スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ブンデスリーガ

辛口な独紙がドルトムント香川にまたも屈服! 「感銘的な序盤」「一流!」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川がまたも実力で辛口地元紙を屈服させる「トップフォームにあって一流!」

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、30日のヴォルフスブルク戦でトップ下としてリーグ戦4試合連続となる先発フル出場。1得点1アシストの大活躍を見せ、チームを5-1の大勝に導いた。リーグ戦のここ7試合で5得点とシーズン終盤を迎えて絶好調の「小さな魔法使い」だが、香川に対する辛口評価で有名なドイツメディアから「一流!」という賛辞を導き出し、屈服させることに成功した。

こうした活躍を受けて、これまで香川に対して再三激辛レビューを続けてきた地元紙「ルールナハリヒテン」が、4月20日のDFBポカール準決勝ヘルタ・ベルリン戦に続いて、またもや”小さな魔法使い”に屈服した。採点記事では「カガワ、トップフォーム、オーバメヤンはレバンドフスキを追走」との見出しで特集している。

「小さな日本人はトップフォームにいる」

 香川は採点(1が最高、6が最低)ではチームで2番目の高得点となる2点をゲットしている。最高点は2得点を決めたFWオーバメヤンの1.5点。MFムヒタリアンらと並び、チーム2位タイの高評価となった。

「小さな日本人はトップフォームにいる。ヴォルフスブルク相手に感銘的な序盤でアピールした。自分自身で先制点を決め、2点目はお膳立て。一流!」

 理不尽なほどに厳しいレビューと採点を続けてきた同紙は、20日のヘルタ戦で3得点に絡む活躍で勝利に貢献した香川を、久しぶりに称賛していた。そして今回、リーグ戦7試合5得点という好調ぶりによって、香川は同紙を「トップフォーム」「一流」と屈服させるに至った。



全文はソース元で

引用元 : 辛口な独紙がドルトムント香川にまたも屈服! 「感銘的な序盤」「一流!」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川がまたも実力で辛口地元紙を屈服させる「トップフォームにあって一流!」】の続きを読む

ドルトムントの5発大勝を導いた香川に10点満点! 「しなやかなプレーを提供」と米メディア称賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川の電光石火の活躍に満点の評価!米ESPN「ムヒタリアンとヴォルフスブルク粉砕をリード」

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、30日のヴォルフスブルク戦にトップ下でリーグ戦4試合連続となる先発フル出場を果たし、序盤にいきなり1得点1アシストをマークするなどチームの5-1大勝に大きく貢献した。この活躍は海を越えて米メディアも大絶賛。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は10点満点を与えている。

その後も攻撃の中心として存在感を放ち続けた香川は、本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクでの5得点の大勝に導く立役者となった。この香川の活躍に「ESPN」も「香川真司、ヘンリク・ムヒタリアンのふたりがドルトムントのヴォルフスブルク粉砕をリードした」とのタイトルで、写真つきの記事で称賛を送っている。

「開始10分のゴールとアシストで高い評価を獲得した。日本人アタッカーは彼の長所であるしなやかなプレーを、チームに提供し続けた。アドリアン・ラモスに対するアシストパスは、完璧な荷重のかかったものだった」

■先発
GK
ビュルキ 6点
DF
シュメルツァー 8点
フンメルス 7点
ベンダー 7点
ピシュチェク 6点
MF
バイグル 7点
カストロ 7点
ムヒタリアン 10点
香川 10点
ロイス 9点
FW
ラモス 9点
■途中出場
DF
ドゥルム 6点
MF
サヒン 7点
FW
オーバメヤン 10点

全文はソース元で

引用元 : ドルトムントの5発大勝を導いた香川に10点満点! 「しなやかなプレーを提供」と米メディア称賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川の電光石火の活躍に満点の評価!米ESPN「ムヒタリアンとヴォルフスブルク粉砕をリード」】の続きを読む

1G1Aと大活躍の香川に独紙が最高評価 香川&アドリアン・ラモスがブリッツスタート! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


no title


日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは30日、ブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクに5-1で大勝した。インサイドハーフの位置で先発出場した香川は7分に先制ゴールを奪うと、その2分後にはFWアドリアン・ラモスのゴールをアシストし、瞬く間に2得点を演出する活躍を見せた。

香川はドイツ『Bild』による試合後の採点(ドイツ紙は1が最高点、6が最低点)で、チームメイトのMFヘンリク・ムヒタリアン、途中出場し2得点をあげたFWピエール=エメリク・オバメヤンと並び最高評価となる「1」を獲得した。

さらにドイツ『sport1』は、香川とアドリアン・ラモスの得点は126秒しか離れておらず、これは今季のブンデスリーガで2番目に早い数字だと紹介しながら、序盤に電光石火のはやわざでゴールを重ね試合を優位に進めたことについて、「香川とラモスによるブリッツ(電撃のような)スタート」だったと報じている。

全文はソース元で

引用元 : 1G1Aと大活躍の香川に独紙が最高評価 香川&アドリアン・ラモスがブリッツスタート! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【【タッチ集動画】わずか9分で1G1Aの香川 ビルトは最高評価も地元紙は採点が厳しすぎる!】の続きを読む

香川が2戦連発に絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川がまたも先制点の1G1Aの大活躍!ドルトムントが5-1で圧勝【スタッツ】

ブンデスリーガ第32節が4月30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川は4試合連続で先発出場となった。  

2連勝中の2位ドルトムントが、6試合白星から遠ざかっている10位ヴォルフスブルクをホームに迎えての一戦。今節は、首位を走るバイエルンが勝利すれば、2試合を残してリーグ4連覇が決まる。ドルトムントはわずかな希望を繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げたいところ。先発メンバーには、香川に加えて、バイエルンへの移籍希望を公表した主将マッツ・フンメルスや、マルコ・ロイス、アドリアン・ラモスらが名を連ねた。

ドルトムントが5-1の勝利を収めて、3連勝となった。なお、香川はフル出場。一方のヴォルフスブルクは7試合白星から遠ざかる結果となった。

ドルトムントは次節、5月7日に敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦。ヴォルフスブルクは、同日に日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ドルトムント 5-1 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 7分 香川真司(ドルトムント)
2-0 9分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 59分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
4-0 77分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-0 78分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-1 86分 アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

全文はソース元で

引用元 : 香川が2戦連発に絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川がまたも先制点の1G1Aの大活躍!ドルトムントが5-1で圧勝【スタッツ】】の続きを読む

ヴォルフス監督が低迷のミラノ勢に警告 「自分たちが欧州のトップクラスと思っているが…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ヴォルフスブルク監督「ミランとインテルは現実を見ろ」「もう欧州トップクラスではない」と警告

現実的に、達成可能な目標を立てることが重要だ。ヴォルフスブルクのディーター・ヘキング監督がイタリア勢、特にミラノの2チームに警鐘を鳴らしている。

「ビッグな選手たちは我々をステップアップの場と感じている。我々も自分たちでそう思っているよ。我々は欧州のトップ10ではない。ここは成長するのに適したチームだ。来年もブンデスリーガで3、4位以内を狙う。だから、アピールしたい選手たちにとっては興味深い場所のままになる」 この回答に「とても現実的ですね…」と記者が振ると、ヘキング監督はこのように続けた。

「自分たちのことを自覚する必要がある。我々のスポーツセンターは欧州でも有数の施設だが、だからといって達成可能以上の目標を狙うべきではない。実現不可能な目標を立てれば、ピッチでその代償を払うことになる。目標が達成不可能なのだから、勝者でいられないんだ」

「イタリアのクラブを見てごらん。インテルとミランは高みを目指す。歴史的に彼らは自分たちが欧州有数のチームと感じているからだ。我々も彼らに敬意を払っている。だが、今の彼らには問題があるんだ。今の現実に向きあい続ける必要がある。あれほど出だしが悪かったユヴェントスが、最後は楽にスクデットを獲得したのなら、うまくいっていないことが何か必ずあるはずだよ」

ヘキング監督は昨季のEL決勝トーナメント2回戦で、インテルと対戦が決まったときに喜んだ。

「それに対するイタリア側の反応が、今のイタリアサッカーの問題を明らかにしている。インテルは、彼らを倒せると信じた我々のことを狂っていると思ったかもしれない。栄光の歴史とスモールチームの対戦だからね。だが、私は抽選結果に満足だった。インテルのような重要なクラブが我々のスタジアムに来ることは、サポーターやクラブにとってうれしいことだからね」

「だが私は、インテルに残っているのはブランドだけで、最強のチームではないということが分かっていた。現実的な分析だったと思っている。準々決勝でナポリとの対戦が決まったとき、私は簡単な組み合わせじゃないと言ったじゃないか」

一方で、ヘキング監督はイタリアにタレントがいるとも述べている。将来的なセリエA挑戦も否定はしなかった。

「セリエAも外国人のアイディアを生かせるはずだ。君らに足りないのは、プレーのリズムだよ。欧州カップ戦におけるイタリア勢の問題だ。だが、君らもタレントはいる。例えば、私はバーゼル対フィオレンティーナをスタジアムで見たが、(フェデリコ・)ベルナルデスキには感銘を受けたよ」

全文はソース元で

引用元 : ヴォルフス監督が低迷のミラノ勢に警告 「自分たちが欧州のトップクラスと思っているが…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ヴォルフスブルク監督「ミランとインテルは現実を見ろ」「もう欧州トップクラスではない」と警告】の続きを読む

バイエルン会長、DFフンメルスとの接触認めるも「詳細は話さない」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

フンメルス、バイエルン移籍へ向け交渉中と両クラブが認める

バイエルンの会長を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスと交渉していることを認めた。26日、アメリカメディア『ESPN』が伝えている。  

同メディアによると、ドルトムントの会長を務めるヨアキム・ヴァツケ氏が25日、バイエルンとの接触があることを認めた。フンメルスの価値に見合った金額のオファーが届けば、移籍を容認する意向だという。  

ルンメニゲ氏は「ヴァツケ氏から、マッツ(フンメルス)がバイエルン移籍を考えているという話は聞いているよ」とコメントし、フンメルス本人にバイエルン移籍の意志があることを明かした。  

一方で、フンメルスはドルトムントとの契約を2017年まで残している。同氏は「(両クラブとフンメルスの)3者が関与しているから、今日ここで詳細を話すことはしたくないんだ。我々は契約を考えているけど、ドルトムントと築き上げた関係を壊したくはないよ」と、ドルトムントと接触していることは明言したが、詳細を語るには至らなかった。

全文はソース元で

引用元 : バイエルン会長、DFフンメルスとの接触認めるも「詳細は話さない」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【フンメルス、バイエルン移籍へ向け交渉中と両クラブが認める】の続きを読む

清武は手放さない!? 2部降格ハノーファーGM「説得を試みる」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

清武のハノーファー残留を説得!2部降格もGMがエースを引き留める

ブンデスリーガ第31節で降格が決定したハノーファーは、日本代表MF清武弘嗣を残留させるために動き出すのかもしれない。  

清武は負傷の影響もあり、第31節終了時点で19試合の出場にとどまっているものの、4得点7アシストの記録を残すなど攻撃の中心として存在感を示している。独『ビルト』によると、ハノーファーのマルティン・バーダーGMは日本代表MFを残留させるために説得を試みるらしい。

全文はソース元で

引用元 : 清武は手放さない!? 2部降格ハノーファーGM「説得を試みる」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【清武のハノーファー残留を説得!2部降格もGMがエースを引き留める】の続きを読む

ドルト香川に独紙「8番としての仕事を渋々……」「日本人記者は彼の発言を一字一句スポンジのように吸い上げる」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

地元の独メディア、香川の将来に疑問「8番の仕事を渋々やっている」日本メディアへの苦言も

輝きを取り戻し始めた人間に平穏な日々は訪れるのだろうか。少なくとも香川真司はこれまでも、そしてこれからも闘い続けることになりそうだ。

現在ドルトムントでの公式戦に4試合連続で先発出場している香川は、すっかりチームの軸として君臨しているように思える。

しかし独紙『Ruhr Nachrichten』は、この日本人が今後も輝きを放てるかは不透明であり、マリオ・ゲッツェにも左右されることになるだろうと指摘。同紙はここ数週間における香川の働きぶりに一定の賛辞を送りつつも、トーマス・トゥヘル監督の戦術に香川の好む典型的な10番の居場所は存在せず、8番としての役割を“渋々”引き受けている状態だと伝えた。

さらに、移籍の可能性を盛んに報じられているバイエルン・ミュンヘンのマリオ・ゲッツェがもしもドルトムントに復帰した場合、日本の記者は香川の紙面を飾るのに苦労させられることになると綴っている。

また『Ruhr Nachrichten』は香川真司を必死で追いかける多くの日本人ジャーナリストについても言及した。

「とても多くの日本人ジャーナリストが、毎週ドルトムントでの香川真司を追いかけている。ゲームが終わると彼らはミックスゾーンで多くの名手たちをスルーするが、香川が通ると急に慌て出すシーンが目立つ。この27歳の一挙一動が注目され、母国のために呼び止められる。そして彼が放つ言葉が一字一句、まるでスポンジのように記者たちに吸い上げられるのだ。これは周囲から見ると、香川がほぼ本1冊を書けるほどの量を口述しているように感じる。香川と記者らのやり取りは本当に長い」

全文はソース元で

引用元 : ドルト香川に独紙「8番としての仕事を渋々……」「日本人記者は彼の発言を一字一句スポンジのように吸い上げる」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【地元の独メディア、香川の将来に疑問「8番の仕事を渋々やっている」日本メディアへの苦言も】の続きを読む

香川、大ブレイクした1年目に並ぶ8得点「まだまだ取りたい」 - bundesliga.com/jp - ブンデスリーガ公式ウェブサイト

香川真司、ブンデス1年目に並ぶ8ゴール「まだまだ取りたい」と意欲満々

ブンデスリーガ第31節2日目が4月23日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でシュトゥットガルトに3-0で勝利した。リーグ3試合連続でフル出場し、21分に先制点を決めた香川が試合後、インタビューに応じた。

——アウェーで3-0の完勝でした。感想はいかがでしょうか?

香川 本当に厳しい戦いで、シュトゥットガルトは良いチームなんで。ただ、やはり、良い流れで前半のうちに(ゴールを)取れてるのは良い傾向ですし、それがチームとして大きな助けになってるので。そういう(勝利という)結果につながるゴールを決められて良かったと思います。

——香川選手のゴールが生まれたクロスボールは難しいボールでした。

香川 そうですね。けっこう(クロスが)速かったし、CBもいたので。でもとりあえず、枠に飛ばそうと集中して蹴れました。

——これでシーズン8点目となり、ドルトムントの1年目のゴール数に並びました。当時の8ゴールと今の8ゴール、達成感など含め何か違いはありますか?

香川 特に違いはないですし、もっともっと点を取っていきたいと思っているので。まだまだ取りたいですね。

全文はソース元で

引用元 : 香川、大ブレイクした1年目に並ぶ8得点「まだまだ取りたい」 - bundesliga.com/jp - ブンデスリーガ公式ウェブサイト

【香川真司、ブンデス1年目に並ぶ8ゴール「まだまだ取りたい」と意欲満々】の続きを読む

“半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

大迫は力不足!このままではケルンから放出されるとの独紙の見解【ハイライト動画】

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也がチームに残るためにはさらなる活躍が必要なようだ。 17日に行われたマインツ戦では指揮官から名指しで称賛されるほどの活躍を見せた大迫。また、独『Bild』もチーム内で最高評価を与えている。しかし、それから数日で同紙は意見を覆している。

『Bild』は大迫、ミロシュ・ヨイッチ、ケビン・フォーグトと2017年で契約が切れる3選手の名前を挙げ、「彼らは自分たちのケルンでの未来のために戦わなければならない」という見出しをつけている。

実際、ピーター・シュテーガー監督からもマインツ戦後、称賛とともに「彼ら(ヨイッチと大迫)はここに長くいるからわかっているだろう。まだ足りないことがあることや選手としてもっと改善の必要があることをね」と注文もつけている。

全文はソース元で

引用元 : “半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【大迫は力不足!このままではケルンから放出されるとの独紙の見解【ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ