スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ブンデスリーガ

完全復活のドルトムント香川 米メディアも「頼りになるヤツ」「カウンターの煽動者」と絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川好きの米メディア「頼りになるドルトムント煽動者」と3得点演出のHSV戦を好評価

HSV相手に躍動! 全3ゴールの起点となり、相手GKの退場劇も誘発 

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、17日に行われたハンブルガーSV(HSV)戦で先発フル出場。絶妙な飛び出しで相手GKの退場を誘発したほか、全3ゴールの起点にもなり、トップ下の位置で躍動した。リーグ終盤戦に突入後、完全復活の様相を呈している日本のエースに、海を越えて米メディアからも「頼りになるヤツ」「カウンターの煽動者」と絶賛されている。

米スポーツ専門テレビ局「ESPN」がこの試合の採点を公開。香川にはチームで3番目の高評価となる7点(10点満点)を与えている。

トゥヘル監督の信頼を再びつかみ取ったか

寸評では「彼はドルトムントの中盤で頼りになるヤツだった。攻撃面でのカウンターでBVB(ドルトムント)の煽動者だった。堅実なパフォーマンスを見せたが、ゴールを決めるためのラストプレーの成果にはわずかに欠けていた」と評されている。

最高点は初ゴールを決めた17歳のアメリカ代表FWプリシッチの9点。2得点を決めたラモスが8点で続いた。

全文はソース元で

引用元 : 完全復活のドルトムント香川 米メディアも「頼りになるヤツ」「カウンターの煽動者」と絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川好きの米メディア「頼りになるドルトムント煽動者」と3得点演出のHSV戦を好評価】の続きを読む

HSV戦で3点に絡んだドルトムント香川を独紙が絶賛 「驚異のハードワークと強さを長時間見せた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【タッチ集動画】香川がHSV戦3得点演出、GK退場誘発も独紙採点は及第点の謎 「驚異的なハードワークと強さも」

ドルトムントの日本代表MF香川真司は17日に行われたハンブルガーSV(HSV)戦で先発フル出場。絶妙な飛び出しで相手GKの退場を誘発する他、全得点の起点となり、トップ下の位置で躍動した。独メディアからは「驚異的なハードワークと力強さを長時間見せた」と評価している。試合はドルトムントが3-0で勝利している。

独地元紙「WAZ」の採点(1が最高、6が最低)で、2得点に絡んだ香川は2.5点が与えられた。2得点でチームトップの1.5点のFWラモス、先制ゴールをアシストした主将DFフンメルスの2点に次ぐチーム3位タイだった。その豊富な運動量と得点に絡んだプレーを評価された。

香川については「驚異的なハードワークと強さを長時間見せた。しかし、(得点に)必要なパワーを欠いていた。3得点すべての起点になり、HSVゴールキーパー退場の引き金になった」と寸評された。

「ルールナハリヒテン」紙の採点では、香川は4位タイの3点。同紙でも2得点のラモスが1.5点で単独トップ。ブンデスリ初ゴールのMFのプリシッチとフンメルスが2点で2位タイ。香川と並ぶ3点でサヒン、MFギュンドアン、MFカストロ、MFパスラック、GKビュルキが並んだ。DFギンターが4点でチームワーストだった。



全文はソース元で

引用元 : HSV戦で3点に絡んだドルトムント香川を独紙が絶賛 「驚異のハードワークと強さを長時間見せた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【【タッチ集動画】香川がHSV戦3得点演出、GK退場誘発も独紙採点は及第点の謎 「驚異的なハードワークと強さも」】の続きを読む

香川が2点に絡む活躍…ドルトが酒井高フル出場のハンブルガーに3発快勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川が2得点を演出&GK退場誘発の活躍でドルトムントが完勝 酒井高徳フル出場【スタッツ】

ブンデスリーガ第30節が17日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと同DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVが対戦した。  

ドルトムントは、14日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグでリヴァプールに2点差をひっくり返されて逆転負け。公式戦3試合で勝利から遠ざかっており、首位を走るバイエルンに食らいつくためにも勝ち点3が欲しい。先発メンバーにはマッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドアン、香川らが入ったが、ピエール・エメリク・オーバメヤンはベンチスタートとなった。

一方のハンブルガーSVは、チームトップのリーグ戦8得点を挙げているニコライ・ミュラーらが名を連ね、酒井も11試合連続で先発入りを果たしている。

このまま試合は3-0のまま終了。ドルトムントはリーグ戦13試合負けなしとした。一方のハンブルガーSVはリーグ戦2連敗となった。

ドルトムントは17日にDFBポカール準決勝で日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、23日にブンデスリーガ第31節でシュトゥットガルトとそれぞれ敵地で対戦。ハンブルガーSVは22日にブンデスリーガ第31節でブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-0 ハンブルガーSV
【得点者】
1-0 38分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
2-0 44分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 86分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川が2点に絡む活躍…ドルトが酒井高フル出場のハンブルガーに3発快勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川が2得点を演出&GK退場誘発の活躍でドルトムントが完勝 酒井高徳フル出場【スタッツ】】の続きを読む

香川、岡崎の活躍に刺激「チームの柄に合っている」「代表でズバ抜けている」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

香川「オカちゃん(岡崎)はレスターで自分を活かせている」日本代表でもずば抜けていると称賛

ドイツ・ブンデスリーガ第29節が現地時間10日に行われ、ドルトムントはシャルケと対戦し2-2の引き分けに終わった。日本代表MF香川真司は先発出場を果たし、2節連続となるゴールを決めている。

レスター・シティの試合を「観てます」と語り、岡崎のプレーについては「献身性であったり、ハードワークするところはチームの柄にあっていると思いますし、オカちゃん(岡崎)もより活きていると思います。そういうところの姿勢とスキル、体の強さっていうのが強いんじゃないかなと思います」とし、自分の良さを活かしきれていると感じていることを明かした。  

現在プレミアリーグで首位を入るレスター。その中心選手として活躍を続けている岡崎だが、日本代表で一緒にプレーするときに香川はその成長ぶりを実感しているようだ。「強さであったり、ゴールを決めるところは代表においてズバ抜けていると思います」と語り、ストライカーとしての素質を褒め称えた。


全文はソース元で


引用元 : 香川、岡崎の活躍に刺激「チームの柄に合っている」「代表でズバ抜けている」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【香川「オカちゃん(岡崎)はレスターで自分を活かせている」日本代表でもずば抜けていると称賛】の続きを読む

過去6大会の4強入りクラブ…最多6度のレアルらスペイン勢の強さが際立つ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

リーガが欧州にて最強!CL過去6大会でベスト4入りクラブはスペイン勢が圧倒

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグの2試合が13日に行われ、準決勝進出4クラブが出揃った。  

4強入りを果たしたのは、レアル・マドリード(スペイン)、アトレティコ・マドリード(スペイン)、バイエルン(ドイツ)、マンチェスター・C(イングランド)。

過去6大会のベスト4進出クラブの顔ぶれを振り返ると、レアル・マドリードが最多6度の4強入り。同5回のバイエルンと同4回のバルセロナがこれに続いた。その他は2回でアトレティコ・マドリードとチェルシー(イングランド)が並び、ユヴェントス(イタリア)、ドルトムント(ドイツ)、シャルケ(ドイツ)、マンチェスター・Cがそれぞれ1度ずつ準決勝に進んだ。また、国別ではスペインが12回、ドイツが7回、イングランドが4回、イタリアが1回となっている。  

なお、このうち優勝クラブは2回のバルセロナが最多で、レアル・マドリード、バイエルン、チェルシーがそれぞれ1度ずつ優勝している。

全文はソース元で

引用元 : 過去6大会の4強入りクラブ…最多6度のレアルらスペイン勢の強さが際立つ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【リーガが欧州にて最強!CL過去6大会でベスト4入りクラブはスペイン勢が圧倒】の続きを読む

宇佐美&浅野の次は清武! ブッフバルトが“日本人狩り”へ「(清武は)検討の価値あり」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

清武、宇佐美とドイツで同僚に!?シュツットガルトが獲得を検討

孤軍奮闘する日本のチャンスメイカーにとって、最高のステップアップとなるかもしれない。ドイツブンデスリーガのシュツットガルトが、ハノーファーで活躍する日本代表MF清武弘嗣の獲得を検討しているようだ。

今季のリーグ戦29試合を戦い5勝3分21敗の勝ち点18で最下位に沈むハノーファーは、17位のフランクフルトに勝ち点9差をつけられており、もはや降格を確実視されている状況となっている。今冬には新たにトマス・シャーフ監督を招聘するも、チームを立て直すことはできずに苦闘。なにをしても上手くいかない絶不調ハノーファーにおいて、わずか17試合の出場で2ゴール7アシストという戦績を残しているのが清武だ。

独『Stuttgarter Zeitung』はかつて岡崎慎司が所属したシュツットガルトが今夏の清武獲得を“検討する価値がある”と報じている。同クラブは今夏にヴォルフスブルクへの移籍がすでに決まっているダニエル・ディダヴィの後継者として、ハノーファーで奮闘する清武に注目しているようだ。

全文はソース元で

引用元 : 宇佐美&浅野の次は清武! ブッフバルトが“日本人狩り”へ「(清武は)検討の価値あり」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【清武、宇佐美とドイツで同僚に!?シュツットガルトが獲得を検討】の続きを読む

香川の輝きを英メディアがマンU視点で称賛 「ポグバ、チチャリート、ディ・マリアだけでなく…」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川にはマンUで輝いて欲しかった!英紙がポグバ、ディ・マリア、チチャリートらの活躍を惜しむ

9日のシャルケ戦で鮮やかなループ弾を決めたドルトムントの日本代表MF香川真司だが、2012年から14年までマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたこともあり、その華麗な一撃はイングランドでも大きく報じられている。そして卓越したテクニックを誇るこの日本人アタッカーは、”赤い悪魔”が輝きを放つことを強く望んでいた選手の1人だったと、英メディア「GIVE ME SPORT」が報じている。

香川はブンデスリーガ第29節のシャルケとの「ルール・ダービー」に先発出場。後半4分にボックス手前からダイレクトで放った意外性に富んだループシュートは、美しい軌道を描きながらシャルケGKの頭上を越えてネットへと吸い込まれた。  

ドイツ国内のみならず、英国の各メディアも香川の芸術弾を絶賛。同メディアは前所属のユナイテッドを引き合いに出して、日本代表の10番に賛辞を送っている。 世界トップクラスの3人と並列して香川の名も「ユナイテッドがトットナム戦で失意の大敗を喫した一方で、元チームメイトの一員が、人々に幸福感をもたらすようなループシュートを決めた。ユナイテッドにとって、所属当時に今のような輝きを放ってほしかった選手はポール・ポグバ、ハビエル・エルナンデス、アンヘル・ディ・マリアだけでない…香川真司もその1人なのだ」  

香川は12年にユナイテッドへ加入したが、公式戦57試合出場6ゴールとインパクトを残すことができず。14年にドルトムントへ復帰すると、眠っていた才能が再び輝きを放ち始めた。同メディアは「彼はまるで見違えるような選手に変貌した。イングランドを離れてから現在に至るまで、すでに17ゴールを決めている」と紹介している。

全文はソース元で

引用元 : 香川の輝きを英メディアがマンU視点で称賛 「ポグバ、チチャリート、ディ・マリアだけでなく…」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川にはマンUで輝いて欲しかった!英紙がポグバ、ディ・マリア、チチャリートらの活躍を惜しむ】の続きを読む

ペップ・グアルディオラのCL成績がエグすぎる!!これは名将

【ペップ・グアルディオラのCL成績がエグすぎる!!これは名将】の続きを読む

ミニョレは香川の魔法に気をつけろ UEL2ndレグを前にリヴァプールGKへ警告 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

リヴァプールよ、香川の”魔法”に気をつけろ!英紙がGKミニョレへ警告

7日のヨーロッパリーグ準々決勝1stレグでリヴァプールと1-1で引き分けたドルトムント指揮官トーマス・トゥヘルは、14日の2ndレグへ向けてシャルケ戦で主力を温存させる判断を下した。1stレグで出場機会のなかった日本代表MF香川真司も主力の温存のためにシャルケ戦で先発起用されたが、さすがのトゥヘルも香川の質の高さを認めずにはいられないだろう。

香川はライバルのシャルケ相手に華麗なループシュートを決め、改めてその技術の高さを示した。『Sports JOE』はトゥヘルが主力の休養に主眼を置いてシャルケ戦を戦ったと報じたが、香川だけは確実に2ndレグで起用されるだろうと日本代表MFを絶賛している。

また、現時点でアウェイゴールの差でリードしているリヴァプールに対し、GKシモン・ミニョレは香川の魔法に気をつけろと警戒を促している。シャルケGKラルフ・フェーマンは香川のループシュートに1歩も動けなかったが、ミニョレでも香川のトリッキーなシュートは予想できないことだろう。

全文はソース元で

引用元 : ミニョレは香川の魔法に気をつけろ UEL2ndレグを前にリヴァプールGKへ警告 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【リヴァプールよ、香川の”魔法”に気をつけろ!英紙がGKミニョレへ警告】の続きを読む

芸術ループ弾の香川と1アシストの清武が、ブンデス公式の週間ベストイレブンに選出! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川と清武、ブンデス公式の週間ベストイレブンに選出【動画あり】

ブンデスリーガ公式サイトによる第29節の週間ベストイレブンが発表され、ドルトムントのMF香川真司とハノーバーのMF清武弘嗣の日本代表2選手が名を連ねた。

香川は、10日に行われたシャルケとの「ルール・ダービー」で、ペナルティエリアの端か芸術的な右足のループシュートで先制ゴールを決めていた。試合は2-2のドローとなったが、シャルケ相手に通算4得点目と「ダービー男」としての存在感を示した。  

8日のヘルタ・ベルリン戦(2-2)に先発フル出場した清武は、左足の丁寧なラストパスで同点ゴールをアシスト。ブンデス公式サイトのマン・オブ・ザ・マッチにも選出されていた。

第19節のベストイレブンは以下のとおり。

GK
クーン・カステールス(ヴォルフスブルク)
DF
マティアス・ギンター(ドルトムント)
アイタチ・スル(ダルムシュタット)
ダビド・アラバ(バイエルン・ミュンヘン)
MF
ナディエム・アミリ(ホッフェンハイム)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(ハノーバー)
フランク・リベリー(バイエルン・ミュンヘン)
FW
クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ)
ハビエル・エルナンデス(レバークーゼン)
アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

全文はソース元で

引用元 : 芸術ループ弾の香川と1アシストの清武が、ブンデス公式の週間ベストイレブンに選出! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川と清武、ブンデス公式の週間ベストイレブンに選出【動画あり】】の続きを読む

このページのトップヘ