スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ヘンリク・ムヒタリアン

イブラが前線、ルーニーは…“新生”マンU、英メディアの予想スタメンとは (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


新生マンU、英紙の予想スタメンはイブラのワントップにルーニーのボランチ、ムヒタリアンの司令塔に

ジョゼ・モウリーニョ新監督の下、来シーズンに向けて積極的な選手補強に乗り出しているマンチェスター・U。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン退団)やアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)らの加入決定が目前と報じられる中、イギリスメディア『スカイスポーツ』が28日に先発メンバーを予想している。  

同メディアは来シーズンのマンチェスター・Uの先発メンバーを予想するにあたり、モウリーニョ監督が近年[4-2-3-1]システムを好んでいることに言及。ワントップの下に3人のアタッカーを置き、流動的な攻撃を仕掛ける意向だと伝えた。

なお、スペイン人MFフアン・マタは出番を失う見通しで、モウリーニョ監督が指揮を執ったチェルシーからマンチェスター・Uへ移籍した時と同様、再び新天地を求める可能性があると伝えられている。  

イングランド代表FWウェイン・ルーニーのポジションはより守備的な位置、ボランチになると見込まれている。

■『スカイスポーツ』予想のマンチェスター・U先発メンバー[4-2-3-1]

▼GK ダビド・デ・ヘア
▼DF マッテオ・ダルミアンクリス・スモーリングエリック・バイリー(ビジャレアルから移籍加入)ルーク・ショー
▼MF マイケル・キャリックウェイン・ルーニーマーカス・ラッシュフォードヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムントからの移籍有力)アントニー・マルシャル
▼FW ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマンからの加入有力)

全文はソース元で

引用元 : イブラが前線、ルーニーは…“新生”マンU、英メディアの予想スタメンとは (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【新生マンU、英紙の予想スタメンはイブラのワントップにルーニーのボランチ、ムヒタリアンの司令塔に】の続きを読む

ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース



no title


日本代表FW香川真司が所属するボルシア・ドルトムントの“解体”が止まらない。  

今夏既に主将DFマッツ・フンメルスと司令塔MFイルカイ・ギュンドアンの退団が決定しているドルトムント。フンメルスは宿敵バイエルン・ミュンヘンへ、ギュンドアンはマンチェスター・シティへの移籍が決定している。しかし、さらに2選手の退団が決定的となった。

イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』は26日、ドルトムントの背番号10番を背負うヘンリク・ムヒタリアンが移籍金3800万ユーロ(約43億円)でマンチェスター・ユナイテッド移籍で基本合意に至ったと報じている。さらには守備の要であるDFネベン・スボティッチは自身のFacbookページにて今年限りでドルトムントを退団する意向を発表した。  

全文はソース元で

引用元 : ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【クロップのドルトムントは”解体” ムヒタリアン、スボティッチも退団!オーバメヤンも】の続きを読む

ムヒタリアンのマンU移籍が43億円で大筋合意 アシスト王もドルトムントから流出へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ドルトムントのファンタスティック4が解散!ムヒタリアンがマンUへ43億円で移籍

ドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、マンチェスター・ユナイテッドに3800万ユーロ(約43億円)で移籍することで大筋合意に達したと、イタリア移籍専門サイト「ジャンルカ・ディマルツィオ」が報じている。

ドルトムントは今オフ、若手の逸材を買い漁る一方で、チームの主軸を担ってきた選手を慰留できなかった。主将のドイツ代表DFマッツ・フンメルスが宿敵バイエルンに移籍し、司令塔のドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンはマンチェスター・シティに移籍した。  

そして今季、公式戦23得点32アシストと衝撃の結果を残してきた背番号10がチームを去ることになった。最新のレポートでは、ドルトムントは2017年6月に契約満了となるムヒタリアンを、43億円の移籍金で放出することに大筋で合意。あとは書面上のやり取りを残すのみになっているという。  

ドルトムントはこれまで、契約期間が残り1年となったにもかかわらず、今夏のムヒタリアン放出を拒んできたが、結局は“赤い悪魔”のオファーとムヒタリアン側の揺さぶりに抗うことができなかったようだ。

日本代表MF香川真司にとっては無二の親友ギュンドアン、主将フンメルスに続き、「ファンタスティック4」と呼ばれた攻撃カルテットを組んでいた仲間ムヒタリアンを失うことになる。

全文はソース元で

引用元 : ムヒタリアンのマンU移籍が43億円で大筋合意 アシスト王もドルトムントから流出へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントのファンタスティック4が解散!ムヒタリアンがマンUへ43億円で移籍】の続きを読む

香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出

近年ドルトムントで育った選手がバイエルンに流れるケースが続いているものの、そのたびに穴を的確に埋めてくるドルトムントの補強は目を見張るものがある。特にユルゲン・クロップが率いていた際にはまだブレイクしていない若手選手を安価で獲得し、トップレベルの選手へと成長させるモデルが完璧に出来上がっていた。

そこで米『Breacher Report』は、過去10年間ドルトムントが夏に行った補強で大ヒットした選手をランキング化。ほとんどが最近までドルトムントでプレイしていた選手で構成されており、その中にはセレッソ大阪から引き抜かれた香川真司の名前も入っている。

6位 香川真司(セレッソ大阪→ドルトムント 2010年 35万ユーロ)
5位 イルカイ・ギュンドアン(ニュルンベルク→ドルトムント 2011年 550万ユーロ)
4位 マルコ・ロイス(ボルシアMG→ドルトムント 2012年 1710万ユーロ)
3位 マッツ・フンメルス(バイエルン→ドルトムント 2009年 420万ユーロ)
2位 ピエール・エメリク・オバメヤン(サンテティエンヌ→ドルトムント 2013年 1300万ユーロ)
1位 ロベルト・レヴァンドフスキ(レフ・ポズナン→ドルトムント 2010年 475万ユーロ)

6位に選ばれた香川は、ドルトムントの素晴らしいモデルを象徴する選手として取り上げられている。同メディアは香川を今やブンデスリーガのベストプレイヤーの1人になったと称賛しており、その香川をここまで育て上げたクロップの手腕も高く評価されている。

全文はソース元で

引用元 : 香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出】の続きを読む

ドルトムント“解体”? 主将&司令塔に続き39得点の大エースも退団か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


ドルトムントが解体の危機!オーバメヤンとムヒタリアンも退団、移籍が濃厚

ボルシア・ドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、やはり今夏にも移籍が実現されそうだ。4日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。  

オーバメヤンは「私はドルトムントでうまくいっている。だが、クラブと話をする必要がある」と明かした。同選手は先月末にガボン代表監督に「移籍を考えているため、今回は代表選出を見送って欲しい」と伝えている。  

また、今シーズンを振り返り「我々は経験が欠けていた」と語っている。オーバメヤンは今シーズン公式戦49試合に出場し39得点8アシストと絶好調を維持したが、最終的にチームは無冠に終わっている。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント“解体”? 主将&司令塔に続き39得点の大エースも退団か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントが解体の危機!オーバメヤンとムヒタリアンも退団、移籍が濃厚】の続きを読む

“裏切り者”をトゥヘル監督は熱望? 来季香川の出場機会にも影響か (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

香川にとってピンチかチャンスか?トゥヘルがゲッツェの復帰を熱望!?

バイエルンに所属するマリオ・ゲッツェの古巣復帰が実現するかもしれない。

今季バイエルンで本領発揮とはいっていないゲッツェ。そのため、恩師のユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールや古巣のドルトムントへの移籍の噂が取りざたされていたが、後者への復帰はサポーターからの反対が根強いため、難しいと考えられていた。しかし、トーマス・トゥヘル監督はゲッツェがチームに必要だと考えていると独『AZ』が報じた。

同紙によれば、バイエルンとドルトムントは同選手の今夏復帰に向け、すでに話し合いの席を設けているようだ。条件面などの細かい交渉は行っていないようだが、それについても計画されていると伝えられた。

全文はソース元で

引用元 : “裏切り者”をトゥヘル監督は熱望? 来季香川の出場機会にも影響か (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川にとってピンチかチャンスか?トゥヘルがゲッツェの復帰を熱望!?】の続きを読む

香川がより活きるのはロイスではなく… (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


香川がより活きるのはロイスとムヒタリアンのどちら!?左サイドに置く選手は・・・

ついにその時が訪れてしまった。11月20日のハンブルク戦(ブンデスリーガ13節)でドルトムントが、今シーズンのブンデスリーガ初黒星(1-3)を喫したのだ。

正確に言えば、バイエルン戦(ブンデスリーガ8節)に続いて2敗目だが、リーグの水準を遥かに超えた戦力値を誇る絶対王者相手の敗戦は度外視していい。  実際、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOはハンブルク戦の3日後に開かれた株主総会で、「現在のブンデスリーガでは2位が現実的で、我々にとって最高の順位」と言っていた。  

ロイスが故障明けでコンディションが今ひとつだった影響もあったのだろうが、左ウイングにヘンリク・ムヒタリアンが入った時(ハンブルク戦は右ウイング)のほうが、香川がより活きると私は思う。  

事実、香川がムヒタリアンの近くまで動いて相手を引きつけ、右サイドでフリーになったSBのマティアス・ギンターにパスを送るパターンは、多くの試合で機能してきた。ハンブルク戦も基本的なプランは同じだったものの、その攻撃の型は鳴りを潜めた。  

敗北の理由として、パリで起きたテロ事件の影響を挙げるメディアも少なくない。ドイツ代表に招集され、試合の開催地パリに遠征したマッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドアン、ギンターの3人は、テロを間近で経験したからである。  

正直に言って私は、その影響はほとんどなかったと思う。今回の敗戦は単なる“偶発的な事故”で、シュツットガルト戦ではこれまでと同様の好パフォーマンスを見せてくれると信じている。  

文:マルクス・バーク翻訳:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : 香川がより活きるのはロイスではなく… (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【香川がより活きるのはロイスとムヒタリアンのどちら!?左サイドに置く選手は・・・】の続きを読む

ドルトムントを支える香川ら“魔法のカルテット”の周辺で囁かれ始めた去就の噂 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


ドルトムントのファンタスティック・フォーは今季限りで解散!?

ドルトムントは今シーズンの公式戦20試合で64得点を記録している。これは1試合平均3ゴール以上を奪っている計算で、驚異的な数字である。  

圧倒的な攻撃力を支えているのが、香川真司、ヘンリク・ムヒタリアン、マルコ・ロイス、そしてピエール=エメリク・オーバメヤンの4人。

4人のなかでもっとも好調なのは、公式戦18試合で20得点を決めているオーバメヤンだ。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのガボン代表FWには、こんな噂が飛び交いはじめている。「バルセロナのスカウトが何度か視察に訪れ、ブレーメン戦でもその姿が目撃された」と。  

はたして、その噂は真実だろうか? 確かにオーバメヤンは目ざましい進歩を遂げ、ユルゲン・クロップ前政権時よりもコンビネーションプレーにうまく絡んでいる。とはいえ、ボールポゼッションに重きを置くバルサのスタイルにフィットするとは思えない。  

ドルトムントとしても、この夏に2020年夏まで契約を延長したエースのオーバメヤンを簡単に手放す気はない。ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは先頃、「どのクラブも、我々とオーバメヤンの契約状況を知っているはずだ」とコメントしている。  

香川も同様だ。今のところ移籍の噂はまったくない。今夏にバルサやマンチェスター・U行きが取り沙汰されたロイスも移籍の現実味は薄く、契約は19年夏まで残っている。
 
対して、トーマス・トゥヘル新監督の下でハイパフォーマンスを披露しているムヒタリアンは去就不透明だ。17年夏で契約が切れるものの、延長交渉はいまだ行なわれていない。しかも背後には、これまで数々のビッグディールを成立させてきた敏腕代理人のミーノ・ライオラがいる。なにが起きても不思議はないだろう。

文:マルクス・バーク
翻訳:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : ドルトムントを支える香川ら“魔法のカルテット”の周辺で囁かれ始めた去就の噂 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントのファンタスティック・フォーは今季限りで解散!?】の続きを読む

新たな「ファンタスティック4」。香川、ムヒタリヤン、オーバメヤン、ロイスを導く指揮官の存在 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ドルトムントの「ファンタスティック4」香川らを導くトゥヘル監督【Tシャツも発売】

ドルトムントのスタートダッシュの原動力となったムヒタリヤン、オーバメヤン、ロイス、そして香川。地元メディアは「ファンタスティック4」と称えている。この4人の力が最大限に発揮されている背景にはトーマス・トゥヘル新監督の存在があった。

15/16シーズンのブンデスリーガにおいて、まず「ファンタスティック4」とは、バイエルンの4連覇を意味した。
 
9日付の『シュポルトビルト』誌は「“トゥヘルの”ファンタスティック4」という特集を組んだ。
「ムヒタリヤン、オーバメヤン、カガワ、そしてロイスはリーガで最も危険なオフェンスを形成する」
 
バイエルンのそれが抽象的な野望を示すのに対して、ドルトムントの「ファンタスティック4」とは、ムヒタリヤン、オーバメヤン、香川真司、ロイスの4人から成る、具体的な攻撃陣のことだ。
 
8月の3試合を3連勝で終えて、ドルトムントは首位に立っている。3試合で決めた11得点の内、8得点を「ファンタスティック4」が占めた。内訳はムヒタリヤン2、オーバメヤン3、香川1、ロイス2、である。少し広く、トゥヘル体制となってからの公式戦に目を移すと、8試合で30得点中25得点を「ファンタスティック4」が叩き出した。

ムヒタリヤンを解き放ったトゥヘル監督との対話
 
それにしても、昨季と同じ顔ぶれであるにもかかわらず、なぜこれほどまでの得点力を発揮しているのだろうか。

要因の一つに、新監督のトゥヘルが、言うなれば“リラックスと集中”をもたらしたことが挙げられそうだ。『シュポルトビルト』誌に対して、ムヒタリヤンは次のように述べている。
「より自由でリラックスした状態を感じるよ。問題を分析して頭から取り除くことを学んだ」
 
トゥヘルはムヒタリヤンとの対話の中で、ミスを責めるばかりではなく、何より長所を働かせることを説いたという。トゥヘルはムヒタリヤンのプレースタイルに「好意」を示した。それは、親が子を信じる気持ち、と言い換えても良いのかもしれない。

10日付の『キッカー』誌に対して、ギュンドアンは「難しいことを処理する前に、僕たちはまず簡単なことを行う」と話した。
 
8月30日のヘルタ・ベルリン戦の後では、香川が「考えすぎている部分が去年はたくさんあったのかなっていう気がしましたし、今は本当に試合に入ったら試合に入りきれている」とコメントを残した。

そして『シュポルトビルト』誌に対して、ロイスが言う。

「監督は各人に良く接して、自分がチームを助けることができるという気持ちを与えているように感じる」
 
トゥヘルは、こうしたメンタル的な変化をBVBにもたらした。ボールポゼッションという戦術面で異なるスタイルを付け加えただけではなく、選手たちのプレー面でのポテンシャルを存分に引き出すことにも成功したのである。
 
そして「ファンタスティック4」が花開いた。

全文はソース元で

引用元 : 新たな「ファンタスティック4」。香川、ムヒタリヤン、オーバメヤン、ロイスを導く指揮官の存在 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントの「ファンタスティック4」香川らを導くトゥヘル監督【Tシャツも発売】】の続きを読む

ドルトムントのEL突破に暗雲? 香川同僚に紛争当事国のビザ不許可問題が浮上 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ドルトムントとムヒタリアンに危機!ELでビザが発給されない可能性

ボルシア・ドルトムントに所属するアルメニア代表のMFヘンリク・ムヒタリアン(26)が、10月22日にアウェイで行われるヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節のカバラ戦に帯同できない可能性が浮上している。  

日本代表のMF香川真司も所属するドルトムントは、28日に行われた2015/16シーズンのEL組み合わせ抽選会で、PAOK(ギリシャ)、クラスノダール(ロシア)、カバラ(アゼルバイジャン)と同じグループCに入ることが決定した。  

独紙『ビルト』によると、ムリタリアンの祖国アルメニアは、カバラの本拠地があるアゼルバイジャンと、ナゴルノ・カラバフ自治州の帰属をめぐる抗争が絶えず、1988年から二国間紛争に発展。1994年に停戦協定が発効されて紛争は沈静化したものの、アルメニア軍がアゼルバイジャン領土の20%を占領し、アゼルバイジャン人避難民も帰還の展望を絶たれたままなため、アゼルバイジャンがアルメニア人であるムヒタリアンに滞在ビザが発行しない可能性が高いと報じられている。  


全文はソース元で

引用元 : ドルトムントのEL突破に暗雲? 香川同僚に紛争当事国のビザ不許可問題が浮上 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントとムヒタリアンに危機!ELでビザが発給されない可能性】の続きを読む

このページのトップヘ