スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

フッキ

サッカー=フッキが上海上港移籍へ、移籍金はアジア最高額 (ロイター) - Yahoo!ニュース


ブラジル代表FWフッキが上海上港へ64億円で移籍!!アジア最高額の移籍金に

[28日 ロイター]

- サッカーのロシア1部、ゼニトは28日、ブラジル人FWフッキ(29)が中国の上海上港に移籍金5600万ユーロ(約63億7000万円)で移籍することで合意したと発表した。

正式決定となれば、2月に江蘇蘇寧(中国)がブラジル人MFアレックス・テイシェイラを獲得する際に支払った5000万ユーロの記録を上回り、アジア史上最高額の移籍金となる。

ゼニトによると、フッキは29日にメディカルチェックを受ける。移籍金は出来高でさらに200万ユーロが加算される契約となっている。

全文はソース元で

引用元 : サッカー=フッキが上海上港移籍へ、移籍金はアジア最高額 (ロイター) - Yahoo!ニュース

【ブラジル代表FWフッキが上海上港へ64億円で移籍!!アジア最高額の移籍金に】の続きを読む

ゼニトFWフッキ、露W杯開催を懸念「ほぼ全ての試合で人種差別を目にする」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

フッキ「ロシアではほぼ毎試合人種差別がある」W杯開催を懸念

ゼニトに所属するブラジル代表のFWフッキ(28)が、ロシアリーグで受けている人種差別について胸の内を明かした。  

かつてJリーグでもプレーしたフッキは、2012年9月にポルトからロシア史上最高額でゼニトに加入したものの、相手サポーターによるサルの鳴きまね(モンキーチャント)や審判から浴びせられる人種差別発言など受けてきた経緯があるため、2018年にワールドカップを開催する同国に実態に警鐘を鳴らしている。  

フッキは『AP通信』に対し、「もしもW杯でそれが起きた場合は、本当に酷い話になるだろう。ロシアのクラブでプレーしていると当たり前のように起きていることだが、世界には発信されず、世界はこの実態を知らない」と国内の内情を告白。  

続けて「ほとんど全ての試合で人種差別を目にしている。最初は怒りを表していたが、そんなことをしてもどうしようもならないと悟った。だから今はただファンに投げキスをして、怒らないように努めている」と問題を解決できない現状に徒労感を示した。  

なお、W杯ロシア大会組織委員会のアレクセイ・ソローキン氏は、「人種差別が起きているのはロシアだけのことではない。この国のリーグで突然生まれたわけではなく、彼らが(人種差別者)がW杯に悪影響を及ぼすと推測するのは間違っている。なぜならW杯には異なる雰囲気があり、通常とは別物の大会だからね」と、ロシアに対する批判を一蹴している。

全文はソース元で

引用元 : ゼニトFWフッキ、露W杯開催を懸念「ほぼ全ての試合で人種差別を目にする」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【フッキ「ロシアではほぼ毎試合人種差別がある」W杯開催を懸念】の続きを読む

まるで“キャプ翼”!? フッキの豪快シュートがGKの体を吹っ飛ばす! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

フッキ、ゴールネットを突き破りGKをぶっ飛ばす”キャプ翼”並みの豪快シュート【動画あり】

残念ながら、今回のコパ・アメリカではセレソン(ブラジル代表)から漏れてしまった、ゼニトFWフッキ。しかし、彼はやはり“怪物”であることを証明する動画がアップされて話題になっている。

練習中のフッキは、見事なコントロールでDFの間を抜けると、強烈な左足のシュート。このシュートをGKは正面で受け止めるが、あまりの勢いに吹っ飛ばされてしまい、なんと体ごとゴールの中へ。ゴールネットもビリビリに引き裂かれてしまう。まるで『キャプテン翼』の世界だ。

全文はソース元で

引用元 : まるで“キャプ翼”!? フッキの豪快シュートがGKの体を吹っ飛ばす! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【フッキ、ゴールネットを突き破りGKをぶっ飛ばす”キャプ翼”並みの豪快シュート【動画あり】】の続きを読む

売って得た移籍金総額は約768億円…「安く買い、高く売る」ポルトの錬金術 | サッカーキング

ポルト、選手を売って得た移籍金総額は約768億円

15日に行われたチャンピオンズリーグで、優勝候補バイエルン相手に金星を挙げたポルト。これで、ジョゼ・モウリーニョがチームを率いて欧州制覇を成し遂げた2003-04シーズン以来のCLベスト4入りに王手をかけた。  

11年前の奇跡の再現が期待されるポルトだが、その間、彼らは莫大な移籍金を手にしてきた。移籍マーケットにおいては、欧州有数の“勝ち組”として認識されているクラブだ。  

スペイン紙『アーベーセー』によれば、この11年間に選手売却で得た移籍金総額は6億ユーロ以上。現在のレートで日本円に換算すると約768億円以上という額になる。単純計算で毎シーズン約70億円近い移籍金を手にしている。  

もっとも、ポルトはただ選手を高額で売るだけのクラブではない。ピント・ダ・コスタ会長が徹底する「安く買って、高く売る」というポリシーに則り、選手獲得に投じる費用も極限まで抑えられている。  その代表例が、かつて同クラブに在籍したハメス・ロドリゲスとラダメル・ファルカオのコロンビア代表コンビだ。

ちなみに、クラブ史上“最もお金を費やした選手”は、2008年夏に東京ヴェルディから加入したブラジル代表FWフッキで、その額は1900万ユーロ。ただ彼もまた、4年後にロシアのゼニト・サンクトペテルブルクへ移籍する際には、4000万ユーロという2倍以上のリターンをクラブにもたらしている。そして、獲得費用に1000万ユーロ以上かかった選手は、これまでフッキを含めて片手で数えられる程しかおらず、この11年間で手にした売却益は約4億ユーロ(現レートに換算して約512億円)になるという。

「超一流」とは呼べないまでも、前回のCL優勝以降、リーグ優勝7回、国内カップ優勝4回、ヨーロッパリーグ優勝1回を数え、近年のポルトガルで最も多くのタイトルを手にしているクラブとしては、かなりの“節約家”、あるいは“やりくり上手”と言えるだろう。
 
そしてポルトは、この夏に向けても、すでに商売上手なところを発揮している。先月には、ブラジル代表DFダニーロを来シーズンからの6年契約でレアル・マドリードに売却したことを発表。その移籍金3150万ユーロ(約41億円)は、レアルがDFに支払った最高額になる。

もちろん、全てが良いことばかりではなく、昨年10月にあったような「スタメンにポルトガル人選手が1人も含まれない」という“国内組の空洞化現象”は、クラブのアイデンティティーに関わる問題として残っている。また「安く買って、高く売る」ことを可能としてきた、投資ファンドなどによる「第三者の選手保有」制度が今年5月から禁止されることも、ポルトにとっては逆風となる。
 
だが、11年の時を経て、再び檜舞台に帰ってきたポルトガルの雄は、今オフの移籍マーケットでもビッグクラブをかき回す“隠れた主役”として多くの注目を集めるはずだ。


全文はソース元で

引用元 : 売って得た移籍金総額は約768億円…「安く買い、高く売る」ポルトの錬金術 | サッカーキング

【ポルト、選手を売って得た収入は512億円!!一番高額な獲得選手はJリーグのあの選手】の続きを読む

FIFA、第三者による選手の権利保有を禁止へ - Goal.com

9-27,14 fifa

3、4年での実現を目指す

FIFAは、クラブと選手以外の第三者による選手の権利保有を今後数年間で禁止していく方針を決定した。各国メディアが報じている。

投資会社などが選手の権利の一部を保有し、クラブに資金を提供する一方で、移籍の際に保有権に応じた移籍金を受け取る形態は南米などを中心に広がりを見せている。

FIFAのゼップ・ブラッター会長は、第三者保有を禁止していく方針について次のように述べた。

「我々は、第三者保有は禁止されるべきだという確固たる決断を下した。だが、すぐに禁止することはできない。移行の時期が設けられることになるだろう」

ジェローム・ヴァルケ事務局長は、禁止に至る期間として3年から4年という見通しを示した。

「禁止が実行されるまでに、いくつの移籍市場を待たねばならないかを議論しているところだ。3年間にあたる6度の移籍市場か、4年間にあたる8度か、ワーキンググループで議論を行っていく」

第三者保有の禁止を訴えてきたUEFAのミシェル・プラティニ会長は、FIFAの決断に喜びを表している。

「選手の自由と、我々のスポーツのあるべき状態や透明性を保つためにポジティブなニュースだ。第三者保有の慣行を禁ずるというUEFAの方向性に、FIFAが続いてくれたことを非常にうれしく思っている」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/122/%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E6%83%85%E5%A0%B1/2014/09/27/5136040/fifa%E7%AC%AC%E4%B8%89%E8%80%85%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%AE%E6%A8%A9%E5%88%A9%E4%BF%9D%E6%9C%89%E3%82%92%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%B8?ICID=HP_BN_2

【FIFAが第三者による選手の権利保有を禁止へ!!数年間で移行する模様。保有権の買い取りやそれに伴う問題は!?◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

歴代移籍金ランキング、ベスト10に今夏100億円超の3選手がランクイン – サッカーキング

9-4,14 iseki

今夏の欧州主要リーグの移籍市場が9月1日にクローズした。今夏最大のビッグディールは、リヴァプールからバルセロナへ移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレス。他にも、モナコからレアル・マドリードへ移籍したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、レアル・マドリードからマンチェスター・Uへ移籍したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアなど、多くの選手が動きを見せた。  

サッカー選手の移籍情報を伝えるドイツメディア『Transfermarkt.de』では、歴代の推定移籍金ランキングを発表しており、今夏も上位で変動があった。

『Transfermarkt.de』調べの歴代推定移籍金ランキングは以下のとおり。

■歴代推定移籍金ランキング・ベスト20(選手名/推定移籍金/時期/移籍元→移籍先)
1位:クリスティアーノ・ロナウド
 推定移籍金:9400万ユーロ
 2009年夏 マンチェスター・U→レアル・マドリード
1位:ギャレス・ベイル
 推定移籍金:9400万ユーロ
 2013年夏 トッテナム→レアル・マドリード
3位:ルイス・スアレス
 推定移籍金:8100万ユーロ
 2014年夏 リヴァプール→バルセロナ
4位:ハメス・ロドリゲス
 推定移籍金:8000万ユーロ
 2014年夏 モナコ→レアル・マドリード
5位:アンヘル・ディ・マリア
 推定移籍金:7495万ユーロ
 2014年夏 レアル・マドリード→マンチェスター・U
6位:ジネディーヌ・ジダン
 推定移籍金:7350万ユーロ
 2001年夏 ユヴェントス→レアル・マドリード
7位:ズラタン・イブラヒモヴィッチ
 推定移籍金:6950万ユーロ(トレード要員となったカメルーン代表FWサミュエル・エトーの評価額込み)
 2009年夏 インテル→バルセロナ
8位:カカ
 推定移籍金:6500万
 2009年夏 ミラン→レアル・マドリード
9位:エディンソン・カバーニ
 推定移籍金:6450万ユーロ
 2013年夏:ナポリ→パリSG
10位:ラダメル・ファルカオ
 推定移籍金:6000万ユーロ
 2013年夏 アトレティコ・マドリード→モナコ
11位:ルイス・フィーゴ
 推定移籍金:6000万ユーロ
 2000年夏 バルセロナ→レアル・マドリード
12位:フェルナンド・トーレス
 推定移籍金:5850万ユーロ
 2011年冬 リヴァプール→チェルシー

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20140904/228794.html?view=more

【サッカー歴代移籍金ランキングTOP10、1位はやっぱりあの人!!今夏100億円超の3選手が新たにランクイン◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

開催国ブラジル、PK戦の死闘を制して6大会連続ベスト8…チリが姿消す – サッカーキング

6-29,14 bra vs chil12

ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が28日に行われ、ブラジル代表とチリ代表が対戦した。  

開催国であり優勝候補筆頭のブラジルはグループAをトップ通過。メンバーの基本構成は変わらず。ボランチのパウリーニョに代わってスタメンとなったフェルナンジーニョがグループリーグ第3節カメルーン戦からの変更点となった。一方のチリは、前回王者のスペインを抑え、グループBを2位で勝ち上がってきた。最終節のオランダ戦からはアルトゥール・ビダルが先発に復帰し、それ以外は同様のメンバーとなった。

勝利したブラジルは6大会連続のベスト8進出。7月4日に行われる準々決勝では、コロンビアとウルグアイの勝者と対戦する。


【スコア】
ブラジル 1-1(PK 3-2) チリ


【得点者】
1-0 18分 ダヴィド・ルイス(ブラジル)
1-1 32分 アレクシス・サンチェス(チリ)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140629/206826.html?view=more

【【W杯/試合詳細・動画】ブラジルがPK戦までもつれこんだ激戦を制してベスト8進出!!チリは試合を支配も決定力に泣く。ハイライト・スタッツ解説◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ブラジル代表FWフッキ、左足の筋肉痛めて次戦メキシコ戦欠場か – サッカーキング

6-16,14 brazil

ブラジル・ワールドカップに出場中のブラジル代表FWフッキが、17日に行われるメキシコ代表とのグループリーグ第2節を欠場する可能性が浮上した。イギリス紙『デイリーメール』などが報じている。  フッキは15日の練習中、左足に違和感を覚え、15分足らずで切り上げた模様で、筋肉系のトラブルと見られている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20140616/201003.html?view=more


【【W杯】ブラジル代表FW復帰が筋肉系のケガでメキシコ戦を欠場か!?本人は出場意欲も◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ