌザイを呼び戻しへレンタル期間切り上げ求める (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


 

ファン・ハール、ヤヌザイをマンUに早期呼び戻し!迷走する補強策

マンチェスター・ユナイテッドは、今夏ドルトムントに1年間の期限付き移籍をさせたMFアドナン・ヤヌザイを呼び戻すことを検討している。

英紙『デイリー・ミラー』はファン・ハールが攻撃で違いを作れるタレントを探しており、ヤヌザイのレンタル期間切り上げをドルトムントに提案する考えだと伝えた。クリスティアーノ・ロナウドの後継者と期待されたメンフィス・デパイが期待外れのパフォーマンスに終始していることも大きく、今ならマンUでも出場機会を得られるかもしれない。

今夏のマンUの補強策には批判も出ており、レヴァークーゼンへ放出したFWハビエル・エルナンデスはストライカーとして活躍している。現在のマンUが得点力不足と指摘されることを考えると、エルナンデスはマンUに必要な人材だったはずだ。

デパイの低パフォーマンスは計算外だったが、ヤヌザイを放出したために経験の浅いジェシー・リンガードに賭けるしかない状況を生み出してしまい、放出の失敗例が目につく。

しかも移籍先のドルトムントは前線が絶好調で、ヤヌザイが割って入る隙がない。出場機会が確保されなければ、EURO2016の代表メンバーから漏れる可能性もある。
全文はソース元で

引用元 : また失敗? ファン・ハール、ヤヌザイを呼び戻しへレンタル期間切り上げ求める (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハール、ヤヌザイをマンUに早期呼び戻し!迷走する補強策】の続きを読む

ベルギーが史上8カ国目のFIFAランク1位…日本は50位に浮上 | サッカーキング


ベルギー、史上8カ国目のFIFAランク1位に!日本は50位にランクアップ

FIFA(国際サッカー連盟)は5日、最新のFIFAランキングを発表した。  

日本代表は10月に2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選のシリア代表戦、国際親善試合のイラン代表戦を戦い、1勝1分けだった。この結果、前回の55位から5つ順位を上げて50位に浮上した。アジア最上位は前回から4つ順位を下げたイランが43位でトップをキープ。48位の韓国がアジア2位で、日本のアジア3番手は変わらなかった。また、オーストラリアが60位、UAEが67位で続いている。

上位陣では3位のベルギーがドイツとアルゼンチンを抜き、史上8カ国目のFIFAランキング1位に立った。これまでFIFAランキングでトップに立った経験があるのはアルゼンチン、ドイツ、ブラジル、イタリア、スペイン、フランス、オランダの7カ国のみ。この数字はワールドカップ優勝経験国の8カ国よりも少なかったが、8カ国目の首位経験国が誕生した。

■トップ10
1位 ベルギー
2位 ドイツ
3位 アルゼンチン
4位 ポルトガル
5位 チリ
6位 スペイン
7位 コロンビア
8位 ブラジル
9位 イングランド
10位 オーストリア


全文はソース元で

引用元 : ベルギーが史上8カ国目のFIFAランク1位…日本は50位に浮上 | サッカーキング

【ベルギー、史上8カ国目のFIFAランク1位に!日本は50位にランクアップ】の続きを読む

香川、独デビューのヤヌザイにドルト流順応を期待「マンUとは違う」 | サッカーキング

香川、珍しくヤヌザイに注文「マンUとは違うからしっかりと判断を」ドルトムントでの活躍を期待

ブンデスリーガ第4節が12日に行われ、MF香川真司の所属するドルトムントは、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーと対戦し、4-2で勝利を収めた。先発出場した香川が、試合後にコメントを残している。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。  

終了間際の90分で途中交代となった香川は試合後、「キヨ(清武)が前半うまく先制点を導いて、嫌な雰囲気はありました」と、清武の起点でハノーファーに先制を許した場面を振り返ると、「焦りはなかったですけど、センターラインはフィジカルが強くて球ぎわも激しかった。前半はそう簡単にゴールが生まれないのかなという気配はありました」と明言。

また、同試合で香川の古巣マンチェスター・Uからレンタル移籍で加入したベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイがブンデスリーガデビューを飾った。  

再びチームメイトとなったヤヌザイについて香川は、「チームに合ってるのかなと思う。ユナイテッド(マンチェスター・U)ではトップ下でやってましたけど、ウイングでこういう時間帯に出てきたら、ボールキープ力もありますし」と、チームに順応できると語った。

さらに、「あとは判断を高めて。こういうチームだからこそ、判断をしっかりとやらないと」と先輩としてアドバイスを送ると、「ユナイテッドとは違いますから、(ボールを)持ちすぎたら持ちすぎたで、やっぱりそこはチームでコミュニケーションを取って、しっかりと判断できればより生きてくるプレーヤーだと思います」と期待を寄せた。

全文はソース元で

引用元 : 香川、独デビューのヤヌザイにドルト流順応を期待「マンUとは違う」 | サッカーキング

【香川、珍しくヤヌザイに注文「マンUとは違うからしっかりと判断を」ドルトムントでの活躍を期待】の続きを読む

GKクルトワが半月板の手術…モウリーニョ監督「嘆いても仕方ない」 | サッカーキング

チェルシー、GKクルトゥワの右膝手術を発表「かなりの長期間離脱」

チェルシーは11日、クラブ公式HPを通じてベルギー代表GKティボー・クルトワが手術を受けたことを発表した。  

発表によると、クルトワは10日に右ひざ半月板の手術を受けた模様で、全治期間は明かされていないものの長期離脱するものとみられる。  

また、12日に行われるプレミアリーグ第5節エヴァートン戦の前日会見に臨んだジョゼ・モウリーニョ監督は、「クルトワは練習中に怪我をした。具体的な部分はさておき、手術が必要となるため長期離脱になるだろう。どれだけの期間になるかは分からないが、すぐに復帰というわけにはならない」と、明かした。

全文はソース元で

引用元 : GKクルトワが半月板の手術…モウリーニョ監督「嘆いても仕方ない」 | サッカーキング

【チェルシー、GKクルトゥワの右膝手術を発表「かなりの長期間離脱」】の続きを読む

香川の新相棒が大問題行動 航空会社の素早い対応でおとがめなし!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ヤヌザイが大問題行動!飛行機のコックピットで記念撮影

マンチェスター・ユナイテッドからドルトムントに期限付き移籍したベルギー代表FWアドナン・ヤヌザイは、6日の欧州選手権予選の敵地でキプロスと対戦し、1-0で勝利を収めた。

そして帰国の途に着く際、ブリュッセル航空に搭乗した。この際、コックピットに乗り込むと、りりしい表情でヘッドセットを着用して自ら記念写真を撮影した。

そして、8日にこの模様を自身のインスタグラムに掲載したことで物議を醸してしまった。地元テレビ局「ユーロスポーツ」によると、欧州航空安全エージェンシーは乗客のコックピットへの立ち入りを厳しく禁止すると明記して いる。アメリカ同時多発テロなどの影響で安全性順守の徹底が通達されているのだ。そのため、うっかり20歳のドリブラーの侵入を許してしまった機長が矢面に立たされた。大きな批判が殺到したが、ブリュッセル航空側は寛容な姿勢を示した。

「機長は例外的な状況下で乗客のコックピットへの招待を許されています。このケースでは彼を招待しました」  こう声明を発表したことで、機長もヤヌザイもおとがめなしとなったもようだ。

全文はソース元で

引用元 : 香川の新相棒が大問題行動 航空会社の素早い対応でおとがめなし!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ヤヌザイが大問題行動!飛行機のコックピットで記念撮影】の続きを読む

ロイス不在も痛くない! ドルトムントの新入りヤヌザイがデビュー戦で鮮やかゴール (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

ヤヌザイがドルトムントでのデビュー戦でゴール!次節出場もありえるとトゥヘル監督【ハイライト動画】

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは8日、ザンクトパウリ(独2部)とのテストマッチを行った。

先週から代表ウィークに入っていたため、この試合では多くの主力選手が欠場したドルトムント。先発メンバーの多くは、リーグ戦でなかなか先発の機会が与えられないサブメンバーであり、恰好のアピールチャンスとなった。そしてその中で最も大きな注目を集めたのは間違いなく、先日マンチェスター・ユナイテッドからのレンタルで加入したベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(20)だった。

背番号「9」を与えられたヤヌザイは加入後初の試合に先発を果たすと、新天地デビューを自らのゴールで祝った。1-0でドルトムントがリードして迎えた18分、左サイドをドリブルで突破したゴンサロ・カストロのパスをペナルティエリア手前で受けると、詰め寄って来る相手DFを巧みなコントロールでかわし、そのまま左足を振りぬく。この強烈なシュートは相手選手に当たったものの、そのままゴールネットを揺らした。 得点以外にもヤヌザイは得意のドリブルを随所で披露し、そのポテンシャルを発揮。


全文はソース元で

引用元 : ロイス不在も痛くない! ドルトムントの新入りヤヌザイがデビュー戦で鮮やかゴール (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ヤヌザイ、ドルトムントでのデビュー戦でゴール!次節出場もありえるとトゥヘル監督【ハイライト動画】】の続きを読む

自身は点取り屋ではないと語るアザール「ロナウドやメッシとは違う」 | サッカーキング

アザール「15~20得点で十分!メッシ、ロナウドとは違ってスコアラーじゃない」

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールは、自身がレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのような得点記録を出すことはないだろうと認めた。2日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。  

アザールは昨シーズン、チェルシー移籍後最高となる公式戦52試合出場19得点を記録し、イングランドサッカー選手協会(PFA)年間最優秀選手に選出された。  

「メッシやロナウドのように1シーズンに50ゴールや60ゴールを挙げるために何ができるだろうかと自分自身に問いかけてみた。チャレンジはするけれど、僕は本当の意味でのゴールスコアラーにはならないだろうと悟ったよ。そういうタイプではないんだ。精神的なところが大きい。今でもゴールを決めた後に思うことがある。これで十分だとね」と生来の点取り屋ではないと語った。  

「他の選手のように記録を狙ってはいない。1シーズンで15ゴールから20ゴールを挙げられれば、僕はものすごく満足するよ」とC・ロナウドやメッシとはタイプが違うことを強調。さらに、「今、キャリアのピークを迎えている。でも、毎日もっといい選手になりたいと思っている。僕の頂点はまだ先だ」と選手として今後も成長していくと意気込んだ。

全文はソース元で

引用元 : 自身は点取り屋ではないと語るアザール「ロナウドやメッシとは違う」 | サッカーキング

【アザール「15~20得点で十分!メッシ、ロナウドとは違ってスコアラーじゃない」】の続きを読む

このページのトップヘ