スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

プレミアリーグ

アーセナル、ヴェンゲル監督を解任か…後任候補にクーマン氏が浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

アーセナル、遂にヴェンゲル監督を解任か!?後任候補はクーマン、シメオネ、ブラン

アーセナルの新指揮官候補に、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのロナルド・クーマン監督が浮上したようだ。28日付のイギリス紙『ザ・サン』が伝えている。  

同紙によると、アーセナルは20年間に渡ってクラブを率いたアーセン・ヴェンゲル監督の後任候補として、クーマン氏の名前を挙げているという。ヴェンゲル監督は、同クラブとの週給16万ポンド(約2500万円)の契約を1年残している。  

その他の後任候補には、アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督と、パリ・サンジェルマンを率いるローラン・ブラン監督の名前も挙げられているが、両監督の招へいは困難であると見られている。

全文はソース元で

引用元 : アーセナル、ヴェンゲル監督を解任か…後任候補にクーマン氏が浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【アーセナル、遂にヴェンゲル監督を解任か!?後任候補はクーマン、シメオネ、ブラン】の続きを読む

V・ハール政権に390億円を費やしたマンUが今夏には480億円を投下へ 狙うはポグバ&イブラ&ヴァランら (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

マンUが性懲りもなく今夏に480億円の補強費を投入か?イブラ、ネイマール、ポグバらを獲得へ

果たしてどれだけの大金を注ぎ込めば、彼らはしかるべき姿に戻るのだろうか。確固たる答えが出ない限り、マンチェスター・ユナイテッドの金庫は稼働を続けることになりそうだ。

クラブは低迷の元凶ともいえるオランダ人監督の続投を望んでおらず、後任の有力候補であるジョゼ・モウリーニョ監督には夏の補強資金として3億ポンド(約483億円に相当)を準備するつもりだと英『Daily Star』が報じた。

モウリーニョはこの破格の補強資金を使いパリ・サンジェルマンのズラタン・イブラヒモビッチやバルセロナのネイマール、バイエルン・ミュンヘンのトーマス・ミュラー、ユヴェントスのポール・ポグバ、そしてレアル・マドリードのラファエル・ヴァランらの獲得に動くという。

全文はソース元で

引用元 : V・ハール政権に390億円を費やしたマンUが今夏には480億円を投下へ 狙うはポグバ&イブラ&ヴァランら (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【マンUが性懲りもなく今夏に480億円の補強費を投入か?イブラ、ネイマール、ポグバらを獲得へ】の続きを読む

ナポリを完封。長友佑都のユニフォームがインテルで一番売れる理由 (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

マンU、インテル長友の獲得に本気だった!ミラノに出向いて破格の移籍金を提示していた

「おめでとうチャンピオン! 我々のもとに残ってくれてすごくうれしいよ! さあ、これから今シーズンをいい形で終えて、来シーズンはみんなで勝利しよう!」  

長友佑都の契約更新の知らせを聞いて、チームメイトのガリー・メデルとファン・ヘススは真っ先にこんなメッセージを送った。  

4月8日に発表されたインテルとの契約更新は3年。長友が32歳になる2019年6月までとなる。長友側もインテル側も望んだ円満更新だった。今年の1月にキャプテンだったアンドレア・ラノッキアが移籍したため、長友は現在のチームの中で所属期間が最も長い選手となったが、この更新で彼が名実ともにインテルの顔となっていくに違いない。また、もし彼がこの契約の最後までプレーすれば、中田英寿の記録を抜いてセリエAで最も長くプレーした日本人となる。  

インテルは常に長友のプロ精神と、様々なポジションでプレーできる柔軟性を評価してきた。それに加えてチームの経営戦略においても、彼は重要な存在となってきている。インテルは今後アジア市場でのマーケティングやマーチャンダイズをより発展させようと計画しているが、その際、チームの中心にアジア人選手を持つことは有利であると判断したのだ。  

長友とインテルの契約は2016年の6月までであったため、インテルはそれより前に彼をどこかのチームに売るつもりであった。契約が切れてしまえばインテルに移籍金は全く入らなくなってしまうからだ。  

そのためロベルト・マンチーニ監督の構想の中に彼は入っておらず、開幕後も長くベンチを温める日が続いた。しかし長友はそれに不平を漏らすでもなく、いつも通りの、いやいつも以上の熱心さで練習に汗を流していた。彼のもとにはイタリア内外の多くのチームからオファーが寄せられたが、長友はそれもことごとく断った。彼はどうしてもインテルを去る気になれなかったのだ。

そんな長友の姿勢がマンチーニの気持ちを少しずつ変えていった。そして試しに長友を使ってみると、彼は見事にその期待に応える働きを見せた。すべては日々怠ることのなかった練習の成果である。こうして長友はまたピッチに戻り、契約更新の噂も出るようになってきた。
 
そんな1月。長友とインテルのラブストーリーを一変させてしまうような事件が起こった。マンチェスター・ユナイテッドの役員が、長友を売ってほしいとわざわざミラノにまで出向いてきたのである。彼らが提示してきた金額は200万ユーロ(約2億5000万円)。あと数カ月で契約が切れる選手に対しては破格の値段だ。
 
この話を受けてインテルは急遽長友と彼の代理人をチーム本部に呼ぶと、状況を説明し、最終的な決断を長友に託した。チームとしては、この金額は拒否しきれないものだったからだ。しかし長友はこの名門レッド・デビルズからのオファーをあっさりと断ってしまった。ルイス・ファン・ハールのもとで、オールド・トラフォードでプレーするチャンスをいとも簡単に切って捨てたのである。

何が彼にそうさせたのか? 長友自身がそれを説明している。

「僕はインテルを愛している。ここに残りたい。マンチーニとの関係は最高だ」
 
そしてこの発言から2カ月後、ついに契約更新が実現したのである。
 
頭がよく、仕事熱心で、健康に留意し、実は意外におしゃれでもある。ミラノではよく本田圭佑とともに食事をしているところを見かけるが、テーブルの上にあるのはいつも野菜と赤身の肉、もしくは魚料理。飲みものは必ずミネラルウォーターだ。健全な食事が、彼の健全な体と精神を作っているのだろう。

フロジノーネ戦の前日(この試合、長友は出場停止)、長友はマンチーニと共に記者会見に顔を出し、そこで契約更新の正式発表がなされた。その際マンチーニは親しみを込めて明るいトーンで長友のことをこう語った。

「我々は彼のことを2019年までつなぎとめなければならない」

笑いながらマンチーニは言った。

全文はソース元で

引用元 : ナポリを完封。長友佑都のユニフォームがインテルで一番売れる理由 (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

【マンU、インテル長友の獲得に本気だった!ミラノに出向いて破格の移籍金を提示していた】の続きを読む

レスター岡崎の「英語力」は合格点?…ラニエリ監督「素晴らしいよ」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

岡崎が更なる活躍か!?「英語テスト」に合格でラニエリ監督が称賛「今までは理解していなかった」

残り4試合となった今シーズンのプレミアリーグ。首位に立つ日本代表FW岡崎慎司所属のレスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督が記者会見に臨んだ。  

その席では、岡崎によりプレッシャーが掛かっているという問いかけもあったのだが…。

「オカザキはついにイングリッシュテストに合格した。よくやったよ!」と話し始めたラニエリ監督。

「今は私が何か言った時、(その内容を)理解できている。これまではいつも『はい、はい、はい』と言っていたが、私が言ったことを理解していなかった(笑)。今は素晴らしいよ!」と、指揮官は岡崎の英語力が合格点に達したと嬉しそうに話していた。

全文はソース元で

引用元 : レスター岡崎の「英語力」は合格点?…ラニエリ監督「素晴らしいよ」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【岡崎が更なる活躍か!?「英語テスト」に合格でラニエリ監督が称賛「今までは理解していなかった」】の続きを読む

ヴェンゲル、PFA年間ベストイレブンに不満 エジル落選に「理解できない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ヴェンゲルがPFA年間ベスト11に不満「エジルの落選は理解できない」ファンは賛否両論

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、今シーズンのプレミアリーグ・ベストイレブンにMFメスト・エジルが含まれないのはおかしいと主張した。

イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)は21日、今シーズンのベストイレブンを発表した。アーセナルからは、DFエクトル・ベジェリンのみが選出されている。

ヴェンゲル監督は、エジルがこの中に含まれないことが「驚き」だと語った。最近は得点に関与していないものの、ドイツ代表MFは18ゴールを直接演出。アシストランキングを独走している。

21日に行われたウェスト・ブロムウィッチ戦を2-0で制した後、ヴェンゲル監督がこのように話した。

「驚きだ。投票するのは選手で、なぜ彼に投票しなかったのか理解できない。アシストランクでトップにいたら、トップチームで場所を得ているのが普通だ」

全文はソース元で

引用元 : ヴェンゲル、PFA年間ベストイレブンに不満 エジル落選に「理解できない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ヴェンゲルがPFA年間ベスト11に不満「エジルの落選は理解できない」ファンは賛否両論】の続きを読む

ドルトムント主将フンメルス、移籍を示唆 「自分が何を望むのか…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

フンメルスが移籍を示唆「自分が望むことは変えることはできない」ドルトムント退団へ

ボルシア・ドルトムントの主将がこの夏に移籍するかもしれない。20日に行われたDFBポカール準決勝の後、DFマッツ・フンメルスが移籍示唆ととれる発言をしている。

「自分の中で期限を設定しているが、それを守れないかもしれない。だから、ここでは明かさない。難しい決断なんだ。ここ数週間はそのことで悩み、毎晩眠りにつくのが30分遅くなっているよ」

「でも、変えることはできない。最終的には、自分が何を望むか決めないとね。ただ、いつかこの決断を下し、そのことを説明したら、僕にとってなぜこれほど難しいのか、きっと多くの人が理解してくれるだろう」

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント主将フンメルス、移籍を示唆 「自分が何を望むのか…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【フンメルスが移籍を示唆「自分が望むことは変えることはできない」ドルトムント退団へ】の続きを読む

PFAベスト11、レスター&トッテナムから計8名選出 (ISM) - Yahoo!ニュース


no title


PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)は現地時間21日(以下現地時間)、2015-16シーズンのプレミアリーグベストイレブンを発表。優勝を争うレスターとトッテナムから、それぞれ4選手が選出されている。

なお、PFAは24日に年間最優秀選手賞、若手最優秀選手賞などを発表予定。ケイン、ヴァーディ、マレズ、カンテ、パイェも年間最優秀選手にノミネートされているが、同じく候補に挙がっているMFメスート・エジル(アーセナル)はベストイレブンに含まれなかった。(STATS-AP)

=PFA選出ベストイレブン=

GK ダビ・デヘア(マンチェスターU)
RSB エクトル・ベリェリン(アーセナル)
CB トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)
CB ウェズ・モーガン(レスター)
LSB ダニー・ローズ(トッテナム)
MF リヤド・マレズ(レスター)
MF ヌゴロ・カンテ(レスター)
MF デル・アリ(トッテナム)
MF ディミトリ・パイェ(ウェストハム)
CF ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
CF ハリー・ケイン(トッテナム)

全文はソース元で

引用元 : PFAベスト11、レスター&トッテナムから計8名選出 (ISM) - Yahoo!ニュース

【PFAがプレミアベスト11にレスターとトッテナムから8名選出 ビッグクラブからは2選手のみ】の続きを読む

夏にハノーファー清武の争奪戦勃発?…ポイントは約8億円の移籍金か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


no title


ブンデスリーガで今節7試合ぶりに白星を収めて残留にわずかな希望を残したハノーファー。だが、2部降格となった場合、日本代表MF清武弘嗣が退団する可能性が高いと、ドイツ紙『ビルト』が報じ、同国誌『kicker』日本語版が伝えた。  

同紙は、ハノーファーが降格した場合、清武の保持は困難だと主張。降格時には移籍金650万ユーロ(約8億円)で移籍可能とも報じている。  

また、清武にはドイツ国内のみならずイングランド、さらにイタリアからも関心が寄せられているという。以前に伝えられたシュトゥットガルトについては、今夏にヴォルフスブルクへ移籍するドイツ人MFダニエル・ディダヴィの後釜として関心を示しているものの、650万ユーロを支払う用意はないとの見方も示している。

全文はソース元で

引用元 : 夏にハノーファー清武の争奪戦勃発?…ポイントは約8億円の移籍金か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【清武の争奪戦が勃発!プレミア、ブンデス、セリエAのクラブが関心 Jリーグ復帰の可能性も】の続きを読む

食い違う本田とミラン新監督の”トップ下像” 「居場所は大きくない」と伊メディアは移籍を示唆 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田がリーガ挑戦か!?伊紙がミランに居場所がないと移籍を示唆

前節の敵地サンプドリア戦で、負傷欠場のアタランタ戦を除くと約4カ月ぶりのベンチスタートで出番なしに終わったACミランの日本代表FW本田圭佑について、ミラン専門のニュースサイト「milannnews.it」が「本田の未来はディスカッションに戻った。ブロッキのモデルでボナベントゥーラのリザーブになる危険性」と特集している。

「ブロッキがトップ下に求めるものは明確だ。静的なプレーヤーを望まず、ボナベントゥーラのオフ・ザ・ボールでのダイナミズムはブロッキの考え方と相性がいい。一方で本田は、全く違う特性を持った選手だ。ボールを足元に置くことを好み、ピッチ上で自分のポジションを維持しようとする。そのため、ミランの10番に対してブロッキのチームで彼の居場所は大きくない。だからこそ、彼の将来についてさまざまなニュースが舞い込むことになるだろう」

「ミハイロビッチの下では代えの利かない選手だったが、ブロッキが来季もミランのベンチに座れば、ボナベントゥーラの控えという役割が待っている。彼がその状況の全てを受け入れるとは考えづらい。特にイングランドからはこれまでにも獲得の意向があった。夏の移籍市場で、別れが訪れるかもしれない」

本田に対しては、これまでにプレミアリーグのトットナム、ウェストハムの両チームが獲得に興味を持っていると報じられてきた。またスペインの強豪バレンシアは、シンガポール人オーナーがインテルの日本代表DF長友佑都と本田を獲得したいとの意向を持っているとも伝えられた。そうした過去に報道があったチームの他にも、契約が残り1年になる夏のタイミングで獲得に乗り出すチームが出る可能性は十分だと言える。



全文はソース元で

引用元 : 食い違う本田とミラン新監督の”トップ下像” 「居場所は大きくない」と伊メディアは移籍を示唆 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田がリーガ挑戦か!?伊紙がミランに居場所がないと移籍を示唆】の続きを読む

レスター岡崎の”サッカーIQ”の高さを英紙が絶賛 クレバーな動きで「戦術的な知的さを象徴」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

英紙が岡崎を特集「レスター強さの象徴」と戦術的に欠かせないと絶賛

レスター・シティは17日のウェストハム戦で、2-2ドローに終わった。日本代表FW岡崎慎司はイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが退場した直後、FWレオナルド・ウジョアと交代でベンチに下がった。イングランドの地元メディアは、岡崎の交代でチームが弱体化したとレポート。侍ストライカーは「レスターの強さの象徴」と手放しで称賛されている。英高級紙「ガーディアン」が特集している。

「このFWはウェストハム戦の先制点で利他的な走りを見せた。そして、レスターは彼を交代後、弱体化した」と、特集では岡崎をこのように絶賛している。  

ヴァーディは前半18分に先制点を決めた。アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、フランス代表MFエンゴロ・カンテというMVP候補が絡んだ一連の連携だが、「別の印象的な貢献者から、目に見えない重要な貢献があった。シンジ・オカザキだ」とレポートされている。

このカウンターのシーンで司令塔マフレズがボールを受けた時、カンテは前方のスペースに、ヴァーディは左サイドに抜ける動きをそれぞれ見せた。この2人が最終的にフィニッシュに絡んだが、岡崎は「クレバーなおとり役」としてゴールを演出した。

「知的なオフ・ザ・ボールの働きで、数多くのチャンスを作ってきた」と、運動量ばかりがフォーカスされてきた岡崎の”サッカーIQ”の高さにも触れている。

指揮官の選手交代の判断を「失策」と断罪

「これはオカザキの教科書だ。戦術的に知的で、動き出しでサポートの役割を果たす」と絶賛されている。もっとも、この試合での岡崎のデータは芳しくない。シュート0本、ドリブルで相手を一度も抜かず、パス成功率も50%以下だったと報じられているが、「オカザキは詳細な部分で輝いている。彼のスタイルはレスターのゲームプランにおいて完璧だ」と高く評価。特にセットプレーを得点源としているレスターにおいて、フィジカルコンタクトを厭わず、相手DFのファウルを引き出す岡崎のプレースタイルは不可欠だという。

ヴァーディの退場により、ラニエリ監督は岡崎とウジョアを交代させた。記事では「驚きだ」と評されている。そして、これは失策だったという。

次節のスウォンジー戦でエースのヴァーディは出場停止となるが、記事では岡崎の素晴らしさをこう締めくくっている。

「岡崎が先陣を切るだろう。他の多くの同僚が全体的に優秀なシーズンを享受しているが、日本のFWはレスターの闘争心、自己犠牲、そして戦術的な知的さを象徴しているのだ」

全文はソース元で

引用元 : レスター岡崎の”サッカーIQ”の高さを英紙が絶賛 クレバーな動きで「戦術的な知的さを象徴」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【英紙が岡崎を特集「レスター強さの象徴」と戦術的に欠かせないと絶賛】の続きを読む

このページのトップヘ