スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

プレミアリーグ

マンU株が8カ月間で640億円も大暴落 ファン・ハール体制は投資家に見限られた!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


no title


マンチェスター・ユナイテッドはルイス・ファン・ハール監督の下、2年合計で500億円以上の補強費を投入。FAカップ獲得の可能性を残しながらも、リーグ戦では来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位と、今季も失意のシーズンを送っているが、投資家はすでに不振の名門に冷たい視線を送っていることが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は今季開幕時との比較で、クラブ株式の時価総額が4億ポンド(約622億円)以上も下落していると報じている。

ニューヨーク株式市場で昨年8月8日、今季開幕戦でトットナムに1-0で勝利した際の株価は、18ドル37セント(約2000円)だった。だが、4月11日の前節でトットナムに0-3で大敗後、株価は13ドル83セント(約1500円)にまで下落していた。25%ダウンは痛恨で、開幕時に時価総額20億ポンド(約3110億円)と見込まれていたユナイテッドは、2年連続の体たらくによって4億1200万ポンド(約640億円)も評価額を下げてしまったという。  

株価下落の理由は、CLでのプレミア勢唯一のグループステージ敗退、そして来季CL出場権確保の危機。「株価に深刻なインパクトを与えている」とレポートされている。

全文はソース元で

引用元 : マンU株が8カ月間で640億円も大暴落 ファン・ハール体制は投資家に見限られた!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンUは見放された!株価が8ヶ月で640億円の大暴落 投資家「ファン・ハールじゃダメだ」】の続きを読む

過去6大会の4強入りクラブ…最多6度のレアルらスペイン勢の強さが際立つ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

リーガが欧州にて最強!CL過去6大会でベスト4入りクラブはスペイン勢が圧倒

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグの2試合が13日に行われ、準決勝進出4クラブが出揃った。  

4強入りを果たしたのは、レアル・マドリード(スペイン)、アトレティコ・マドリード(スペイン)、バイエルン(ドイツ)、マンチェスター・C(イングランド)。

過去6大会のベスト4進出クラブの顔ぶれを振り返ると、レアル・マドリードが最多6度の4強入り。同5回のバイエルンと同4回のバルセロナがこれに続いた。その他は2回でアトレティコ・マドリードとチェルシー(イングランド)が並び、ユヴェントス(イタリア)、ドルトムント(ドイツ)、シャルケ(ドイツ)、マンチェスター・Cがそれぞれ1度ずつ準決勝に進んだ。また、国別ではスペインが12回、ドイツが7回、イングランドが4回、イタリアが1回となっている。  

なお、このうち優勝クラブは2回のバルセロナが最多で、レアル・マドリード、バイエルン、チェルシーがそれぞれ1度ずつ優勝している。

全文はソース元で

引用元 : 過去6大会の4強入りクラブ…最多6度のレアルらスペイン勢の強さが際立つ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【リーガが欧州にて最強!CL過去6大会でベスト4入りクラブはスペイン勢が圧倒】の続きを読む

香川の輝きを英メディアがマンU視点で称賛 「ポグバ、チチャリート、ディ・マリアだけでなく…」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川にはマンUで輝いて欲しかった!英紙がポグバ、ディ・マリア、チチャリートらの活躍を惜しむ

9日のシャルケ戦で鮮やかなループ弾を決めたドルトムントの日本代表MF香川真司だが、2012年から14年までマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたこともあり、その華麗な一撃はイングランドでも大きく報じられている。そして卓越したテクニックを誇るこの日本人アタッカーは、”赤い悪魔”が輝きを放つことを強く望んでいた選手の1人だったと、英メディア「GIVE ME SPORT」が報じている。

香川はブンデスリーガ第29節のシャルケとの「ルール・ダービー」に先発出場。後半4分にボックス手前からダイレクトで放った意外性に富んだループシュートは、美しい軌道を描きながらシャルケGKの頭上を越えてネットへと吸い込まれた。  

ドイツ国内のみならず、英国の各メディアも香川の芸術弾を絶賛。同メディアは前所属のユナイテッドを引き合いに出して、日本代表の10番に賛辞を送っている。 世界トップクラスの3人と並列して香川の名も「ユナイテッドがトットナム戦で失意の大敗を喫した一方で、元チームメイトの一員が、人々に幸福感をもたらすようなループシュートを決めた。ユナイテッドにとって、所属当時に今のような輝きを放ってほしかった選手はポール・ポグバ、ハビエル・エルナンデス、アンヘル・ディ・マリアだけでない…香川真司もその1人なのだ」  

香川は12年にユナイテッドへ加入したが、公式戦57試合出場6ゴールとインパクトを残すことができず。14年にドルトムントへ復帰すると、眠っていた才能が再び輝きを放ち始めた。同メディアは「彼はまるで見違えるような選手に変貌した。イングランドを離れてから現在に至るまで、すでに17ゴールを決めている」と紹介している。

全文はソース元で

引用元 : 香川の輝きを英メディアがマンU視点で称賛 「ポグバ、チチャリート、ディ・マリアだけでなく…」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川にはマンUで輝いて欲しかった!英紙がポグバ、ディ・マリア、チチャリートらの活躍を惜しむ】の続きを読む

C・ロナウド、イブラとの対比で岡崎を絶賛するハリル「全選手の良い模範」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ハリル「岡崎はC・ロナウドやイブラと違いエゴのない全選手の良い模範」と褒めちぎる

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は13日、都内でキリン杯の日程発表会見に出席し、「岡崎のチームが本当にタイトルを獲ってほしいと思っている」と、FW岡崎慎司の所属するレスター・シティのプレミアリーグ制覇に大きな期待を寄せた。  

残り5試合で2位トッテナムに勝ち点7差を付け、首位を快走しているレスター。世界最高峰のリーグで奇跡の初優勝が現実味を帯びてくる中、ハシルホジッチ監督は「レスターはファンタスティックと呼べる状況だ。ヨーロッパではレスターの話しか出ないほどだ」と、その意味を語る。  

そのレスターで13試合連続先発出場を続けるなどレギュラーを張る日本代表FWについて「岡崎はすべてを出し尽くす選手だ。このような人物がチームにいるのはうれしいこと。チームのために彼は犠牲を払う。クリスティアーノ・ロナウドやイブラヒモビッチのようなエゴイスティックな選手ではない」と、その献身性をあらためて称え、「毎試合彼を見るたびに、チームで本当にすべてを出し尽くしていると思う」と称賛の言葉を惜しまなかった。  

「岡崎のチームが本当にタイトルを獲ってほしいと思っている。21世紀に残る大仕事とは言えないかもしれないが、それに近いものだと思う。団体スポーツとしてすべてが可能だという良い例をレスターが見せてくれている。私たちもW杯本大会に行きたいし、レスターのような野心を持ってやっていきたい」。

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウド、イブラとの対比で岡崎を絶賛するハリル「全選手の良い模範」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ハリル「岡崎はC・ロナウドやイブラと違いエゴのない全選手の良い模範」と褒めちぎる】の続きを読む

香川先発で得点関与も… リヴァプールがドラマチックに逆転勝利 (GOAL) - Yahoo!ニュース


no title



14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグ、リヴァプール対ボルシア・ドルトムントの一戦は、4−3でホームのリヴァプールが勝利した。

2試合合計5−4で、リヴァプールがベスト4に進んでいる。ドルトムントMF香川真司は先発出場で先制点の起点となり、77分に交代した。 週末に行われたシャルケとのルールダービーを“Bチーム”で臨んだことが批判されたドルトムントは、香川が“Aチーム”入り。先発メンバーががらりと変わる中、シャルケ戦に続いて先発の座を勝ち取った。

そのドルトムントは、最高のスタートを切る。

5分、自陣右サイドでリヴァプールがミスによりボールを失うと、ドルトムントがカウンター。中央でボールを受けた香川はいくつかの選択肢がある状況で、右へパスを出す。これを受けたカストロがゴール前に浮き球を入れ、オーバメヤンがボレー。これはGKに止められるも、こぼれ球をムヒタリャンが押し込み、早速アウェーゴールを手にした。

ドルトムントはたたみ掛ける。9分にはロイスのスルーパスを受けたオーバメヤンがペナルティーエリア右からシュート。ゴール右上の難しいコースに決めて、リードを広げた。

91分、右サイドの低い位置からFKを得ると、ゴール前への長いボールを入れず、右サイドのスペースに転がしてスタリッジが受ける。ペナルティーエリア右に走ったミルナーがパスを受けて深い位置からクロスを入れると、ファーサイドで競り勝ったのはロブレン。ヘディングシュートを叩き込み、ついに逆転に成功する。


ドルトムントは残り時間で攻めたが、独特の雰囲気となったアンフィールドの興奮を抑えることはできず試合終了。リヴァプールが劇的にベスト4進出を決めた。


全文はソース元で

引用元 : 香川先発で得点関与も… リヴァプールがドラマチックに逆転勝利 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】クロップ劇場!リヴァプールがドルトムントに大逆転勝利 香川先発は先制点起点に【スタッツ】】の続きを読む

ミニョレは香川の魔法に気をつけろ UEL2ndレグを前にリヴァプールGKへ警告 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

リヴァプールよ、香川の”魔法”に気をつけろ!英紙がGKミニョレへ警告

7日のヨーロッパリーグ準々決勝1stレグでリヴァプールと1-1で引き分けたドルトムント指揮官トーマス・トゥヘルは、14日の2ndレグへ向けてシャルケ戦で主力を温存させる判断を下した。1stレグで出場機会のなかった日本代表MF香川真司も主力の温存のためにシャルケ戦で先発起用されたが、さすがのトゥヘルも香川の質の高さを認めずにはいられないだろう。

香川はライバルのシャルケ相手に華麗なループシュートを決め、改めてその技術の高さを示した。『Sports JOE』はトゥヘルが主力の休養に主眼を置いてシャルケ戦を戦ったと報じたが、香川だけは確実に2ndレグで起用されるだろうと日本代表MFを絶賛している。

また、現時点でアウェイゴールの差でリードしているリヴァプールに対し、GKシモン・ミニョレは香川の魔法に気をつけろと警戒を促している。シャルケGKラルフ・フェーマンは香川のループシュートに1歩も動けなかったが、ミニョレでも香川のトリッキーなシュートは予想できないことだろう。

全文はソース元で

引用元 : ミニョレは香川の魔法に気をつけろ UEL2ndレグを前にリヴァプールGKへ警告 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【リヴァプールよ、香川の”魔法”に気をつけろ!英紙がGKミニョレへ警告】の続きを読む

マンC、初のCLベスト4進出…デ・ブライネ決勝弾でパリSGを撃破 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

no title

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが12日に行われ、マンチェスター・Cとパリ・サンジェルマンが対戦した。  

6日に行われたファーストレグでは、パリ・サンジェルマンのホームで2-2の引き分けで終了。マンチェスター・Cは2つのアウェーゴールを奪ってホームに帰還することとなった。3日前のプレミアリーグ第33節では、ウェスト・ブロムウィッチをホームに迎えて開始6分に先制を許したものの、2-1と逆転勝利。中2日で迎えるセカンドレグへ弾みをつけた。  

マヌエル・ペジェグリーニ監督は、ファーストレグと同じ先発11人を起用。イングランド代表GKジョー・ハートのほか、最終ラインはフランス代表DFバカリ・サニャとフランス代表DFエリアカン・マンガラ、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ、フランス代表DFガエル・クリシーが並ぶ。中盤にはブラジル人MFフェルナンド、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ、スペイン代表MFダビド・シルバ、同MFヘスス・ナバスが入り、前線はアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが務めた。  

一方のパリ・サンジェルマンは、ホームで2失点を喫したファーストレグを経て、敵地に乗り込む。3日前のリーグ・アン第33節ではスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアらを温存しながらも2-0で快勝。良い形でセカンドレグを迎えた。  

ローラン・ブラン監督は、ファーストレグから先発メンバーを2名変更。累積警告による出場停止で欠場を余儀なくされたブラジル代表DFダヴィド・ルイスとフランス代表MFブレーズ・マテュイディに代えて、オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィールとブラジル代表DFマルキーニョスを起用した。ドイツ代表GKケヴィン・トラップのほか、通常の4バックではなく3バックを採用し、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ、ブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ、マルキーニョスが最終ラインに並ぶ。中盤にはファン・デル・ヴィールとブラジルDFマクスウェル、イタリア代表MFティアゴ・モッタ、U-21フランス代表MFアドリアン・ラビオが入り、前線にはイブラヒモヴィッチとディ・マリア、カバーニが並んだ。

ビハインドを負ったパリ・サンジェルマンは、初戦でアウェーゴールを2つ奪われているため、準決勝進出のためには2ゴールが必要な状況となった。そして86分、左サイドからのクロスにイブラヒモヴィッチが反応して右足で押し込んだが、オフサイドで得点は認められず。最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。
 
試合は1-0で終了。マンチェスター・Cが2試合合計3-2でパリ・サンジェルマンを破り、クラブ史上初のベスト4進出を決めた。一方のパリ・サンジェルマンは4大会連続での準々決勝敗退となった。
 
マンチェスター・Cは次戦、16日のプレミアリーグ第34節でチェルシーとアウェーで対戦。一方のパリ・サンジェルマンは同日、すでに優勝を決めているリーグ・アンの第34節でホームにカーンを迎える。

【スコア】
マンチェスター・C 1-0(2試合合計:3-2)パリ・サンジェルマン
【得点者】
1-0 76分 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)

全文はソース元で

引用元 : マンC、初のCLベスト4進出…デ・ブライネ決勝弾でパリSGを撃破 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】マンCが初のCLベスト4進出 イブラはまたも優勝できずPSG敗退】の続きを読む

驚異の視聴率78%! “怪物”レスターの異常な人気ぶりが明らかに…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

レスター戦の視聴率は78%!!怪物たちがアフリカを魅了する

そこに素晴らしいフットボールが存在する以上、多くの注目が集まることは自然なことだろう。イングランドプレミアリーグで首位を独走中のレスターは、“勝ち点以外の数字”においても信じられないミラクルを提供しているようだ。

最高のシーズンを過ごすクラウディオ・ラニエリ率いるレスターだが、彼らの勇敢な戦いはイギリス人だけでなく、多くのアフリカ人をも熱狂させている。英『Daily Mail』によるとアフリカでのプレミアリーグ放送を請け負っている『SuperSport』がレスター戦の視聴率が78%にまで達したと伝えているという。社会現象ともいえるこの驚異的な数字は、同クラブに所属する2人のガーナ人、ジェフ・シュラップとダニエル・アマーティの影響もあると『Daily Mail』は分析している。


全文はソース元で


引用元 : 驚異の視聴率78%! “怪物”レスターの異常な人気ぶりが明らかに…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【レスター戦の視聴率は78%!!怪物たちがアフリカを魅了する】の続きを読む


本田、来季は岡崎と同僚に? レスターでプレミアとCLに挑戦か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

本田、レスターで岡崎と同僚の可能性!スカウトが視察でプレミア移籍か

本田圭佑は来季プレミアリーグで岡崎慎司と同僚になるかもしれない。10日、イタリア『ミランニュース.it』が報じた。

現地時間の9日に行なわれたサンシーロで開催されたミラン対ユベントスの一戦に、岡崎が所属するレスター・シティのスカウトが視察に訪れたようだ。目的はFWエムバイェ・ニアンやMFマヌエル・ロカテッリが有力視されているが、本田を狙っている可能性も報じられている。  

ミランとの契約が2017年6月までとなっている本田だが、契約延長もしくは今夏の退団の岐路に立っている。シニシャ・ミハイロビッチ監督のもとで調子を上げている同選手をクラブはタダで放出する気はないとみられている。


全文はソース元で


引用元 : 本田、来季は岡崎と同僚に? レスターでプレミアとCLに挑戦か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【本田、レスターで岡崎と同僚の可能性!スカウトが視察でプレミア移籍か】の続きを読む


サンダーランド戦無得点も英メディアがレスター岡崎を大絶賛! 「信じられない運動量で常に脅威」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】英紙「岡崎は常に脅威!トロイのよう」サンダーランド戦無得点でも高評価

レスターの日本代表FW岡崎慎司は2-0で勝利した10日のサンダーランド戦に先発出場。FWウジョアと途中交代する後半17分まで、攻守に豊富な運動量を見せてチームの勝利に貢献した。

英地元紙「レスター・マーキュリー」で、岡崎は10点満点中7点と及第点を付けられた。2得点のFWヴァーディが9点、フランス代表MFカンテら5選手が8点を手にしている。採点的には決して際立っているわけではないが、その貢献度の高さは相変わらず絶賛されている。  

寸評では岡崎をギリシャ神話の「トロイの木馬」で登場する働き者に例えてこう表現されている。

「岡崎はトロイ人のように勤勉な働きを見せた。そしてエリア内ではいいシャウトを見せたが、PKをは与えられなかった」  

また「デイリー・ミラー」紙の採点でも岡崎は7点。同紙のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたMFカンテとMFはドリンクウォーターのボランチコンビに次ぐ3位タイだった。ここでは「走ることを決してやめなかった。信じられない運動量で、常に脅威となっていた」と絶賛されている。


全文はソース元で


引用元 : サンダーランド戦無得点も英メディアがレスター岡崎を大絶賛! 「信じられない運動量で常に脅威」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】英紙「岡崎は常に脅威!トロイのよう」サンダーランド戦無得点でも高評価】の続きを読む

このページのトップヘ