スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ブラジル代表

サッカー=フッキが上海上港移籍へ、移籍金はアジア最高額 (ロイター) - Yahoo!ニュース


ブラジル代表FWフッキが上海上港へ64億円で移籍!!アジア最高額の移籍金に

[28日 ロイター]

- サッカーのロシア1部、ゼニトは28日、ブラジル人FWフッキ(29)が中国の上海上港に移籍金5600万ユーロ(約63億7000万円)で移籍することで合意したと発表した。

正式決定となれば、2月に江蘇蘇寧(中国)がブラジル人MFアレックス・テイシェイラを獲得する際に支払った5000万ユーロの記録を上回り、アジア史上最高額の移籍金となる。

ゼニトによると、フッキは29日にメディカルチェックを受ける。移籍金は出来高でさらに200万ユーロが加算される契約となっている。

全文はソース元で

引用元 : サッカー=フッキが上海上港移籍へ、移籍金はアジア最高額 (ロイター) - Yahoo!ニュース

【ブラジル代表FWフッキが上海上港へ64億円で移籍!!アジア最高額の移籍金に】の続きを読む

バルサ元司令塔がロナウジーニョに抱く畏敬の念 「メッシとC・ロナウドより才能があった」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


メッシとC・ロナウドよりロナウジーニョの方が特別な才能があった!元バルサ司令塔デコが語る

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、FIFA年間最優秀選手賞(FIFAバロンドール)の座を2008年から二分し続けている。どちらがフットボール史上最高の選手なのかとの議論が巻き起こって久しいが、2人と共闘してきたマエストロが、より才能に恵まれた名手の存在を明言している。

現役時代にバルセロナとポルトガル代表で活躍したデコ氏は、スペイン地元紙「スポルト」で「ロナウジーニョはメッシとクリスティアーノ・ロナウドよりも才能があった。我々がどうしたらいいか分からない時にも、決定機を作り出していた」と語った。  

C・ロナウド、メッシの向上心の高さも証言「ロナウドは当時若かった。身体能力に優れ、とても向上心が高かった。メッシもバルサで今見せるボール扱いを披露するために必死に努力していた。でも、ロナウジーニョの仕事は、全て天性のものなんだ。彼には特別な能力があった。彼にボールを渡すたびに、彼はいろいろな種類のゴールを決めるんだ」

全文はソース元で

引用元 : バルサ元司令塔がロナウジーニョに抱く畏敬の念 「メッシとC・ロナウドより才能があった」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【【プレー集動画】メッシとC・ロナウドよりロナウジーニョの方が特別な才能があった!元バルサ司令塔デコが語る】の続きを読む

退団迫る21ゴール&102アシストの“化け物DF”がチームに獲得をススめる名手とは「彼にはクオリティがある」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


SBなのに21ゴール・102アシストのアウヴェス「バルサは居心地が良すぎる」と退団を決意

立つ鳥は後を濁さない。名門バルセロナからの退団意志を認めたブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、チームに優秀な同胞の獲得を勧めている。

2008年にセビージャからバルサへ加入して以降、後方右サイドは彼の居住区だった。攻撃時はテクニカルなウィンガーと化し、守る際には粘り強く相手アタッカーを封印。世界最高の右サイドバックとして長きにわたりハイパフォーマンスを見せ続け、バルサが標榜するポゼッションサッカーの実現にアウベスは必需品だった。8シーズンを過ごした同クラブでは合計391試合に出場し、獲得したタイトルは23を数える。またSBながら通算21ゴール&102アシストを記録。そんなモンスター級のディフェンダーが、クラブの契約すべき選手について言及している。英『sky SPORTS』がアウベスのコメントを伝えた。

「リヴァプールは素晴らしい歴史を持つ偉大なクラブだけど、選手であればチャンピオンズリーグの舞台に立ちたいと願うものだし、そこでの活躍を目標にしなきゃいけない。コウチーニョはバルサでもプレイできるほどのクオリティを持っている」

全文はソース元で

引用元 : 退団迫る21ゴール&102アシストの“化け物DF”がチームに獲得をススめる名手とは「彼にはクオリティがある」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【SBなのに21ゴール・102アシストのアウヴェス「バルサは居心地が良すぎる」と退団を決意】の続きを読む

CLで優勝したい! 元世界最高DF、今夏バルサに移籍か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

バルサ、世界最高のCBチアゴ・シウバを獲得か!?

パリ・サンジェルマンのDFチアゴ・シウバが今夏バルセロナに加入するかもしれない。27日、スペイン『ムンド・デポルティーボ』紙が報じている。  

チアゴ・シウバは2012年夏にPSGに加入。以来、国内では無敵の状況でもチャンピオンズリーグは4季連続のベスト8止まりである。欧州制覇という夢の実現のためにはより可能性のあるクラブ、すなわちバルセロナが第一の選択肢となっている。  

31歳になったブラジル人DFは過去にもバルセロナでプレーするチャンスはあった。2012年、当時のティト・ビラノバ監督が世界最高DFとも評価されていたシウバの獲得を希望。ピケのベストパートナーと見込み獲得に動いたが、結局シウバはより高額のオファーを提示したPSG行きを選択しているという経緯がある。

全文はソース元で

引用元 : CLで優勝したい! 元世界最高DF、今夏バルサに移籍か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【バルサ、世界最高のCBチアゴ・シウバを獲得か!?】の続きを読む

ジーコ悲痛「日本代表は同じ過ちを犯していた」「日本のサッカー協会から返事がなかった」 (週刊SPA!) - Yahoo!ニュース


JFA、恩人ジーコに誠意に欠ける行動「FIFA会長選挙の推薦について返信が無かった」

――あなたが国際サッカー連盟(FIFA)会長選挙に立候補の意思を表明したというニュースを見たときは少し驚きました。あなたはいわゆる“サッカー政治”からは距離を置いた人間だと思っていたので。

ジーコ:(大きく手を広げて)そんなことはない。おかしなことがあれば昔から発言していた。ただ、今回立候補しようとしたのは、FIFAを変えるチャンスだったからだよ。一番の問題はW杯開催地を含めて、24人の理事がすべてを決めていることだ。そのうちの何人もが逮捕されている。これは異常なことだよ。W杯を始めとして、サッカーは大きなビジネスになっている。その世界を牛耳っているのは誰だ? サッカーのことはサッカーの人間が決めるべきではないのか?

――今回の選挙では、残念ながら立候補に必要な5つの協会の推薦を得ることができませんでした。日本協会の推薦は取れなかったんですか?

ジーコ:立候補に当たって10項目の改革案を記し、支持を求めるメールを全世界、200以上のすべての国 のサッカー協会に送った。中でもイタリア、日本、トルコ、ブラジル、ウズベキスタン、イラク、カタール……私が仕事をした国の協会には最初に送った。

――日本からすぐに連絡はありましたか?

ジーコ:(顔をしかめて)何もなかった。

――えっ? 返事がなかった?

ジーコ:ああ。今年の6月、解説の仕事でベルリンで行われたチャンピオンズリーグ決勝に行った。そのとき、田嶋(幸三・日本サッカー協会副会長)に会って、立候補の説明をした。メールを送ったのはその後、8月だった。返事がないので(日本代表監督時代に通訳だった)鈴木(國弘)に「田嶋とコンタクトをとってくれ」と頼んだ。メールは受け取ったようだが……。

――それ以上のリアクションは、なかった。

ジーコ:お前はインドに来るというメールをくれた。こちらは「まだスケジュールは決まっていない。それでも良ければオッケーだ」と返事した。それと同じで、どんな答えであれ、返事をするのは当然だと思うんだ。返事がないのは誠意がないと思わないか? ものすごく悲しかったよ。

――あなたは日本代表監督でしたからね……。

ジーコ:推薦を検討する、今はできない、幸運を祈る、どんな答えでもいい。推薦と投票は違うんだ。推薦をして、後から私の提案が投票に値するかどうか検討すればいい。私は日本のサッカーのために貢献してきたつもりだ。その私に返事を出さないというのは、(皮肉っぽく)私以上に日本のサッカーに貢献してきた会長の候補者がいたんだろうね。

◆日本代表は同じ過ちを犯していた

――日本代表の試合についてはご覧になっていますか?

ジーコ:最近の試合はきちんと見ていないんだ。最近だと……去年のW杯だな。非常にがっかりさせられた結果だった。私が監督をしていたときと同じ過ちを犯していた。

――同じ過ち?

ジーコ:日本の選手の悪い癖に、ゴールを奪われると意気消沈してしまうことがある。サッカーでは失点は試合の一部だ。ところが、点を取られると精神的に崩れてしまうんだ。例えば、グループリーグ3試合目、コロンビアとの試合。1点を先取された後、同点に追いついた。しかし、また1点取られるとパニックになり、失点を重ねた。

※このインタビューは週刊SPA!11/17号のインタビュー連載「エッジな人々」から一部抜粋したものです

<取材・文・撮影/田崎健太>

全文はソース元で

引用元 : ジーコ悲痛「日本代表は同じ過ちを犯していた」「日本のサッカー協会から返事がなかった」 (週刊SPA!) - Yahoo!ニュース

【JFA、恩人ジーコに誠意に欠ける行動「FIFA会長選挙の推薦について返信が無かった」】の続きを読む

アルゼンチン、ブラジルと引き分け9位後退 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース


アルゼンチンがまさかのW杯出場できず!?ブラジルと引き分け予選9位【ハイライト動画】

<W杯南米予選:アルゼンチン1-1ブラジル>◇13日◇ブエノスアイレス  悪天候で順延された試合は、互いに譲らず1-1の引き分けとなった。  

先制したのは負傷でFWメッシ(バルセロナ)、FWアグエロ(マンチェスターC)、FWテベス(ボカ・ジュニアーズ)を欠くアルゼンチン。

FWネイマール(バルセロナ)は出場停止が明けて復帰したが、得点を演出することはできなかった。  

アルゼンチンは2分け1敗の勝ち点2。ペルーがパラグアイを1-0で下して初勝利を挙げたため、9位まで後退した。ブラジルは1勝1分け1敗の勝ち点4で4位。

全文はソース元で

引用元 : アルゼンチン、ブラジルと引き分け9位後退 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【アルゼンチンがまさかのW杯出場できず!?ブラジルと引き分け予選9位【ハイライト動画】】の続きを読む

バロンドールに興味がないネイマール「常に宇宙人の2人で争われる」 | サッカーキング


ネイマール「バロンドールは宇宙人の2人で争われるから注目してないよ」

バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、2015年のFIFAバロンドールについて「注目していない」と言及した。6日、フランスメディア『Sambafoot』がコメントを伝えた。  

世界年間最優秀選手賞であるFIFAバロンドールは近年、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシによる一騎打ちの状態が続いている。メッシは2009年の旧バロンドールと2010年から2012年までのFIFAバロンドールを獲得し、4回連続の受賞を果たした。一方、C・ロナウドは2013年、2014年と連覇を遂げている。  

今年度はメッシとC・ロナウドに次ぐ有力候補としてネイマールを推す声も多いが、本人は「僕にとって大事なことはタイトルを取ることさ。バロンドールは常にロナウドとメッシ、別の惑星から来た2人で争われるものだ。注目してないよ。チームメイトたちを助けたいね」とコメント。自身が受賞する可能性は低いと考えているようだ。

全文はソース元で

引用元 : バロンドールに興味がないネイマール「常に宇宙人の2人で争われる」 | サッカーキング

【ネイマール「バロンドールは宇宙人の2人で争われるから注目してないよ」】の続きを読む

カカが禁断のバルセロナ移籍か 元ミラン強化部長の存在も実現へ後押し (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


バルセロナがブラジル代表カカを獲得へ!今冬にオファーと報道

元ACミラン、レアル・マドリードのブラジル代表MFカカが、昨季の三冠王者バルセロナに短期レンタルで加入する可能性が突如として浮上した。伊サッカー情報サイト「カルチョメルカート・ウェブ.it」が報じている。  

33歳のカカは現在、米・MLSのオーランド・シティSCでプレー。MLS内でも最高年俸を受け取るなど、米サッカー界でも絶大な支持と人気を誇る。そんなスターに対し、来年1月の選手補強を目論むバルセロナがオファーを出したと報じられている。

MLSは10月末でレギュラーシーズンが終了。カカ擁するオーランド・シティはプレーオフ進出を逃したため、カカの今シーズンは終了。来年3月まではオフシーズンとなる。しかし、カカはブラジル代表にも選ばれるなど好調を維持するこのタイミングで、長期休暇に入ることを避けたいと考えており、本人もオフ返上で欧州再上陸に前向きなようだ。かつてはデイビッド・ベッカム氏やティエリ・アンリ氏といった選手も、同じ手法でアメリカからヨーロッパへの短期レンタルを経験していた。
 
また、かつてACミランでスポーツディレクター(SD)を務め、現在はバルセロナのSDとなったアリエド・ブライダ氏の存在も、カカのバルサ行きを加速させる大きな要因だと伝えられている。

全文はソース元で

引用元 : カカが禁断のバルセロナ移籍か 元ミラン強化部長の存在も実現へ後押し (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【バルセロナがブラジル代表カカを獲得へ!今冬にオファーと報道】の続きを読む

フルミネンセ退団のロナウジーニョが交通事故…自動車転倒も幸い無傷 | サッカーキング

ロナウジーニョ、車が横転する交通事故も無傷でファンサービス

元ブラジル代表FWロナウジーニョが交通事故を起こしていたことが明らかになった。4日、スペイン紙『スポルト』が報じている。  

事故が起きたのは2日のことで、同選手は母親ミゲリーナさんの誕生日を祝うため、ブラジルのポルトアレグレ市に向かう途中だった。  

ロナウジーニョの兄であり代理人も務めるロベルト・デ・アシス氏によると、同選手の運転する自動車が車輪の問題により均衡を失い車道を逸れ、脇道で転倒した模様。ただ、幸いなことに無傷だったという。


全文はソース元で

引用元 : フルミネンセ退団のロナウジーニョが交通事故…自動車転倒も幸い無傷 | サッカーキング

【ロナウジーニョ、車が横転する交通事故も無傷でファンサービス】の続きを読む

メッシやイブラも絶賛…データで改めて知る”怪物”ロナウドの凄さ | サッカーキング

メッシやイブラも称賛する”怪物”元祖ロナウドの数字での凄さ

9月22日、元ブラジル代表FWロナウドは39歳の誕生日を迎えた(18日が誕生日とする説あり)。  驚異的なスピードと天性の得点感覚でゴールを量産したロナウド。バロンドールを2度、FIFA年間最優秀選手賞を3度獲得しており、ロナウドを「史上最高のストライカー」とする声もある。  

そんなこの日にUEFAチャンピオンズリーグの公式ツイッターは、現役選手のロナウドに対する評価をいくつか掲載。  

それらによれば、パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは、「僕にとってロナウドは最も偉大な存在だ。彼のような選手は誰一人いない」と評し、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも、「ロナウドは僕のヒーローだった。彼は僕が見てきた中で最高のストライカーだった。とても速くて、何もない状態からゴールを奪うことができた」とコメントしたのだという。

データ会社『Opta』が紹介したデータが同選手のスゴさを改めて知るのに最適だった。 『Opta』が紹介したのは、過去20年間のセリエA選手の中で、1ゴールに対してどれだけの時間を要したかというランキングである。  

ロナウドは1997年から2002年にかけてインテルに在籍し、2006年から2008年にかけてミランに所属した。インテルでは68試合に出場し49得点をマーク、ミランでは20試合に出場し9得点。セリエAでは通算88試合に出場しており、58得点をあげている。  

この58ゴールを出場時間で換算すると、ロナウドは118分の出場あたり1ゴールを奪っているという計算になり、これは過去20年間で最高の記録なのだという。 (記事提供:Qoly)

全文はソース元で

引用元 : メッシやイブラも絶賛…データで改めて知る”怪物”ロナウドの凄さ | サッカーキング

【メッシやイブラも称賛する”怪物”元祖ロナウドの数字での凄さ】の続きを読む

このページのトップヘ