スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

プレー集

芸術ループ弾の香川と1アシストの清武が、ブンデス公式の週間ベストイレブンに選出! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川と清武、ブンデス公式の週間ベストイレブンに選出【動画あり】

ブンデスリーガ公式サイトによる第29節の週間ベストイレブンが発表され、ドルトムントのMF香川真司とハノーバーのMF清武弘嗣の日本代表2選手が名を連ねた。

香川は、10日に行われたシャルケとの「ルール・ダービー」で、ペナルティエリアの端か芸術的な右足のループシュートで先制ゴールを決めていた。試合は2-2のドローとなったが、シャルケ相手に通算4得点目と「ダービー男」としての存在感を示した。  

8日のヘルタ・ベルリン戦(2-2)に先発フル出場した清武は、左足の丁寧なラストパスで同点ゴールをアシスト。ブンデス公式サイトのマン・オブ・ザ・マッチにも選出されていた。

第19節のベストイレブンは以下のとおり。

GK
クーン・カステールス(ヴォルフスブルク)
DF
マティアス・ギンター(ドルトムント)
アイタチ・スル(ダルムシュタット)
ダビド・アラバ(バイエルン・ミュンヘン)
MF
ナディエム・アミリ(ホッフェンハイム)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(ハノーバー)
フランク・リベリー(バイエルン・ミュンヘン)
FW
クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ)
ハビエル・エルナンデス(レバークーゼン)
アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

全文はソース元で

引用元 : 芸術ループ弾の香川と1アシストの清武が、ブンデス公式の週間ベストイレブンに選出! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川と清武、ブンデス公式の週間ベストイレブンに選出【動画あり】】の続きを読む

“Mr.マリノス”はメッシより格上! 英メディアが『世界一のFK職人』TOP5に選出「21世紀の伝説的なキッカー」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【FK集動画】中村俊輔はメッシより格上!英紙が「世界一のFK職人」TOP5にアジアから唯一選出

彼がヨーロッパを去ったのは6年も前のことだが、ヨーロッパは彼を忘れたくはないようだ。Jリーグの横浜F・マリノスでプレイする元日本代表中村俊輔の“飛び道具”がまたしても最高の評価を得ることとなった。

もちろんそれは10年近く前の話だが、英スポーツメディア『COPA90』は「現在の世界最高FK職人トップ5」と称した動画を掲載し、中村を4位に選出。同メディアは動画内で「21世紀における伝説的なFK職人のひとりで、今もなお日本で現役を続けている」と言及し、欧州でまさに旬を迎えているスター選手たちの中に天才レフティーの名前を加えた。

『COPA90』は通算5度のバロンドールに輝いているバルセロナのリオネル・メッシを5位とし、中村は“宇宙人”を見下ろすことのできる最高の特等席を陣取っている。

同メディアが選出した世界最高のフリーキッカートップ5は次の通り。
5位 リオネル・メッシ(バルセロナ)
4位 中村俊輔(横浜F・マリノス)
3位 ハカン・チャルハノール(レヴァークーゼン)
2位 ミラレム・ピャニッチ(ローマ)
1位 ディミトリ・パイェ(ウェストハム)


全文はソース元で


引用元 : “Mr.マリノス”はメッシより格上! 英メディアが『世界一のFK職人』TOP5に選出「21世紀の伝説的なキッカー」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【【FK集動画】中村俊輔はメッシより格上!英紙が「世界一のFK職人」TOP5にアジアから唯一選出】の続きを読む

イタリアで再評価される「NAKATA」の衝撃 「サッカー史上で最も才能に恵まれたアジア人」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


 

中田英寿は「サッカー史上最も才能に恵まれたアジア人」イタリアで再評価【プレー動画】

1998年に当時のセリエAペルージャで鮮烈なデビューを飾り、ローマで日本人として初めてスクデット(リーグ優勝)を果たしたチームの一員となった、元日本代表MF中田英寿氏がイタリアで再びスポットライトが当てられている。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では、かつてセリエAで活躍した選手を振り返る企画で日本サッカー界の革命児を特集している。

「ヒデトシ・ナカタ。イタリアで大きな成功を収めた最初の日本人選手で、1980年代に流行した「ホリー&ベンジー(人気漫画キャプテン翼のイタリアでのタイトル)」の10番を思い出させるような選手。サッカー史上で最も才能に恵まれたアジア人選手。マッツォーネ監督のペルージャで爆発した」  

こうした書き出しで紹介された中田氏。1998年のフランス・ワールドカップ後に21歳の若さでベルマーレ平塚(当時、現湘南ベルマーレ)からセリエAに昇格したばかりのペルージャに移籍した中田氏は、シーズン開幕戦であるユベントス戦で鮮烈なデビューを果たした。  

そして、同サイトで最も思い出深い一瞬として取り上げられているのが、ローマのスクデットを決定づけることになった一戦だ。ローマに移籍して2シーズン目となった2000-01シーズンの5月6日。首位に立つローマは、勝ち点6差で2位から猛追するチームとの直接対決を迎えた。この節目のゲームの相手は、奇しくもデビュー戦と同じユベントス。そして、この時もローマは0-2とリードを許した。
 
当時のファビオ・カペッロ監督は、後半20分に大エースであり永遠の王子であるMFフランチェスコ・トッティに代えて日本人MFをピッチに送り込む決断を下した。
 
そこからの25分は、イタリアサッカー史上でも伝説に残る特別な時間だった。後半34分、ゴールから約25メートルの距離から右足を振り抜いた強烈なミドルシュートがユベントスゴールに突き刺さった。そして、1点ビハインドのまま迎えた追加タイム。再び右足を振り抜いた強烈なシュートがゴールを襲うと、GKファン・デル・サールは弾きだすのが精一杯。そこにFWヴィンチェンツォ・モンテッラが詰めて劇的な同点ゴールを決めた。「ローマの最後のスクデットは、ナカタが明るく照らし出した」と紹介された1試合だった。このシーズン以降、ローマはセリエA優勝に届いていない。

「バロンドールとFIFA最優秀プレーヤーに4年連続でノミネートされたナカタ。彼はわずか29歳にしてサッカー界に別れを告げ、人生の旅に出た」

全文はソース元で

引用元 : イタリアで再評価される「NAKATA」の衝撃 「サッカー史上で最も才能に恵まれたアジア人」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【中田英寿は「サッカー史上最も才能に恵まれたアジア人」イタリアで再評価【プレー動画】】の続きを読む

レアルの下部組織の「ピピ」中井卓大が将来期待される5選手に選出! | theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

中井卓大、レアル・マドリードのカンテラ期待の若手5人に選出!【ピピ君プレー集動画】

via:Pipi | centrocampista Alevín A | Real Madrid CF

日本が世界と対等にやり合える時代はいつくるのか。ドルトムントで活躍する香川真司や、ザルツブルクでプレイする南野拓実も驚きの人材だが、さらに下の世代に期待が寄せられている。バルセロナの下部組織に在籍していた久保建英(14)、レアル・マドリードの下部組織に入団した「ピピ」こと中井卓大(11)の2人だ。久保は日本へ帰国する流れとなってしまったが、中井はまだレアルの下部組織に在籍している。

『アス』はレアルのカンテラーノで将来が期待される5選手を紹介し、その中には中井も含まれている。

1人は今季カリム・ベンゼマのバックアッパーになることも期待されたU-19スペイン代表のボルハ・マヨラルだ。主にジネディーヌ・ジダンが率いるカスティージャでプレイしている。同じくカスティージャでプレイするアレイクス・フェバス、ジネディーヌ・ジダンの息子でGKを務めるU-17フランス代表のルカ・ジダン、パウロ・ルバンバ(13)、そして中井だ。この5名の中では中井が最も若く、将来への期待度の高さで選ばれている。

全文はソース元で

引用元 : レアルの下部組織の「ピピ」中井卓大が将来期待される5選手に選出! | theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

【中井卓大、レアル・マドリードのカンテラ期待の若手5人に選出!【ピピ君プレー集動画】】の続きを読む

最強のロナウドはどっちだ? 元祖・怪物対CR7で欧州で議論紛糾! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

最強のロナウドはブラジルの元祖orCR7のどちら!?プレー集でも比較

9月22日は、2002年日韓ワールドカップ(W杯)で得点王に輝き、ブラジル代表を世界の頂点に導いたロナウドの39回目の誕生日だった。  

史上最高のストライカーとも称された男のバースデーに合わせ、イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では「フェノーメノ(怪物)とCR7、強いのはどっちだ」というタイトルの記事を掲載。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと比較して特集した。  

ロブソン監督の名言「私の戦術はロナウドだ」  ヨーロッパでのキャリアをオランダのPSVでスタートすると、バルセロナ、インテル、レアル・マドリード、ミランといったスペインとイタリアの名門を渡り歩いた。バルセロナに所属していた当時、「攻撃の戦術が無い」と批判されたボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウドだ」と胸を張って言い返したというエピソードもある。インテル時代にユベントスとし烈なスクデット争いをした当時のルイジ・シモーニ監督も、同様の言葉を残した。それほどまでに、絶対的な存在だった。  

残念だったのは、キャリアの絶頂期に大きなけがをしてしまったこと。インテル時代に負った右膝の負傷は、ほぼ3シーズンに渡って彼のプレーを見る機会を失わせた。実際のところは、一度は復帰したが、その復帰戦で同じ箇所を痛めて長引く不運にも泣かされた。ロナウドがピッチに崩れ落ちた瞬間、対戦相手の選手が頭を抱えたほどの衝撃シーンだった。  

W杯日韓大会後に加入したレアルでは、太り気味の体形がしばしば批判の種になった。しかし、その体格からは想像もできないような瞬発力で抜け出してゴールを決めると「さすが! エル・ゴルド(肥満体)」という横断幕が張られたほど。最終的に11年に母国ブラジルのコリンチャンスで引退したが、クラブ通算518試合出場362得点、代表通算98試合出場62得点という驚異的な数字を残した。  

一方の、クリスティアーノ・ロナウドは、まだ30歳でバリバリの現役。日韓W杯が開催されていた当時、ポルトガルのスポルティング・リスボンで頭角を現すと、03年夏に当時の“サー”・アレックス・ファーガソン監督に見いだされてマンチェスター・ユナイテッドに加入。09年夏までにプレミアリーグ196試合出場84得点を記録してきた。  

その後、加入したレアルでもゴールを積み重ね、常に「世界最高の選手は誰だ」という話題で主役になる存在である。
 
常に数字は変動していくものだが、日本時間22日19時30分ごろの時点では、実に83パーセントの票が元ブラジル代表のロナウドに投じられている。今回の企画がイタリアメディアゆえに、当時世界最強リーグと呼ばれたセリエAで強烈なインパクトを残した“怪物”に多くの票が集まった可能性もある。


全文はソース元で

引用元 : 最強のロナウドはどっちだ? 元祖・怪物対CR7で欧州で議論紛糾! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【最強のロナウドはブラジルの元祖orCR7のどちら!?プレー集動画でも比較】の続きを読む

C・ロナウドはロナウドになる!?30歳を越えて激変したスタイル。 (Number Web) - Yahoo!ニュース


no title


週末のスペインを最も騒がせたのは、クリスティアーノ・ロナウドがエスパニョール戦で決めた1試合5得点だった。  

この5得点で、ロナウドはラウールが保持していたレアル・マドリーのリーガ最多得点記録(228)を更新し、231点に到達した。驚くのが、ラウールよりも347試合少なくこれを達成した点だ。  

ここ数年のロナウドのゴール、そしてエスパニョール戦の5得点が改めて明らかにしたことがある。それが、ロナウドからウイングとしての要素がほぼ完全に消え去った、ということだ。そこには9番的ストライカーに変貌をとげたロナウドの姿がある。 ドリブル突破は減り、ゴール数が激増!?  

パスを受ける予備動作、裏への抜け出しやそのタイミングなど、フォワードに必要なボールを呼び込む動きは年々上達している。  

一方で興味深いのが、1対1の局面でドリブルで勝負する回数、成功率が減っている点だ。ドリブルで仕掛けようとする意志は昨季も今季も希薄で、それならば周囲にパスを出し、自らはエリア内に飛び込むというように、明らかにプレーの優先順位に変化が見られる。

思えばウインガーとしてのロナウド、ボールアーティストとしてのロナウドの全盛期はマンチェスター・U時代だった。
 
シザーズやエラシコ、ヒールや軸足の裏を通すプレーなど、あらゆるトリックをどこか得意げに披露する、華麗なドリブラーだった。
 
しかしそんな姿はもう見られない。ドリブル、フェイントを見せるにしても、今はシンプルでほとんど時間をかけないものだ。
 
プレーエリアも大きく変わった。いまだにロナウドのことを「エクストレモ」、ウイングと表記することが多いが、今となっては左サイドに張っていることの方が珍しい。「偽9番」という言葉が流行したが、今のロナウドは「偽ウイング」とでも呼ぶべきだ。
 
5点を決めたエスパニョール戦でも、サイドでの1対1で相手にドリブルでしかけチャンスを作るシーンは皆無で、目立ったのはパスを受けネットを揺らす、生粋の9番的ストライカーの姿だ。

30歳になって、スタイルを変化させた?

昨季のデータを見てみる。
 
ロナウドは昨季通算61点を決めたが、エリア外から決めたのは5点だけだ。ペナルティエリア内での得点が43点、その内14点はゴール目前のゴールエリアから決めたものだ(13点がPK)。
 
ワンタッチゴールの数と頭での得点数も、ストライカーの毛色を濃くしている。
 
昨季ワンタッチで押し込んだゴールは38点にのぼり、総得点の62.3%を占める。頭では17点を決めた。ドリブルで数人をかわして決める、というようなゴールはほとんどない。先日のエスパニョール戦の5点も、3点がゴール前でワンタッチで押し込んだものだ。
 
ロナウドは今年30歳を迎えた。今の所スピードや筋力に衰えは窺えないが、今後は緩やかに低下するのは避けられない。ドリブラー的な色が薄くなり始めたのは、20代後半に入ってからだ。キャリア終盤のことを考えてのスタイル変化だとしたら、非常に賢い選択だったといえる。

思い出すのは……“フェノメノ”ロナウド。

ロナウドの変化を見ていて思い出すのが、晩年の“フェノメノ”、ブラジル人の元祖ロナウドだ。
 
彼も、レアル・マドリーで過ごした20代後半からは、ドリブルではなくシュートの巧みさで勝負していた。
 
現代のロナウドも、同じ道を歩みつつあるのだ。

(「サッカーの尻尾」豊福晋 = 文)

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドはロナウドになる!?30歳を越えて激変したスタイル。 (Number Web) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウドが”元祖怪物ロナウド”に進化!?30歳を超えてスタイルが激変】の続きを読む

香川真司、ここ1ヶ月ほどのドルトムント、日本代表での個人成績

ここ1ヶ月の香川真司の成績が凄すぎる!15-16プレー集まとめ動画

by Ultraslansi

2015年、15-16シーズンブンデスリーガ

8/16 ボルシアMG戦(ブンデスリーガ開幕戦):1アシスト
8/21 オッド戦(ELプレーオフ、アウェー):1ゴール、1アシスト
8/23 インゴルシュタット戦(ブンデスリーガ):1ゴール
8/28 オッド戦(ELプレーオフ、ホーム):2ゴール
8/30 ヘルタ・ベルリン戦(ブンデスリーガ):1アシスト
9/3 日本代表 カンボジア戦(ロシアW杯アジア二次予選):1ゴール
9/8 日本代表 アフガニスタン戦(ロシアW杯アジア二次予選):2ゴール

計:7ゴール・3アシスト

他にもヴォルフスベルガー戦ではオフサイド判定になったゴールもあったり、数字では出ないけれど起点になるようなプレーも多かった。

逆に全体的には少し不調に見えた試合でも数字で結果を残している。

約1ヶ月ほど毎試合数字による結果を残し続けているというのが素晴らしいと思います。

まだまだ1ヶ月ぐらいしかシーズンも過ぎていないのでドルトムントのチーム全体含めて評価をするのは早すぎると思いますが、今シーズンに期待できるのは間違いないと思います。

数字で結果を残しつつ、数字で残らないようなチームの柱となるようなプレーをもっと見られたらいいな。もちろん日本代表でもね。ロシアワールドカップのアジア2次予選も重要な試合がありますしさらなる活躍に期待します♪

【ここ1ヶ月の香川真司の成績が凄すぎる!15-16プレー集まとめ動画】の続きを読む

ハリル監督ほれた!“ヒデ級逸材”万能MFの19歳鎌田 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

ハリルも注目の鳥栖MF鎌田大地は”中田英寿級”の逸材!【プレー動画】

鳥栖の高卒ルーキー、MF鎌田大地(19)が、日本代表のハリルホジッチ監督から高い評価を受けていることが分かった。鎌田は8月末のU―22日本代表合宿で初招集。同26日のJ2京都との練習試合はハリルホジッチ監督が視察したが、関係者によれば、その際に鎌田のプレーを目の当たりにし、一目ぼれしたという。

鎌田は今季、京都・東山高から鳥栖に入団。新人ながら第2ステージは全9試合に出場して2得点と存在感を示し、評価もうなぎ上り。「中田英寿(元日本代表MF)にも匹敵する逸材」と言う者もいるほどだ。ポジションも本職のトップ下だけでなく、ボランチ、FWもこなす万能型。中でも視野の広さ、ペナルティーエリア内の動きの質の高さは評価が高く、関係者によればハリルホジッチ監督もその部分に大きな魅力を感じているという。  

鎌田も結果を出し続ければ、U―22日本代表だけでなくA代表に抜てきされる可能性は十分にある。  

G大阪のユース昇格を逃し、高校卒業後に即プロへと進んだのはACミランの本田と同じ。大目標となるのは、リオ経由でのロシア行き。伸び盛りの鳥栖の新星のサクセスストーリーに注目だ。  

全文はソース元で

引用元 : ハリル監督ほれた!“ヒデ級逸材”万能MFの19歳鎌田 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【ハリルが注目の鳥栖MF鎌田大地は”中田英寿級”の逸材!【プレー動画】】の続きを読む

アルゼンチン美女が妙技を披露! 刺激的な姿で…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

アルゼンチン人は”美女モデル”もサッカーが超絶上手い!!【動画あり】

アルゼンチンで女優、モデルとして活躍するフィオレッラ・カスティージョさんが、セクシーな下着姿でリフティングなど、フリースタイルフットボールを披露した。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

カスティージョさんは、刺激的な下着姿でリフティングする様子をYoutubeに投稿し、話題になっているという。

動画ではフリースタイルフットボールでは有名なアラウンドザワールドという技を披露。リフティングをしながら、浮かせたボールの周りを足が一回転する華麗な妙技を見せた。また、難易度が高いとされる座りながらのリフティングも披露し、テクニックの高さを見せつけた。なんと、その華麗なリフティングすべてをハイヒールで行ったというから驚きだ。

全文はソース元で

引用元 : アルゼンチン美女が妙技を披露! 刺激的な姿で…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【アルゼンチン人は”美女モデル”もサッカーが超絶上手い!!【動画あり】】の続きを読む

メッシとロナウド、どちらがスゴイ? ゴール・アシスト・ドリブル3番勝負!! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

メッシとロナウドのデータで比較!ドリブルで圧倒的な差に【プレー集動画】

現在サッカー界の頂点に君臨するリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドだが、14-15シーズンはどちらが優れていたのだろうか。『squawaka』がゴール、アシスト、ドリブルの3項目で2人を比較している。

・ゴール

リーグ戦ではロナウドが48ゴールを挙げて得点王となり、メッシはそれに次ぐ43ゴールだった。出場時間はロナウドが3095分に対し、メッシは3375分。出場試合数もメッシの方がロナウドより3試合多く、単純に考えればゴールを奪う能力に関してはロナウドの方が優れていたといえる。

しかしシュート数で見てみると、ロナウドが225本打っているのに対してメッシは187本。それもロナウドはPA外から91本もシュートを打っているが、メッシは59本しか打っていない。

シュートの正確性ではメッシが64%、ロナウドが54%だった。シュート数が多いことがロナウドのゴール数増加の一因ともいえるが、1本あたりの決定力はメッシに軍配が上がるともいえる。

・アシスト

アシストに関してはメッシが一枚上手だ。リーグ戦でのアシスト数はメッシが18本、ロナウドは16本となっている。

また、チャンスを演出した数では、メッシが93回なのに対してロナウドは73回となっている。ただし同メディアは、スアレスやネイマールといったアタッカー陣の存在がメッシのチャンスメイク数を増加させているのではないかと論じている。

また、メッシはキャリアの終わりが近づいた場合でもチャンスメイクでチームに貢献することが出来るとも伝えている。

・ドリブル

こちらの項目の結果は歴然とした差がついており、ロナウドのドリブル成功回数54回に対してメッシは174回と3倍以上の差をつけている。

チャンピオンズリーグでも、ロナウドは25回でメッシは82回と圧倒的な差をつけている。ドリブル成功率もロナウドは49%、メッシは55%と上回っている。


全文はソース元で

引用元 : メッシとロナウド、どちらがスゴイ? ゴール・アシスト・ドリブル3番勝負!! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【メッシとロナウドのデータで比較!ドリブルで圧倒的な差に【プレー集動画】】の続きを読む

このページのトップヘ